プライバシーポリシー

プライバシー情報のうち「個人情報」とは、個人情報保護法にいう「個人情報」を指すものとし、生存する個人に関する情報であって、当該情報に含まれる氏名、生年月日、住所、電話番号、連絡先その他の期術等により特定の個人を識別できる情報を指します。プライバシー情報のうち「履歴情報及び特性情報」とは、上記に定める「個人情報」以外のものをいい、ご利用いただいたサービスやご覧になったページや広告の履歴、ユーザが検索した検索キーワード、ご利用日時、ご利用方法、保利用環境、郵便番号や性別、職業、年齢、ユーザのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などを指します。

第1条【履歴情報及び特性情報の取得】

当社は、ユーザが利用したサービスやご覧になったページ、広告の履歴、ユーザが検索した検索キーワード、ご利用日時、ご利用方法、ご利用環境、ユーザのIPアドレス、クッキー情報、位置情報、端末の個体識別情報などの情報を、ユーザが当社及び当社の提携先(情報提供元、広告主、広告配信先などを含みます。)のサービスをご利用になったりページをご覧になったりする際に取得します。

第2条【履歴情報及び特性情報の利用】

当社は履歴情報及び特性情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

  • 当社や当社から広告を配信している提携先サイトの利用者数や当社や提携先サイトへの誘導数を調査する場合
  • 当社や提携先が最適なコンテンツ、広告、各種サービスのご案内などをユーザに配信したり提供したりする場合
  • 当社や当社から広告を配信している提携先サイトの利用者数や当社や提携先サイトへの誘導数を調査する場合
  • ユーザが本サービスをご利用になる際の環境の改善に向けた基礎資料とするために、携帯端末の通信状態等の情報を分析した結果を公表する場合
  • 提携先に、どのような広告や情報、サービスなどを掲載または提供していただくことが効果的であるかなどを分析して提供する場合
  • ユーザからのお問い合わせに対応するために、ユーザの本サービスご利用状況を確認する場合

第3条【個人情報の取得】

ご利用いただく方を特定する必要がある場合や当社のお問い合わせをいただいた際に連絡先を確認させていただく必要がある場合に、氏名、生年月日、住所、電話番号、銀行口座番号、クレジットカード番号、運転免許証番号などの個人情報をお尋ねすることがあります。当社は、ユーザと提携先などとの間でなされたユーザの個人情報を含む取引履歴や決済に関する情報を当該提携先などから取得することがあります。当社が取得する個人情報は、本サービスまたは当社を経由してご利用いただくサービスを提供するために必要なものに限られます。

第4条【個人情報の利用】

当社は個人情報を大きく分けて以下の目的で利用します。

  • ユーザからのお問い合わせに対応するために、お問い合わせ内容に関する情報など当社がユーザに対してサービスを提供するにあたって必要となる情報や、ユーザのサービスご利用状況、連絡先情報などを利用する場合

第5条【個人情報開示への同意】

本サービスのご利用に際しては、ユーザは次の事項をあらかじめご同意していただいたものとみなします。

  • 第三者に損害を発生させたりするなど、ユーザ規約に違反した方や、不正・不当な目的でサービスを利用しようとするかたのご利用をお断りし、また当社に生じた損害の賠償を請求するために、ご利用態様、氏名や住所など個人を特定するための情報を提携先等に開示すること
  • 本サービスの利用に関連して、ユーザが法令に違反した疑いがあると認めた官公庁から、ユーザと直接連絡を取るために必要な情報の開示の求めがあった場合において、当該求めに応じることが適切であると当社が判断した場合に、連絡先情報を当該官公庁に開示すること
  • 本サービスの終了や当社と第三者との事業提携等に伴って第三者が当該サービスの全部もしくは一部を承継する場合、または当該サービスの全部もしくは一部が第三者が既に提供しているサービスと統合される場合に、サービスの承継や統合に必要な情報を当該第三者に提供すること

第6条【個人情報の第三者への提供】

前項であらかじめ同意いただいている場合以外についても、以下の場合には、当社は個人情報を第三者に提供することがあります。

  • 裁判所から、法令に基づく開示を命じる判決もしくは命令を受けた場合、または警察などの公的機関から、捜査権限を定める法令に基づき正式な照会を受けた場合
  • 当社または提携先のサービスの利用に関連して、ユーザが法令やユーザ規約等に反し、第三者または当社の権利、財産、サービスなどを保護するために必要と認められる場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • 人の生命、身体及び財産などに対する差し迫った危険があり、緊急の必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難な場合
  • その他個人情報保護法上許容される場合