平 孝臣 先生のプロフィール

平 孝臣 先生

たいら たかおみ

平 孝臣 先生

東京女子医科大学 脳神経外科

専門分野

機能的脳神経外科、難治性疼痛・痙縮・ジストニアなどの不随意運動の手術治療

紹介

日本の機能的脳神経外科を代表する脳神経外科医。特に難治性疼痛・痙縮・ジストニアなどの不随意運動の手術治療を専門としており、多数の手術を手掛け、海外でも多くの手術経験がある。国際学会の会長・役員を務め、200回近い国際学会での発表・講演を行うなど、国際的にも定評があり、海外からの手術見学や留学生も後を絶たない。

略歴

1982年 神戸大学 医学部 医学科 卒業
1982年 東京女子医科大学 脳神経外科 研修医
1984年 東京女子医科大学 脳神経外科 医療練士 助手待遇
1988年 東京女子医科大学 脳神経外科学講座 助手
1988年 英国バ−ミンガム大学 脳神経外科留学
1988年 英国バ−ミンガム大学 脳神経外科 登録医 (Registrar)
1991年 オランダ アムステルダム大学 脳神経外科 研究員
2000年 東京女子医科大学 脳神経外科学講座 講師
2004年 筑波大学 大学院 非常勤講師 (兼任)
2009年 東京女子医科大学 脳神経外科 准教授
2012年 東京女子医科大学 脳神経外科 臨床教授
2013年 鹿児島大学 医学部 非常勤講師 (兼任) 

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本脳神経外科学会・指導医・専門医・評議員
日本定位・機能神経外科学会 理事・会長
日本疼痛学会 評議員
日本脊髄障害医学会評議員
日本医学教育学会評議員
国際定位機能神経外科学会 会長
国際脳神経外科連合 機能神経外科委員長
英国医師免許
厚生省 外国医師臨床修練指導医

受賞・著書・論文など

【著書】
1) Taira T: Peripheral Nerve Surgical Procedures for Cervical Dystonia. In Tubbs S, Rizk E, Shoja M, Loukas M, Spinner R, Barbaro N eds, Sunderland’s Nerves and Nerve Injuries 3 edition, Elsevier ISBN: 978-0-12-410390-0, 2014 (in press, proof finished)
2) Taira T: Deep brain stimulation for dystonias, Itakura T eds, Deep Brain Stimulation for Neurological Disorder. Theoretical. Background and Clinical Application, Chapter 10, Springer 2014 DOI 10.1007/978-3-319-08476-3_10, pp121-134
3) Taira T, Nakajima T, Ochiai T: Thalamotomy for focal dystonia. In Winn R, Alterman R, Krauss JK, Loz

【著書】
1) Taira T: Peripheral Nerve Surgical Procedures for Cervical Dystonia. In Tubbs S, Rizk E, Shoja M, Loukas M, Spinner R, Barbaro N eds, Sunderland’s Nerves and Nerve Injuries 3 edition, Elsevier ISBN: 978-0-12-410390-0, 2014 (in press, proof finished)
2) Taira T: Deep brain stimulation for dystonias, Itakura T eds, Deep Brain Stimulation for Neurological Disorder. Theoretical. Background and Clinical Application, Chapter 10, Springer 2014 DOI 10.1007/978-3-319-08476-3_10, pp121-134
3) Taira T, Nakajima T, Ochiai T: Thalamotomy for focal dystonia. In Winn R, Alterman R, Krauss JK, Lozano A, Taira T eds, Youmans and Winn Neurological Surgery, 7th edition, 2014 Elsevier (in press, proof finished)
4) Taira T: Peripheral procedures for cervical dystonia. In “Textbook of Stereotactic and Functional Neurosurgery”, Gildenberg P, Lozano A eds, Springer, 2009 pp 1885-1909
5) Taira T: Myotomy, Ramisectomy, Rhizotomy. In Encyclopedia of Movement Disorders. Kompoliti K et al eds, Elsevier, Oxford, 2009 ISBN: 978-0-12-374101-1
6) Taira.T, Hori T: Diaphragm pacing with a spinal cord stimulator. Kanno T, Kato Y eds, Minimally invasive neurosurgery and multidisciplinary neurotraumatology. Springer 2006, pp138-142
7) Taira T: Modification of selective peripheral denervation for spasmodic torticollis- Experience in Japan and future perspective.de Soultrait eds, Spasmodic torticollis, Clinical aspects and treatment. Expressions Sante, Paris, 2006, pp239-243 (英文と仏文訳)
8) Taira T, Hori T: The contemporary role of neurosurgeons in the management of intractable pain, Management of pain, A world perspective Yanagida H eds, Monduzzi, 2000, pp201-204
9) Taira T, Iseki H, Masamune K, Kobayashi E, Masutani Y, Suzuki M, Dohi T, Takakura K: Preoperative simulation of neurosurgical operations using three dimentional optical solid model: Laser lithography plastic replica, Computer Assisted Radiology, Remke HU eds, Elsvier, Amsterdam 1996, pp1059-1061
10) Taira T, Amano K, H. Kawamura, T. Tanikawa, H. Kawabatake, Iseki H, T. Nagao, Y. Iwata: Experience of biologic brain atlas system. EEG Topography (Tasuno J ed.) 1989, pp1-5

1) 平 孝臣、横地房子,小林一太,片山容一: 定位脳手術・脳深部刺激術(DBS)  梶 龍兒 編 ジストニアのすべて 診断と治療社 2013 pp107-114
2) 平 孝臣 バクロフェン髄注療法 梶 龍兒 編 ジストニアのすべて 診断と治療社 2013 pp116-117
3) 平 孝臣、堀内正浩 (監修・翻訳)  どうして弾けなくなるの?: の正しい知識のために [単行本]  音楽之友社 2012 216ページ
4) 平 孝臣: バクロフェン髄注治療. 神経疾患最新の治療 2012-2014 436. 南江堂, 東京, 2012
5) 平 孝臣: ジストニアの外科治療 長谷川一子 編 ジストニア2012 中外医学社 東京 2012
6) 平 孝臣: 脳神経外科的インターベンション 花岡 一雄 編 癌性疼痛 克誠堂出版 2010
7) 平 孝臣: 迷走神経刺激療法、選択的脊髄後根遮断術、バクロフェン髄腔内投与、選択的末梢神経縮小術 (4項目) 医学書院医学事典 医学書院 2009
8) 平 孝臣: 機能外科療法 小林祥泰、水澤英洋 編 神経疾患最新の治療2009-2011、南江堂 2009 pp73-77
9) 平 孝臣: ジストニアの外科治療 岡本幸市、棚橋紀夫、水澤英洋 編 EBM神経疾患の治療 2009ー2010、中外医学社 2009
10) 平 孝臣: 末梢神経・疼痛 谷 諭 編 知っているつもりの脳神経外科の常識・非常識 第2版 三輪書店 2008, pp59-61, 66-70
11) 平 孝臣: 斜頚、脊髄性疼痛 定位・機能神経外科治療ガイドライン 日本定位機能神経外科学会ガイドライン作成委員会編、協和企画 2007
12) 平 孝臣: 片側顔面れん縮(けいれん) (外科治療を含む) 山口 徹 他編 今日の治療指針 医学書院 2006 p632
13) 平 孝臣: 機能的疾患 脳深部刺激vs凝固術.脳深部刺激療法より凝固術を選択すべき状況はどのような場合か? 片山容一 川又達朗 編 脳神経外科─専門医にきく最新の臨床 中外医学 472頁 2006, pp297-300
14) 平 孝臣: 機能的疾患 痙性麻痺に対するbaclofen髄腔内持続投与はどのような症例に適応となるのか? 治療成績は? 片山容一 川又達朗 編 脳神経外科─専門医にきく最新の臨床 中外医学 472頁 2006, pp311-313
15) 平 孝臣、堀 智勝: 難治性疼痛 山浦 晶 他編 脳神経外科学大系 Vol1 脊椎・脊髄疾患, 中山書店 , 2005, pp183-193
16) 平 孝臣、堀 智勝: ジストニア 山浦 晶 他編 脳神経外科学大系 Vol0 定位・機能神経外科, 中山書店 , 2005, pp185-196
17) 平 孝臣: 視床痛 (中枢性疼痛)  山口 徹 他 総編集 今日の治療指針 2005年度版 医学書院 2005
18) 平 孝臣: 末梢神経 谷 諭 編 脳神経外科の常識・非常識 三輪書店 2004 pp31-38
19) 平 孝臣: 疼痛 谷 諭 編 脳神経外科の常識・非常識 三輪書店 2004, pp194-204
20) 平 孝臣、堀 智勝 脳深部刺激療法 金澤一郎、柴崎 浩。東儀英夫 編集主幹 神経内科の最新医療 先端医療技術研究所 東京 2004, pp54-58
21) 平 孝臣、堀 智勝 横隔膜ペーシング 脳神経外科の最新医療 先端医療技術研究所 東京 2004 pp64-67
22) 平 孝臣、堀 智勝 書痙(手の局所ジストニア)に対する脳外科治療 高倉公朋、菊池晴彦監修 機能的脳神経外科の最先端 先端医療技術研究所 東京 2002, pp40-43
23) 平 孝臣: 選択的末梢神経遮断術 柏瀬宏隆編 痙性斜頚 東京 新興医学出版 東京 2002, pp146-178
24) 平 孝臣: 末梢神経に対する手術 有田憲生編 脳神経外科手術マニュアル メディカ出版2002, pp98-104
25) 平 孝臣: 選択的末梢神経遮断術 高倉公朋: 編 図説脳神経外科New Approach メジカルビュー社, 2000: pp70-79
26) 平 孝臣、鈴木 玲子 (編集): わかるバイタルサインA to Z (単行本)学習研究社 (2000/05)
27) 平 孝臣: 神経機能解剖学と生理学的検査 佐藤 潔 監修 大井静雄編 最新小児脳神経外科学 三輪書店 東京 2000, pp19-32 
28) 平 孝臣、堀 智勝 痙縮の脳神経外科的治療 高倉公朋監修 脳神経外科の最先端No.2 先端医療技術研究所 東京 2000, pp149-154 
29) 平 孝臣、堀 智勝 痙縮に対するバクロフェン髄腔内投与療法 高倉公朋監修 脳神経外科の最先端 先端医療技術研究所 東京1999, pp28-31 
30) 平 孝臣、堀 智勝 頸部ジストニアの外科治療 高倉公朋監修 脳神経外科の最先端 先端医療技術研究所 東京 1999, pp63-68
31) 平 孝臣: 痛みの評価方法の実際 鈴木重行、黒川幸雄 編集 理学療法Mook 3 三輪書店東京,1999, pp42-55 
32) 平 孝臣: 脳神経系の疾患 家庭医学事典 新星出版 1999
33) 平 孝臣: ME辞典 脳神経関係47語 日本ME学会編 コロナ社 1999
34) 平 孝臣: (単独著書) 頭痛、その正体と治療 新星出版 東京 1998 246頁
35) 平 孝臣: 痙性斜頚 駒井則彦、板倉 徹、片山容一 編 定位脳手術 金芳堂1998, pp298-315
36) 平 孝臣: バーミンガムレポート BCJAの本 BCJA編 風人社1998, pp287-289
37) 平 孝臣、久保長生 脳神経系の生検検査 2.脳内病変の生検 岩田 誠、森山弘子 監修 エクセル・ナース脳神経編 メジカルビュー社 1998, pp49-57
38) 平 孝臣、高倉公朋: Neuroendoscopeの合併症 佐藤 修、大井静男 監修 神経内視鏡手術 三輪書店 東京 1996, pp239-243
39) 平 孝臣: 従来の治療では処置なしの慢性痛を取りのぞく電気刺激療法 堀田宗路編「ここまで進んだ新治療法」 夢新書 1996, 156-161
40) 平 孝臣: (単独著書) 脊髄電気刺激療法のすべて ニューロン社 東京 152頁 1994
41) 平 孝臣、天野恵市 抗けいれん剤 佐野圭司 編 脳神経外科術前・術後管理 へるす出版 東京 1985, pp1185-1204
42) 平 孝臣、天野恵市 増血剤 佐野圭司 編 脳神経外科術前・術後管理 へるす出版 東京1985, 1205-1208
43) 平 孝臣、天野恵市 鎮咳去痰剤 佐野圭司 編 脳神経外科術前・術後管理 へるす出版 東京 1985, 1209-1213
44) 平 孝臣、天野恵市 鎮痛剤 佐野圭司 編 脳神経外科術前・術後管理 へるす出版 東京1985, 1214-1223

【論文】(和文も可)
1) Taira T: A brief history of neurosurgery for psychiatric disorders in Japan. AANS Neurosurgeons 23 (3), 2014 (Online Journal of American Association of Neurological Surgery) http://www.aansneurosurgeon.org/features/a-brief-history-of-neurosurgery-for-psychiatric-disorders-in-japan/
2) Horisawa S, Taira T, Goto S, Ochiai T, Nakajima T: Long-term improvement of musician's dystonia after stereotactic ventro-oral thalamotomy. Annals of Neurology, 74(5):648-654, 2013 (corresponding author)
3) Taira T, Ueta T, Katayama Y, Kimizuka M, Nemoto A, Mizusawa H, Liu M, Koito M, Hiro Y, Tanabe H: Rate of complications among the recipients of intrathecal baclofen pump in Japan: a multicenter study. Neuromodulation, 16(3):266-272, 2013
4) Taira T: Will ventralis intermedius deep brain stimulation for tremor be replaced by posterior subthalamic area or caudal zona incerta stimulation? World Neurosurgery, 78(5):445-446, 2012
5) Taira T: Tinnitus: from traditional concept to challenges to loosen the gordian knot. World Neurosurgery, 77(5-6):651-653, 2012
6) Taira T, Goto S: Validation and perspectives of neuromodulation in Japan. Neurologia medico-chirurgica, 52(7):457-462, 2012
7) Taira T Ablative neurosurgical procedure for pain after spinal cord injury. World Neurosurgery 75(3-4):449-50, 2011
8) Taira T: Intrathecal administration of GABA agonists in the vegetative state. Progress in Brain Research. 177:317-28, 2009
9) Taira T, Ochiai T, Goto S, Hori T: Multimodal neurosurgical strategies for the management of dystonias. Acta Neurochirugica 99:29-31,2006
10) Taira T, Hori T: A novel denervation procedure for idiopathic cervical dystonia. Stereotactic and Functional Neurosurgery 80:92-95, 2003
11) Taira T, Hori T: Stereotactic ventrooralis thalamotomy for task-specific focal hand dystonia (Writer’s cramp) Stereotactic and Functional Neurosurgery 80:88-91, 2003
12) Taira T, Takeda N, Itoh K, Oikawa A, Hori T: Phrenic nerve stimulation for diaphragm pacing with a spinal cord stimulator: technical note. Surgical Neurology 59:128-32, 2003
13) Taira T, Kobayashi T, Takahashi K, Hori T: Selective peripheral denervation of the levator scapulae muscle for laterocollic cervical dystonia. Journal of Clinical Neuroscience 10:449-452, 2003
14) Taira T, Hori T: The role of neurosurgical interventions for control of spasticity in neurorehabilitation: “New findings on functional microanatomy of the tibial nerve” Acta Neurochirugica 87:103-5, 2003
15) Taira T, Kobayashi T, Hori T: Disappearance of self-mutilating behavior in a patient with Lesch-Nyhan syndrome after bilateral chronic stimulation of the globus pallidus internus. Journal of Neurosurgery 98:414-416, 2003
16) Taira T, Hori T: Clinical application of drug pump for spasticity, pain, and restorative neurosurgery - Other clinical application of intrathecal baclofen - Acta Neurochirugica 87:37-8, 2003
17) Taira T, Kobayashi H, Takahashi K, Hori T: A new denervation procedure for idiopathic cervical dystonia. Journal of Neurosurgery (Spine) 97:201-206, 2002
18) Taira T, Harashima S, Hori T: Neurosurgical treatment for writer’s cramp. Acta Neurochirugica suppl 7:129-31 2002
19) Taira T, Hori T, Peripheral neurotomy for torticollis – A new approach. Stereotactic and Functional Neurosurgery 2001;77:40-43
20) Taira T, Tanikawa T, Iseki H, Takakura K: Deep brain stimulation from an occipital burr hole for both pain and tremor. Stereotactic and Functional Neurosurgery 70:52-56, 1998
21) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Iseki H, Ueda A, Imamura T, Nagai M, Takakura K: Dramatic Recovery of Consciousness after Spinal Intrathecal Administration of Baclofen in Patients with Severe Head Injury. Treatment of Coma 5: 127-134, 1997
22) Taira T, Tanikawa T, Iseki H, Takakura K: Split cannula method for accurate placement of an elctrode for deep brain stimulation. Neurosurgery 41:498-500, 1997
23) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Iseki H, Ueda A, Takakura K: Neuropathic Pain and Intrathecal Baclofen .Clinical Neurology and Neurosurgery 99:2053-2056, 1997
24) Taira T, Iseki H, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Takakura K: 3-D Neuroendoscope and CM-Cube system in neurosurgery. Clinical Neurology and Neurosurgery 99:2261-2264, 1997
25) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Ueda A, Takakura K: A new approach to the control of central deafferantation pain, Acta Neurochirugica (Wien) 64:136-138, 1995
26) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Kawabatake H, Takakura K: A new approach to control central deafferentation pain: spinal intrathecal baclofen. Stereotactic and Functional Neurosurgery 65:101-105, 1995
27) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Takakura K, Effect of spinal intrathecal administration of baclofen on central pain of supraspinal origin, Pain Reseserch 9:49-54, 1994
28) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Takakura K, Spinal intrathecal baclofen suppresses central pain after a stroke, J Neurology Neurosugery Psychiatry 57:381-386, 1994
29) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Takakura K: Cordotomy needle with a measuring scale. Pain Research 8:45-47, 1993
30) Taira T, Speelman JD, Bosch DA: Trajectory angle in thalamotomy. Stereotactic and Functional Neurosurgery 61:24-31,1993
31) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H: A simple system for stereotactic volumetric resection. Stereotactic and Functional Neurosurgery 61:39-46, 1993
32) Taira T, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Amano K, Unxpected Movement disorders in neurosurgical practice. Surgical Neurology 38:235-240, 1992
33) Taira T , Tanikawa T: Breakage of Mayfield head rest. Journal of Neurosurgery 77(6):977-978 1992
34) Taira T , Tamura Y, Kawamura H: Intacranial aneurysm in a child with Klippel-Trenaunay-Weber Syndrome. Surgical Neurology 36:303-306 1991
35) Taira T, Tanikawa T, Kawabatake H, Amano K, Fukuuchi A: Decrease of peripheral blood flow after intrathecal injection of hypertonic hypothermic saline. Pain Research 6:9-12, 1991
36) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Iwata Y, Kitamura K: Short latency somatosensory evoked potential. -- Direct recording from the human thalamus. Electroenceph Clin Neurophysiol 66:94-96, 1987
37) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, .Iwata Y, Kitamura K: Short latency somatosensory evoked potential. -- Direct recording from the human midbrain and thalamus. Acta Neurochirugica 39:170-173, 1987
38) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, .Iwata Y, Kitamura K: Significance probability mapping of EEG in patients with migraines, Clinical Topography of EEG & EP 1: 247-254, 1986
39) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, .Iwata Y, Kitamura K: Scalp topography of P14-N18 amplitude of somatosensory evoked potential. Effect of changes in intracranial volume conductor. Clinical Topography of EEG & EP, 1: 44-47, 1986
40) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, .Iwata Y, Kitamura K: Topographic distribution of endogenous brain potential time-locked to the cardiac cycle. Clinical Topography of EEG & EP, 1:287-292, 1986
41) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kitamura K: Cerebral evoked responses elicited by direct stimulation of the lateral sphinothalamic tract in the human. Applied Neurophysiology 48:267-270, 1985
42) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Amano K. Kawamura H, Kawabatake H, Iseki H, Shiwaku T, Nagao T, Iwata Y: Evaluatin of CT guided stereotactic removal of intracerebral hematomas with somatosensory evoked responses. Applied Neurophysiology 48:243-245, 1985
43) Taira T, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, .Iwata Y, Kitamura K: Short latency somatosensory evoked potentials. Direct recording from the human midbrain. Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 66:94-96, 1985
44) Taira T, Kii R, Sakai K, Tabuchi H, Takimoto S, Nakamura S, Takahashi J, Hashimoto E, Yamamura H, Nishizuka Y, Comparison of glycogen phosphsrylase kinase of various rat tissues. Jouranl of Biochemistry 91:883-888, 1982
45) 平 孝臣, 竹田信彦: DBSのジストニア、振戦、過運動障害に対する効果 神経内科 80:536-540, 2014
46) Taira T, Hori T: Diaphragm pacing with a spinal cord stimulator: current state and future directions. Acta Neurochirugica 97:289-292,2007
47) Taira T, Hori T: Intrathecal baclofen in the treatment of post-stroke central pain, dystonia, and persistent vegetative state. Acta Neurochirugica 97:227-229,2007
48) Taira T, Ochiai T, Goto S, Hori T: Fifteen year experience of intrathecal baclofen treatment in Japan. Acta Neurochirugica 99:61-3,2006
49) Nuttin B, Wu H, Mayberg H, Hariz M, Gabriels L, Galert T, Merkel R, Kubu C, Vilela-Filho O, Matthews K, Taira T, Lozano AM, Schechtmann G, Doshi P, Broggi G, Regis J, Alkhani A, Sun B, Eljamel S, Schulder M, Kaplitt M, Eskandar E, Rezai A, Krauss JK, Hilven P, Schuurman R, Ruiz P, Chang JW, Cosyns P, Lipsman N, Voges J, Cosgrove R, Li Y, Schlaepfer T: Consensus on guidelines for stereotactic neurosurgery for psychiatric disorders. Journal of Neurology, Neurosurgery, and Psychiatry, 85:1003-1008, 2014
50) ※Goto S, Taira T, Horisawa S, Yokote A, Sasaki T, Okada Y: Spinal cord stimulation and intrathecal baclofen therapy: combined neuromodulation for treatment of advanced complex regional pain syndrome. Stereotactic and Functional Neurosurgery, 91(6):386-391, 2013
51) Mendelsohn D, Lipsman N, Lozano AM, Taira T, Bernstein M: The contemporary practice of psychiatric surgery: results from a global survey of functional neurosurgeons. Stereotactic and Functional Neurosurgery, 91(5):306-313, 2013
52) Tamura M, Hayashi M, Konishi Y, Tamura N, Regis J, Mangin JF, Taira T, Okada Y, Muragaki Y, Iseki H: Advanced Image Coregistration within the Leksell Workstation for the Planning of Glioma Surgery: Initial Experience. Journal of Neurological Surgery Reports, 74(2):118-122, 2013
53) Chernov M, Muragaki Y, Taira T, Iseki H: 1H-MRS-guided stereotactic brain biopsy. Stereotactic and Functional Neurosurgery, 90(1):63-65, 2012
54) Moriyama K, Murakami K, Uno T, Oseto K, Kawanishi M, Katayama Y, Taira T, Yamauchi M: A Prospective, Open-Label, Multicenter Study to Assess the Efficacy of Spinal Cord Stimulation and Identify Patients Who Would Benefit. Neuromodulation 15(1):7-11, 2012
55) ※Shrestha P, Malla H, Pant B, Taira T: Intrathecal baclofen therapy in severe head injury, first time in Nepal, a technique suitable for underdeveloped countries. Asian J Neurosurgery, 6(1):49-51, 2011
56) Hayashi M, Chernov M, Tamura N, Taira T , Izawa M, YomoS, Nagai M Cheng-Siu Chang, Ivanov P, Tamura M, Muragaki Y, Okada Y, Iseki H, Takakura K: Stereotactic radiosurgery of essential trigeminal neuralgia using Leksell Gamma Knife model C with automatic positioning system Neurosurgical Review 34:497–508, 2011
57) Lipsman N, Mendelsohn D, Taira T, Bernstein M. The contemporary practice of psychiatric surgery: results from a survey of North American functional neurosurgeons. Stereotactic and Functional Neurosurgery. 89(2):103-10, 2011
58) Bronte-Stewart H, Taira T, Valldeoriola F, Merello M, Marks WJ Jr, Albanese A, Bressman S, Moro E: Inclusion and exclusion criteria for DBS in dystonia. Movement Disorders 26 Suppl 1:S5-16, 2011
59) Thobois S, Taira T, Comella C, Moro E, Bressman S, Albanese A: Pre-operative evaluations for DBS in dystonia. Movement Disorders. 26 Suppl 1:S17-22, 2011.
60) Hayashi M, Chernov M, Tamura N, Taira T, Izawa M, Yomo S, Nagai M, Tamura M, Muragaki Y, Okada Y, Iseki H, Takakura K: Stereotactic radiosurgery of essential trigeminal neuralgia using Leksell Gamma Knife model C with automatic positioning system. Technical nuances and evaluation of outcome in 130 patients with at least 2 years follow-up after treatment. Neurosurgical Review 34(4):497 -508, 2011
61) Chernov MF, Ochiai T, Ono Y, Muragaki Y, Yamane F, Taira T, Maruyama T, Tanaka M, Iseki H, Kubo O, Okada Y, Hori T, Takakura K: Role of proton magnetic resonance spectroscopy in preoperative evaluation of patients with mesial temporal lobe epilepsy. J Neurol Sci. 285(1-2):212-9 2009
62) Chernov MF, Muragaki Y, Ochiai T, Taira T, Ono Y, Usukura M, Maruyama T, Nakaya K, Nakamura R, Iseki H, Kubo O, Hori T, Takakura K.: Spectroscopy-supported frame-based image-guided stereotactic biopsy of parenchymal brain lesions: comparative evaluation of diagnostic yield and diagnostic accuracy. Clinical Neurology and Neurosurgery. 111(6):527-35, 2009
63) ※Chernov MF, Ochiai T, Taira T, Ono Y, Nakamura R, Muragaki Y, Iseki H, Hori T,Takakura K: Serial (1)H-MRS of thalamus during deep brain stimulation of bilateral globus pallidus internus for primary generalized dystonia. Neuroradiology. 50(12):1055-9, 2008
64) Muragaki Y, Chernov M, Maruyama T, Ochiai T, Taira T, Kubo O, Nakamura R, Iseki H, Hori T, Takakura K. Low-grade glioma on stereotactic biopsy: how often is the diagnosis accurate? Minimally Invasive Neurosurgery 51(5) 275-279, 2008
65) ※Hayashi M, Chernov M, Taira T, Ochiai T, Nakaya K, Tamura N, Goto S, Yomo S, Kouyama N, Katayama Y, Kawakami Y, Izawa M, Muragaki Y, Nakamura R, Iseki H, Hori T, Takakura K.: Outcome after pituitary radiosurgery for thalamic pain syndrome. International Journal of Radiation Oncology and Biological Physics 69:852-857,2007
66) ※Taniguchi H, Muragaki Y, Iseki H, Nakamura R, Taira T: New radiofrequency coil integrated with a stereotactic frame for intraoperative MRI-controlled stereotactically guided brain surgery. Stereotactic and Functional Neurosurgery :84(4):136-41, 2006
67) ※Hayashi M, Taira T, Ochiai T, Chernov M, Nakaya K, Izawa M, Kouyama N, Kawakami Y, Hori T, Takakura K. Gamma knife pituitary radiosurgery for thalamic pain syndrome: New treatment trial in our institutional experience. Radiosurgery 6:268-276, 2006
68) ※Hayashi M, Taira T, Ochiai T, Chernov M, Takasu Y, Izawa M, Kouyama N, Tomida M, Tokumaru O, Katayama Y, Kawakami Y, Hori T, Takakura K. Gamma knife surgery of the pituitary: new treatment for thalamic pain syndrome. Journal of Neurosurgery 102:38-41, 2005.
69) Hori T, Yamane F, Ochiai T, Hayashi M, Taira T: Subtemporal amygdalohippocampectomy prevents verbal memory impairment in the language-dominant hemisphere. Stereotactic and Functional Neurosurgery 80:18-21. 2003
70) ※Hayashi M, Taira T, Chernov M, Izawa M, Liscak R, Yu CP, Ho RTK, Katayama Y, Kouyama N, Kawakami Y, Hori T, Takakura K: Role of Pituitary Radiosurgery for the Management of Intractable Pain and Potential Future Applications. Journal of Neurosurgery suppl 81:75-83, 2003
71) ※Mitsuyama T, Taira T, Takeda N, Hori T.: Diaphragm pacing with the spinal cord stimulator. Acta Neurochirugica 87:89-92, 2003
72) ※Hayashi M, Taira T, Chernov M, Fukuoka S, Liscak R, Yu CP, Robert T.K, Regis J, KatayamaY, Kawakami Y, Hori T: Gamma knife surgery for cancer pain-pituitary gland-stalk ablation: a multicenter prospective protocol since 2002. Journal of Neurosurgery 97:433-437, 2002
73) Asakura T, Nakamura K, Yatsushiro K, Shimizu N, Ishijima B, Ohtsuki T, Yoshimoto T, Taira T, Kawamura H, Takakura K, Moritake K, Hori T: Vagus nerve stimulation for refractory partial epileptic seizures: a short-term and long-term investigations in Japan—seven institutes study. International Congress Series 01/2002; 1247:471-479, 2002
74) Iseki H, Taira T, Nambu K, Mochizuki R, Dohi T, Takakura K: Three-demensional high definition video-microscope sytem, Epileptology 3: 397-401, 1998
75) AsakuraT, Nakamura K, Yatsushiro K, Shimizu H, Ishijima B, Otsuki T, Yoshimoto T, Taira T, Kawamura H, Takakura K, Moritake K, Hori T, Taneda M, Effect of vagus nerve stimulation on intractable epilepsy. First trial in Japan, Epileptology 3:373-377, 1998
76) Iseki H, Takakura K, Tanikawa T, Taira T, Nambu K, Dohi T, Mochizuki R, Kobayashi S, Kan KM, Three dimentional video-microscope system in neurosurgery, Clinical Neurology and Neurosurgery 99 701-705, 1997
77) Iseki H, Masutani Y, Iwahara M, Tanikawa T, Muragaki Y, Taira T, Dohi T, Takakura K: Volumegraph (Overlaid Three-Dimensional Image-Guided navigation), Stereotactic and Functional Neurosurgery 68:18-24, 1997
78) Hayashi M, Kubo O, Sato H, Taira T, Tajika Y, Izawa M, Takakura K. Correlation between MR image characteristics and histological features of acoustic schwannoma. Noshuyo Byori 13(2):139-44, 1996
79) Iseki H, Kawamura H, Tanikawa T, Taira T, H.Kawabatake, K.Takamura, Single camera Hi-Vision(High Definition TV) microstereoscope system,, Journal of Computer Aided Surgery 1:11-18, 1995
80) Tanikawa T, Iseki H, Taira T, Kawabatake H, Kawamura H, Takakura K: Immediate effects of stereotactic aspiration of intracerebral hematoma on neurological disorders, Brain Hemorrhage 1:117-126, 1995
81) Shimizu H, Ishijima B, Nakamura K, Asakura T, Ohtsuki T, Yoshimoto T, Taira T, Kawamura H, Takakura K: Effect of vagal stimulation on intractable epilepsy. Psychiatry & Clinical Neurosciences 49(3):254-255, 1995
82) Iseki H, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Taira T, Takakura K, Dohi T, Hata N: An Image-Guided sterreotactic system for neurosurgical operations. Stereotact ic and Functional Neurosurgery 63: 130-138, 1994
83) Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Iseki H, Iwata Y, Taira T, Shimizu T, Amano K: Intaoperative measurement of rCBF in epileptic foci using laser doppler flowmetry in 5 patients with intactaable posttraumatic epilepsy, Psychiatry and Clinical Neurosciences 46:549-552, 1992
84) Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Iseki H, Taira T: Stereotactic mesencephalotomy for pain relief. A plea for stereotactic surgery. Stereotactic and Functional Neurosurgery 59:25-32, 1992
85) Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Iseki H, Iwata Y, Taira T: Bilateral verus unilateral percutaneous high cervical cordotomy as a surgical method of pain relief , Acta Neurochirugica,. 52:143-145 ,1991
86) Kawabatake H, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Iwata Y, Taira T, Shimizu T, Umezawa Y, Arai K, Kawasaki H: An ultrasound-guided stereotactic apparatus for intracranial mass lessions. Acta Neurochirurgica 52:64-66 ,1991
87) Hitchcock E, Taira T: Phosphenes elicited by intracerebral stimulation in man. Clinical Vision Science 5:391-400 , 1990
88) Katsube Y, Fujino O, Enokido H, Furuya M, Kikai Y, Fujita T, Hashimoto K, Nagao T, Taira T: Cerebral arteriovenous malformation in 11-year-old boy--a case report. The Japanese Journal of Psychiatry and Neurology 42(3):607-8, 1988
89) Kawamura H, Amano K, Tanikawa T, Iseki H, Taira T, Kitamura K: Clinical application of the electrically elicited blink reflex in patients with intracranial lesions. Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 70:110-111 , 1988
90) Iwata Y, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Notani M, Iseki H, Shiwaku T, Nagao T, Taira T: X-ray photodensitometric analysis of anticonvulsant-induced osteopathy. Psychiatry and Clinical Neurosciences 1988;42(3):594-6.
91) Kawamura H, Amano K, Tanikawa T, Kawabarake H, Taira T, Iseki H, Kitamura K:, An assessment of brain-stem function in acoustic neurinoma with auditory brain-stem response (ABR) and electrically elicited blink reflex (BR). Electroencephalography and Clinical Neurophysiology 67:68, 1987
92) Iwata Y, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Taira T, Kitamura K:, Effects of 1 alpha-OH-D3 on the bone changes in patients with long-term anticonvulsant therapy. Psychiatry and Clinical Neurosciences 41:584-585, 1987
93) Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Notoni M, Iseki H, Shiwaku T, Nagao T, Iwata Y, Taira T: Surgical treatment of hypertensive intracerebral haematoma by CT-guided stereotactic surgery, Acta Neurochirurgica 39:41-44, 1987
94) Amano K, Kawamura H. Tanikawa T, Kawabatake H. Notani M. Iseki H, Shiwaku T, Nagao T, Iwata Y, Taira T: Long-term follow-up study of sterotactic rostral mesencephalic reticulotomy in patients with intractable pain. Applied Neurophysiology 49:105-111, 1986
95) Iseki H, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Kawabatake H, Notani M, Shiwaku T, Iwata Y, Taira T, Nagao T , A new apparatus for CT-guided stereotactic surgery. Applied Neurophysiology 48:50-60, 1985
96) Tanikawa T, Amano K. Kawamura H, Kawabatake H, Notani M, Iseki H, Shiwaku T, Nagao T, Iwata Y, Taira T, CT-guided stereotactic surgery for evacuation of hypertensive intracerebral hematomas. Applied Neurophysiology 48:431-439, 1985
97) Iwata Y, Amano K, Kawamura H, Tanikawa T, Iseki H, Taira T, Kitamura K: Effect of long-term anticonvulsants on bone changes by microdensitometry method. Folia Psychi et Neurol Jpn 38:309-312, 1984
98) 平 孝臣: 脳深部刺激療法においてマイクロリコーディングは必要? 「No」の立場から Frontiers in Parkinson Disease 7(3): 142-145, 2014
99) 平 孝臣: パーキンソン病以外の運動機能異常症状に対する機能的外科治療の位置づけ. 臨床神経学, 53(11):966-968, 2013
100) 平 孝臣: 海外における精神疾患に対する脳神経外科治療の現状. 日本生物学的精神医学会誌, 24(1):11-21, 2013
101) 平 孝臣:国際定位機能神経外科学会サテライトシンポジウム「精神疾患に対する脳神経外科治療」報告 臨床評価 41:373-, 2013
102) 平 孝臣:ジストニア脳アトラスによる淡蒼球内節機能異常の検索と新規ターゲッティング法の確立に関する研究 厚生労働省科学研究費難治性疾患克服研究事業 総合研究報告書 22-23, 2012
103) 平 孝臣,後藤真一,赤川浩之,落合 卓,佐々木寿之,中嶋 剛: 髄腔内バクロフェン投与ポンプ自体の故障について.機能的脳神経外科 49:211-216,2010
104) 平 孝臣:機能神経外科における脳神経倫理の国際的動向.機能的脳神経外科 49:208-210,2010
105) 平 孝臣、上園保仁: 疼痛制御に関するフィージビリティ・スタディ 環境省平成21年度総合的水銀研究推進事業報告書 150-106, 2010
106) 平 孝臣、長谷川一子、落合 卓、中嶋 剛、赤川浩之、萬代綾子、後藤真一、堀 智勝: ジストニアに対する髄腔内バクロフェン投与治療の可能性 厚生労働省精神神経疾患研究 ジストニアの疫学、病態、治療に関する研究 総括研究報告書 30:128-130: 2009
107) 平 孝臣: ジストニアに対する脳神経外科治療に関する研究総括 厚生労働省精神・神経疾患委託費 総括研究報告書 98-104:2006
108) 平 孝臣、堀 智勝: 書痙の脳神経外科治療 脳神経外科ジャーナル 14:316-322,2005
109) 平 孝臣、落合 卓、伊藤 要、高須雄一、堀 智勝: Hallervorden-Spatz病によるジストニアに対して淡蒼球脳深部刺激をおこなった兄弟例 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費による研究報告集 平成16年度報告書 166-167, 2005
110) 平 孝臣: 幻肢痛に対する神経刺激療法 ペインクリニック 25: 309-315,2004
111) 平 孝臣、林基弘, 堀智勝: 脳卒中後の中枢性疼痛に対する下垂体柄へのガンマナイフ照射の効果 日本疼痛学会誌 18: 77-80, 2003
112) 平 孝臣、原嶋志保、堀 智勝 書痙に対する視床Vo核凝固術の効果 機能的脳神経外科 41 :120-121, 2002
113) 平 孝臣、堀 智勝、高橋研二、小林智範: 痛みに対する脊髄後根進入部手術 神経研究の進歩 46:467-476, 2002
114) 平 孝臣 痙性斜頚の手術治療 神経研究の進歩 45:618-626, 2001
115) 平 孝臣、堀 智勝 脳性麻痺の痙縮の外科治療 脳神経外科 29:1137-1150, 2001
116) 平 孝臣、伊関 洋, 小林智範, 堀 智勝 定位脳手術用ロボット"Neuromate"の概要と問題 日本コンピュータ外科学会誌 3: 111-112, 2001
117) 平 孝臣、赤川浩之, 村田徳子, 小林智範, 堀 智勝 痙縮に対する選択的脛骨神経縮小術のための微小解剖と手術法 機能的脳神経外科 39: 86-87, 2000
118) 平 孝臣、村田徳子, 赤川浩之, 小林智範, 堀智勝 ジストニアに対する淡蒼球内節電気刺術 機能的脳神経外科 39: 128-129, 2000
119) 平 孝臣、村田徳子, 赤川浩之, 小林智範, 堀智勝 痙性斜頸の外科的治療 70例の検討 機能的脳神経外科 39 :132-133, 2000
120) 平 孝臣、 中枢性神経障害に起因した痛みに対する硬膜外脊髄刺激療法の臨床成績 ペインクリニック 21:533-540, 2000
121) 平 孝臣、光山哲滝、岡見修哉、米山 琢、今村 強、伊関 洋、高倉公朋: 肩甲挙筋などの関与した痙性斜頚に対する末梢神経遮断術: 頸髄神経前枝を含めた神経遮断 脳神経外科 27:25-31, 1999
122) 平 孝臣、伊関 洋、深町きく代、山口宏司、赤川宏之、堀 智勝 頸部ジストニアに対するBertrand手術の変法 機能的脳神経外科 38:70-71, 1999
123) 平 孝臣、川崎浩遠、深町きく代、山口宏司、米山 琢、堀 智勝 難治性疼痛と重度痙縮に対する後根進入部遮断術 機能的脳神経外科 38:80-81, 1999
124) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、上田麻子、高倉公朋: 神経因性疼痛に対する脊髄刺激と髄腔内バクロフェン投与との効果の比較 日本疼痛学会誌 13:73-76, 1998
125) 平 孝臣、伊関 洋、川畠弘子、落合 卓、堀 智勝、高倉公朋: 脳卒中後の中枢性疼痛に対する総合的治療の効果 機能的脳神経外科 37:79-80, 1998
126) 平 孝臣、伊関 洋、米山 琢、光山哲滝、岡見修哉、今村 強、堀 智勝、高倉公朋: 痙性斜頚23例における選択的末梢神経遮断術の効果 機能的脳神経外科 37:91-92, 1998
127) 平 孝臣、伊関 洋、落合 卓、深町きく代、岡見修哉、今村 強、堀 智勝、高倉公朋: 頚部ジストニアにおける異常収縮筋の画像化の試み 機能的脳神経外科 37:47-48, 1998
128) 平 孝臣、河村弘庸、伊関 洋、高倉公朋: 痙性斜頚に対するBertrand’s Selective Peripheral Denervation, Video Jouranl of Japan Neurosurgery Vol 5: 1, 1997
129) 平 孝臣、谷川達也、伊関 洋 血管縫合用VCSクリップの硬膜閉鎖への応用 脳神経外科速報 7:229-231, 1997
130) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、川島明次、高倉公朋: 痙性斜頚に対する選択的末梢神経遮断術 機能的脳神経外科 35:47-53, 1997
131) 平 孝臣、 痙縮に対するバクロフェンの髄腔内投与の効果 日本パラプレジア医学会雑誌 10 :28-29, 1997
132) 平 孝臣、河村弘庸、伊関 洋、高倉公朋、朝倉哲彦 難治性てんかんに対する慢性迷走神経刺激の現況 日本コンピュータ外科学会論文集 6:35-36, 1997
133) 平 孝臣、谷川達也、伊関 洋:血管縫合用VCSクリップの硬膜閉鎖への応用 脳神経外科ジャーナル 7: 229-31, 1997
134) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、今村 強、厚地正子、川島明次、高倉公朋: 痙性斜頚に対する選択的末梢神経遮断術の定量的評価 脳神経外科 25:927-932, 1997
135) 平 孝臣、谷川達也、河村弘庸、川島明次、高倉公朋: 痙性斜頚に対する選択的末梢神経遮断術 脳神経外科 24:221-226, 1996
136) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、川島明次、佐々木寿之、高倉公朋: 機能的定位脳手術におけるtarget設定の工夫 機能的脳神経外科 34:83-88, 1995
137) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、川畠弘子、伊関 洋、岩田幸也、梅沢義裕、上田麻子、高倉公朋: 視床痛における脊髄のGABA/glycine系の関与について 機能的脳神経外科 34:41-46, 1995
138) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、川畠弘子、上田麻子、高倉公朋: 脊髄損傷後の中枢性疼痛に対する腰部髄腔内バクロフェン投与の効果 機能的脳神経外科 33:45-49, 1994
139) 平 孝臣、河村弘庸、伊関 洋、谷川達也、高倉公朋: 脳腫瘍の術中同定のための手術用蛍光顕微鏡システムの研究と開発 神緑会雑誌 10:171-174, 1994
140) 平 孝臣: 大脳皮質下刺激によって生じる視覚現象(phosphene)について 東京女子医科大学雑誌 63:1478-1486, 1993
141) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋 後頭葉および後頭蓋窩病変に対する定位的へ生検 脳神経外科ジャーナル 2:9-14, 1993
142) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、川畠弘子、上田麻子、高倉公朋: 脳卒中後の中枢性疼痛に対する腰部髄腔内バクロフェン投与の効果 機能的脳神経外科 32:146-152, 1993
143) 平 孝臣、伊関 洋、河村弘庸、谷川達也、川畠弘子、岩田幸也、梅沢義裕、高倉公朋: パ−キンソン病以外の運動機能異常症に対する外科的治療の効果 機能的脳神経外科 31:59-65, 1992
144) 平 孝臣、 ゾニサミドによる振戦の2症例 脳と神経 44:61-63, 1992 
145) 平 孝臣、 硬膜は本当に閉じる必要があるのだろうか 脳神経外科速報 2:569-572, 1992 
146) 平 孝臣、河村弘庸、谷川達也、伊関 洋、天野恵市 けいれん重積発作に対する経皮的迷走神経刺激の試み 脳神経外科速報 1:29-32, 1991
147) 平 孝臣、 Spasticityに対する腰部髄腔内バクロフェン投与の経験 脳神経外科速報 1:43-46, 1991
148) 平 孝臣、Hitchcock E: ヒトの皮質下刺激による視覚現象(phosphene)について 脳神経外科, 19: 1025-1031 1991
149) 平 孝臣: 機能的定位脳手術におけるL-型マーカーの有用性について 脳神経外科速報 1:35-38, 1991
150) 平 孝臣、Hitchcock E 痙性斜頚を初発症状とするDystonia musculorum deformansについて 脳と神経 42:867-871, 1990
151) 平 孝臣、天野恵市、河村弘庸、谷川達也、川畠弘子、能谷正雄、伊関 洋、長尾建樹、荒井考司 脳内血腫に対するCT誘導定位脳手術手術手技の検討-142例の経験から- 脳神経外科 26:1-7, 1990
152) 平 孝臣、草野 良、三浦直久 CT誘導定位脳手術による小脳歯状核凝固術の経験 脳神経外科速報 1:22-26, 1990 
153) 平 孝臣: 人はどこで痛みを感じるか ヒトの脊髄視床路刺激による検討 下館市民病院誌 10:19-20, 1990
154) 平 孝臣、天野恵市、河村弘庸、谷川達也、川畠弘子、能谷正雄、伊関 洋 ヒトの視床および中脳から直接記録した短潜時体性感覚誘発電位 機能的脳神経外科 7:219-223, 1987
155) 平 孝臣、松森邦昭、別府俊男 回虫抗体が陽性を示した脳内肉芽腫の1幼児例 脳神経外科 15:1111-1114, 1987
156) 平 孝臣、喜多村孝一 片頭痛患者の2次元脳電図 臨床脳波 28:828-831, 1986
157) 平 孝臣、河村弘庸、天野恵市 脳の電気活動のSignificance probability mapping-その問題点とSpecified Z-statistic methodについて 脳神経外科14: 243-247, 1986
158) 平 孝臣、河村弘庸、天野恵市 体性感覚誘発電位のN20の上行脚の成分について 脳神経外科 14:171-176, 1986
159) 平 孝臣、松森邦昭、別府俊男、久保長生 悪性germ cell tumorに対する放射線とPVB療法の同時併用について 脳神経外科 14:927-933, 1986
160) 平 孝臣、青木信夫、糟谷英俊、谷川達也、喜多村孝一 巨大な嚢胞を伴った仙尾部奇形腫の1例 小児の脳神経 9:71-76, 1984
161) 平 孝臣、吉田 滋、清水 隆、喜多村孝一 Intrafalcial sinus tract masquerading as congenital parietal dermal sinus. 小児の脳神経 9: 249-256, 1984
162) 平 孝臣 バクロフェン髄注治療 Annual Review神経2012 309-315, 2012
163) 平 孝臣, 後藤 真一: 髄腔内薬物注入ポンプによる痙縮と疼痛の治療 ペインクリニック 33:S137-144, 2012
164) 平 孝臣: ジストニアの外科治療 臨床神経学 52:1077-1079, 2012
165) 平 孝臣, 後藤 真一, 佐々木 寿之, 中嶋 剛: 痙性対麻痺のバクロフェン髄腔内投与療法 神経内科 74巻2号 162-165, 2011
166) 平 孝臣:ジストニアの治療の最前線 脳と発達 43:183-188, 2011
167) 平 孝臣: バクロフェン髄注療法.Brain Medical 22(3):245-251,2010
168) 平 孝臣 バクロフェン髄腔内投与療法 臨床神経学 50:816-819, 2010
169) 平 孝臣: ジストニアの治療 その他の外科治療.Clinical Neuroscience 28:802-805, 2010
170) 平 孝臣: GABA受容体アゴニスト 脊髄腔内投与による神経因性疼痛の治療 Brain Medical 21巻3号 P 281-284, 2009
171) 平 孝臣: 神経障害性疼痛の治療 外科的治療 難治性疼痛の脳外科治療 ペインクリニック 30巻別冊春 S141-S150, 2009
172) 平 孝臣、堀 智勝: 選択的末梢神経縮小術と選択的脊髄後根遮断術 BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 60(12) 1427-1436, 2008
173) 平 孝臣、堀 智勝: バクロフェン髄注療法 脳神経外科 36:573-590, 2008
174) 平 孝臣: プログラマブルポンプによる髄腔内薬物慢性投与による疼痛コントロール BRAIN and NERVE: 神経研究の進歩 60:509-517, 2008
175) 平 孝臣: 求心路遮断痛に対する各種の治療法 髄腔内薬物注入 ドラッグポンプの詳細と臨床応用 ペインクリニック 29:223-233, 2008
176) 平 孝臣: 痙性麻痺患者の治療法 最近の進歩. 日本内科学会雑誌 96(7):1483-1490,2007
177) 平 孝臣: バクロフェン髄注療法の歴史 脳21 10(4):401-406,2007
178) 平 孝臣: 神経縮小術の現状と展望 Clinical Neuroscience 25: 1398-1399, 2007
179) 平 孝臣: ジストニアの外科治療の現状と今後の展望 臨床神経学 46(11): 970-971, 2006
180) 平 孝臣: 【がん性疼痛管理】 脳神経外科的方法 ペインクリニック 27:242-249,2006
181) 平 孝臣: 痙性対麻痺患者さんへのバクロフェン髄腔内投与法の展望 難病と在宅ケア 12(8):17-20, 2006
182) 平 孝臣: ジストニアとawake surgery. LiSA 13(7):672-673, 2006
183) 平 孝臣: 痙性斜頸に対する選択的末梢神経遮断術 Video Journal of Japan Neruosurgery Vol.14-No.3, 2006
184) 平 孝臣: 書痙 医学のあゆみ 216(2):186-188, 2006
185) 平 孝臣: 生体情報とバイオニック医学』 迷走神経刺激による難治性てんかんの治療 循環制御 25:356-361,2005
186) 平 孝臣:【ニューロモデュレーション 疼痛の治療とその周辺】 呼吸機能 横隔膜神経刺激療法 ペインクリニック 26:449-454,2005
187) 平 孝臣、堀 智勝 難治性疼痛に対する脳深部刺激療法 脳と神経 56:855-862, 2004
188) 平 孝臣、堀 智勝 ジストニアに対する脳神経外科治療 脳神経外科ジャーナル 13:353-362, 2004
189) 平 孝臣: 疼痛に対する脳神経外科手術をとりまく諸問題 ペインクリニック 25 :625-631,2004
190) 平 孝臣: 局所ジストニア,書痙に対する外科治療 CLINICAL NEUROSCIENCE 22: 1297-1300, 2004
191) 平 孝臣: しびれと痛みに対する対症療法 外科治療 Medicina 41:1372-1375, 2004
192) 平 孝臣, 堀智勝: 痙性の脳神経外科的治療. リハビリテーションMOOK 8:205-211, 2004
193) 平 孝臣: 堀 智勝: 心身障害児の痙縮緩和のための神経外科的治療 小児外科 36:233-242, 2004
194) 平 孝臣、堀 智勝: 痙縮の脳神経外科治療(図説) 日本医事新報 4175:33-36, 2004
195) 平 孝臣: 脊髄損傷患者の疼痛治療 ペインクリニック 24:1525-1532, 2003
196) 平 孝臣: 専門医に求められる最新の知識 機能外科 痙縮に対する脳神経外科的治療 脳神経外科速報13:965-970, 2003
197) 平 孝臣: 脊椎脊髄損傷 診断・治療・リハビリテーションの最前線 慢性期の治療 疼痛, 痙縮に対する処置 脊椎脊髄ジャーナル16:516-523, 2003
198) 平 孝臣、堀 智勝: 脳神経外科臨床における疼痛の的確な診断 脳神経外科ジャーナル 12: 89-98, 2003
199) 平 孝臣: パ−キンソン病 定位脳手術の役割 BRAIN MEDICAL 14:177-183, 2002
200) 平 孝臣: 頸部ジストニア 医学のあゆみ 200巻13号 1141-1142, 2002
201) 平 孝臣: 脳神経外科手術マニュアル 脳神経外科における代表的な手術手技 末梢神経に対する手術  オペナーシング 春季増刊 98-104, 2002
202) 平 孝臣、堀 智勝: 痙縮の新しい治療法 顕微鏡下選択的末梢神経縮小術 リハビリテーション医学39:616-622. 2002
203) 平 孝臣: 頸部ジストニア 医学のあゆみ 200:1141-1143, 2002
204) 平 孝臣: 脊髄由来の痛みに対する外科治療 脊椎脊髄ジャーナル 15:1161-1167, 2002
205) 平 孝臣: 難治性疼痛の外科治療 ペインクリニック 22:945-954, 2001
206) 平 孝臣: 脊髄後根進入部遮断術によるペインコントロール 新世代の整形外科手術12: 69-75, 2001
207) 平 孝臣、堀 智勝 機能的疾患 定位脳手術 脳神経外科レビュー 9:304-318, 2001
208) 平 孝臣、堀 智勝 痛みと痙縮 DREZ-tomy 臨床リハビリテーション 10:486-489, 2001
209) 平 孝臣、堀 智勝 痙性斜頚・頚部ジストニアの外科治療 臨床リハビリテーション 10:762-765, 2001
210) 平 孝臣、堀 智勝 上肢の痙縮に対する末梢神経縮小術 臨床リハビリテーション 10:666-669, 2001
211) 平 孝臣、堀 智勝 痙縮 脛骨神経縮小術 臨床リハビリテーション 10:388-391, 2001
212) 平 孝臣: 脊髄くも膜炎にともなう痛みの治療 脊椎脊髄ジャーナル 14:739-743, 2001
213) 平 孝臣: 脳腫瘍の最新の治療とQOL 放射線療法とQOL ガンマナイフ 小児看護 23(4):437-441, 2000
214) 平 孝臣: 痙性斜頸の治療 Annual Review 神経 2000 pp294-302, 2000
215) 平 孝臣、堀 智勝 機能的疾患 定位脳手術 脳神経外科レビュー 8:307-320, 2000
216) 平 孝臣: 痛みの機序と電気刺激 日本臨床麻酔学会誌20: 51-55, 2000
217) 平 孝臣、堀 智勝 神経因性疼痛の機序 最近の知見 医学のあゆみ 189:751-755, 1999
218) 平 孝臣、堀 智勝 痙性斜頚の外科治療 医学のあゆみ189:813-818, 1999
219) 平 孝臣、堀 智勝 バクロフェン髄腔内投与療法 医学のあゆみ 189:833-837, 1999
220) 平 孝臣、堀 智勝 機能性疾患 Stereotactic Surgery 脳神経外科レビュー 7:278-301, 1999
221) 平 孝臣、堀 智勝 痙性麻痺とバクロフェン ペインクリニック20: 889-895, 1999
222) 平 孝臣: カルシウムと神経疾患 神経因性疼痛を中心に クリニカルカルシウム 8:205-209, 1998
223) 平 孝臣、高倉公朋: 経皮的コルドトミーとCentral Cord Lesioning ペインクリニック 18:765-771, 1997
224) 平 孝臣、高倉公朋: 痙性斜頚に対する末梢神経手術 臨床神経科学15:814-815, 1997
225) 平 孝臣: 意識のメカニズム 月間ナーシング 17:88-91, 1997
226) 平 孝臣: 意識障害の病態生理 月間ナーシング 17:92-95, 1997
227) 平 孝臣: 神経源性疼痛とバクロフェンの髄腔内投与 -総説- ペインクリニック 17:865-872, 1996
228) 平 孝臣: くも膜下出血における脳血管撮影 月刊ナーシング 16:22-28, 1996
229) 平 孝臣: くも膜下出血の病態生理 月刊ナーシング 16: 29-34, 1996
230) 平 孝臣: 脳血管撮影の管理のポイントと看護 月刊ナーシング 16:35-37, 1996
231) 平 孝臣: 高倉公朋: 脳室鏡下手術 臨床神経科学13:1484-1485,1995
232) 平 孝臣: 19世紀のアイルランド医学 日本醫亊新報 3576:61-63, 1992
233) 平 孝臣: 精神外科を再び考える 日本醫亊新報 3448:95-98, 1990
234) 平 孝臣、河村弘庸 脳の働きを目で見る「脳波トポグラフィー」 ヘルシスト86: 62-64, 1986
235) 平 孝臣、天野恵市 視床痛 臨床神経科学 2:122-123,1984

続きを見る

平 孝臣先生 の所属する医療機関

東京女子医科大学病院

TEL: 03-3353-8111

東京女子医科大学病院

東京都新宿区河田町8-1

都営地下鉄大江戸線「若松河田駅」 若松口 徒歩5分

都営地下鉄新宿線「曙橋駅」 A2出口 徒歩8分

- -

受付時間: 9:00~16:00 土曜9:00~12:00 原則、紹介・予約制 予約外受付は7:30~11:00 科により異なる 第3土曜・創立記念日(12/5)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

平 孝臣 先生 の記事