新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

九州大学 大学院医学研究院 生殖病態生理学、九州大学病院 産科婦人科助教

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医 日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医

兼城 英輔 かねき えいすけ 先生

九州大学病院産科婦人科助教。産科および婦人科疾患に関する全ての診療にあたっている。特に専門分野である婦人科悪性腫瘍における臨床、手術(腹腔鏡手術)を中心に行っており、研究においては絨毛性疾患や婦人科腫瘍の病理診断や遺伝子診断などの分野に力を入れている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 産科
  • 婦人科
  • 婦人科腫瘍学 
  • 婦人科病理学

資格・学会・役職

日本産科婦人科学会 産婦人科専門医・指導医
日本婦人科腫瘍学会 婦人科腫瘍専門医
  • 九州大学 大学院医学研究院 生殖病態生理学
  • 九州大学病院 産科婦人科助教
  • 医学博士 取得
  • 日本産科婦人科内視鏡学会 会員
  • 日本癌治療学会 会員

所属病院

九州大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 矯正歯科 小児歯科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 肝胆膵内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 肝胆膵外科 内分泌外科 血管外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 福岡県福岡市東区馬出3丁目1-1
  • 福岡市営地下鉄箱崎線「馬出九大病院前駅」 徒歩2分 JR鹿児島本線(下関・門司港~博多)「吉塚駅」 徒歩9分
  • 092-641-1151
九州大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1998年 九州大学医学部卒業
1998年 九州大学産科婦人科学教室に入局
2001年 九州大学大学院医学研究院形態機能病理学(大学院)
2005年 同卒業(医学博士取得)
2005年 九州大学病院産科婦人科 医員
2007年 九州大学病院産科婦人科 助教

論文

1.Eisuke Kaneki, Hiroaki Kobayashi, Toshio Hirakawa, Takao Matsuda, Hidenori Kato, Norio Wake,Incidence of postmolar gestational trophoblastic disease in androgenetic moles and the morphological features associated with low risk, postmolar gestational trophoblastic disease ,Cancer Science,101,7,1717-21,2010.06

2.Kaneki E, Oda Y, Ohishi Y, Tamiya S, Oda S, Hirakawa T, Nakano H, Tsuneyoshi M,Frequent microsatellite instability in synchronous ovarian and endometrial adenocarcinoma and its usefulness for differential diagnosis.,Human Pathology,35,12,1484-1493,35:1484-93.,2004.12.

3.兼城英輔、和氣徳夫 絨毛性疾患アップデート「胞状奇胎の発生機構」
臨床産婦人科,2012.07.

4.兼城 英輔、和氣 徳夫 絨毛と胎盤をめぐる新知見「胞状奇胎の発生機構」
臨床産婦人科,2011.03.

5.兼城英輔、和氣徳夫「がん診療Update」絨毛性疾患,
日本医師会雑誌第138巻特別号1,2009.06.

6.兼城英輔、和氣徳夫 胞状奇胎の遺伝子診断,
産科と婦人科第76巻3号,2009.03

著書

婦人科がん化学療法ハンドブック 5)絨毛がん、中外医学社、2011年

その他

  • 【受賞】第63回日本日本産科婦人科学会学術講演会グッドプレゼンテーション賞、2011年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。