黒井 克昌 先生のプロフィール

黒井 克昌 先生

くろい かつまさ

黒井 克昌 先生

公益財団法人 東京都保健医療公社荏原病院 院長

専門分野

乳腺腫瘍学

紹介

1983年広島大学医学部を卒業し広島大学原爆放射能医学研究所外科に入局。外科医として活躍する傍ら1987年に広島大学大学院を修了し学位を取得しフランスに留学(腫瘍免疫学の研究)。1998年以降東京の病院で診療を行う。現在公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院院長。

略歴

1983年 広島大学医学部医学科卒業
1987年 広島大学大学院医学系研究科博士課程修了(医学博士)
1992年 フランス(パリ) パスツール研究所留学
1998年 東京都立駒込病院 乳腺外科医長
2000年 昭和大学豊洲病院 外科助教授
2006年 医療法人にゅうわ会及川病院 乳腺腫瘍科部長兼副院長
2007年 都立駒込病院 臨床試験科・外科部長
2012年 都立駒込病院 副院長
2017年 公益財団法人東京都保健医療公社荏原病院 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会専門医・指導医・代議員
日本乳癌学会乳腺専門医・指導医・評議員
日本臨床腫瘍学会暫定指導医
日本がん治療認定医機構暫定教育医
日本臨床外科学会評議員
日本HBOCコンソーシアム評議員
米国臨床腫瘍学会(ASCO)、米国癌学会(AACR)、欧州乳癌専門医学会(EUSOMA)、 日本癌治療学会、日本緩和医療学会、日本消化器外科学会、家族性腫瘍研究会 会員
NPO法人 日本乳がんネットワーク理事
一般社団法人 JBCRG 理事
TM遺伝性乳がん卵巣がん研究会 代表世話人

受賞・著書・論文など

【受賞】
第8回「乳癌の臨床賞」優秀賞、2014年
【著書】
がん相談支援センターの現状と機能-利用しよう-、Medical Practice、2017年
東京都がん診療連携協議会の活動 クリティカル部会 医学の歩み 2015年
【論文】
Masuda N, Kuroi K, et al.:Adjuvant Capecitabine for Breast Cancer after Preoperative Chemotherapy. N Engl J Med 2017
黒井克昌,戸井雅和,他:術前化学療法を施行したホルモンレセプター陽性乳癌におけるリンパ節転移の予後因子としての意義-JBCRG-01,JBCRG-02,JBCRG-03のプール化解析-. 乳癌の臨床 2016
黒井克昌:犬と猫とヒポクラテス 炉辺閑話 日本医事新報 N04784 p125-126 2016.
Katsumasa Kuroi et al: Prognostic significance of subtype and pathologic response in operable breast cancer; a pooled analysis of prospective neoadjuvant studies of JBCRG. Breast Cancer 2015

黒井 克昌先生 の所属する医療機関

荏原病院

TEL: 03-5734-8000

荏原病院

東京都大田区東雪谷4丁目5-10

東京急行電鉄池上線「洗足池」駅 バスの利用も可能(東急バス 森05系統 大森駅行 荏原病院下車すぐ) 徒歩10分

- -

受付時間: 9:00~17:00 土曜12:00まで 原則、紹介予約制 受付時間8:30~16:00 土曜11:00まで 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科

院長インタビュー