新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

東洋大学 食環境科学部健康栄養学科 教授、国立健康・栄養研究所 前健康増進部、疲労生理研究室長

西牟田 守 にしむた まもる 先生

病気(慢性退行性疾患群)の予防を研究テーマに掲げ、食事・運動・休養を管理したヒト実験の結果をもとに、健康指導の現場に立っている。ミネラルの食事摂取基準作成の根拠となる日本人を対象とした代謝実験報告がこれまでの主な業績。これらの実績を背景に東洋大学で教授として教鞭をふるう。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 運動生理学
  • 栄養生理学
  • 疲労生理学
  • 元素生物学

資格・学会・役職

  • 東洋大学 食環境科学部健康栄養学科 教授
  • 国立健康・栄養研究所 前健康増進部、疲労生理研究室長
  • 医学博士 取得
  • 日本生理学会 評議員
  • 日本体力医学会 理事
  • 日本栄養食糧学会 評議員
  • 日本マグネシウム学会 評議員
  • 日本微量栄養素学会 評議員

医療記事

来歴等

略歴

1975年 東京慈恵会医科大学 医学部 医学科卒
1975年 東京慈恵会医科大学助手(生理学)
1979年 厚生技官 国立栄養研究所
1985年 国立健康・栄養研究所健康増進部疲労生理研究室長
2001年 (独)国立健康・栄養研究所 栄養所要量研究部 微量栄養成分代謝研究室長
2009年 千葉県立保健医療大学健康科学部 栄養学科教授
2014年 東洋大学食環境科学部健康栄養学科教授

著書

1. Estimated equilibrated dietary intakes for nine minerals (Na, K, Ca, Mg, P, Fe, Zn, Cu, and Mn) adjusted by mineral balance medians in young Japanese females. Nishimuta M, Kodama N, Shimada M, Yoshitake Y, Matsuzaki N, Morikuni E. J Nutr Sci Vitaminol 58: 118 -128, 2012年
2. Equilibrium energy intake estimated by dietary energy intake and body weight changes in young Japanese females. Miyamoto K, Nishimuta M, Hamaoka T, Kodama N, Yoshitake Y. J Nutr Sci Vitaminol 58: 431 - 437, 2012年
3. Equilibrium intakes of calcium and magnesium with an adequate and limited range of sodium intake in human. Nishimuta M, Kodama N, Morikuni E, Yoshioka YH, Matsuzaki N, Takeyama H, Yamada H, Kitajima H. J. Nutr Sci Vitaminol 52: 402 - 406, 2006年

4. Moisture and mineral content of human feces. -High fecal moisture is associated with increase sodium and decreased potassium content-. Nishimuta M, Inoue N, Kodama N, Morikuni E, Yoshioka YH, Matsuzaki N, Shimada M, Sato N, Iwamoto T, Ohki K, Takeyama H, Nishimuta H. J Nutr Sci Vitaminol 52: 121 - 126, 2006年
5. Positive correlation between dietary intake of sodium and balances of calcium and magnesium in young Japanese adults -low sodium intake is a risk factor for loss of calcium and magnesium-. Nishimuta M, Kodama N, Morikuni E, Yoshioka YH, Matsuzaki N, Takeyama H, Yamada H, Kitajima H. J Nutr Sci Vitaminol 51: 265 - 270, 2005年
6. Sodium and potassium balances in Japanese young adults. Kodama N, Morikuni E, Matsuzaki N, Yoshioka YH, Takeyama H, Yamada H, Kitajima H, Nishimuta M. J Nutr Sci Vitaminol 51: 161 - 168, 2005年
7. Balance of Mg positively correlates with that of Ca. -Estimated Average Requirement of Mg- . Nishimuta M, Kodama N, Morikuni E, Yoshioka YH, YamadaH, Kitajima H, Takeyama H, Suzuki K. J Am College of Nutr 23: 768S-770S, 2004年
8. Balance of calcium, magnesium and phosphorus in Japanese young adults., Nishimuta M,  Kodama N, Morikuni E, Yoshioka YH, Takeyama H, Yamada H, Kitajima H, Suzuki K. J Nutr Sci Vitaminol 50: 19 - 25, 2004年
9. Negative balance of calcium and magnesium under relatively low sodium intake in human. Kodama N, Nishimuta M, Suzuki K. J Nutr Sci Vitaminal 49: 201 - 209, 2003年

その他

  • 【受賞】1986年 日本栄養改善学会賞

  • 【受賞】1993年 第6回日本マグネシウム研究会奨励賞

  • 【受賞】2001年 日本体力医学会学会賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。