坂田 泰史 先生のプロフィール

坂田 泰史 先生

さかた やすし

坂田 泰史 先生

大阪大学大学院医学系研究科循環器内科学 教授

坂田 泰史 先生のストーリー記事を読む

専門分野

循環器内科学

紹介

1993年に大阪大学医学部医学科を卒業後、同学医学部附属病院や大阪警察病院における研修医期間を経て2002年に医学博士を取得。同年より2年間、米国テキサス州ベイラー医科大学循環器内科へ留学した。帰国後は大阪大学医学部附属病院循環器内科にて勤め、2013年より現職。大学病院での臨床の傍ら、循環器疾患にかかわる研究と後進の教育に力を注ぐ。

略歴

1993年 大阪大学医学部医学科卒業
1993年 大阪大学医学部附属病院において臨床補助の研修に従事
1993年 医員(研修医)(大阪大学医学部附属病院)
1994年 大阪警察病院循環器科非常勤研修医
1995年 大阪警察病院循環器科常勤研修医
1995年 大阪警察病院循環器科医員(~H10.6.30)
2002年 大阪大学大学院医学系研究科博士課程修了 医学博士(大阪大学)
2002年 米国テキサス州ベイラー医科大学循環器内科
     ポストドクトラルフェロー(~2004年7月31日)
2004年 医員(医師)(大阪大学医学部附属病院)総合診療部
2006年 大阪大学助手大学院医学系研究科
2007年 大阪大学助教大学院医学系研究科(~H24.2.29)
2009年 大阪大学医学部附属病院循環器内科病棟医長(~H24.5.31)
2012年 大阪大学医学部附属病院循環器内科診療局長(~現在)
2012年 大阪大学講師大学院医学系研究科
2013年 大阪大学教授大学院医学系研究科
2016年 大阪大学国際医工情報センター センター長

所属学会・資格・役職など

【主な所属学会】
日本内科学会    評議員、総務委員会 委員
日本循環器学会   理事、心臓移植委員会 委員長、Circulation Journal, Associate Editor
日本心臓病学会   代議員、日本心不全学会   理事、日本超音波医学会  代議員
日本心エコー図学会 理事   、日本心臓リハビリテーション学会 評議員
日本肺高血圧・肺循環学会 評議員、日本成人病(生活習慣病)学会 理事
補助人工心臓治療関連学会協議会 副委員長、 J-MACS委員会 委員長
【認定資格】
医師免許、医学博士
日本内科学会 認定内科医、日本循環器学会 循環器専門医
日本超音波医学会 超音波専門医 、超音波指導医
米国心臓病学会フェロー (F.A.C.C.)、 欧州心臓病学会フェロー (F.E.S.C)、アジア太平洋心臓病学会フェロー(FAPSC)、日本心臓病学会フェロー (F.J.C.C)、日本移植学会認定医

受賞・著書・論文など

【受賞】
第10回日本心エコ-図学会 Young Investigator Awards 最優秀賞
【論文】
1) Ishizu T, Sakata Y (12nd/12 last auth). Targeted Genome Replacement via Homology-directed Repair in Non-dividing Cardiomyocytes. Sci Rep. 2017 Aug 24;7(1):9363.
2) Higo T, Sakata Y (18nd/19). DNA single-strand break-induced DNA damage response causes heart failure. Nat Commun. 2017 Apr 24;8:15104.
3) Saito Y, Sakata Y(10th/10 last auth). Clinical Significance of Pulmonary Arterial Capacitance Calculated by Echocardiography in Patients With Advanced Heart Failure. Circ J. 2017 Jul 4. doi: 10.1253/circj.CJ-16-1318.
4) Kanzaki M, Sak

【受賞】
第10回日本心エコ-図学会 Young Investigator Awards 最優秀賞
【論文】
1) Ishizu T, Sakata Y (12nd/12 last auth). Targeted Genome Replacement via Homology-directed Repair in Non-dividing Cardiomyocytes. Sci Rep. 2017 Aug 24;7(1):9363.
2) Higo T, Sakata Y (18nd/19). DNA single-strand break-induced DNA damage response causes heart failure. Nat Commun. 2017 Apr 24;8:15104.
3) Saito Y, Sakata Y(10th/10 last auth). Clinical Significance of Pulmonary Arterial Capacitance Calculated by Echocardiography in Patients With Advanced Heart Failure. Circ J. 2017 Jul 4. doi: 10.1253/circj.CJ-16-1318.
4) Kanzaki M, Sakata Y (18th/18 last auth). A Development of Nucleic Chromatin Measurements as a New Prognostic Marker for Severe Chronic Heart Failure. PLoS One. 2016;11(2):e0148209.
5) Ishida H, Sakata Y (13rd/21). GFRA2 Identifies Cardiac Progenitors and Mediates Cardiomyocyte Differentiation in a RET-Independent Signaling Pathway. Cell Rep. 2016 Jul 26;16(4):1026-1038.
6) Masumura Y, Sakata Y (17th/17 last auth). Btg2 is a Negative Regulator of Cardiomyocyte Hypertrophy through a Decrease in Cytosolic RNA. Sci Rep. 2016 Jun 27;6:28592.
7) Ichibori Y, Sakata Y (12nd/12 last auth). Optical coherence tomography and intravascular ultrasound evaluation of cardiac allograft vasculopathy with and without intimal neovascularization. Eur Heart J Cardiovasc Imaging. 2016 Jan;17(1):51-8.
8) Okada K, Sakata Y (17nd/19). Wnt/β-Catenin Signaling Contributes to Skeletal Myopathy in Heart Failure via Direct Interaction With Forkhead Box O. Circ Heart Fail. 2015 Jul;8(4):799-808.
9) Hashimoto-Kataoka T, Sakata Y (18nd/19). Interleukin-6/interleukin-21 signaling axis is critical in the pathogenesis of pulmonary arterial hypertension. Proc Natl Acad Sci U S A. 2015 May 19;112(20):E2677-86.
10) Taniguchi T, Sakata Y (7th/7 last auth). Impact of Body Size on Inferior Vena Cava Parameters for Estimating Right Atrial Pressure: A Need for Standardization? J Am Soc Echocardiogr. 2015 Dec;28(12):1420-7.
11) Hayashi T, Sakata Y (22nd/25). Higd1a is a positive regulator of cytochrome c oxidase. Proc. Natl. Acad. Sci. USA. 2015. Feb 3;112(5),1553-8
12) Okada K, Sakata Y (17th/19) Wnt/β-catenin Signaling Contributes to Skeletal Myopathy in Heart Failure via Direct Interaction with FoxO. Circ Heart Fail. 2015;8(4):799-808.
13) Arita Y, Sakata Y (24nd/26). Myocardium-derived angiopoietin-1 is essential for coronary vein formation in the developing heart. Nat Commun. 2014 Jul 29;5:4552.
14) Imai A, Sakata Y(9th/16) Comprehensivemetagenomic approach for detecting causative microorganisms in culture-negative infective endocarditis Int J Cardiol, 2014; 172: e288-9
15) Takeda Y, Sakata Y (Corresponding author 2nd/14), Endovascular Aortic Repair Increases Vascular Stiffness and Alters Cardiac Structure and Function. Circ J, 2014;78:322-8
17) Minamiguch H, Sakata Y (2nd/13) Usefulness of Overlapping of the E and A Waves of the Transmitral Flow as a Predictor of Responders to Cardiac Resynchronization Therapy. Am J Cardiol, 2013; 1: 1613
18) Taniguchi T, Sakata Y (2nd/13), Usefulness of Transient Elastography for Non-invasive and Reliable Estimation of Right-sided Filling Pressure in Heart Failure Am J Cardiol, 2013;61: 417-22
19) Ohtani T, Sakata Y (6ht/9). Diastolic stiffness as assessed by diastolic wall strain is associated with adverse remodelling and poor outcomes in heart failure with preserved ejection fraction. Eur Heart J. 2012;33:1742-9.
20) Takeda Y, Sakata Y (2nd/10). Diabetic retinopathy is associated with impaired left ventricular relaxation. J Card Fail. 2011;17:556-60.
21) Burchfield JS, Sakata Y (3rd/9) The Cytoprotective Effects of Tumor Necrosis Factor are Conveyed Through Tumor Necrosis Factor Receptor Associated Factor 2 in the Heart. Circ Heart Fail, 2010; 3:157-64
22) Sakata Y (1st/6) Transforming growth factor-b receptor antagonism attenuates myocardial fibrosis in mice with cardiac-restricted overexpression of tumor necrosis factor. Basic Res Cardiol, 2008; 103: 60-68
23) Sakata Y (1st/9). Toll-like Receptor 2 Modulates Left Ventricular Function Following Ischemia-Reperfusion Injury. Am J Physiol Heart Circ Physiol.2007; 292: H503-H509
24) Knuefermann P, Sakata Y(co 1st/9). Toll-like Receptor 2 Mediates Staphylococcus aureus-Induced Myocardial Dysfunction and Cytokine Production in the Heart. Circulation, 2004,110: 3693 – 3698
25) Sakata Y (1st/8) Activation of Matrix Metalloproteinases Precedes LV Remodeling in Hypertensive Heart Failure Rats: Its inhibition as a Primary Effect of ACE inhibitor. Circulation 2004, 109, 2143-49
26) Sakata Y(1st/9). Renin Angiotensin System-Dependent Hypertrophy as a Contributor to Heart Failure in Hypertensive Rats. Different Characteristics from Renin Angiotensin System-Independent Hypertrophy. J Am Coll Cardiol, 2001; 37: 293-299.
27) Sakata Y(1st/13). Calcineurin inhibitor attenuates left ventricular hypertrophy leading to prevention of heart failure in hypertensive rats. Circulation, 2000; 102: 2269-2275

続きを見る

坂田 泰史先生 の所属する医療機関

大阪大学医学部附属病院

TEL: 06-6879-5111

大阪大学医学部附属病院

大阪府吹田市山田丘2-15

大阪高速鉄道(大阪モノレール)国際文化公園都市線(彩都線)「阪大病院前」駅 徒歩1分

JR東海道本線(京都線)「茨木」駅 バス利用可能(近鉄バス 阪大本部前行き 阪大医学部病院前下車) 車15分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 原則紹介制(予約は医療機関経由のみ) 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 アレルギー科 血液内科 リウマチ科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科