新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

滋賀医科大学眼科学講座 教授

日本眼科学会 眼科指導医・眼科専門医 日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医

大路 正人 おおじ まさと 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 眼科
  • 網膜硝子体

資格・学会・役職

日本眼科学会 眼科指導医・眼科専門医
日本臨床薬理学会 臨床薬理指導医
  • 滋賀医科大学眼科学講座 教授
  • 医学博士 取得

所属病院

滋賀医科大学医学部附属病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科
  • 滋賀県大津市瀬田月輪町
  • 琵琶湖線「瀬田駅」 バス利用可(滋賀医大行き 大学病院前下車、所要時間約15分) 車10分
  • 077-548-2111
滋賀医科大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 大阪大学医学部卒業
1984年 大阪労災病院
1989年 医学博士取得(大阪大学)
1990年 米国Pittsburgh大学 研究員
1993年 大阪大学眼科 助手
1999年 大阪大学眼科 講師
2000年 大阪大学眼科 助教授
2005年 滋賀医科大学眼科 教授

論文

【論文】(和文も可)
1. Ichiyama Y, Kawamura H, Fujikawa M, Sawada O, Saishin Y, Ohji M. A The effectiveness of vitrectomy for diffuse diabetic macular edema may depend on its preoperative optical coherence tomography pattern. Graefes Arch Clin Exp Ophthalmol. in press
2. Niwa Y, Kakinoki M, Sawada T, Wang X, Ohji M. Ranibuzumab and aflibercept: Intraocular pharmacokinetics and their effects on aqueous VEGF level in vitrectomized and non-vitrectomized Maqaques eyes. Invest Ophthalmol Vis Sci 2015;56(11):6501-6505.
3. Wang X, Sawada T, Sawada O, Saishin Y, Liu P, Ohji M. Serum and plasma vascular endothelial growth factor concentrations before and after intravitreal injection of aflibercept or ranibizumab for age-related macular degeneration Am J Ophthalmol. 2014;158(4):738-744 
4. Fujikawa M, Kawamura H, Kakinoki M, Sawada O, Sawada T, Saishin Y, Ohji M. Scleral imbrication combined with vitrectomy and gas tamponade for refractive macular hole retinal detachment associated with high myopia. Retina 2014;34(12):2451-2457
5. Ohji M, Tada E, Futamura H. Combining a contact lens and wide-angle viewing system for a wider fundus view. Retina 2011;31(9):1958-1960.

著書

【著書】
Retina 5th Ed. Elsevier 2013,年
Macular surgery 2nd Ed.  2011年
加齢黄斑変性 医薬ジャーナル 2016年
超広角でみる眼底病変診断 メジカルビュー 2015年
糖尿病網膜症のすべて 中山書店 2012年

その他

  • 【受賞】日本眼科学会誌 最優秀論文賞、2005年

  • 【受賞】American Academy of Ophthalmology, Achievement Award, 2005年

  • 【受賞】American Academy of Ophthalmology, Senior Achievement Award 2013年

  • 【受賞】Chinese Ophthalmological Society, International Gold Award, 2014年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。