市村 正一 先生のプロフィール

市村 正一 先生

いちむら しょういち

市村 正一 先生

杏林大学医学部付属病院 副院長/杏林大学医学部教授(整形外科学)

専門分野

脊椎・脊髄疾患、骨代謝性疾患

紹介

杏林大学医学部付属病院にて副院長を務める。幅広い年齢の方が悩む腰椎・頚椎・胸椎椎間板ヘルニアや、社会の高齢化と共に増加する骨粗鬆症をはじめとする脊椎・脊髄疾患を専門とする。初診から治療後のフォローアップまでを一貫して行い、多くの患者や医療者から厚い信頼を得ている。
脊椎・脊髄疾患に関する一般向けのガイドブックや医療者向けのガイドラインの策定にも携わり、当分野のエキスパートとして名高い。

略歴

1980年  慶應義塾大学医学部卒業
1980年  慶應義塾大学医学部研修医(整形外科)
1982年  慶應義塾大学医学部助手(専修医)(整形外科学)
1986年  慶應義塾大学医学部助手(医学部整形外科学)
1987年  東京都立松沢病院出向
1990年  国立療養所東埼玉病院出向
1983年  慶應義塾大学助手(医学部整形外科学)
1984年  米国ワシントン大学にsenior fellowとして留学
1986年  慶應義塾大学助手(医学部整形外科)
1987年  慶應義塾大学医学部整形外科医長
1988年  防衛医科大学校講師(整形外科学)
2003年  杏林大学医学部助教授(整形外科学)
2007年  杏林大学医学部准教授(整形外科学)
2009年  杏林大学医学部臨床教授(整形外科学)
2011年  杏林大学医学部教授(整形外科学)
2015年  杏林大学医学部付属病院 副院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本整形外科学会認定医
日本整形外科学会リウマチ認定医
脊椎脊髄外科指導医
日本整形外科学会脊椎脊髄病医
ICD制度協議会認定ICD

【所属学会等】
日本整形外科学会 代議員
日本骨・関節感染症学会 幹事
日本腰痛学会 評議員
日本脊髄障害医学会 評議員
日本脊椎脊髄病学会
日本骨代謝学会 評議員
日本骨粗鬆症学会 評議員
東日本整形災害外科学会 理事
日本軟骨代謝学会
日本骨折治療学会
日本関節病学会
日本股関節学会 
胃本脊椎インストゥルメンテーション学会
Orthopaedic Research Society (ORS)
米国骨代謝学会(ASBMR)

【委員等】
日本整形外科学会腰部脊柱管狭窄症診療ガイドライン策定委員会委員
日本整形外科学会頚椎症性脊髄症診療ガイドライン策定委員会委員
日本骨粗鬆症学会骨代謝マーカー検討委員会委員
日本脊椎脊髄病学会約款委員会委員
厚労省科難治性疾患克服研究事業
「脊椎靭帯骨化症に関する調査研究班」研究分担者
厚労省科難治性疾患克服研究事業
「骨粗鬆症性椎体骨折に対する保存的初期治療の指針策定」研究分担者
日本骨・関節感染症学会「術後手術部位感染の要因に関する疫学調査」委員

受賞・著書・論文など

【著書】
1. 市村正一,長谷川雅一,高橋雅人,佐野秀仁:[骨粗鬆症における骨折の連鎖とその予防]脊椎骨折の最前線 椎体骨折後の骨粗鬆症治療をどうするか.整形・災害外科56(4):357-362,2013.
2. 市村正一:[脊椎骨粗鬆症・圧迫骨折に対する治療戦略-薬物療法を中心に]椎体骨折を伴う骨粗鬆症の治療戦略.脊椎脊髄ジャーナル 27(3):170-178,2013.

市村 正一先生 の所属する医療機関

杏林大学医学部付属病院

TEL: 0422-47-5511

杏林大学医学部付属病院

東京都三鷹市新川6丁目20-2

京王電鉄京王線「仙川駅」 小田急バス 三鷹駅、吉祥寺駅中央口行き 杏林大学病院前下車 バス15分

JR中央本線「三鷹駅」 南口 小田急バス 三鷹台駅、仙川、晃華学園東、野ケ谷行き 杏林大学病院入口または杏林大学病院前下車 バス20分

- -

受付時間: 8:45〜12:00 土曜8:45〜11:00 原則紹介制、一部診療科紹介制 科により異なる 創立記念日(11/11)休診 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 美容外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

市村 正一 先生 の記事