岡部 信彦 先生のプロフィール

岡部 信彦 先生

おかべ のぶひこ

岡部 信彦 先生

川崎市健康安全研究所 所長

専門分野

小児科

紹介

医学部卒業後、小児科医師として各地の病院で研鑽を積む。1978年からバンダービルト大学小児科感染症研究室で知見を広め、帰国後はWHO西太平洋地域事務局や国立感染症研究所感染症情報センター所長などを歴任。
現在は川崎市健康安全研究所所長の立場から、ジカ熱や梅毒などの感染症から川崎市民の健康と安全を守るべく、川崎市の担当者と連携して対策を講じている。

略歴

1971年 東京慈恵医科大学医学部 卒業
    同大学小児科 研修
    帝京大学小児科 助手
    慈恵医科大学小児科 助手
    神奈川県立厚木病院小児科 勤務
    都立北療育園小児科勤務
1978年 米国テネシー州バンダービルト大学小児科感染症研究室 研究員
    帰国後、国立小児病院感染科医員、神奈川県衛生看護専門学校付属病院小児科 部長
1991年 世界保健機関(WHO)西太平洋地域事務局(フィリピン・マニラ市)伝染性疾患予防対策課 課長
1995年 慈恵医大小児科助教授(現在同客員教授)
1997年 国立感染症研究所感染症情報センター 室長
2000年 国立感染症研究所感染症情報センター センター長
2013年 川崎市健康安全研究所 所長

所属学会・資格・役職など

東京慈恵会医科大学客員教授(小児科講座)
北里大学大学院客員教授(感染制御学)
首都大学東京客員教授(国際保健)
横浜市立大学医学部客員教授(微生物学)
厚生労働省新型インフルエンザ専門家会議(委員長)
内閣官房新型インフルエンザ等対策有識者会議(委員長代理)
WHO Pandemic Influenza Preparedness Advisory Group 委員
WHO 西太平洋地域事務局ポリオ根絶監視委員会(副議長)
厚生労働省厚生科学審議会予防接種ワクチン分科会(分科会長)
厚生労働省厚生科学審議会感染症部会委員内閣府食品安全委員会微生物ウイルス専門調査会(座長)
など他多数

受賞・著書・論文など

【自著】
1) 岡部信彦:最近話題になった感染症―鳥インフルエンザ、デング熱、エボラ、MERSなど、わが国に侵入の可能性はあるか. 安全工学 55(1):10-16, 2016.
2) 岡部信彦:麻疹排除 (measles elimination) 達成. 小児保健研究 75(1):8-13, 2016.
3) 岡部信彦:気になる感染症 第1回ジカウイルス感染症 プレホスピタル・ケア 29(2):64-65, 2016.
4) 岡部信彦:ノロウイルス感染症と新型ノロウイルスの出現. 看護実践の科学 41(2):44-49, 2016.
5) 岡部信彦:医療におけるワクチンの重要性 -そもそもワクチンとは‐.薬局 67(3):11-15, 2016.
6) 岡部信彦:感染症に対する平常時・アウトブレイク時のリスク管理‐平常時からの情報収集と分析そして情報還元(サーベイランス). 日本原子力学会誌 58(3):148-149, 2016.
など他多数
【共著】
1) 大嶋孝弘、丸山 絢、三﨑貴子、岡部信彦:川崎市における梅毒の発生状況 -過去10年間の動向と近年の特徴について- .日本性感染症学誌 27(1):127-133, 2016
2) Arai S, Kang HJ, Gu SH, Ohdachi SD, Cook JA, Yashima LN, Tan

【自著】
1) 岡部信彦:最近話題になった感染症―鳥インフルエンザ、デング熱、エボラ、MERSなど、わが国に侵入の可能性はあるか. 安全工学 55(1):10-16, 2016.
2) 岡部信彦:麻疹排除 (measles elimination) 達成. 小児保健研究 75(1):8-13, 2016.
3) 岡部信彦:気になる感染症 第1回ジカウイルス感染症 プレホスピタル・ケア 29(2):64-65, 2016.
4) 岡部信彦:ノロウイルス感染症と新型ノロウイルスの出現. 看護実践の科学 41(2):44-49, 2016.
5) 岡部信彦:医療におけるワクチンの重要性 -そもそもワクチンとは‐.薬局 67(3):11-15, 2016.
6) 岡部信彦:感染症に対する平常時・アウトブレイク時のリスク管理‐平常時からの情報収集と分析そして情報還元(サーベイランス). 日本原子力学会誌 58(3):148-149, 2016.
など他多数
【共著】
1) 大嶋孝弘、丸山 絢、三﨑貴子、岡部信彦:川崎市における梅毒の発生状況 -過去10年間の動向と近年の特徴について- .日本性感染症学誌 27(1):127-133, 2016
2) Arai S, Kang HJ, Gu SH, Ohdachi SD, Cook JA, Yashima LN, Tanaka-Taya K, Abramov SA, Morikawa S, Okabe N, Oishi K a nd Yanagihara R.: Genetic diversity of Artybash virus virus in the Laxmann’s Shrew (Sorex caecutiens). Vector-Borne and Zoonotic Diseases 16(7): 468-475, 2016. DOI: 10.1089/vbz.2015.1903
3) Matsushima Y, Shhimizu T, Ishikawa M, Komane A, Kasuo S, Okabe N, Ryo A, Kimura H, Katayama K, Shimizu H. : C of a recombinant GII.P16-GII.4 norovirus detected in Kawasaki City, Japan, in 2016. Genome Announcments Sept/Oct 2016 Vol.4 Issue5 e01099-16
4) 三﨑貴子、岡部信彦:地方衛生研究所における職員の麻疹抗体価調査. 環境感染誌 31(5)292-296, 2016.
5) 杉山幸比古、篠塚 規、岡部信彦:今日の旅行医学(座談会). 成人病と生活習慣病 46(11):1346-1367, 2016
6) 石橋正史、宮尾直樹、忽那賢志、松島勇紀、駒根綾子、清水英明、三﨑貴子、岡部信彦:中南米における流行から初めてとなる,国内におけるジカウイルス感染症の発生例.IASR Vol. 37 p.237-238, 2016

続きを見る

岡部 信彦 先生 の記事