せき

喉

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

咳は、口から肺へ空気を送る気道という部分に異物が混入するのを防ぎ、同時に気道にある異物を排除するための生体の防御機構です。冷たい空気を吸い込んだあとなど、日常のささいなきっかけでも、出ることがある症状です。しかし、痰のからむ咳や、長く続く咳、聞きなれない音のする咳など、何かしらの病気のサインであることも多い症状です。

原因

咳は、肺や気管支に炎症をきたす呼吸器系の症状のうち、もっとも頻繁に見られる症状の一つです。咳の原因を調べる際に、咳の症状が持続している期間が一つの重要な手掛かりとなります。症状が3週間未満の場合を急性の咳、3週間以上持続している場合を慢性の咳と呼ぶことが多いです(定義によっては8週間以上)。また、咳の原因は大きく分けると以下のようになります。

肺や気管支が原因の咳

急性に生じる咳の原因は、一般的な風邪に伴う症状のことが多く、ほとんどが治療を必要とせずに自然によくなります。一方で、頻度は少なくても同様に急性の咳症状を伴う病気には、一般的な風邪のウイルスとは異なるウイルスや、細菌による感染症、肺にあいた穴から吸い込んだ空気が漏れる気胸と呼ばれる病気などがあります。また、3週間以上の長期にわたって咳が続いている場合、風邪の後に咳症状の認められる感染後咳嗽や、結核菌による感染症の肺結核などが考えられます。

その他、食べ物や薬のアレルギーの症状で、咳や息苦しさ、喉や口の腫れなどがでることがあります。

心臓が原因の咳

心臓と肺は密接な関係があり、心不全などの心臓の病気でも咳が現れることがあります。

消化管が原因の咳

胃酸が逆流することで喉にかけて炎症が起こり、咳が生じることがあります。

内服薬が原因の咳

高血圧の治療薬などの副作用で、咳が出やすくなることがあります。その際には内服薬の変更が必要です。

症状

咳は、肺から気管支にかけて起きる症状に伴い、関連する臓器に起きるあらゆる病気が原因となる可能性があります。そのため、咳とともに生じるそのほかの症状は原因を探る重要な情報となります。たとえば、喉の痛み、発熱、鼻汁などはなんらかの感染を示すサインです。これらの症状が咳とほぼ同時期に出現した場合には一般的な風邪症状である可能性が高いです。

咳に関連して、咳の頻度や出やすい時間帯、咳き込むような発作の有無、喉・気道からヒューヒューと音がするか(息を吸うとき、吐くときのどちらか)、どんな痰がでるかなども確認しておきましょう。

一方で、風邪による症状と思われる場合でも、妊婦さん、小さな子どもや赤ちゃんが咳の症状を認める場合には、病院にいくべきか不安になることも多いでしょう。

咳に伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

治療

咳の治療は原因となっている病気によって大きく異なります。頻度の多い治療については主に以下のものが挙げられます。

肺や気管支が原因の咳の治療

一般的なウイルスの感染による風邪症状の場合は、治療薬はありません。睡眠をしっかりとって休養することで回復します。咳やそのほかの症状が辛い場合には症状を抑える薬を必要に応じて内服することもあります。

その他、喘息が原因と思われる咳症状の場合には、重症度に応じて自宅または入院して治療を行うこともあります。

風邪の後に続く慢性の咳症状の場合には、症状を抑えたり、炎症を抑えたりする薬を投与することもあります。結核などが原因の咳症状の場合には、特定の病院で治療を受ける必要があります。

心臓が原因の咳の治療

心臓が原因の場合、症状は急性に出現することが多いといわれています。その場合、原因に応じた治療が行われます。多くの場合、薬物治療(入院を含む)が行われます。

消化管が原因の咳の治療

逆流性食道炎は胃酸が増えることで生じる病気ですが、喉にかけての炎症のために咳が生じることがあります。その場合には胃酸を抑えるような治療が必要になります。

内服薬が原因の咳の治療

薬が原因の場合にはまず薬の種類を変えることが必要です。ただし、自己判断で薬をやめたり、変更したりすることはさけ、必ず主治医に相談し指示のもとで行うようにしましょう。

「咳」に関連する他の症状