いもたれ

胃もたれ

腹

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

胃もたれとは、胃のむかつきや重苦しさ、気持ち悪さといった胃の不快感を指します。暴飲暴食などの食生活が原因で起こることが多い身近な症状ですが、胃がんなどの重大な病気でも胃もたれが生じる場合もあります。

また、胃もたれが続くと日常生活に支障が出るほか、何らかの病気が隠れている場合もあるため、よく起こる症状といえども軽く考えるべきではありません。軽い胃もたれであっても、心当たりがなく起こった場合や長く続いている場合などには、一度病院で診察を受けることを検討しましょう。

原因

胃は、主に食道から入ってきた食べ物を溜める役割と、食べ物を十二指腸に送り出す前に消化する役割を担っています。しかし、何らかの原因によって胃の運動と消化する力が低下すると、胃の中の食べ物をうまく十二指腸に送り出すことができません。そして、胃に長く溜まることによって胃もたれが起こります。

その原因には、食道や胃・十二指腸の病気、食生活、ストレスなどがあります。

食道の病気が原因の胃もたれ

胃酸が食道に逆流する、食道が十分に開かなくなるなど、食道に何らかの異常がみられると胃もたれが生じることがあります。

食道の病気では、吐き気・嘔吐、呑酸(どんさん)(口の中が酸っぱく感じる)、みぞおちの痛み、嚥下困難(えんげこんなん)(食べ物を上手く飲み込めない状態)などの症状が伴うことが多く、病気によっては病態が進行すると命に危険が及ぶ場合もあります。

胃・十二指腸の病気が原因の胃もたれ

胃もたれの原因になりえる胃・十二指腸の病気には、胃・十二指腸炎、胃潰瘍、胃がんなどがあります。炎症や傷によって、お腹やみぞおち付近に痛みが現れることが多く、粘膜などからの出血によって血便や吐血などが起こる場合もあります。

胃がんにおいても上で挙げた症状が現れることがありますが、進行していても胃もたれが続く程度の自覚症状しかないことも珍しくありません。

日常生活が原因の胃もたれ

食べ過ぎや脂肪分の多い食事、アルコールなどの食生活が原因になる場合や、ストレスによって自律神経が乱れることでも胃もたれが起こる場合があります。

このような場合に起こる胃もたれの多くは一時的なものですが、食生活の乱れやストレスが続くと、食道や胃・十二指腸の病気の原因になるため注意が必要です。

胃もたれの原因となる具体的な病気については以下の記事を参照してください。

症状

胃もたれは、主に胃の運動と消化する力が低下することによって起こるもので、胃が重いような感じや消化不良で胃に食べ物が長く残っている感じ、胸がやけるような感じなど、人によって感じ方が違うことがありますが、基本的にはこのような感覚に当てはまる症状を総称して胃もたれといいます。ただし、それぞれの感じ方によっては原因が異なる場合もあります。

胃もたれに似た症状についての詳細は以下の記事を参照してください。

食欲不振
概要・原因・症状・...

また、胃もたれに伴いやすい症状に腹痛と吐き気があります。いずれもさまざまな原因で伴うことの多い症状ですが、胃もたれが主な症状なのか腹痛や吐き気が主な症状なのかによって、腹痛の部位によっても原因が異なる場合があります。

胃もたれに伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

食欲不振
概要・原因・症状・...

治療

胃もたれがどのような原因で起こっているかによって、治療の方法は大きく異なります。原因別の主な治療には以下のようなものがあります。

食道の病気が原因の胃もたれの治療

食道の病気では、原因となる生活習慣の改善や症状に対する薬物療法といった保存的治療が一般的です。保存的治療で改善がみられない場合、病態が進行している場合などにおいては、内視鏡を用いた治療や外科的手術が行われることもあります。

胃の病気が原因の胃もたれの治療

病気によっては胃を休めることで自然に症状が消失するため、治療の必要がない場合もありますが、症状の程度によっては薬物療法や点滴などで治療が行われます。

胃がんにおいては内視鏡治療や手術、抗がん剤治療が主体で、基本的には病態の進行度に応じて決定されます。

日常生活が原因の胃もたれの治療

日常生活が原因の胃もたれに対しては、食事など、原因となる日常生活の改善が治療の基本です。食生活が原因であれば、暴飲暴食をしない、脂肪分・刺激の少ない物を食べる、アルコールの摂取を控えるなどして、胃を休めることで症状が治まることが多くあります。

病院では原因や症状に応じて、胃腸の機能を調整する薬などが処方される場合もあります。

「胃もたれ」に関連する他の症状