曽雌 茂 先生のプロフィール

曽雌 茂 先生

そし しげる

曽雌 茂 先生

東京慈恵会医科大学整形外科 教授

専門分野

脊椎・脊髄外科

紹介

東京慈恵会医科大学医学部を経て現在は同大学整形外科の教授、ならびに同大学附属柏病院整形外科の診療部長として勤務。脊椎・脊髄外科が専門。柏病院では、加齢に伴う脊椎疾患、小児や高齢者の脊柱変形など、あらゆる脊椎の疾患の診療を行っている。
また、転落や交通事故による脊椎・脊髄損傷(外傷)にも対応している。脳神経外科、救急部、神経内科、リハビリテーション科との連携もよく、脊椎の病気で困っている患者さんに迅速かつ良質の医療を提供できる体制づくりがなされている。

略歴

1998年 東京慈恵会医科大学 卒業 東京慈恵会医科大学 整形外科入局
1987年 神奈川県総合リハビリテーション病院(現、神奈川リハビリテーション病院)整形外科
1989年 東京慈恵会医科大学整形外科
1991年 新潟大学 整形外科学教室 留学
1991年 東京慈恵会医科大学整形外科
1997年 国立長野病院 整形外科医長
1999年 東京慈恵会医科大学整形外科 講師
2011年 東京慈恵会医科大学整形外科 准教授
2018年 東京慈恵会医科大学整形外科 教授
2018年 東京慈恵会医科大学附属 柏病院 整形外科

所属学会・資格・役職など

日本整形外科学会
日本脊椎脊髄病学会
日本側弯症学会
日本インストゥメンテーション学会
日本脊椎・脊髄神経手術手技研究会
日本腰痛学会
日本低侵襲脊椎外科学会
日本最小侵襲整形外科学会
東日本整形災害外科学会
関東整形災害外科学会
日本成人脊柱変形学会
日本MISt研究会
日本骨代謝学会 

日本整形外科学会 専門医
日本整形外科学会 スポーツ医
脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会 脊椎脊髄病医
雑誌 骨粗鬆症治療 編集同人
東日本整形災害外科学会 評議員
日本整形外科学会 代議員

受賞・著書・論文など

【著書】
<総説>
1) 曽雌茂, 井上雄, 福田国彦. 骨粗鬆症と転移性脊椎腫瘍.脊椎脊髄ジャーナル. 2005;18:1085-91.
2) 曽雌茂. 慈大式骨萎縮度分類. 脊椎脊髄ジャーナル. 2006;19:1006-7.
3) 曽雌茂. 高齢者の脊椎脊髄疾患—椎骨—. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007;20:380-5.
4) 曽雌茂, 舟崎裕記, 丸毛啓史.神経線維腫(NF-1)に合併した脊柱変形.関節外科. 2008;27:614-9.
5) 曽雌茂. 脊椎・脊髄画像診断/腰部脊柱管狭窄症、すべり症. Monthly Book Orthopedics. 2011; 24: 87-95.
6) 曽雌茂, 斎藤充, 宇高潤, 丸毛啓史.脊椎脊髄の解剖と疾患 知っておくと役立つ特殊検査 DXA(dual energy absorptiometry, 二重エネルギーX線吸収法) 脊椎脊髄ジャーナル 2013; 26: 451-456. 
<分筆・出版>
1) 曽雌茂.脊椎疾患.永森静志(監修).医者からいわれた病気のことがわかる本.東京:共立出版, 1997;389-402.
2) 曽雌茂, 梶原敏英.ビタミン剤.室田景久,矢部裕編.整形外科常用処方実践マニュアル.東京:全日本病院出版会, 1998;22-6.
3) 曽雌茂.骨原性細胞.藤井克之,井上一

【著書】
<総説>
1) 曽雌茂, 井上雄, 福田国彦. 骨粗鬆症と転移性脊椎腫瘍.脊椎脊髄ジャーナル. 2005;18:1085-91.
2) 曽雌茂. 慈大式骨萎縮度分類. 脊椎脊髄ジャーナル. 2006;19:1006-7.
3) 曽雌茂. 高齢者の脊椎脊髄疾患—椎骨—. 脊椎脊髄ジャーナル. 2007;20:380-5.
4) 曽雌茂, 舟崎裕記, 丸毛啓史.神経線維腫(NF-1)に合併した脊柱変形.関節外科. 2008;27:614-9.
5) 曽雌茂. 脊椎・脊髄画像診断/腰部脊柱管狭窄症、すべり症. Monthly Book Orthopedics. 2011; 24: 87-95.
6) 曽雌茂, 斎藤充, 宇高潤, 丸毛啓史.脊椎脊髄の解剖と疾患 知っておくと役立つ特殊検査 DXA(dual energy absorptiometry, 二重エネルギーX線吸収法) 脊椎脊髄ジャーナル 2013; 26: 451-456. 
<分筆・出版>
1) 曽雌茂.脊椎疾患.永森静志(監修).医者からいわれた病気のことがわかる本.東京:共立出版, 1997;389-402.
2) 曽雌茂, 梶原敏英.ビタミン剤.室田景久,矢部裕編.整形外科常用処方実践マニュアル.東京:全日本病院出版会, 1998;22-6.
3) 曽雌茂.骨原性細胞.藤井克之,井上一編.骨と軟骨のバイオロジー.東京:金原出版, 2002;9-16.
4) 曽雌茂.骨の組織発生と成長.藤井克之,井上一編.骨と軟骨のバイオロジー.東京:金原出版, 2002;17-21.
5) 曽雌茂, 舟崎裕記.Recklinghausen病.鈴木信正ほか編.インストゥルメンテーション:手術手技とチェックポイント.東京:メディカルビュー社, 2002;5:142-3.
6) 曽雌茂, 茶薗昌明.骨盤輪再建.鈴木信正ほか編集.インストゥルメンテーション:手術手技とチェックポイント.東京:メディカルビュー社、2002;5:167-8.
7) 曽雌茂.OS NOW Instruction/ Spinal Instrumentation:骨盤・仙骨腫瘍に対するinstrumented reconstruction. 東京:メディカルビュー社、2008;156-63.
8) 曽雌茂.第7章 頚椎.福田国彦,丸毛啓史編.骨折の画像の画像診断.羊土社, 2009;134-43.
9) 曽雌茂 腰痛、下肢のしびれ・痛み 窪田誠, 安部正敏編 骨・筋肉・皮膚イラストレイテッド –病態生理とアセスメント-(初版) 東京:学研メディカル秀潤社, 2011: 22-23.曽雌茂 側弯症 窪田誠, 安部正敏編 骨・筋肉・皮膚イラストレイテッド –病態生理とアセスメント-(初版) 東京:学研メディカル秀潤社, 2011:92-93.
10) 曽雌茂 名医が語る最新・最良の治療 腰部脊柱管狭窄症・腰椎椎間板ヘルニア Love法 2013. 128-139 東京:研友企画出版

<論文>
1) Soshi S, Shibs R, Kondo H, Murota K. An Experimental Study on Transpedicular Screw Fixation in Relation to Osteoporosis of the Lumbar spine. Spine. 1991;18:1335-41.
2) Soshi S, Murota K, Takahashi HE, Tanizawa T, Endo N, Fujimoto R. Effect of Recombinant Human Granulocyte Colony-Stimulating Factor (rh G- CSF) on Rat Bone: Inhibition of Bone Formation at the Endosteal Surface of Vertebra and Tibia. Calcif. Tissue Int. 1996 ; 58: 337-40.
3) Soshi S, Chazono M, Inoue T, Nakamura Y, Kida Y, Shinohara A, Hashimoto K, Marumo K. Long-term follow up of adolescent idiopathic scoliosis: Evaluation of the outcomes using SRS-22 in surgically treated patients. J spine Res. 2010;1:2101-5.
4) Soshi S, Inoue T, Kida Y, Ozawa M, Marumo K, Fukuda K, Nikaido T. Solitary fibrous tumor arising from periosteum in the thoracic spine. Jikei Medical Journal 2011; 58: 63-67.
5) 曽雌茂.Pedicle screw の固定力に関する実験的研究(骨粗鬆症との関係について).臨床整形外科. 1991;26:451-7.
6) 曽雌茂, 司馬立, 本間玄規, 太田康人, 伊藤博志, 室田景久.脊椎破裂骨折の治療成績.日本災害医学会誌. 1993;41:738-42.
7) 曽雌茂, 司馬立, 飯尾純, 大橋栄, 長谷川岳弘, 室田景久.腰椎椎間板ヘルニアに対する前方固定術の治療成績ー隣接椎間の不安定性に及ぼす影響ー.東日本整災会誌. 1994;6:204-7.
8) 曽雌茂, 司馬立, 漆原信夫, 飯尾純, 舟崎裕記, 大橋栄 ほか.腰椎すべり症に対するpedicle screw fixation 法の治療成績.整形外科. 1997;2 : 155-9.
9) 曽雌茂, 藤井克之, 司馬立, 茶園昌明.腰椎変性疾患に対する手術適応と手術法.臨画像. 1997;13:168-78.
10) 曽雌茂, 司馬立, 舟崎裕記, 岩永真人, 服部哲, 林真仁 ほか.不安定性を有する腰椎椎間版ヘルニアの手術成績.整形外科. 2000;2:135-9.
11) 曽雌茂, 茶薗昌明, 井上雄, 中村陽介, 木田吉城, 牛久智加良, 藤井克之.特発生側弯症に対するSRS-22を用いたアンケート調査—20歳以上非手術例の検討—.脊柱変形. 2005;20:119-21.
12) 曽雌茂, 茶薗昌明, 井上雄, 福田国彦, 藤井克之.後方侵入腰椎椎体間固定におけるbone substitutes としてのβ-TCPの有用性—マルチスライスCTを用いた術後評価— 日本脊椎インストゥルメンテーション学会誌.  2005;4:64-8.
13) 曽雌茂, 茶薗昌明, 井上雄, 中村陽介, 木田吉城, 牛久智加良.高齢者頚部脊髄症に対する脊柱管拡大術の手術成績.東日本整災会誌. 2006;18:20-3.
14) 曽雌茂 井上雄 中村陽介 木田吉城 牛久智加良 篠原光 橋本蔵人 丸毛啓史 Multi-axis C-arm CT装置(Artis zeego)による術中CTを用いたナビゲーションの小経験. Journal of spine Research 2011; 2: 1592-1595.
15) 曽雌茂 茶薗昌明 井上雄 木田吉城 牛久智加良 篠原光 橋本蔵人 石塚怜王 丸毛啓史 高齢者脊柱変形に対する S2 alar iliac screw (S2AI screw)の有用性と安全に刺入するためのポイント. Journal of spine Research 2014; 5: 1443-47.

その他多数

続きを見る

曽雌 茂先生 の所属する医療機関

東京慈恵会医科大学附属柏病院

TEL: 04-7164-1111

東京慈恵会医科大学附属柏病院

千葉県柏市柏下163-1

JR常磐線「北柏」駅 徒歩10分

- -

受付時間: 8:00〜11:00 原則紹介制 診療9:00開始 科により異なる 大学記念日(5/1、10/15)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

曽雌 茂 先生 の記事