クリップする
URLを入力して
記事をクリップしましょう
指定された URL のページが見つかりません
Noimage s500x350
顎口虫症
顎口虫症とは、顎口虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされる病気です。人に健康被害をもたらす顎口虫には、有棘顎口虫、剛棘顎口虫、日本顎口虫、ドロレス顎口虫などがあります。顎口虫症は東南アジアにおい...
クリップに失敗しました
クリップ とは
記事にコメントをつけて保存することが出来ます。検索機能であとで検索しやすいキーワードをつけたり、読み返し用のメモを入れておくと便利です。
また、記事を読んで疑問に思ったこと、わからないことなどをコメントに書き、「医療チームのコメントを許可する」を選んで頂いた場合は、医師や看護師が解説をメールにてお送りする場合があります。
※ クリップ内容は外部に公開されません

顎口虫症がくこうちゅうしょう

更新日時: 2017 年 04 月 25 日【更新履歴
更新履歴
2017 年 04 月 25 日
掲載しました。
閉じる

概要

顎口虫症とは、顎口虫と呼ばれる寄生虫によって引き起こされる病気です。人に健康被害をもたらす顎口虫には、有棘顎口虫、剛棘顎口虫、日本顎口虫、ドロレス顎口虫などがあります。顎口虫症は東南アジアにおいて問題になることが多く、日本において淡水魚やマムシの生食で発症例をみることもあります。海外では、魚類、爬虫類、両生類を生で食べる地域で報告されています。

顎口虫はドジョウやヤマメ、ライギョ、ナマズなどに生息しています。顎口虫に汚染された魚を、調理不十分な状態で摂取することから人への感染が成立します。顎口虫症を発症すると、皮膚のかゆみ程度でおさまることがある一方、皮膚のミミズ腫れや痛みを引き起こすことがあります。また、目や脳などにも寄生虫が入り込むことがあり、失明や麻痺(まひ)、最悪の場合は死にもつながることがあります。

顎口虫症では駆虫薬によって治療が行われます。しかし、顎口虫症を考えるうえで第一に重要なのは、顎口虫への感染を予防することです。刺身で食べることが一般的でない淡水魚は感染のリスクがあるため加熱処理をして、マムシなどの生食や生き血を飲まないことが重要です。

原因

顎口虫症は、顎口虫と呼ばれる寄生虫に感染することを原因として発症します。原因となる顎口虫としては有棘顎口虫、剛棘顎口虫、日本顎口虫、ドロレス顎口虫などがありますが、世界における分布様式は異なります。

顎口虫は、イヌや猫、豚などの動物の中で卵を産みます。顎口虫は消化管に寄生することから、糞便が虫卵で汚染されることになります。便と共に環境中に排泄された虫卵は、水中で孵化します。その後、顎口虫は食物連鎖により、ミジンコ、蛙、ドジョウやヤマメ、ライギョ、ナマズなどへと順次移行するようになります。最終的にはイヌや猫、豚などがこうした生物を摂取することで顎口虫が成虫へと成熟し、消化管内で再び虫卵を産むことになります。

このような生活環のなかで、人がドジョウやヤマメ、ライギョ、ナマズ、マムシなどを調理不十分な状態で摂取することで、顎口虫の幼虫に寄生されることになります。人の体内では成虫へと成熟することはできず、幼虫のまま生息することになります。幼虫は、皮膚や眼球、脳、肺、生殖器系など体の各所へと侵入することがあり、顎口虫症に関連したさまざまな症状が引き起こされます。

症状

顎口虫症では、顎口虫が寄生した先の臓器に関連しての症状が引き起こされます。消化管内に寄生することから、吐き気や腹痛、下痢、食欲低下などといった消化器関連の症状を呈することがありますが、多くは無症状です。

顎口虫の幼虫は2〜3週間ほどの経過で皮膚へと移動し、皮膚爬行(はこう)症と呼ばれる特徴的な症状を引き起こします。皮膚の腫れやかゆみ、発赤、腫瘤などの症状をみますが、幼虫の移動に伴い皮膚病変が移動することが特徴です。

顎口虫は皮膚以外にもまれではありますが眼球、脳、肺、肝臓、生殖器等にも迷入します。眼球に寄生することから、視力低下や最悪の場合は失明に至ることがあります。中枢神経系に顎口虫が寄生することで、神経痛、麻痺、頭痛、意識低下、意識消失が起こり、最悪の場合には亡くなることもあります。

検査・診断

顎口虫症は、移動性の皮膚病変、淡水魚介類、爬虫類、両生類などの生食歴、血液検査における好酸球の上昇などをきっかけとして疑われることになります。実際に顎口虫症を診断するためには、皮膚などの病変部位から採取された検体を用いて、顎口虫の存在を顕微鏡的に確認することが必要です。また、血液検査により顎口虫に対しての抗体を検出することもなされます。
 

治療

顎口虫症は、アルベンダゾール、イベルメクチンといった駆虫薬を用いて治療します。また、外科的な処置を行うことで直接的に顎口虫を摘出することもあります。

予防

顎口虫症は、ドジョウやヤマメ、ライギョ、ナマズなど、顎口虫に汚染された動物を調理不十分な状況で摂取することから発症します。日本は魚などを刺身で食べる文化がありますが、生食が一般的でない淡水魚、爬虫類、両生類では、しっかり加熱処理を行うことが重要です。