めがかすむ

目がかすむ

目

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

目がかすむとは、一般的にぼやけて見づらい、ものがはっきり見えにくいなどの状態を指します。個人の感じ方としては、目を長時間使ったあとでピントが合わせにくい、視力が低下している、ものが二重に見える、涙っぽい、異物感がある・ごろごろする、全体的に暗いなど、様々に自覚することがあります。

そのため、具体的にどのような状態なのかを見極め、上手に医師に伝え、適切な検査や治療を受けることが大切な症状でもあります。

原因

目や脳の視覚情報に関する領域、それらをつなぐ神経や眼球を動かす神経、まぶたを動かす神経などのうち、どこに不調があってもかすむという感覚が生まれる場合があります。

また、目以外にさまざまな要素があっても、かすむ、ぼやけるという感覚に結びつく場合があります。

眼球に問題がある場合

近視・遠視・乱視などの屈折異常に対して、度数の合わない眼鏡、コンタクトレンズを使用している場合や、老眼がある場合などが考えられます。

また、結膜炎・ドライアイ(乾き目)などがあり目やにが多い、角膜の濁り、ぶどう膜炎、白内障や網膜の病気、緑内障なども考えられます。

眼球を動かす神経や筋肉に問題がある場合

眼球の位置が左右ずれている状態(斜視・斜位)だと見るのに努力が必要で、疲れやすく、かすむ、ぼやけると感じる場合があります。

また、けがや病気により、眼球を動かす神経や筋肉に問題があると、ものが二重に見えることがあり、かすんでいると思うこともあります。

日常生活に原因がある場合

目を長時間酷使すると眼精疲労が起こり、ピントが合いにくくなってかすんだ感じがします。特に、パソコンやスマートフォンなど、光る画面を見ると疲れが起こりやすくなります。キーボードへのタイピングなどを仕事で長時間行う場合、肩こり・首こり・仕事のストレスなども合わさり、VDT症候群とよばれる状態になることもあります。

ほかにも、熱が出ているときや何らかの病気で療養をしているとき、妊娠中や産後も目のかすみが現れることがあります。

症状

原因によって、目のかすみとともに起こりやすい症状は異なります。

ドライアイなどが原因の場合は目やに、眼精疲労の場合には肩こりや首こりを伴うことが多くあります。また、原因となっている病気によっては見え方が変わったり、視界が狭くなったりします。

目のかすみに伴って起こりやすい症状の詳細については、以下の記事を参照してください。

治療

目のかすみに対しては、原因に応じた治療を行います。一般的に行なわれることの多い治療には、以下のようなものがあります。

眼球に問題がある場合

適切な眼鏡やコンタクトレンズを使用します。状態に応じて、点眼・飲み薬などを使用します。病気によっては、手術が必要になるものもあります。

眼球を動かす神経や筋肉に問題がある場合

視線のズレを補うような眼鏡を使用したり、手術で目の位置を調整したりする場合もあります。脳外科や神経内科での治療が必要になる場合もあります。

日常生活に原因がある場合

長時間のパソコンなどでの作業の場合は、適度に休憩をとる、ストレッチを行う、画面の設定を工夫する、エアコンの風が当たらないようにするなどの環境整備も重要です。

「目がかすむ」に関連する他の症状