みぞおちの痛み:医師が考える原因と対処法|症状辞典

みぞおちの痛み

加藤 之紀 先生

JA広島総合病院 救急・集中治療科 部長

加藤 之紀 先生

みぞおちの痛み

みぞおちの痛みは「胃の痛み」と表現されることもあり、その原因には様々な事が考えられます。

  • みぞおちのところがキリキリ差し込むように痛い
  • 胸焼けがしてみぞおちのあたりも痛む
  • 階段を上るとみぞおちのあたりが苦しい…

このような症状が見られた時、原因として考えられることにはどのようなものがあるでしょうか。

みぞおちの痛みは、なんらかの病気によって引き起こされている場合があります。

みぞおちの痛みの原因が胃腸にある場合、考えられる疾患には以下のようなものがあります。

逆流性食道炎

逆流性食道炎は、強い酸性である胃酸が逆流することにより、食道の粘膜がただれたり、潰瘍ができたりする病気のことです。

食後の胸焼け、げっぷ、喉に酸っぱいものがこみあげる感じ、胸のつかえ感などがよくある症状です。

胃潰瘍・十二指腸潰瘍

胃潰瘍・十二指腸潰瘍は、胃液の刺激によって胃や十二指腸の粘膜が傷つき、潰瘍ができる病気です。

一般的な症状としては、差し込むような痛みや胃もたれ、げっぷ、吐き気、胸焼けなどが挙げられます。

胆石症

胆のうにできた胆石が胆のうにとどまっている間は無症状であることが多いですが、胆管に流れ出て詰まると、食後に右上腹部の痛み、吐き気、嘔吐、下痢が起こります。

胆管が塞がり、胆嚢炎や胆管炎になると、発熱、悪寒、皮膚や白目が黄色くなるなどの症状が出ます。その場合は早期の治療が必要なため、疑わしい症状がある場合にはすぐ受診しましょう。

虫垂炎

一般的に「盲腸」と呼ばれている病気ですが、盲腸でも初期にはみぞおちの痛みが現れることがあります。

右下腹部の痛みが代表的な症状ですが、痛む場所が時間とともに移動することがあり、特に痛み始めではみぞおちなどが痛むこともよくあるといわれています。右下腹部もおさえてみると痛い、熱(微熱が多い)があるなど、疑わしい症状がある場合には速やかに受診しましょう。

急性膵炎 

急性膵炎とは、膵臓がなんらかの原因により炎症を起こしている状態です。症状は軽い胃痛のような軽度なものから、立ち上がれないほどの激痛まで幅広く、原因はアルコールの飲みすぎが最も多く、ついで胆石といわれています。

急性膵炎は早期の診断・治療が大切です。激しい痛みなどがあれば早期に受診しましょう。

腸閉塞

腸閉塞とは、なんらかの原因により腸の通過障害を起こしている状態です。過去にお腹の手術を受けたことのある方は、他の人に比べてなりやすいといわれています。

症状として、腹痛や便秘・ガスが出ないことによるお腹のハリや食欲不振などの症状が現れます。過去にお腹の手術をしたことのある方でこのような症状が現れた場合、早めに病院を受診するようにしましょう。

必ず起こるものではありませんが、以下のような病気でもみぞおちの痛みを感じる場合があります。

尿路結石

結石はごく小さなものであれば症状が現れないこともありますが、尿の通り道がふさがれたり、尿に流されて結石が移動したりすると強い痛みが生じます。

痛みは結石のある下腹部や腰回りから始まることが一般的ですが、みぞおちの痛みから始まることもあります。

心筋梗塞・狭心症

心臓に血液を運ぶ冠動脈が動脈硬化などにより細くなり、心臓の筋肉が酸素不足になっている状態が狭心症です。そして冠動脈がさらに狭くなり、なんらかのきっかけによってか詰まってしまった状態が心筋梗塞です。

狭心症では運動をした時に起こる胸痛や胸の苦しさが主な症状です。心筋梗塞は突然の胸の激痛、冷や汗や呼吸困難などの症状がみられます。この心臓が原因の胸の痛みが、みぞおちの痛みとして感じられる場合があり、またそこまで激しいものとして感じられない場合もあるため注意が必要です。もし、痛みの程度が激しいような場合にはすぐの受診が必要です。

受診の目安には以下のようなものがあります。

  • 痛みの程度が強い
  • いつまでも痛みが治らない
  • 痛み以外の症状がある

このような場合には早期に受診しましょう。痛みの原因によって専門科目は異なりますが、まずは近くの内科やかかりつけなどで相談するとよいでしょう。

受診の際のポイントとして、痛みの出る部位やタイミング、痛み以外の症状の有無などを医師へよく伝えるようにしましょう。

暴飲暴食、アルコールの飲みすぎで胃腸に負担がかかり、みぞおちが痛むことがあります。

食べ過ぎ・飲み過ぎた時には

暴飲暴食を控えることは当然ですが、食事の時間も大事です。夜遅くの食事や朝食を抜いて1日2食にしたりすると、胃腸に負担をかけてしまいます。

3食きちんと規則正しい食生活を送りましょう。

唐辛子やニンニクなどの刺激物も胃の粘膜を刺激するため、摂りすぎはみぞおちが痛む原因になります。

刺激物を摂りすぎた時は

香辛料を多く使った料理やコーヒーなどの刺激物は適量にしましょう。

刺激物を摂りすぎたことでみぞおちが痛む時は、消化の良いものや胃に負担をかけないものを中心に食事を摂り、胃を休ませるようにしましょう。

症状がよくならない時には一度病院を受診してみましょう。思いもよらない原因が潜んでいる場合もあります。