新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

みやびハート&ケアクリニック 院長、東京医科大学 循環器内科学分野 兼任講師

日本内科学会 認定内科医 日本循環器学会 循環器専門医 日本集中治療医学会 会員 日本心臓病学会 会員 日本心不全学会 会員

渡邉 雅貴 わたなべ まさたか 先生

国民病となりつつある心不全治療のスペシャリスト。劇症型心筋炎をはじめ多くの重症心不全症例の治療経験が豊富であり、東京都健康長寿医療センター循環器内科非常勤医師、ゆみのハートクリニック訪問診療部にも籍を置き、人工心臓から在宅包括心不全管理まで幅広く心不全治療の第一線にて活躍をしている。また、僻地医療にも理解が深く、定期的に離島への循環器診療応援を行っている。要請があればヘリに飛び乗り患者を迎えに行く超行動派。大学病院と在宅医療の架け橋として心不全治療の第一線で活躍する傍ら、世界各国を回り積極的な学術活動も行っている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 重症心不全治療
  • 心不全の診断と治療全般
  • 心不全の予防
  • 心不全の在宅管理
  • 機械的心不全治療(人工心臓など)

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本循環器学会 循環器専門医
日本集中治療医学会 会員
日本心臓病学会 会員
日本心不全学会 会員
  • みやびハート&ケアクリニック 院長
  • 東京医科大学 循環器内科学分野 兼任講師
  • 医学博士 取得
  • アメリカ心臓病学会 正会員
  • ヨーロッパ心臓病学会 会員
  • オーストラリア・ニュージーランド心臓病学会 正会員

所属病院

みやびハート&ケアクリニック

  • 内科 循環器内科 緩和ケア内科
  • 東京都中野区中央3丁目35-4 ナビウス新中野1階EAST
  • 東京メトロ丸ノ内線「新中野駅」 4番出口 徒歩2分
  • 03-5385-3880
みやびハート&ケアクリニック

医療記事

来歴等

略歴

2002年3月  東京医科大学医学部医学科卒業
2002年4月  東京医科大学 内科学初期研修医
2004年6月  立川綜合病院循環器センター循環器内科医員
2006年4月  東京医科大学循環器内科臨床研究医
2006年10月  大島医療センター内科医員
2007年2月  東京医科大学循環器内科臨床研究医
2008年4月  国立循環器病研究センター病院心不全科専門修練医
2010年3月  東京医科大学医学部大学院卒業 医学博士取得
2010年4月  東京医科大学循環器内科臨床研究医
2010年5月  大島医療センター内科医員
2010年11月  オーストラリア連邦 Monash University (Melbourne Australia) Center of Cardiovascular Research & Education in TherapeuticsへResearch Fellowとして留学
2013年4月 同上 Adjunct Senior Lecturerへ昇格 兼任学外上級講師
2013年4月 東京医科大学循環器内科助教
2015年8月 東京医科大学循環器内科学講座講師 先進的心不全治療医学講座部門長

論文

M. Watanabe, Takata Y. Fukasawa S, Sakota K, Abe T, Goseki Y, Chikamori T, Yamashina A . Two patients with bepridil-induced interstitial pneumonia. (IF:3.685) Cirulation Journal 2009 Jul;73(7):1352-5
T. Kawai, M. Watanabe,A. Yamashina. Impact of upper gastrointestinal lesions in patients on low-dose aspirin therapy: Preliminary study. (IF:3.627) J Gastroenterology and Hepatology 2010;25 Supple1, 523-530
M. Watanabe, T. Kawai, Y. Takata, A. Yamashina. Gastric mucosal damage evaluated by transnasal endoscopy and QOL assessments in ischemic heart disease patients receiving low-dose aspirin. (IF:0.973) Intern Med. 2011; 50(6):539-44. Epub 2011 Mar 15
See F, Watanabe M, Kompa AR, Wang BH, Boyle AJ, Kelly DJ, Gilbert RE, Krum H.Early and Delayed Tranilast Treatment Reduces Pathological Fibrosis Following Myocardial Infarction. (IF:1.172) Heart Lung Circ. 2012 Sep 14. pii: S1443-9506(12)01261-9,2012
M.Fukuzawa,T.Kawai,M.Watanabe, H.Tomiyama, A,Yamashina, F,Moriyasu, Correlation between Helicobacter pylori infection and low-dose aspirin use on damage of the upper gastrointestinal tract. (IF:3.627) J Gastroenterol Hepatol.27 Suppl 3, 76-81,2012
渡邉雅貴,急性心不全の新しい病態分類,ICU&CCU 35 (1):17-26,2011
M.Watanabe, H.Krum,Eplerenone for the treatment of cardiovascular disorders.Expert Rev Cardiovasc Ther. 2012 Jul;10(7):831-8
渡邉雅貴,急性心不全におけるドブタミンとPDE-III阻害薬の役割と使い分け、使い方とやめ方について教えてください.Heart View 11月増刊号MEDICAL VIEW社 2014
中野宏己 渡邉雅貴 山科章.心腎連関とAKI.ICU&CCU 39 (1):23-29,2015
小林正武 渡邉雅貴 山科章.ICU/CCUにおける循環管理 非侵襲診断・検査で何を診るのか.Heart View 12月号,2015
渡邉雅貴、加藤充、佐藤政仁、岡部正明.補助循環からの離脱に難渋した劇症型心筋症の一例.呼吸と循環 第54巻 第4号 2006年4月

【その他の学術刊行物】
渡邉雅貴『不整脈の診かたと治療』日本内科学会雑誌 95(2), 328-344, 2006-02-10,2006

著書

渡邉雅貴,「サルコイド―シスによる心不全の診断と治療」,『重症心不全の予防と治療』,中外医学社,2009年
渡邉雅貴,「心腎連関症候群」,『診療に活かす 心機能評価 症例で身につける評価法のポイント』,羊土社,2010年
渡邉雅貴,「心不全急性期の病態と薬剤選択」,『循環器臨床サピア 心不全の急性期対応』,中山書店,2010年
渡邉雅貴,「低心拍出のマネージメント」,『救急・集中治療 vol.22 no.1・2』,総合医学社,2010年
渡邉雅貴 橋村一彦,「著名な高血圧と左室収縮不全を伴った男性の急性期治療戦略」,『症例で学ぶ 循環器診療パーフェクトガイド』,中山書店,2010年
橋村一彦 渡邉雅貴 北風政史,「非侵襲的全身血管抵抗・心出力測定による急性心不全時の薬剤選択適正化の試み」,『進歩する心臓研究 』,協和企画,2010年
渡邉雅貴,「慢性心不全の急性増悪発症予防に外来点滴療法」,『心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 中外医学社: 2012』,中外医学社,2012年
渡邉雅貴,「左室収縮能が非常に低下した患者で致死性不整脈が出現したときに使用できる薬剤」,『心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 中外医学社: 2013』,中外医学社,2012年
渡邉雅貴,「IABPやPCPSなどの補助循環を検討する状況」,『心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 中外医学社: 2014』,中外医学社,2012年
渡邉雅貴,「IABPやPCPSなどの補助循環を検討する状況」,『心不全診療Q&A エキスパート106人からの回答 中外医学社: 2015』,中外医学社,2012年

その他

  • 【受賞】第206回日本循環器学会関東甲信越地方会若手最優秀演題(YIA)受賞、2007年9月

  • 【受賞】米国心臓病学会 AHA 2011) George E. Brown Memorial Lecture 演題選出、2011年11月

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。