岡山赤十字病院

  • 土曜日
  • 日曜日
  • 夜間診療
  • 早朝診療

岡山県岡山市北区青江2丁目1-1

岡山電気軌道清輝橋線「清輝橋」駅 車5分

JR山陽本線「岡山」駅 天満屋バスステーションより乗車 日赤病院前下車 徒歩1分 バス20分

086-222-8811

地域の「マザー・ホスピタル」となる病院をめざして-岡山赤十字病院の取り組み

院長インタビュー画像

日本赤十字社 岡山赤十字病院は、1927年に「日本赤十字社 岡山支部療院」として岡山市に開設されました。赤十字病院の使命である災害医療をはじめとした、救急医療やがん診療など、高度医療を幅広く提供しています。

岡山市など、7つの自治体からなる県南東部医療圏の中核を担う病院として、同院がどのような取り組みを行っているのか、院長である辻尚志先生にお話を伺いました。

地域の急性期医療を支える岡山赤十字病院

当院は、全国に92か所ある日本赤十字社グループ病院のうちのひとつです。

当院の位置する岡山市は、全国各地と同様に高齢化が進んでおり、合併症などの対応が難しい症例も増えています。

患者さんのニーズに合わせて、さまざまな疾患・症状に対応できるよう、36の診療科を構えて病院機能の充実を図っています。

高度な医療を提供するがん診療

患者さんの治療も生活も支援できる体制づくり

当院は地域がん診療連携拠点病院に指定されており、がん診療においても高度な医療の提供に努めています。そして当院の外科では体への負担が少ない鏡視下手術を積極的に行っています。鏡視下手術では、体への創が小さいため術後の体動時の痛みも少なく、術後早期から歩くことが出来ます。したがってご高齢の方でも手術を受けることが可能です。

2015年には外来化学療法室と放射線治療室を新設し、リニアックも導入しました。放射線治療医が常勤で診療を行っており、各診療科が連携して診断・治療を進めています。

また、2014年には独立型緩和ケア病棟を開設しました。緩和ケア専任の医師を中心に、看護師や薬剤師、栄養士やソーシャルワーカーなど、多職種で患者さんのサポートを行っています。

そのほかにも、患者さんやご家族が利用できる「がん相談支援センター」、「がん専用図書室」を設置するなど、がん診療だけでなく、がん患者さんの生活も支援できる体制を整えています。

がん患者さんに正しい情報を知っていただく取り組み

がん患者さんにとって必要なことは、まずは正しい情報を得ることです。

次に大事なのは、信頼のおける主治医を見つけることであり、わからないことや、不安なことがあったら相談できる、かかりつけ医の先生を見つけておくことが大切になります。

また、「仲間」を持つことも重要です。患者会など、がん患者さんやそのご家族のための集まりに参加して、同じ境遇の仲間を持つと、さまざま情報の共有ができるようになります。

そして最後に、地域の医療資源について、知っておいてほしいと思います。医療資源とは、医師や看護師などの人材や医療設備、医療機器や医薬品、または医療施設などを指します。

お近くの病院の「がん相談支援センター」などで、お住いの地域ではどんな医療資源が利用できるのか、ぜひ聞いてみてください。

36診療科の持つ総合力

当院の強みのひとつは、36診療科の総合力です。それぞれの診療科が力を発揮し、患者さん一人ひとりにあった医療の提供に努めています。

そして、診療科間では密に連携を図っているため、様々な疾患を持たれている患者さんの手術や、手術後の合併症への対応も可能です。

つまり、ご高齢の患者さんでも、手術ができるようになる方がいらっしゃるということです。特にがんの場合には、このような手術で対応できる初期に病変を見つけることができれば、より早く日常生活に戻れます。ぜひ、積極的に検診を受けていただきたいと思います。

また、ある程度進行した段階で疾患が見つかったとしても、手術を含めた緩和医療が可能です。

赤十字病院としての使命である災害医療に積極的に取り組む

当院は、岡山県の基幹災害拠点病院に指定されています。常備救護班9チーム、DMAT(災害派遣医療チーム)3チームを編成しており、地震や大雨などの災害時に迅速にチームを派遣できるよう態勢を整えています。

基幹災害拠点病院は、災害時に救命活動を行うことだけが任務ではありません。県内のほかの災害拠点病院の教育や調整なども、その役割のひとつです。

2015年からは、「おかやまDMAT隊員養成研修」を行い、医療救護活動にあたるチームを養成する活動も実施しています。

また、2015年に完成した当院の南館は免震構造となっており、災害時にも医療機能を維持することが可能です。

断らない救急医療をめざす

当院は1983年から救命救急センターを開設しており、24時間体制で入院や手術の必要がない一次救急から、重篤疾患や多発外傷をともなう三次救急までを受け入れています。

2017年12月時点では、救急車の受け入れ台数は年間約4,200台を数え、自ら受診される患者さんは約27,000名、ドクターヘリによる受け入れは約20名となっています。

救急搬送を受け入れるうえでは、病院に搬送されるまでのあいだに救急救命士が行う医療行為について、搬送先の医師が指示を行い、その質を保証するメディカルコントロール(MC)が重要です。

当院は県南東部MC協議会の中心的役割を担い、専用ホットラインを設けて救命処置への指示を行うほか、救命隊員の勉強会の開催や研修の受け入れなども行っています。

岡山赤十字病院がかかえる課題

今後の課題は、入退院支援を強化していくことです。現在の医療制度は、地域で医療が完結することをめざしています。患者さんのためにも、退院後までを考えた治療を行わなければなりません。

そのためには、地域の医療機関との連携が重要だと考えています。当院は、連携強化のための研修会や市民公開講座を開き、開業医の先生方と顔を合わせる場を設けています。患者さんを紹介できるだけでなく、教育・知識・技術なども含めた連携が必要でしょう。

また、入院前から入院中、退院してからの経過など、患者さん一人ひとりの背景を把握できるシステムをつくる必要があります。今後は、そのシステム構築のために「入退院支援センター」の設立に注力してまいります。

岡山赤十字病院がめざす病院像

当院がめざしているのは、地域の「マザー・ホスピタル」となる病院です。

マザー・ホスピタルとは前院長の造語で、文字通り「母なる病院」という意味です。やさしく、信頼できる病院であるということだけではなく、医療従事者を育てるということも必要だと考えています。そういう意味で地域のマザー・ホスピタルになるのが、当院のめざす姿です。

そういった病院の責務を果たし、地域のマザー・ホスピタルをめざすためには、地域で必要とされる医療をしっかり理解していかなくてはなりません。

地域の医療機関とも、技術や知識、教育なども共有できる関係をめざしていきたいと思います。