塩山 善之 先生のプロフィール

塩山 善之 先生

しおやま よしゆき

塩山 善之 先生

九州国際重粒子線がん治療センター センター長

専門分野

放射線医学 / 放射線治療

紹介

九州大学医学部を卒業後、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター客員研究員などを務め、2016年に九州国際重粒子線がん治療センター センター長となる。現在は、センター長として、より多くの方々に質の良い医療を提供するために、日々邁進している。

略歴

1990年 九州大学医学部卒業
2000年 筑波大学陽子線医学利用研究センター講師
2006年 テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 客員研究員
2008年 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 講師
2010年 九州大学大学院医学研究院重粒子線がん治療学 教授
2013年 九州国際重粒子線がん治療センター 副センター長
2016年 九州国際重粒子線がん治療センター センター長

所属学会・資格・役職など

日本放射線腫瘍学会・理事
日本医学放射線学会 ・代議員
日本癌治療学会・代議員
日本肺癌学会・評議員
日本放射線腫瘍学会高精度放射線外部照射部会・幹事
日本放射線腫瘍学会粒子線治療部会・幹事
日本頭頚部腫瘍学会
日本粒子線治療臨床研究会
放射線医学総合研究所客員研究員
重粒子線がん治療臨床研究班班員
九州大学医学部臨床教授
放射線治療専門医(日本医学放射線学会/日本放射線腫瘍学会)
がん治療認定医・がん治療暫定教育医(がん治療認定医機構)

受賞・著書・論文など

【受賞】
第54回日本癌治療学会最優秀演題賞 2016年
Best Doctors in Japan 2016-2017年

【著書】
・がん放射線療法2017 改訂第7版「重粒子線治療」 学研メディカル秀潤社 2017年
・放射線治療学 改訂第6版「重粒子線治療」 南山堂 2017年
・Stereotactic Body Radiation Therapy, Principles and Practices, Nagata Y eds. 「Toxicity and Treatment Evaluation」 Springer 2015年
・最新肺癌学 「緩和的胸部照射」 日本臨牀社 2013年
・研修ノートシリーズ呼吸器研修ノート「放射線治療・小細胞肺癌」2011年
・がん放射線療法2010 「脊椎・脊髄転移」 篠原出版新社 2010年

【論文】
・ Shioyama Y, Gondo Y, Nakao K, et al. Different Mutant Frequencies and Spectra among Organs by N-Methyl-N'-nitrosourea in rpsL (strA) Transgenic Mice. Jpn J Cancer Res. 2000; 91: 482-491.
・ Shioyama Y,

【受賞】
第54回日本癌治療学会最優秀演題賞 2016年
Best Doctors in Japan 2016-2017年

【著書】
・がん放射線療法2017 改訂第7版「重粒子線治療」 学研メディカル秀潤社 2017年
・放射線治療学 改訂第6版「重粒子線治療」 南山堂 2017年
・Stereotactic Body Radiation Therapy, Principles and Practices, Nagata Y eds. 「Toxicity and Treatment Evaluation」 Springer 2015年
・最新肺癌学 「緩和的胸部照射」 日本臨牀社 2013年
・研修ノートシリーズ呼吸器研修ノート「放射線治療・小細胞肺癌」2011年
・がん放射線療法2010 「脊椎・脊髄転移」 篠原出版新社 2010年

【論文】
・ Shioyama Y, Gondo Y, Nakao K, et al. Different Mutant Frequencies and Spectra among Organs by N-Methyl-N'-nitrosourea in rpsL (strA) Transgenic Mice. Jpn J Cancer Res. 2000; 91: 482-491.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Kunitake N, et al. Relapsed Non-Hodgkin’s Lymphoma: Detection and Treatment. Radiat Med. 2000; 18: 369-375.
・ Shioyama Y, Yakeishi Y, Watanabe T, et al. Long-Term Control for A Retroperotoneal Metastasis of Malignant Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) after Chemoradiotherapy and Immunotherapy. Acta Oncol. 2001; 40:102-104.
・ Shioyama Y, Terashima H, Tanaka K, et al. A Preoperative Hyperthermoradiotherapy for Myxoid Liposarcoma arising from Lower Extremity: A Preliminary Report. Jpn J Hypertherm Oncol. 2001; 7(2):69-75.
・ Shioyama Y, Tokuuye K, Okumura T, et al. Clinical Evaluation of Proton Radiotherapy for Non-small-cell Lung Cancer. Int.J.Radiat Oncol Biol Phis. 2003; 56:7-13.
・ 塩山善之他.下咽頭癌N0症例に対する放射線治療. 頭頚部癌 2004; 30:563-569.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Sasaki T, et al. Clinical results of radiation therapy for stage I esophageal cancer: a single institutional experience. Am J Clinic Oncol. 2005; 28:75-80.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Anai S, et al. Stereotactic radiotherapy for lung and liver tumors using a body cast system: Setup accuracy and preliminary clinical outcome. Radiat Med 2005; 23: 407-413.
・ Nakamura K, Shioyama Y, Nomoto S, et al. Reproducibility of the abdominal and chest wall position by voluntary breath-hold technique using a laser-based monitoring and visual feedback system. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2007; 68:267-272.
・ Shioyama Y, Jang SY, Liu HH, et al. Preserving functional lung using perfusion imaging and intensity-modulated radiation therapy for advanced-stage non-small cell lung cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 68(5):1349-1358, 2007.
・ Yoshitake T, Shioyama Y, Nakamura K, Ohga S, Nonoshita T, Ohnishi K, Terashima K, Arimura H, Hirata H, Honda H. A clinical evaluation of visual feedback-guided breath-hold reproducibility of tumor location. Phys Med Biol. 2009; 54(23):7171-7182.
・ Atsumi K, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Predictive factors of esophageal stenosis associated with tumor regression in radiation therapy for locally advanced esophageal cancer. J Radiat Res 2010; 51(1):9-14.
・ Shinoto M, Shioyama Y, Sasaki T, et al. Clinical Results of Definitive Chemoradiotherapy for Patients With Synchronous Head and Neck Squamous Cell Carcinoma and Esophageal Cancer. Am J Clin Oncol.2011; 34: 362-366.
・ Ohnishi K, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Concurrent chemoradiotherapy with S-1 as first-line treatment for patients with oropharyngeal cancer. J Radiat Res 2011; 52:47-53.
・ Hatakenaka M, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Apparent diffusion coefficient calculated with relatively high b-values correlates with local failure of head and neck squamous cell carcinoma treated with radiotherapy.AJNR Am J Neuroradiol 2011; 32(10):1904-1910.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Sasaki T, et al. Clinical results of stereotactic body radiotherapy for Stage I small-cell lung cancer: a single institutional experience. J Radiat Res. 2013; 54(1):108-112.
・ Shioyama Y, Tsuji H, Suefuji H, et al. Particle radiotherapy for prostate cancer. Int J Urol. 2015; 22(1):33-39.
・ Shinoto M, Shioyama Y, Matsunobu A, et al. Dosimetric analysis of upper gastrointestinal ulcer after carbon-ion radiotherapy for pancreatic cancer. Radiother Oncol. 2016; 120(1):140-144.

続きを見る

塩山 善之先生 の所属する医療機関

九州国際重粒子線がん治療センター SAGA HIMAT

TEL: 0942-50-8812

九州国際重粒子線がん治療センター SAGA HIMAT

佐賀県鳥栖市原古賀町3049

JR九州新幹線「新鳥栖」駅 JR長崎本線も利用可 徒歩3分

- - - - - - - -

受付時間: 紹介予約制(重粒子線治療専門施設)

診療科目: 放射線科

院長インタビュー