高崎 智彦 先生のプロフィール

高崎 智彦 先生

たかさき ともひこ

高崎 智彦 先生

神奈川県衛生研究所 所長

専門分野

微生物学(ウイルス学、ワクチン学)、耳鼻咽喉科学

紹介

1982年より耳鼻咽喉科医師としてキャリアをはじめる。1982年に大阪医科大学を卒業し、臨床研修後、大阪府済生会中津病院耳鼻咽喉科医員に。1987年より米国UCLA にてHIV研究に従事。その後、大阪医科大学助手(耳鼻咽喉科)を経て、1991年より近畿大学医学部細菌学教室講師を務める。1998年より国立感染症研究所ウイルス第一部室長。2016年4月より神奈川県衛生研究所長を務める。耳鼻咽喉科専門医。デングウイルス、日本脳炎ウイルス、ジカウイルスなど蚊が媒介するウイルス感染症を専門とする。ウエストナイルウイルス防疫技術検討会専門委員、日本脳炎ワクチン製造承認専門委員、厚生労働省厚生科学審議会専門委員、沖縄感染症拠点形成 促進事業推進委員、WHOのSAGE日本脳炎ワクチンワーキンググループのメンバーを歴任。

略歴

1982年 大阪医科大学卒業
     臨床研修後、大阪府済生会中津病院耳鼻咽喉科医員
1987年 米国UCLAに留学(HIV研究に従事)
1989年 大阪医科大学助手
1990年 ユニチカ中央病院耳鼻咽喉科医長
1991年 近畿大学医学部細菌学教室講師
1998年 国立感染症研究所ウイルス第一部室長
     (2013-2016. 横浜検疫所検疫衛生課併任)
2016年 神奈川県衛生研究所所長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本ウイルス学会・理事
日本耳鼻咽喉科学会・専門医
日本感染症学会・評議員・学会誌編集委員

受賞・著書・論文など

【著書】
1. 神経感染症を究める.フラビウイルス感染症.中山書店. 2014年
2. 臨床感染症ブックレット. 内科医がときに遭遇する特殊な感染症を診る「デング熱, デング出血熱を診断する」.文光堂.2012年
3. カラー版内科学. RNA ウイルスによる感染症; フラビウイルス感染症ーデング熱/黄熱 /日本脳炎/ウェストナイルウイルス.西村書店.2012年
4. 家庭医学大全科.日本脳炎、その他のウイルス性脳炎.法研出版.2004年
5. 今日の治療指針2003 年版.「日本脳炎、その他の脳炎ウイルス」医学書院. 2003年
【論文】
Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane, Hirokuni Aihara, Norio Ohkawa, Junji Yamaguchi.Electron microscopic study of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) core structure: Two RNA strands in the core of mature and budding particles. Archives of Virology 142 (2): 375-382 (1997)
Tomohiko Takasaki , Masaru Nawa, Ken·Ichi

【著書】
1. 神経感染症を究める.フラビウイルス感染症.中山書店. 2014年
2. 臨床感染症ブックレット. 内科医がときに遭遇する特殊な感染症を診る「デング熱, デング出血熱を診断する」.文光堂.2012年
3. カラー版内科学. RNA ウイルスによる感染症; フラビウイルス感染症ーデング熱/黄熱 /日本脳炎/ウェストナイルウイルス.西村書店.2012年
4. 家庭医学大全科.日本脳炎、その他のウイルス性脳炎.法研出版.2004年
5. 今日の治療指針2003 年版.「日本脳炎、その他の脳炎ウイルス」医学書院. 2003年
【論文】
Tomohiko Takasaki, Ichiro Kurane, Hirokuni Aihara, Norio Ohkawa, Junji Yamaguchi.Electron microscopic study of human immunodeficiency virus type 1 (HIV-1) core structure: Two RNA strands in the core of mature and budding particles. Archives of Virology 142 (2): 375-382 (1997)
Tomohiko Takasaki , Masaru Nawa, Ken·Ichiro Yamada, Akira Takeda, Ichiro Kurane. Evaluation of dengue lgM detection tests using sera from patients with autoimmune diseases. Journal of Virological Methods 102, 61-66. 2002.
Tomohiko Takasaki Sadao Yabe, Reiko Nerome, Mikako Ito, Ken—Ichiro Yamada, Ichiro Kurane. Partial protective effect of inactivated Japanese encephalitis vaccine on lethal West Nile virus infection in mice. Vaccine 21(31) 4514-4518, 2003
Masaru Kuwayama, Mikako Ito, Shinichi Takao, Yukie Shimazu, Shinji Fukuda, Kazuo Miyazaki, Ichiro Kurane, Tomohilrn Takasaki. Japanese encephalitis virus in meningitis patients, Japan. Emerg. Infec. Dis. 11(3):471-473, 2005
Takasaki T, Kotaki A, Nishimura K, Sato Y, Tokuda A, Lim C-K, Ito M, Tajima S, Nerome R, Kurane I. Dengue virus type 2 isolated from an imported dengue patients in Japan: First isolation of dengue virus from Nepal. J Travel Med. 2008 15:46-49.
Meng Ling Moi, Chang·Kweng Lim, Akira Kotaki, Torno o Ta kasak i , Ichiro Kurane. Detection of Higher Levels of Dengue Viremia Using Fc y R - expressing BHK-21 Cells than Fc y R - negative Cells in Secondary Infection but Not in Primary Infection. The Journal oflnfectious Diseases. 203:1405-1414. 2011
Kitaura K, Fujii Y, Hayasaka D, Matsutani T, Shirai K, Nagata N, Lim CK, Suzuki S, Takasaki T, Suzuki R, Kurane I. High Clonality of Virus-Specific T Lymphocytes Defined by TCR Usage in the Brains of Mice Infected with West Nile Virus. J Immunol. 187:3919-3930. 2011
Tomohiko Takasaki, Akira Kotaki, Shigeru Tajima, Tsutomu Omatsu, Fumiue Harada, Chang·Kweng Lim, Meng Ling Moi, Mikako Ito, Makiko Ikeda, lchiro Kurane. Demographic features of imported dengue fever and dengue haemorrhagic fever in Japan from 2006 to 2009. WHO Dengue Bulletin 35. 217·222. 2012
Hirayama T, Mizuno Y, Takeshita N, Kotaki A, Tajima S, Omatsu T, Sano K, Kurane I, Takasa ki T. Detection of dengue virus genome in urine by real·time reverse transcriptase PCR: a laboratory diagnostic method useful after disappearance of the genome in serum. J Clin Microbial. 50(6):2047·2052. 2012
Meng Ling Moi, Tomohiko Takasaki, lchiro Kurane. Efficacy of tetravalent dengue vaccine in Thai schoolchildren. The Lancet. 381;1094, 2013.
S Kutsuna, Y Kato, T Takasa ki, ML Moi, A Kotaki, H Uemura, T Matono, Y Fujiya, M Mawatari, N Takeshita, K Hayakawa, S Kanagawa, N Ohmagari. Two cases of Zika fever imported from French Polynesia to Japan, December 2013 to January 2014. Eurosurveillance, 19(4)8-11.2014.
Satoshi Kutsuna, Yasuyuki Kato, Meng Ling Moi, Akira Kotaki, Masayuki Ota, Koh Shinohara, Tetsuro Kobayashi, Kei Yamamoto, Yoshihiro Fujiya, Momoko Mawatari, Tastuya Sato, Junwa Kunmatsu, Nozomi Takeshita, Kayoko Hayakawa, Shuzo Kanagawa, Tomohiko Talcas aki , Norio Ohmagari. Autochthonous Dengue Fever, Tokyo, Japan, 2014. Emerg. Infect. Dis.2014. 21(3):517-520, 2015.

続きを見る

高崎 智彦 先生 の記事