(故)岡井 崇 先生のプロフィール

(故)岡井 崇 先生

おかい たかし

(故)岡井 崇 先生

社会福祉法人恩賜財団母子愛育会 総合母子保健センター 愛育病院 院長

専門分野

産婦人科、周産期医学、超音波医学

紹介

厚生労働省「小児科・産科の若手医師の確保と育成に関する研究班」で産科医不足の原因分析に従事したことから、産科医療をめぐる問題を題材にした小説を発表、「ノーフォールト」「デザイナーベイビー」はテレビドラマ化されている。また、産科医療補償制度原因分析委員会委員長として分娩時に発生する脳性麻痺の原因分析に尽力した。

略歴

1973年 東京大学医学部医学科卒業
1983年 東京大学 医学博士取得
1974年 東京大学医学部附属病院産婦人科 研修医
1974年 総合母子保健センター愛育病院産婦人科 医員
1976年 東京大学医学部附属病院産婦人科 医員
1978年 長野赤十字病院産婦人科 医員
1978年 東京大学医学部産婦人科 医員
1978年 東京大学医学部産婦人科 文部教官助手
1982年 東京都教職員互助会三楽病院産婦人科 医長
1982年 東京大学医学部産婦人科 文部教官助手
1983年 シンガポール政府招請にてK.K. Hospital Visiting Expert
1984年 山梨医科大学 講師(併任、~1996年)
1985年 東京大学医学部産婦人科 医局長
1985年 群馬大学医学部 講師(併任、~1990年)
1986年 東京大学医学部産婦人科 文部教官講師
1987年 米国ロマリンダ大学生理学教室周産期生物学部門 留学
1988年 東京大学医学部産婦人科 文部教官講師
1992年 東京大学医学部産婦人科 助教授・副科長
1996年 総合母子保健センター愛育病院 副院長・産婦人科部長
2000年 昭和大学医学部産婦人科学講座 教授、同総合周産期母子医療センター長
2013年 総合母子保健センター愛育病院 院長、昭和大学医学部 客員教授
2017年 没 享年70歳

所属学会・資格・役職など

医学博士
産婦人科専門医
母体保護法指定医師
日本産科婦人科学会 名誉会員
日本産婦人科医会 副会長
日本母体救命システム普及協議会 代表
東京産科婦人科学会 監事

日本周産期・新生児医学会 名誉会員・新生児蘇生法「専門」コース修了認定
日本超音波医学会 名誉会員・認定超音波専門医・認定超音波指導医(総合)
日本妊娠高血圧学会 理事
新胎児学研究会 顧問
The International Society of Ultrasound in Obstetrics and Gynecology Member
International Academy of Perinatal Medicine
厚生労働省「周産期医療体制あり方検討委員会」委員
産科医療補償制度運営委員会 委員長代理
産科医療補償制度原因分析委員会 委員長

最高裁判所医療関係訴訟委員会 委員
メディカルコントロール協議会 委員
事後検証委員会 委員
愛育病院運営連絡協議会 会長

受賞・著書・論文など

【受賞】
日本超音波医学会特別学会賞、2015年
昭和大学医学部特別功労賞、2013年
【著書】
トライアングル、早川書房、2015年
すこやか妊娠・出産ガイド:妊娠・出産のすべてがこの1冊でわかる、メディカ出版、2013年
デザイナーベイビー(上・下)早川書房、2013年
標準産科婦人科学第4版(編集)、医学書院、2011年
壊れゆく医師たち(共著)、岩波書店、2008年
ノーフォールト、早川書房、2007年
産科婦人科超音波医学(超音波医学TEXT)、医歯薬出版、2004年
他多数

(故)岡井 崇先生 の所属する医療機関

愛育病院

TEL: 03-6453-7300

愛育病院

東京都港区芝浦1丁目16-10

JR山手線「田町駅」 東口 JR京浜東北線も乗り入れあり 徒歩7分

都営地下鉄三田線「三田駅」 A6出口 都営浅草線も乗り入れあり 徒歩6分

- - - - - - - -

受付時間: 診療科によって異なる(HP参照)

診療科目: 内科 外科 小児科 小児外科 産婦人科 放射線科 麻酔科

(故)岡井 崇 先生 の記事