吉澤 靖之 先生のプロフィール

吉澤 靖之 先生

よしざわ やすゆき

吉澤 靖之 先生

東京医科歯科大学 学長

専門分野

呼吸器内科学

紹介

東京医科歯科大学学長。日本でも最先端の医療技術を集結させた「長寿・健康人生推進センター」を設立し、急速に進む高齢化に対応できる社会整備と、国民ひとりひとりの「健康長寿」の実現に力を注いでいる。常に広い視野を持ち、受診者を生涯にわたりサポートするための大規模なネットワーク作りや日本の医療体制の改善にも尽力している。

略歴

1969年 東京医科歯科大学 医学部 卒業
1970年- 東京医科歯科大学 医学部 副手
1972年- 東京逓信病院 医師
1977年- イリノイ大学 客員研究員
1978年- ウイスコンシン医科大学 客員研究員
1979年- ウイスコンシン医科大学 客員教授
1980年- 東京逓信病院 医師
1984年- 筑波大学 臨床医学系 講師
1986年- 筑波大学 臨床医学系 助教授
1993年- 東京医科歯科大学 医学部 助教授
1998年- 東京医科歯科大学 医学部附属病院 教授
1999年- 東京医科歯科大学 医学部附属病院 病院長補佐(現在の副病院長)
2000年- 東京医科歯科大学 大学院医歯学総合研究科 教授
2002年- 東京医科歯科大学 保健管理センター センター長
2004年- 東京医科歯科大学 医学部附属病院 副病院長
2008年- 東京医科歯科大学 理事・副学長
2014年- 東京医科歯科大学 学長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本呼吸器学会 名誉会員・指導医・専門医
日本サルコイドーシス/肉芽腫性疾患学会 功労会員
日本肺癌学会 特別会員
日本アレルギー学会 功労会員

受賞・著書・論文など

【著書】
疾患が読める!胸部X線 画像診断アトラス(編集)
中山書店、2012年
Summer-type hypersensitivity pneumonitis ― The most prevalent type in Japan ―
Research Signpost, 2005
過敏性肺炎《アレルギー疾患の治療ガイドライン》
南江堂、2001年
COPDの画像診断-X線所見-
医歯薬出版株式会社、2001年
呼吸器疾患における線溶系の役割
メディカルレビュー社、2001年
過敏性肺炎(ガイドライン外来診療)
日経メディカル開発、2001年
Recent advances in the pathogenesis of hypersensitivity pneumonitis.(共著)
Recent Res Devel Allergy & Clin Immunol, 2001
膠原病性肺疾患における自己抗体測定(共著)
中外医学、2000年
肺線維症とケモカイン(共著)
医薬ジャーナル社、2000年
放射線肺炎
総合臨床、2000年
好酸球性肺炎
総合臨床、2000年
過敏性肺炎の診断基準・病型分類・重症度
南江堂、2000年
過敏性肺炎
日本医事新報社、2000年
治療薬Vol.5.3特集呼吸器疾

【著書】
疾患が読める!胸部X線 画像診断アトラス(編集)
中山書店、2012年
Summer-type hypersensitivity pneumonitis ― The most prevalent type in Japan ―
Research Signpost, 2005
過敏性肺炎《アレルギー疾患の治療ガイドライン》
南江堂、2001年
COPDの画像診断-X線所見-
医歯薬出版株式会社、2001年
呼吸器疾患における線溶系の役割
メディカルレビュー社、2001年
過敏性肺炎(ガイドライン外来診療)
日経メディカル開発、2001年
Recent advances in the pathogenesis of hypersensitivity pneumonitis.(共著)
Recent Res Devel Allergy & Clin Immunol, 2001
膠原病性肺疾患における自己抗体測定(共著)
中外医学、2000年
肺線維症とケモカイン(共著)
医薬ジャーナル社、2000年
放射線肺炎
総合臨床、2000年
好酸球性肺炎
総合臨床、2000年
過敏性肺炎の診断基準・病型分類・重症度
南江堂、2000年
過敏性肺炎
日本医事新報社、2000年
治療薬Vol.5.3特集呼吸器疾患治療薬の選択と適正使用―ステロイド薬
日本医学出版、2000年
外来でみる呼吸器感染症―治療と管理の実際
中外医学社、2000年
呼吸器病New Approach 1 症候からみた診断へのアプローチ
メジカルビュー社、2000年
今日の治療指針―過敏性肺炎(共著)
医学書院、1999年
外来診療のすべて―吸引生肺炎(共著)
メジカルビュー社、1999年
一般臨床医学―呼吸器疾患 (共著)
日本医歯薬出版、1999年
STEP内科④ 腎・呼吸器(監修)
海馬書房、1999年
病態解析の手引:検査の読み方とその実践―呼吸器疾患(共著)
医歯薬出版、1996年
薬の正しい使い方(日本医師会生涯教育シリーズ)―過敏性肺炎(共著)
医学書院、1996年
一般臨床医のためのスポーツ可否・許可基準ガイドブック―慢性閉塞性肺疾患(共著)
南江堂、1995年
特発性間質性肺炎とその周辺疾患―免疫学的所見、悪性リンパ腫
山之内製薬、1995年
内科治療ガイド'94―薬剤起因肺炎
文光堂、1994年
最新内科学大系―アミロイドーシス
中山書店、1994年
ワンポイント内科治療の実際―間質性肺炎
金原出版、1994年
最近のサルコイドーシス―ツベルクリン反応
現代医療社、1994年
アレルギー診療マニュアル―過敏性肺炎
金原出版、1993年

【論文】(筆頭著者論文)
1. Yoshizawa Y, Lee Y, Carr RG, Yokoyama MM : A Method for Preservation in Agarose. Immunological Communications 1979;8:185-191
2. Yoshizawa Y, Dawson C, Roberts R, Moore VL : The Distribution of Soluble Antigens Instilled into the Respiratory Tract : Modulation by Immunity and Inflammation.
Chest 1982;82:93-97
3. Yoshizawa Y, Nakazawa T, Ripani L, Moore VL : The Development of Chronic Pulmonary Inflammation in Immunized Guinea Pig by Aerosol Challenge with Antigen. J Allergy Clin Immunol 1982;70:114-119
4. Yoshizawa Y, Hostetter M, Nakazawa T, Ripani L, Dawson C, Moore VL : Enhancement of Systemic Immune Response by Immunization into Chronically Inflamed Lungs.
J Lab Clin Med 1982;100:61-69
5. Yoshizawa Y, Hostetter M, Nakazawa T, Moore VL, Dawson C : Chronic Pulmonary Inflammation Modulates the Fate of Proteins Administered by the Respiratory Tract. Respiration 1983;44:294-303
6. Yoshizawa Y, Ohdama S, Ikeda A, Ohtsuka M, Masuda S, Tanaka M : Lymphoid Intersitial Pneumonia Associated with Depressed Cellular Immunity and Polyclonal Gammopathy. Am Rev Respir Dis 1985;130:507-509
7. Yoshizawa Y, Ohdama S, Tanoue M, Tanaka M, Ohtsuka M, Uetake K, Hasegawa S: Analysis of bronchoalveolar lavage cells and fluids in patients with hypersensitivity pneumonitis: possible role of chemotactic factors in the pathogenesis of disease.
Int Arch Allergy Immunol 1986;80:376-382
8. Yoshizawa Y, Nomura A, Ohdama S, Tanaka M, Morinari H, Hasegawa S : The Significance of Complement Activation in the Pathogenesis of Hypersensitivity Pneumonitis. Int Arch Allergy Immunol 1988;87:417-423
9. Yoshizawa Y, Ohtsuka M, Noguchi K, Uchida Y, Suko M, Hasegawa S : Hypersensitivity Pneumonitis Induced by Toluene Diisocyanate:Sequelae of Continuous Exposure.
Ann Intern Med 1989;103:31-34
10. Yoshizawa Y, Tanoue M, Yano H, Sato T, Ohtsuka M, Hasegawa S, Kimura Y : Sequential Changes in Lung Injury Induced by Preformed Immune Complexes.
Clin Immunol Immunopathol 1991;61:376-386
11. Yoshizawa Y, Miyashita Y, Inoue T, Sumi Y, Miyazaki Y, Sato T, Ohtsuka M : Sequential Evaluation of Clinical and Immunological Findings in Hypersensitivity Pneumonitis-Serial Subclass Distribution of Antibodies.
Clin Immunol Immunopathol 1994;73:330-337
12. Yoshizawa Y, Sato T, Yano H, Ohtsuka M, Ikeda A, Tanba M, Kurup V : Immune Responsiveness to Inhaled Antigens : Local antibody Production in the Respiratory Tract in Health and Lung Diseases. Clin Exp Immunol 1995;100:395-400
13. Yoshizawa Y, Miyake S, Sumi Y, Hisauchi K, Sato T, Kurup VP : A Follow up Study of Pulmonary Function Tests, Bronchoalveolar Lavage Cells, Humonal and Cellular Immunity in Bird Fancier’S Lung. J Allergy Clin Immunol 1995;96:122-129
14. Yoshizawa Y, Ohtani Y, Hayakawa H, Sato A, Suga M, Ando M: Chronic Hypersensitivity Pneumonitis in Japan - a nationwide epidemiological survey -.
J Allergy Clin Immunol 1999;103(2):315-320
15. Yoshizawa Y, Furuie T, Otani Y, Sumi Y, Sawada M, Umino T, Inase N, Miyake S: Immunological Lung Disease - Recent Advances in the Pthogenesis of Hypersensitivity
Pneumonitis. Internal Medicine 2001;40(2):164-167

続きを見る

吉澤 靖之先生 の所属する医療機関

東京医科歯科大学医学部附属病院

TEL: 03-3813-6111

東京医科歯科大学医学部附属病院

東京都文京区湯島1丁目5-45

JR中央・総武線「御茶ノ水駅」 東京メトロ丸ノ内線も利用可能 徒歩3分

東京メトロ千代田線「新御茶ノ水駅」 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30~14:00 原則、全診療科完全紹介制(初診予約受付) 診療は9:00開始 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 心療内科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 乳腺外科

吉澤 靖之 先生 の記事