MedicalNoteとは

渡邉 聡明

渡邉 聡明先生

東京大学 腫瘍外科・血管外科 教授  東京大学医学部附属病院 大腸・肛門外科および血管外科 科長  東京大学医学部附属病院 副院長

  • 消化器外科

専門分野

大腸肛門外科(大腸がん)

紹介

大腸がん・直腸がんにおける腹腔鏡手術のエキスパート。患者さんの負担が少ない低侵襲な手術を追求し、ロボット支援下での手術にも取り組んでいる。また、がんの根治性と安全性を確保しつつ、排尿・排便機能や性機能を温存してQOL(生活の質)を維持するため、術前化学放射線療法の併用も行っている。大腸癌研究会では「大腸がん治療ガイドライン」の作成委員会の委員長を務めている。

略歴

1985年 東京大学医学部卒業
1985年 東京大学医学部附属病院第一外科 研修医
1993年 国立がんセンター中央病院 チーフレジデン卜
1994年 東京大学医学部附属病院第一外科 助手
1995年 米国ジョン・ホプキンス大学 留学
1997年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 助手
1998年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 講師
1999年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 助教授
2006年 帝京大学医学部外科 教授
2007年 帝京大学医学部外科 主任教授
2012年 東京大学腫瘍外科学 教授
2013年 東京大学腫瘍外科学・血管外科学 教授

もっと見る

1985年 東京大学医学部卒業
1985年 東京大学医学部附属病院第一外科 研修医
1993年 国立がんセンター中央病院 チーフレジデン卜
1994年 東京大学医学部附属病院第一外科 助手
1995年 米国ジョン・ホプキンス大学 留学
1997年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 助手
1998年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 講師
1999年 東京大学医学部附属病院腫瘍外科 助教授
2006年 帝京大学医学部外科 教授
2007年 帝京大学医学部外科 主任教授
2012年 東京大学腫瘍外科学 教授
2013年 東京大学腫瘍外科学・血管外科学 教授
2013年 東京大学医学部附属病院 副院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
大腸癌研究会 ガイドライン作成委員会 委員長
外科専門医・指導医
消化器外科専門医・指導医
大腸肛門病専門医・指導医
消化器病専門医
消化器内視鏡専門医・指導医
内視鏡外科技術認定医
胃腸科認定医
がん治療認定医
消化器がん外科治療認定医
日本ロボット外科学会 Robo-Doc Pilot 認定医 国内A級
FACS, FASCRS, FICS

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本大腸肛門病学会賞、2010年
日本大腸肛門病学会賞、2011年

【著書】
清松知充, 渡邉聡明.Ⅳ 大腸手術の一般手技のKnack & Pitfalls 8. 直腸癌に対する化学放射線療法.大腸肛門外科の要点と盲点 第3版.pp162-165.文光堂.東京.2014.
清松知充, 渡邉聡明.Ⅴ 大腸癌手術のKnack & Pitfalls 5. 低位前方切除術.大腸肛門外科の要点と盲点 第3版.pp197-201.文光堂.東京.2014.

【論文】(和文も可)
Matano M, Date S, Shimokawa M, Takano A, Fujii M,

もっと見る

【受賞】
日本大腸肛門病学会賞、2010年
日本大腸肛門病学会賞、2011年

【著書】
清松知充, 渡邉聡明.Ⅳ 大腸手術の一般手技のKnack & Pitfalls 8. 直腸癌に対する化学放射線療法.大腸肛門外科の要点と盲点 第3版.pp162-165.文光堂.東京.2014.
清松知充, 渡邉聡明.Ⅴ 大腸癌手術のKnack & Pitfalls 5. 低位前方切除術.大腸肛門外科の要点と盲点 第3版.pp197-201.文光堂.東京.2014.

【論文】(和文も可)
Matano M, Date S, Shimokawa M, Takano A, Fujii M, Ohta Y, Watanabe T, Kanai T, Sato T.Modeling colorectal cancer using CRISPR-Cas9-mediated engineering of human intestinal organoids.Nature Medicine21(3):256-62,2015
Kawai K, Ishihara S, Yamaguchi H, Sunami E, Kitayama J, Miyata H, Watanabe T.Nomogram Prediction of Metachronous Colorectal Neoplasms in Patients With Colorectal Cancer.Annals of Surgery261(5):926-32,2015
Shibata J, Kawai K, Nishikawa T, Tanaka T, Tanaka J, Kiyomatsu T, Hata K, Nozawa H, Kazama S, Yamaguchi H, Ishihara S, Sunami E, Kitayama J, Sugihara K, Watanabe T.Prognostic Impact of Histologic Type in Curatively Resected Stage IV Colorectal Cancer: A Japanese Multicenter Retrospective Study.Annals of Surgical Oncology22 Suppl 3:621-9,2015
Emoto S, Kitayama J, Ishigami H, Yamaguchi H, Watanabe T.Clinical significance of cytological status of peritoneal lavage fluid during intraperitoneal chemotherapy for gastric cancer with overt peritoneal dissemination.Annals of Surgical Oncology22(3):780-6,2015
Uetake H, Yasuno M, Ishiguro M, Kameoka S, Shimada Y, Takahashi K, Watanabe T, Muro K, Baba H, Yamamoto J, Mizunuma N, Tamagawa H, Mochizuki I, Kinugasa Y, Kikuchi T, Sugihara K.A Multicenter Phase II Trial of mFOLFOX6 Plus Bevacizumab to Treat Liver-Only Metastases of Colorectal Cancer that are Unsuitable for Upfront Resection (TRICC0808).Annals of Surgical Oncology22(3):908-15,2015
Kitayama J, Emoto S, Yamaguchi H, Ishigami H, Onoyama H, Yamashita H, Seto Y, Matsuzaki K, Watanabe T.Flow cytometric quantification of intraperitoneal free tumor cells is a useful biomarker in gastric cancer patients with peritoneal metastasis.Annals of Surgical Oncology22(7):2336-42,2015
Ozawa T, Ishihara S, Nishikawa T, Tanaka T, Tanaka J, Kiyomatsu T, Hata K, Kawai K, Nozawa H, Kanazawa T, Kazama S, Yamaguchi H, Sunami E, Kitayama J, Watanabe T.Prognostic Significance of the Lymph Node Ratio in Stage IV Colorectal Cancer Patients who have Undergone Curative Resection.Annals of Surgical Oncology22(5):1513-9,2015
Murono K, Kawai K, Kazama S, Ishihara S, Yamaguchi H, Sunami E, Kitayama J, Watanabe T.Anatomy of the inferior mesenteric artery evaluated using 3-dimensional CT angiography.Diseases of the Colon and Rectum58(2):214-9,2015

執筆した記事

すべて見る

所属病院

東京大学医学部附属病院

東京都文京区本郷7-3-1
都営地下鉄大江戸線 本郷三丁目 徒歩10分

  • 大病院
  • 所属専門家