日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医 日本医学放射線学会 放射線治療専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医

塩山 善之 しおやま よしゆき 先生

九州大学医学部を卒業後、テキサス大学MDアンダーソンがんセンター客員研究員などを務め、2016年に九州国際重粒子線がん治療センター センター長となる。現在は、センター長として、より多くの方々に質の良い医療を提供するために、日々邁進している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 放射線医学
  • 放射線治療

資格・学会・役職

日本放射線腫瘍学会 放射線治療専門医
日本医学放射線学会 放射線治療専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
  • 九州国際重粒子線がん治療センター  センター長
  • 日本放射線腫瘍学会 理事
  • 日本医学放射線学会 代議員
  • 日本癌治療学会 代議員
  • 日本肺癌学会 評議員
  • 日本放射線腫瘍学会 高精度放射線外部照射部会幹事/粒子線治療部会幹事
  • 日本頭頚部腫瘍学会 会員
  • 日本粒子線治療臨床研究会 会員
  • 放射線医学総合研究所 客員研究員
  • 重粒子線がん治療臨床研究班 班員
  • 九州大学 医学部臨床教授
  • 日本放射線腫瘍学会 会員
  • 日本がん治療認定医機構 がん治療暫定教育医

所属病院

九州国際重粒子線がん治療センター(SAGA HIMAT)

  • 放射線科
  • 佐賀県鳥栖市原古賀町3049
  • JR長崎本線(鳥栖~長崎) 新鳥栖 徒歩3分
  • 0942-50-8812
公式ウェブサイト
九州国際重粒子線がん治療センター(SAGA HIMAT)

医療記事

来歴等

略歴

1990年 九州大学医学部卒業
2000年 筑波大学陽子線医学利用研究センター講師
2006年 テキサス大学MDアンダーソンがんセンター 客員研究員
2008年 九州大学大学院医学研究院臨床放射線科学分野 講師
2010年 九州大学大学院医学研究院重粒子線がん治療学 教授
2013年 九州国際重粒子線がん治療センター 副センター長
2016年 九州国際重粒子線がん治療センター センター長

論文

・ Shioyama Y, Gondo Y, Nakao K, et al. Different Mutant Frequencies and Spectra among Organs by N-Methyl-N'-nitrosourea in rpsL (strA) Transgenic Mice. Jpn J Cancer Res. 2000; 91: 482-491.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Kunitake N, et al. Relapsed Non-Hodgkin’s Lymphoma: Detection and Treatment. Radiat Med. 2000; 18: 369-375.
・ Shioyama Y, Yakeishi Y, Watanabe T, et al. Long-Term Control for A Retroperotoneal Metastasis of Malignant Gastrointestinal Stromal Tumor (GIST) after Chemoradiotherapy and Immunotherapy. Acta Oncol. 2001; 40:102-104.
・ Shioyama Y, Terashima H, Tanaka K, et al. A Preoperative Hyperthermoradiotherapy for Myxoid Liposarcoma arising from Lower Extremity: A Preliminary Report. Jpn J Hypertherm Oncol. 2001; 7(2):69-75.
・ Shioyama Y, Tokuuye K, Okumura T, et al. Clinical Evaluation of Proton Radiotherapy for Non-small-cell Lung Cancer. Int.J.Radiat Oncol Biol Phis. 2003; 56:7-13.
・ 塩山善之他.下咽頭癌N0症例に対する放射線治療. 頭頚部癌 2004; 30:563-569.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Sasaki T, et al. Clinical results of radiation therapy for stage I esophageal cancer: a single institutional experience. Am J Clinic Oncol. 2005; 28:75-80.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Anai S, et al. Stereotactic radiotherapy for lung and liver tumors using a body cast system: Setup accuracy and preliminary clinical outcome. Radiat Med 2005; 23: 407-413.
・ Nakamura K, Shioyama Y, Nomoto S, et al. Reproducibility of the abdominal and chest wall position by voluntary breath-hold technique using a laser-based monitoring and visual feedback system. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 2007; 68:267-272.
・ Shioyama Y, Jang SY, Liu HH, et al. Preserving functional lung using perfusion imaging and intensity-modulated radiation therapy for advanced-stage non-small cell lung cancer. Int J Radiat Oncol Biol Phys. 68(5):1349-1358, 2007.
・ Yoshitake T, Shioyama Y, Nakamura K, Ohga S, Nonoshita T, Ohnishi K, Terashima K, Arimura H, Hirata H, Honda H. A clinical evaluation of visual feedback-guided breath-hold reproducibility of tumor location. Phys Med Biol. 2009; 54(23):7171-7182.
・ Atsumi K, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Predictive factors of esophageal stenosis associated with tumor regression in radiation therapy for locally advanced esophageal cancer. J Radiat Res 2010; 51(1):9-14.
・ Shinoto M, Shioyama Y, Sasaki T, et al. Clinical Results of Definitive Chemoradiotherapy for Patients With Synchronous Head and Neck Squamous Cell Carcinoma and Esophageal Cancer. Am J Clin Oncol.2011; 34: 362-366.
・ Ohnishi K, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Concurrent chemoradiotherapy with S-1 as first-line treatment for patients with oropharyngeal cancer. J Radiat Res 2011; 52:47-53.
・ Hatakenaka M, Shioyama Y, Nakamura K, et al. Apparent diffusion coefficient calculated with relatively high b-values correlates with local failure of head and neck squamous cell carcinoma treated with radiotherapy.AJNR Am J Neuroradiol 2011; 32(10):1904-1910.
・ Shioyama Y, Nakamura K, Sasaki T, et al. Clinical results of stereotactic body radiotherapy for Stage I small-cell lung cancer: a single institutional experience. J Radiat Res. 2013; 54(1):108-112.
・ Shioyama Y, Tsuji H, Suefuji H, et al. Particle radiotherapy for prostate cancer. Int J Urol. 2015; 22(1):33-39.
・ Shinoto M, Shioyama Y, Matsunobu A, et al. Dosimetric analysis of upper gastrointestinal ulcer after carbon-ion radiotherapy for pancreatic cancer. Radiother Oncol. 2016; 120(1):140-144.

著書

・がん放射線療法2017 改訂第7版「重粒子線治療」 学研メディカル秀潤社 2017年
・放射線治療学 改訂第6版「重粒子線治療」 南山堂 2017年
・Stereotactic Body Radiation Therapy, Principles and Practices, Nagata Y eds. 「Toxicity and Treatment Evaluation」 Springer 2015年
・最新肺癌学 「緩和的胸部照射」 日本臨牀社 2013年
・研修ノートシリーズ呼吸器研修ノート「放射線治療・小細胞肺癌」2011年
・がん放射線療法2010 「脊椎・脊髄転移」 篠原出版新社 2010年

その他

  • 【受賞】 第54回日本癌治療学会最優秀演題賞 2016年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。