• 土曜日
  • 日曜日
  • 夜間診療
  • 早朝診療
クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
S700x500 ac8c92ae 34ae 4015 951c 5acf8bd9d10b
筑波大学附属病院(茨城県つくば市天久保2丁目1-1 : 「つくば」駅)
筑波大学附属病院(茨城県つくば市天久保2丁目1-1 : 首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「つくば」駅 A3出口 つくばセンターバスターミナルより乗車 筑波大学循環(右回り)・筑波大学中央・石下駅行きなど 筑波大学病院入口下車徒歩1分 バス10分))の病院ページ。内科などの診察を行っています。
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

筑波大学附属病院

  • 特定機能病院
  • 地域がん診療病院
  • 災害拠点病院
  • 総合周産期母子医療センター

茨城県つくば市天久保2丁目1-1

首都圏新都市鉄道つくばエクスプレス「つくば」駅 A3出口 つくばセンターバスターミナルより乗車 筑波大学循環(右回り)・筑波大学中央・石下駅行きなど 筑波大学病院入口下車徒歩1分 バス10分 JR常磐線「土浦」駅 車20分

http://www.hosp.tsukuba.ac.jp/

029-853-3900

  • 筑波大学附属病院 写真
  • 筑波大学附属病院 写真
  • 筑波大学附属病院 写真

筑波大学附属病院の所属医師のご紹介

松村 明 先生

松村 明 先生

斎藤 環 先生

斎藤 環 先生

「ひきこもり」診療の世界的な第一人者。筑波大学を卒業後、稲村博先生に師事。民間の精神病院で豊富な臨床経験を積んだ後、現在では筑波大学社会精神保健学で教授を務める。医学的な側面だけでなく社会学的な側面も含めた多くの著書で知られ、その卓抜な視座は様々な読者・様々な領域の研究者たちに影響を与えている。

國府田 正雄 先生

國府田 正雄 先生

千葉大学医学部、千葉市立青葉病院整形外科、千葉大学大学院医学研究院整形外科を経て現在は筑波大学医学医療系整形外科で特任准教授を務める。脊椎脊髄外科医、特に頚椎外科を専門としており、日本脊椎脊髄病学会では評議員ならびに脊椎指導医を務める。脊髄損傷治療の研究も手がけており、医師主導治験「急性脊髄損...

山縣 邦弘 先生

山縣 邦弘 先生

筑波大学を卒業後、日立総合病院などを経て、筑波大学医学医療系臨床医学域腎臓内科学教授。日本の腎臓内科の第一人者といえる存在。臨床はもちろん、厚生労働省における公的研究や茨城県内における支援機構などにも数多く取り組み、国レベルから地域レベルまで幅広く活躍している。腎疾患の様々な診療ガイドラインの...

櫻井 英幸 先生

櫻井 英幸 先生

医療、工学、物理すべての知識を必要とする陽子線治療分野において、30年以上にわたりトップを走り続けるエキスパート。治療研究を推し進めるかたわらで、日々途切れることなくセンターを訪れる患者さんへ、丁寧かつ最適な診療を続けている。

金子 修三 先生

金子 修三 先生

檜澤 伸之 先生

檜澤 伸之 先生

特に気管支喘息、COPDなどの慢性炎症性肺疾患を専門としており、慢性炎症性肺疾患の遺伝的背景に関する研究業績も多数。喘息やCOPDといった病名ではなく、個々の患者さんの分子病態の多様性に着目したアプローチの確立を目指している。後進の育成にも定評があり、毎年多くの研修医や大学院生が集まる。

ストーリー記事を読む

玉岡 晃 先生

玉岡 晃 先生

2005年に筑波大学大学院人間総合科学研究科 病態制御医学専攻 神経病態医学分野(臨床医学系 神経内科)教授に就任する。筑波大学神経内科は以前より茨城県下および近隣地域の神経・筋疾患のセンター的な機能を担い、患者中心の全人的医療の実践を目指してきた。日本における急速な高齢化に伴い需要が高まる神...

ストーリー記事を読む

栗田 尚樹 先生

栗田 尚樹 先生

2002年に、筑波大学医学専門群を卒業。内科レジデントを経て、大学院では免疫学(腸管免疫)を研究。現職では、病棟にて造血幹細胞移植担当者として年間に約60例の移植(自家移植含む)に携わりつつ、移植の成績向上に向けた臨床研究を行っています。その傍ら、血液内科のfacebookページの更新にも余念...

千葉 滋 先生

千葉 滋 先生

1984年に筑波大学医学専門学群を卒業後、筑波大学附属病院、虎の門病院で卒後内科臨床研修をおこなう。1991年に東京大学大学院医学系研究科の博士課程を修了。2001年 東京大学医学部講師(血液・腫瘍内科)、2003年同助教授(無菌治療部)を経て、2008年より筑波大学大学院人間総合科学研究科(...

大河内 信弘 先生

大河内 信弘 先生

日本の消化器外科の第一人者。特に肝胆膵外科、生体肝移植を専門としており、多数の手術を手掛けている。研究業績も多数あり、IFは2017年現在600を超える。後進の育成にも定評があり、毎年多数の研修医が集まる。

宮本 信也 先生

宮本 信也 先生

小児科医。発達障害を中心に子どものこころについて臨床・研究を行っている。

佐藤 幸夫 先生

佐藤 幸夫 先生

呼吸器外科医として、肺がんの外科療法を専門にしている。2009年には、筑波大学医学医療系呼吸器外科学の教授に就任。肺がんの低侵襲手術を推し進めるとともに、呼吸器内科・病理・放射線科と密に連携しながら、進行例の集学的治療にも積極的に取り組み、肺がん治療の成績改善に努めている。