新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

聖隷三方原病院 副院長、聖隷三方原病院 緩和支持治療科部長

森田 達也 もりた たつや 先生

1992年、京都大学医学部を卒業。その後、聖隷三方原病院で緩和ケアの専門医としての道を歩み続け、現在緩和支持治療科部長、聖隷三方原病院副院長を務めている。病気にともなって生じる苦痛や相談を、時期や重症度に関わらず臨機応変に傾聴し、適切な緩和治療を行っており、患者さんからの信頼も厚い。現在は、緩和ケアの臨床研究を行う人材育成にも力を入れている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 緩和ケア内科
  • 緩和治療

資格・学会・役職

  • 聖隷三方原病院 副院長
  • 聖隷三方原病院 緩和支持治療科部長
  • 医学博士 取得
  • Editorial board of; Journal of Pain and Symptom Management, Journal of Palliative Medicine, Journal of Palliative Care 会員
  • Japanese Journal of Clinical Oncology 副編集者

所属病院

総合病院 聖隷三方原病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 感染症内科 消化器内科 放射線治療科 総合診療科 病理診断科
  • 静岡県浜松市北区三方原町3453
  • 天竜浜名湖線「気賀駅」 聖隷三方原・浜松駅行き 聖隷三方原病院下車 バス15分 JR東海道本線(熱海~浜松)「浜松駅」 北口 市役所、聖隷三方原、気賀、三ケ日行き 聖隷三方原病院下車 バス50分
  • 053-436-1251
総合病院 聖隷三方原病院

医療記事

来歴等

略歴

1992年 京都大学医学部卒業
1992年 聖隷三方原病院 研修医
2002年 聖隷三方原病院 ホスピス 医長
2003年 聖隷三方原病院 緩和ケアチーム 医長
2005年 聖隷三方原病院 緩和支持治療科 部長
2012年 京都大学医学部 臨床教授
2014年 聖隷三方原病院 副院長

論文

Morita T, Tsuneto S, Shima Y. Proposed definitions of terminal sedation. Lancet 358(9278):335-336,2001.

Morita T, Akechi T, Sugawara Y, Chihara S, Uchitomi Y. Practices and attitudes of Japanese oncologists and palliative care physicians concerning terminal sedation: a nationwide survey. J Clin Oncol 20(3):758-764,2002.

Morita T, Shima Y, Adachi I; Japan Palliative Oncology Study Group. Attitudes of Japanese physicians toward terminal dehydration: a nationwide survey. J Clin Oncol 20(24):4699-4704,2002.

Morita T, Akechi T, Ikenaga M, Kizawa Y, Kohara H, Mukaiyama T, Nakaho T, Nakashima N, Shima Y, Matsubara T, Uchitomi Y. Late referrals to specialized palliative care service in Japan. J Clin Oncol 23(12):2637-2644,2005.

Miyashita M, Morita T, Hirai K. Evaluation of end-of-life cancer care from the perspective of bereaved family members: The Japanese experience. J Clin Oncol 26(23):3845-3852,2008.

Miyashita M, Morita T, Sato K, Tsuneto S, Shima Y. J-HOPE study: Evaluation of End-of-Life Cancer Care in Japan from the Perspective of Bereaved Family Members. J Clin Oncol 27(15S):502s, 2009 (suppl; abst 9577).

Shinjo T, Morita T, Hirai K, Miyashita M, Sato K, Tsuneto S, Shima Y. Care for imminently dying cancer patients: family members’ experiences and recommendations. J Clin Oncol 28(1):142-148,2010.

Hyodo I, Morita T, Adachi I, Shima Y, Yoshizawa A, Hiraga K. Development of a predicting tool for survival of terminally ill cancer patients. Jpn J Clin Oncol 40(5):442-448,2010.

Morita T, Miyashita M, Yamagishi A, Akiyama M, Akizuki N, Hirai K, Imura C, Kato M, Kizawa Y, Shirahige Y, Yamaguchi T, Eguchi K. Effects of a programme of interventions on regional comprehensive palliative care for patients with cancer: a mixed-methods study. Lancet Oncol 14(7):638-646,2013.

Kinoshita H, Maeda I, Morita T, Miyashita M, Yamagishi A, Shirahige Y, Takebayashi T, Yamaguchi T, Igarashi A, Eguchi K. Place of death and the differences in patient quality of death and dying and caregiver burden. J Clin Oncol 33(4):357-363,2015.

Maeda I, Morita T, Kinoshita H. Reply to H. Nakayama et al. J Clin Oncol 33(19):2228-2229,2015.

Morita T, Maeda I, Mori M, Imai K, Tsuneto S. Uniform definition of continuous-deep sedation. Lancet Oncol 17(6):e222,2016.

著書

緩和治療薬の考え方・使い方 中外医書  
死亡直前と看取りのエビデンス 医学書院
隔月刊 緩和ケア(雑誌) 青海社 
エビデンスで解決!緩和医療ケースファイル  南江堂
続 エビデンスで解決!緩和医療ケースファイル  南江堂
エビデンスからわかる 患者と家族に届く緩和ケア 医学書院
臨床をしながらできる国際水準の研究のまとめ方  青海社
〈秘伝〉臨床が変わる緩和ケアのちょっとしたコツ 青海社
看護に生かすスピリチュアルケアの手引き  青海社
3ステップ 実践 緩和ケア 青海社
Textbook of Palliative Medicine and Supportive Care  CRC Press

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。