クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Nerve
ポリオ
ポリオとは、ポリオウイルスによって引き起こされる、手足の急性麻痺を呈する疾患のことを指します。ポリオウイルスに感染しても麻痺の症状を呈することなく、風邪程度の症状で自然に治癒をすることもあります...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました
神経

ポリオぽりお

その他の関連する疾患はこちら

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

ポリオとは、ポリオウイルスによって引き起こされる、手足の急性麻痺を呈する疾患のことを指します。ポリオウイルスに感染しても麻痺の症状を呈することなく、風邪程度の症状で自然に治癒をすることもあります。しかし、一定の確率で不可逆的な麻痺を呈することがあります。また症状を呈さないからといって問題がないと言う訳では決してなく、ウイルスを周囲に広げる伝播者となる可能性を秘めているため注意が必要です。一人のポリオ発症者がいることは、すなわちその周辺環境ではポリオウイルスが広くはびこっていることを意味しています。

かつては日本においても年間1500~6000人の患者が発生しており、社会的な問題となっていました。しかしポリオワクチンの導入と共にポリオの発症例は激減し、日本国内では1980年に1人の発症があったのを最後に、ポリオの新規国内発生は認めていません。現在では、4種混合ワクチンの一つとして、注射の形態で不活化ワクチンとして定期接種がなされています。しかし、アフリカ諸国を中心にとして予防接種が徹底されておらず、ポリオの発生を見る地域はまだまだ世界には存在しています。

ポリオによる麻痺症状は現在の医療では回復させることができず、一度永続的な後遺症を来した場合にはリハビリテーションや装具の使用などの医療介入に頼ることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

原因

ポリオは、ポリオウイルスに感染することで発症します。ポリオウイルスは、感染した人の便の中に排泄され、手や食べ物を介して口から体内に入ることで感染します(糞口感染と呼びます)。そのため、ポリオウイルスを体内に抱える人の便を扱う際には充分注意を払うことが求められます。

ただし、ポリオウイルスは明らかな麻痺症状を引き起こさない場合でも、糞便中に数週間排泄されていることがあります。この観点は、保健衛生上とても重要な意味をもたらします。すなわち、本人が無症状であったとしても環境中にポリオウイルスを広げる可能性があります。

ポリオウイルスに感染すると咽頭や腸管でウイルスは増加し、その後血流を介して全身にウイルスは広がります。ポリオウイルスは特に神経細胞に対しての親和性が高く、運動を司る脊髄細胞に対して損傷を引き起こします。具体的には「脊髄前角細胞」と呼ばれる細胞が障害を受け、ポリオに特徴的な麻痺症状が引き起こされることになります。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

症状

ポリオウイルスに感染すると、1〜2週間程度の潜伏期間を経て症状が出現します。潜伏期間中には、腸内で増えたウイルスが血液の中に散らばります。ただし、ポリオウイルスでは必ずしも症状を呈する訳ではなく、無症状のまま経過することがあります。ポリオウイルスの感染者の4~8%に、発熱やのどの痛みといった風邪のような症状を呈しますが、これらは数日で治まり、普段通り生活できてしまうことがほとんどです。

しかし、風邪の症状が消えた数日後に再度発熱や嘔吐が出てきて、首や背中の痛み、手足の痛みがあらわれ、「ポリオまひ」といわれるまひが始まるケースがあります。ポリオまひは手足の力が入らなくなる弛緩性まひと言われるまひで、現在の医療では回復させる治療法がありません。まひが呼吸に必要な筋肉に及ぶと、呼吸ができなくなってしまい、人工的に呼吸を助けないと死に至ります。まひまで進行する割合は、感染者全体の0.1%程度と言われています。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

検査・診断

最も確実な検査は、腰から針を刺して採取した脳脊髄液中にポリオウイルスが存在するかを確認する「PCR」という検査です。しかし、どこの病院でもすぐにできる一般的な検査ではなく、代わりに便からウイルスを分離してポリオウイルスを同定しています。感染から数週間は便中からポリオウイルスを検出できるとされています。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

 

 

治療

ポリオでは、一度麻痺症状を発症すると不可逆的な後遺症として残ることがあります。しかし、ポリオに対しての麻痺を完全に回復させるような治療方法は現在の所確立はされておらず、リハビリテーションや装具、車いすの使用など、対症療法的な対応を行うことにあります。

重篤な合併症を引き起こしうるポリオであるため、治療に重点を置くのではなく、予防の観点を取り入れることがとても大切であると言えます。ポリオは予防接種の効果が非常に高く、日本を含めワクチン接種が制度化されている国では、長期にわたり発症者数がゼロとなっています。一時期日本では生ワクチンによる経口摂取が導入されていました。生ワクチンによる予防効果は高く、ポリオウイルスが侵入する腸管に置ける免疫機能も強化できる利点もあります。しかし、少ないながらも生ワクチンを原因として麻痺を発症するお子さんがいらっしゃり、その危険性が大きく問題となっていました。

そのため、現在ではワクチンによるポリオ発症にリスクがない不活化ワクチンが定期接種に導入されるようになっています。現在の日本では四種混合ワクチンとポリオ単独の注射ワクチンがありますが、現在は四種混合ワクチンが主流となっています。決められた接種回数を受ければ、ポリオを予防できる確率は90%以上とされています。

より詳しい情報は、こちらをご覧ください

ポリオの記事を読む

ポリオの記事にご協力いただいている医師