はきけ・おうと

吐き気・嘔吐

腹

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

吐き気・嘔吐とは、胃の内容物を外に出すために起こる現象や、そうなりそうという感覚の事を指します。特に吐き気は「気分が悪い」と表現される事もあります。

吐き気の要因は様々ですが、一時的な食べ過ぎ・飲み過ぎやストレスなど、日常生活上の出来事が原因になっている事もあれば、胃腸の病気をはじめ何らかの病気が原因となっている事もあります。

吐き気・嘔吐の程度や、それに伴う症状によっては病院での検査や治療が必要な場合もあるため注意が必要です。

原因

吐き気や嘔吐は、脳の延髄という場所に嘔吐中枢という場所で調節されています。この嘔吐中枢が何らかの原因で刺激を受けると吐き気・嘔吐が起こり、その刺激の強さによっては吐き気だけでとどまる事もあれば、嘔吐に繋がってしまう事もあります。

吐き気の原因は様々あります。一般的な原因として、胃腸の病気やそれ以外の病気、自律神経の異常、薬の副作用、日常生活上の出来事などが挙げられます。

胃腸の病気が原因の場合

代表的なものにはウイルスや細菌の感染が原因となって起こる感染性胃腸炎などがあります。また、吐き気・嘔吐単独ではなく、腹痛や発熱、下痢などの症状を伴って起こる事が多いのが、胃腸の病気が原因で起こる吐き気・嘔吐の特徴です。

また、吐き気・嘔吐が長期間にわたって続いているような場合には、胃がんなどの重大な病気が隠れている事もあるといわれています。

脳や神経の病気が原因の場合

上で説明した通り、吐き気や嘔吐は嘔吐中枢で調節されています。そのため、何らかの脳や神経の病気でも症状の一つとして吐き気・嘔吐が現れる事があります。

大抵の場合には、ろれつが回らない、しびれや麻痺がある、激しい頭痛、高熱などの症状が伴う場合が多いとされています。

耳鼻科の病気が原因の場合

メニエル病など前庭器官(迷路)の刺激で嘔吐中枢に伝わり、めまいとともに吐き気や嘔吐をきたします。

そのほかの病気が原因の場合

泌尿器科の病気や、婦人科の病気、心臓の病気、口腔から咽頭の病気などでも吐き気や嘔吐をきたすことがあります。また、女性の場合には妊娠初期のつわりも原因となります。

自律神経の乱れが原因の場合

自律神経は、交感神経と副交感神経のバランスで保たれています。副交感神経が働く事でリラックス状態になり、消化管の機能が活発になります。一方、交感神経は緊張状態を優位にさせますが、この緊張状態が過剰になることで吐き気が起こる事があります。

また女性の場合には、更年期に吐き気が起こる事があります。閉経後、女性ホルモンの減少により自律神経が乱れる事が原因といわれています。

薬の副作用

一部の薬の副作用として吐き気や嘔吐が起こる事があります。有名なものには抗がん剤がありますが、日常的に使われる事も多い抗生剤や一部のぜんそくの薬、低容量ピルなどでも吐き気や嘔吐が起こる事があります。

日常生活が原因の場合

アルコールの飲み過ぎや食べ過ぎ、乗り物酔いなど、日常生活の中で遭遇する出来事が吐き気や嘔吐の原因となる事も多くあります。この場合の特徴として、症状が続かず、原因が解消されれば症状もよくなり繰り返す事はないという事が挙げられます。

症状

吐き気・嘔吐は多くの場合他の症状を伴って起こります。比較的頻度の高い胃腸の病気が原因となっている場合には、腹痛や発熱、下痢を伴ったり、食欲がなくなったりすることがあります。その他、脳や神経の病気が原因となっている場合には、しびれや麻痺、頭痛など、耳鼻科の病気が原因の場合には、めまいなどを伴うことがあります。

吐き気・嘔吐に伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

食欲不振
概要・原因・症状・...
胃が痛い
概要・原因・症状・...

治療

吐き気の治療は原因となっている疾患が何なのかによって大きく異なります。

一般的に行われていることの多い治療には、以下のようなものがあります。

胃腸の病気が原因の場合

基本的には原因となっている胃腸の病気それぞれに応じた治療を行います。抗生剤や吐き気止めなどが用いられる事が多いとされています。

また、虫垂炎などが原因となっている場合には、手術による治療が行われる事もあります。

脳や神経の病気が原因の場合

脳や神経の病気は急ぎの治療を必要とする事が多くあります。胃腸の病気同様に、原因となっている病気それぞれに応じた治療が行われます。

病気によっては手術を行う事もありますが、薬物治療がメインで行われるものもあります。いずれにせよ、吐き気や嘔吐だけでなく全身の状態に注意して治療を行う必要があります。

耳鼻科の病気が原因の場合

動くことができず、症状が強いために急ぎの治療を必要とすることが多くあります。

そのほかの病気が原因の場合

重篤な心臓の病気がかくれていることがあるため、注意する必要があります。原因によっては専門的な治療の対象となることもあります。

自律神経の乱れが原因の場合

ストレスや睡眠不足、疲労などによって自律神経の働きが乱れる事があるため、まずは生活習慣を整える必要があります。その上で改善が見られない場合には吐き気止めや抗不安薬などによる薬物療法が行われる事もあります。

女性の更年期障害による症状の場合には、吐き気・嘔吐の症状単独に対してというよりは更年期障害に対する治療が行われます。生活習慣の見直しや漢方薬などが用いられる事もあれば、程度によってはホルモン補充療法などより専門的な治療の対象となる事もあります。

薬の副作用

薬の副作用が原因の吐き気の場合には、原因となっている薬を中止する場合もあります。ただし薬によっては中止できない場合もあるため、新しい薬を使い始めて吐き気・嘔吐が現れたときには処方を受けた病院で相談する事が大切です。その場合には、吐き気止めなどで症状を和らげる事ができる場合もあります。

日常生活が原因の場合

食べ過ぎ・飲み過ぎ、乗り物酔いなど心当たりがある場合にはまずその改善が必要です。

もし症状が長期間続く場合や、原因を絶ってもよくならないような時には、自身で考えている原因が異なっている可能性もあるため受診が必要です。

また、乗り物酔いしやすい人の場合には、あらかじめ酔い止めを服用しておく事が推奨されます。

「吐き気・嘔吐」に関連する他の症状