ひざがいたい

膝が痛い

膝

目次

項目をクリックすると該当箇所へジャンプします。

概要

膝の痛みは、高齢者や肥満体形の方によくみられる症状といわれています。運動でかかる膝への過剰な負担によって、膝が痛くなることもあります。また、痛みのほかに、膝の腫れや膝がグラグラする感覚を伴うことがあります。

痛みの程度が強い場合や長く症状が続いている場合、日常生活に支障が出ている場合は、原因をはっきりさせることが大切です。また、思いもよらない原因が潜んでいることもあるため、注意が必要な症状でもあります。

原因

膝の関節は、太ももの大腿骨(だいたいこつ)、脛の脛骨(けいこつ)、膝の皿と呼ばれる膝蓋骨(しつがいこつ)といった3つの骨と、それを支える靭帯や筋肉、半月板や軟骨で構成されています。

多くの場合は、この膝の関節軟骨がすり減り、大腿骨と脛骨がぶつかることで膝の痛みが生じます。また、筋肉や靭帯、半月板が損傷することでも痛みが生じます。

膝の痛みの原因を大きく分けると以下のようになります。

関節軟骨の摩耗が原因の場合

膝の関節軟骨と呼ばれるクッションの役割を果たす組織がすり減り、炎症や痛みが生じることがあります。高齢になり関節軟骨が老化したり、肥満により膝への負荷が増えたり、あるいは遺伝的な原因によって膝の関節軟骨がすり減るとされています。

また、骨折や靭帯、半月板の損傷、感染の後遺症で生じることもあります。

靭帯・半月板の損傷が原因の場合

交通事故やスポーツによるけがで、膝に大きな力が加わったときに靭帯や半月板が損傷することがあります。

骨軟骨片の離断が原因の場合

膝への慢性的な負荷や外傷によって血流障害が起こり、軟骨の下の骨が壊死し、骨軟骨片が関節内に遊離することで痛みが生じます。成長期である10歳代に多くみられます。

脛骨結節(お皿の下の骨)の突出が原因の場合

10代前半の成長期の子どもに多くみられ、足への負荷が大きいスポーツをやりすぎることで生じます。大腿四頭筋とよばれる太ももの前側にある膝を伸ばすための筋肉は、脛の脛骨結節にくっついています。膝の曲げ伸ばしにより、大腿四頭筋が、この脛骨結節を引っ張ることで脛骨結節の成長線に負荷がかかり、炎症や痛みが生じます。

膝蓋骨の脱臼が原因の場合

ジャンプの衝撃などにより、大腿四頭筋が強く収縮したときに膝蓋骨が脱臼することで痛みや腫れが生じます。膝蓋骨が外側に脱臼することが多いとされています。

10代の女性での発症が多く、場合によっては慢性化することがあります。

その他

ほかにも膝の痛みの原因となる病気があり、中には早期の受診・治療が必要な病気が潜んでいることもあります。

代表的なものに関節リウマチがありますが、リウマチの場合は数週間以上腫れや痛みが続きます。20~40歳代の女性に多く、手の指や手首などにも腫れを伴うことが多いのですが、ご高齢の方でも発症します。膝だけが腫れるようなタイプのリウマチもありますので、腫れや痛みが長引く場合は注意が必要です。

膝の痛みの原因となる具体的な病気については以下の記事を参照してください。

症状

膝やその周囲が痛むといっても、その症状や痛む部位は原因によって異なります。

また、痛みに伴って膝が腫れることもあります。ぶつけたり、物が当たったりといった、心当たりがないのに膝が腫れているときは、場合によっては注意が必要となることもあります。膝の裏が痛かったり、膝の裏が腫れたりといった特徴的な異常が現れることもあります。

また、脚がしびれることもあります。脚の中でも特にふくらはぎの痛みや痺れを感じるといったときには、特定の病気が原因となっていることもあるかもしれません。

膝の痛みに伴って起こりやすい症状の詳細については以下の記事を参照してください。

治療

膝の痛みの治療法は、痛みの程度や原因によって異なります。一般的に行われることの多い治療には、以下のようなものがあります。 

関節軟骨の摩耗が原因の場合

症状が軽度の場合は、痛み止めを使ったり、理学療法を行ったりします。このような治療を行っても改善しない場合は、手術を行う場合もあります。症状が重度の場合は、人工膝関節を入れることもあります。

靭帯・半月板の損傷が原因の場合

リハビリや炎症を抑える薬を使って、保存的に治療することもありますが、症状が改善しない場合は手術を行います。

骨軟骨片の離断が原因の場合

成長期では、安静にして負担を減らすことで自然に治癒することがあります。そういった保存療法でも改善しない場合は、離断した骨軟骨片の除去や固定する手術を行う場合もあります。

脛骨結節(お皿の下の骨)の突出が原因の場合

痛みがある場合は、下記のようなことが有効とされています。

  • 膝への負担を避ける
  • ストレッチやアイシングを行う
  • 鎮痛薬を使う

など

膝蓋骨の脱臼が原因の場合

脱臼を整復し、固定します。脱臼を繰り返す場合には、手術を行うこともあります。

その他の原因の場合

膝の痛みの原因は多種多様です。日常生活での対処を行っても改善しないときや痛みがひどいときには、早めに整形外科へ受診するとよいでしょう。

関節リウマチに関しては薬の進歩が著しく、初期にしっかり診断して適切な薬を使えれば治る病気になってきました。特殊な薬を使用することも多いので、できる限り専門の医師を受診するようにしましょう。

「膝が痛い」に関連する他の症状