クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
マラセチア毛包炎
マラセチア毛包炎は、マラセチアと呼ばれる真菌に感染することで発症する病気です。(癜風(でんぷう)ともいいます。原因となるマラセチア菌は人の皮膚に広く存在し、さまざまな状況が合わさるとマラセチア毛...
Male consulter resolved
クリップに失敗しました

マラセチア毛包炎(まらせちあもうほうえん)

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

マラセチア毛包炎は、マラセチアと呼ばれる真菌に感染することで発症する病気です。(癜風(でんぷう)ともいいます。原因となるマラセチア菌は人の皮膚に広く存在し、さまざまな状況が合わさるとマラセチア毛包炎を発症します。胸ニキビや背中ニキビなど、顔以外の部位に吹き出物が目立つ場合は、多くはマラセチア菌によるものです。一方、顔ニキビの多くはアクネ菌(Acne vulgaris)によるものです。

治療は抗真菌薬などを用いて行われます。また、完治したあとにも再発することがあるため、脂や汗の分泌を少なくするように環境を整えたり、発症のリスクとなるステロイドに注意したりすることが大切です。

原因

皮膚にはさまざまな細菌、真菌などが常在しています。そのなかでもマラセチア(特にMalassezia globosa)が異常増殖を起こしやすい条件が揃うと、マラセチア毛包炎を発症します。

マラセチアが増殖しやすい環境としては、脂が多い皮膚、高温多湿が挙げられます。そこで、マラセチア毛包炎は脂の分泌が多い思春期に多くみられます。そのほか、ステロイドを使用しているときはマラセチアが増殖しやすくなります。抗生物質の使用も、皮膚の常在菌叢(じょうざいきんそう)バランスを崩す要因であるため、マラセチア毛包炎を引き起こすリスクになります。

症状

マラセチア毛包炎を発症すると、汗や脂の分泌が多い胸や背中、肩、腕などに、毛穴に一致する形で赤いポツポツとした皮膚の変化がみられます。症状が強くなると、赤いブツブツの量が増え、同時に白い膿(うみ)もみられようになります。また、かゆみを伴うことも特徴のひとつです。

検査・診断

マラセチア毛包炎は、皮膚の変化を詳細に観察することや、リスク要因の存在などの情報によって診断されます。検査を行う場合は、毛穴のなかに存在するマラセチアを顕微鏡にて確認します。その際、内容物を酸性メチレンブルーなどで染色します。マラセチア自体は皮膚の常在菌であるため、診断の際には注意が必要とされます。

治療

マラセチア毛包炎の治療では、イトラコナゾールやフルコナゾールなどの抗真菌薬が使用されます。塗り薬で治癒することもありますが、効果が十分でない場合には飲み薬として使用されることもあります。また、マラセチア毛包炎は、完治した後にも再発する危険性があります。マラセチアが異常増殖している環境に対しては、以下のようなアプローチを行うことが重要です。

  • 脂や汗を拭くこと
  • 清潔を保つために風呂やシャワーを利用すること
  • 温度環境を適切にすること
  • マラセチアの増殖を抑える薬剤が含まれたシャンプーを利用すること

そのほか、発症のリスクを高めるステロイドや免疫抑制剤は、中止することが難しい場合もありますが、不要な使用は避けるように考慮が必要です。