新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

国民健康保険平戸市民病院 院長、(社)全国国民健康保険診療施設協議会 会長

日本医師会 認定産業医

押淵 徹 おしぶち とおる 先生

長崎県平戸市において30年前から地域住民への健康啓発活動を実施すると共に予防医療の大切さを説き続け、様々な成果を挙げると共に平戸の地域医療を支え続けてきた。厚生労働省においても様々な委員を歴任し、全国国民健康保険診療施設協議会では副会長を務める。高齢化先進地域としての平戸の経験を広く伝え、活かしていくための活動を展開している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 外科
  • 外科一般
  • プライマリケア
  • 地域医療
  • 予防医療
  • へき地医療

資格・学会・役職

日本医師会 認定産業医
  • 国民健康保険平戸市民病院 院長
  • (社)全国国民健康保険診療施設協議会 会長
  • 新臨床研修 指導医

所属病院

平戸市民病院

  • 内科 外科 小児科 整形外科 眼科 リハビリテーション科 放射線科
  • 長崎県平戸市草積町1125-12
  • 西九州線(伊万里〜佐世保)「たびら平戸口駅」 車42分
  • 0950-28-1113
平戸市民病院

医療記事

来歴等

略歴

1976年 医師免許取得
1976年 長崎大学附属病院 第2外科
1977年 国立佐賀病院 外科
1978年 長崎大学附属病院 第2外科
1978年 長崎市立長崎市民病院 外科
1979年 長崎大学附属病院 第2外科
1980年 高知県立西南病院 第2外科
1985年 国民健康保険紐差病院 院長
1996年-現在 国民健康保険平戸市民病院院長

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。