味村 俊樹 先生のプロフィール

味村 俊樹 先生

みむら としき

味村 俊樹 先生

医療法人三慶会 指扇病院 副院長、排便機能センター長

専門分野

消化器外科、排便機能障害

紹介

便秘・便失禁など排便機能障害の研究・診療における第一人者。排便機能センター長を務める指扇病院には全国から多数の患者さんが集まっている。各メディアを通じた排便障害の啓発活動も精力的に行なっている。

略歴

1988年 東京大学医学部卒業
1988年 東京大学医学部附属病院分院第3外科 研修医
1990年 東京大学医学部附属病院分院病理部 医員
1991年 青梅市立総合病院 外科
1993年 東京大学医学部附属病院分院第3外科 医員
1993年 帝京大学医学部附属病院救命救急センター 助手
1994年 東京大学医学部附属病院分院第3外科 助手
1998年 英国St Mark's Hospital, Physiology Unit, Research Fellow
2001年 東京大学医学部附属病院胃食道・乳腺内分泌外科 助手
2002年 医学博士取得
2002年 帝京大学医学部附属病院外科 講師
2007年 医療法人社団寿廣記念会岸病院 副院長
2008年 高知大学医学部附属病院骨盤機能センター部長、特任教授
2013年  医療法人三慶会指扇病院 副院長、排便機能センター長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器外科学会 認定医・専門医・指導医
日本消化器内視鏡学会 認定医(専門医)・指導医
日本大腸肛門病学会 専門医・指導医・評議員
日本消化器病学会 専門医
大腸肛門機能カンファランス 世話人
日本臨床外科学会 評議員
日本消化管学会 胃腸科認定医
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 評議員
大腸肛門機能障害研究会 世話人
American Gastroenterological Association Member
American Society of Colon and Rectal Surgeons Member
高知大学医学部 客員教授
Associate Editor, Diseases of the Colon & Rectum
Committee member of International Consultation on Incontinence
日本ストーマ・排泄リハビリテーション学会 用語委員・編集委員
認定看護師教育課程の皮膚・排泄ケア(旧:WOC)コースの講師(排便障害)を務める
日本看護協会看護研修学校、日本赤十字看護大学、国立看護大学校、京都橘大学、長野県看護大学、山陽学園大学
便失禁ガイドライン作成委員
慢性便秘症診療ガイドライン作成委員

受賞・著書・論文など

【原著論文】
1. Kuramoto S, Tajima M, Oohara T, Kobayashi M, Mimura T, Kobayashi K, Ihara O, Nakamaru
M:New aspects on cancer development in the large intestine: AgNORs of colorectal cancers, including flat cancers and polypoid cancers. Verhandlungen der Deutschen Gesellschaft Zytologie 19:222-227, 1995. (IF 0, CI 0)
2. Kaminishi M, Shimizu N, Nomura S, Ookura F, Mimura T, Hashimoto M, Shimoyama S, Yamaguchi H, Ogawa T, Yasuda H, Sakai S, Oohara T: Results of limited surgery for early gastric cancer. Proceedings of International Gastric Cancer Congress 613-617, 1995
3. Mimura T, Kuramoto S, Hash

【原著論文】
1. Kuramoto S, Tajima M, Oohara T, Kobayashi M, Mimura T, Kobayashi K, Ihara O, Nakamaru
M:New aspects on cancer development in the large intestine: AgNORs of colorectal cancers, including flat cancers and polypoid cancers. Verhandlungen der Deutschen Gesellschaft Zytologie 19:222-227, 1995. (IF 0, CI 0)
2. Kaminishi M, Shimizu N, Nomura S, Ookura F, Mimura T, Hashimoto M, Shimoyama S, Yamaguchi H, Ogawa T, Yasuda H, Sakai S, Oohara T: Results of limited surgery for early gastric cancer. Proceedings of International Gastric Cancer Congress 613-617, 1995
3. Mimura T, Kuramoto S, Hashimoto M, Yamasaki K, Kobayashi K, Kobayashi M, Oohara T: Unroofing for lymphangioma of the large intestine: a new approach to endoscopic treatment. Gastrointestinal Endoscopy 46: 259 – 263, 1997. (IF 4.825, CI 15)
4. Kuramoto S, Mimura T, Yamasaki K, Kobayashi K, Hashimoto M, Sakai S, Kaminishi M. Oohara T: Flat cancers do develop in the polyp-free large intestine. Diseases of the Colon & Rectum. 40: 534-539, 1997. (IF 2.442, CI 10)
5. Mimura T, Roy AJ, Storrie JB, Kamm MA: Treatment of Impaired Defecation Associated with Rectocele by Behavioural Retraining (Biofeedback). Diseases of the Colon and Rectum 43: 1267 – 1272, 2000. (IF 2.442, CI 22)
6. Mimura T, Rizzello F, Helwig U, Poggioli G, Schreiber S, Talbot IC, Nicholls RJ,Gionchetti P, Campieri M, Kamm MA: Four week open label trial of metronidazole and ciprofloxacin for the treatment of recurrent or refractory pouchitis. Alimentary Pharmacology and Therapeutics 16: 909 – 917, 2002. (IF 3.287, CI 53)
7.MimuraT,NichollsT,StorrieJB,KammMA:Treatment ofconstipationinadults associated with idiopathic megarectum by behavioural retraining (Biofeedback). Colorectal Disease 4: 477 – 482, 2002. (IF 0, CI 3)
8.Mimura T, Emanuel A, Kamm MA: Pathophysiology of diverticular disease. Clinical Gastroenterolgy: Best Practice & Research 16:529 - 542, 2002 (IF 0.992, CI 14)
9.Mimura T, Rizzello F, Helwig U, Poggioli G, Schreiber S, Talbot IC, Nicholls RJ, Gionchetti P, Campieri M, Kamm MA: Once daily high dose probiotic therapy (VSL#3) for maintaining remission in recurrent or refractory pouchitis. Gut
53:108-114, 2004. (IF 9.002, CI 195)

10. Mimura T, Bateman AC, Lee RL, Johnson PA , McDonald PJ, Talbot IC, Kamm MA,
MacDonald TT, Pender SLF: Up-regulation of Collagen and Tissue Inhibitors of Matrix Metalloproteinase in Colonic Diverticular Disease. Diseases of the Colon and Rectum 47: 371-379, 2004. (IF 2.442, CI 10)
11.Mimura T, Kaminishi M, Kamm MA: Diagnostic evaluation of patients with faecal incontinence at a specialist institution. Digestive Surgery 21: 235-241, 2004. (IF
1.397, CI 0)
12. Kuhbacher T, Ott SJ, Helwig U, Mimura T, Rizzello F, Kleessen B, Gionchetti P,
Blaut M, Campieri M, Folsch UR, Kamm MA, Schreiber S: Bacterial and fungal microbiota in relation to probiotic therapy (VSL#3) in pouchitis. Gut 55:833-841, 2006. (IF 9.002, CI 22)
13. Mimura T, Kaminishi M, Kamm MA: Probiotics for pouchitis and its endoscopic findings. Digestive Endoscopy 14: 47 – 52, 2002.
14. Namikawa T, Ozaki S, Okabayashi T, Dabanaka K, Okamoto K, Mimura T, Kobayashi M, Hanazaki K: Clinical Characteristics of the Idiopathic Perforation of the Colon. J Clin Gastroenterol 45: e82 – e86, 2011. (IF:3.159)
15. Ogata H, Mimura T, Hanazaki K: Validation Study of the Japanese Version of the Fecal Incontinence Quality of Life Scale. Colorect Dis 14 (2): 194-199, 2012. (IF:2.438) DOI: 10.1111/j.1463-1318.2011.02558.x
16. Ichikawa K, Okabayashi T, Shima Y, Iiyama T, Takezaki Y, Munekage M, Namikawa T, Sugimoto T, Kobayashi M, Mimura T, Hanazaki K: Branched-chain amino acid-enriched nutrients stimulate antioxidant DNA repair in a rat model of liver injury induced by carbon tetrachloride. Mol Biol Rep 39:10803-10810, 2012. (IF:2.929) DIO 10.1007/s11033-012-1974-4
17.Nomura H, Agatsuma T, Mimura T:ValidityandReliabilityoftheJapaneseversion of the Patient Assessment of Constipation Quality of Life questionnaire.
J Gastroenterol 49 (4): 667-73, 2014
DOI: 10.1007/s00535-013-0825-y, Epub 2013 May 9 (IF:4.160)

1.味村俊樹,北村享俊,菅沼 靖,佐藤恭信,倉本 秋,大原 毅:小児急性腹症 474 例の検討(腹部超音波検査を中心に).腹部救急診療の進歩 10:749-755,1990
2.上西紀夫,清水伸幸,大倉史典,野村幸世,吉川朱美,神森 眞,味村俊樹,山口浩和,橋本政典,酒井 滋,大原 毅: 胃癌切除後の残胃の癌の発生機序. 消化器癌の発生と進展 7:83-85,1995
3.味村俊樹,山口浩和,清水伸幸,金田篤志,安田秀光,酒井 滋,倉本 秋,上西紀 夫,山川満,大原 毅:
術後肺塞栓症の予防法としての intermittent sequential pneumatic compression の 使用経験.日本消化器外科学会雑誌 30:1023-1027,1997
4.倉本 秋,小林 薫,味村俊樹,山崎一樹,橋本政典,酒井 滋,上西紀夫,大原 毅:表面型直腸早期癌の治療方針.日本消化器外科学会雑誌 30:955-960,1997
5.倉本 秋,北村聡子,金井 崇,味村俊樹,山崎一樹,石川真理子:成人期を迎えるオストメイトのトータルケア. 日本ストーマ学会誌 17:27-33,2001
6.味村俊樹,倉本 秋,上西紀夫,Michael A Kamm: 経膣分娩時肛門括約筋損傷による便失禁 65 例の検討-早期発症群と晩期発症群の比較-. 日本大腸肛門病学会雑誌56:325-332,2003
7.松田圭二,小平 進,安達実樹,白 京訓,野澤慶次郎,味村俊樹,冲永功太: 大腸腫瘍診断における X 線検査の有用性.
胃と腸 38:899-906,2003
8.味村俊樹,上西紀夫,Michael A Kamm:
St Mark's 病院における便失禁の診断に関する検討. 日本消化器外科学会雑誌 38:482-489,2005
9.松田圭二,野澤慶次郎,安達実樹,大見琢磨,荒井武和,矢後尋志,白 京訓,味村 俊樹,小平 進,冲永功太:
大腸カルチノイド腫瘍の外科治療.
胃と腸 40:195-199,2005
10.松田圭二,安達実樹,大見琢磨,荒井武和,矢後尋志,白 京訓,野澤慶次郎,味 村俊樹,小平 進,冲永功太:
肛門疾患-痔核,癌,その他-.
胃と腸 40:677-682,2005
11.荒井武和,味村俊樹,松田圭二,小出泰平,山田英樹,大見琢磨,白京訓,野澤慶 次郎,安達実樹,冲永功太:
大腸憩室出血症例の検討.
日本外科系連合学会誌 31:24-32,2006
12.味村俊樹: 骨盤底筋協調運動障害を呈する便排出障害型便秘症に対する直腸バルーン排出訓練 によるバイオフィードバック療法の効果に関する検討. バイオフィードバック研究 38:43-50,2011.
13.味村俊樹,福留惟行,倉本 秋: 便失禁の評価と治療総論-診療ガイドライン作成に向けて-. 日本大腸肛門病学会雑誌 64(10):860-866,2011.
14.味村俊樹,山名哲郎,高尾良彦,積 美保子,遠藤智美,勝野秀稔,松岡弘芳,大毛宏喜,角田明良,吉岡和彦,貞廣荘太郎,前田耕太郎: 本邦における便失禁診療の実態調査報告-診断と治療の現状-. 日本大腸肛門病学会雑誌 65(3):101-108,2012.
15.味村俊樹,山名哲郎,高尾良彦,積 美保子,遠藤智美,勝野秀稔,松岡弘芳,大 毛宏喜,角田明良,吉岡和彦,貞廣荘太郎,前田耕太郎: 本邦における便失禁診療の実態調査報告-仙骨神経刺激療法の適応に関する検討-. 日本大腸肛門病学会雑誌 65(3):109-117,2012.
16.味村俊樹,福留惟行: 骨盤底筋協調運動障害を呈する便排出障害型便秘症に対する肛門筋電計と直腸バルーン排出訓練によるバイオフィードバック療法の効果に関する検討. バイオフィードバック研究 39:23-31,2012.
17.味村俊樹,福留惟行,小林道也,倉本 秋: 直腸脱の総説 -術式の歴史的背景とその選択方法- 日本大腸肛門病学会雑誌 65(10):827-832,2012
18.山名哲郎,高尾良彦,吉岡和彦,味村俊樹,角田明良,勝野秀稔,前田耕太郎: 便失禁に対する仙骨神経刺激療法 前向き多施設共同研究 日本大腸肛門病学会雑誌 67(6):371-379,2014
19.味村俊樹:
特集 主題II:国際標準に準拠した便失禁の診断と治療 II.国際失禁会議(ICI)の便失禁診療ガイドライン. 日本大腸肛門病学会雑誌 68(10):928-939,2015

【症例報告】
1.Akashi-Tanaka S, Kuramoto S, Kaminishi M, Oohara T, Mimura T, Murakami T: A case
of Heterotopic gastric mucosa of the terminal ileum presenting multiple diffuse
polyps. Digestive Endoscopy 8: 225-230, 1996. (IF 0, CI 0)
2.Shimizu N, Kuramoto S, Mimura T, Kobayashi K, Kobayashi M, Sakai S, Kaminishi M, Oohara T: Leiomyosarcoma originating in Meckel's diverticulum: Report of a case and a review of 59 cases in the English literature. Surgery Today 27: 546-549,
1997 (IF 0.698, CI 10)
3.Yoshikawa, A, Kuramoto S, Mimura T, Kobayashi K, Shimoyama S, Yasuda H, Kaminishi
M, Yamakawa M, Oohara T, Murakami T: Peutz-Jeghers Syndrome Manifesting Complete Intussusception of the Appendix and Associated with a Focal Cancer of the Duodenum and a Cystadenocarcinoma of the Pancreas: Report of a Case. Disease of the Colon and Rectum 41: 517-521, 1998 (IF 2.442, 15))
4. Mimura T, Kuramoto S, Yamasaki K, Kaminishi M: Adenocarcinoma Arising at an Ileostomy in a Patient with Familial Adenomatous Polyposis: A Case Report and Histological Mucin Study. J Clinical Gastroenterology 28: 372 – 376, 1999. (IF 2.403, CI 3)

1.味村俊樹,北村享俊,菅沼 靖,佐藤恭信,甲谷孝史:小児盲腸憩室炎の 1 例,日本小児外科学会雑誌 27:312-316,1991
2.味村俊樹,大浦紀彦,桜井 誠,河手良一,花岡一雄:拡張型心筋症の麻酔経験,臨床麻酔 15:183-186,1991
3.味村俊樹,小林正則,下山省二,布村健一,河原正樹,安田秀光,酒井 滋,倉本 秋,伊原 治,大原 毅:下行結腸原発悪性リンパ腫の 1 例, Gastroenterological Endoscopy 34:455-460,1992
4.味村俊樹,石井好明,山田忠義,山川淳二,藤田豊樹,中村卓郎,宇田東平,森田明夫:巨大嚢胞性胃平滑筋肉腫の1例.日本臨床外科学会雑誌 54:120-125,1993
5.味村俊樹,広沢邦浩,遠藤幸男,田中博之,小林国男:TAE とカテーテルドレナージにて保存的に治療したB型 Rh(-)の重症肝損傷(IIIb)の 1 例,日本救急医学会関東地方会雑誌 15:106-108,1994
6.味村俊樹,倉本 秋,永野嘉昭,橋本政典,小林 薫,小林正則,酒井 滋,上西紀夫,山川 満,大原 毅:多発直腸カルチノイドの1例,Gastroenterological Endoscopy 38:1379-1383,1996
7.味村俊樹,藤田豊樹,山田忠義,倉本 秋,大原 毅:術前診断しえた後腹膜嚢胞性リンパ管腫の1例,日本臨床外科学会雑誌 57:2026-2031,1996
8.味村俊樹,山口浩和,酒井 滋,倉本 秋,上西紀夫,山川 満,大原 毅:腹痛に より発症した術後急性肺塞栓症の2例,日本臨床外科医学会雑誌 58:354-358,1997
9.東原宣之,味村俊樹,安達実樹,冲永功太,久山 泰,田中文彦:腹腔鏡補助下結腸右半切除術を施行した虫垂粘液嚢胞腺癌の1例,日本臨床外科医学会雑誌 66:115-120,2005
10.荒井武和,味村俊樹,安達実樹,大見琢磨,山田英樹,白 京訓,野澤慶次郎,松田圭二,小平 進,冲永功太:HIV感染に合併した劇症型アメーバ性大腸炎の1例,日本腹部救急医学会雑誌 26:91-95,2006
11.味村俊樹,河原正樹,上西紀夫,松田圭二,安達実樹,冲永功太:Helicobacter pylori除菌療法後に消失した上行結腸MALTリンパ腫の1例,胃と腸 41:363-371,2006
12.味村俊樹,渡邉聡明:オキシコトドン除放錠で局所再発による臀部痛がコントロールされ,外来化学療法が可能となった1例,Pharma Medica 24:203-206,2006
13.白土裕之,渡邉聡明,味村俊樹,端山 軍,山田英樹,白 京訓,野澤慶次郎,松 田圭二,高田忠敬:機能的端々吻合術後に吻合部再発を来した結腸癌の 2 例, 日本消化器外科学会雑誌 40:1727-1732,2007

続きを見る

味村 俊樹先生 の所属する医療機関

指扇病院

TEL: 048-623-1101

指扇病院

埼玉県さいたま市西区宝来1295-1

JR川越線「指扇駅」 徒歩10分

- -

受付時間: 8:00〜12:30 13:30〜17:00 土曜AMのみ 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 脳神経外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科

味村 俊樹 先生 の記事