宇都宮セントラルクリニック 理事

佐藤 俊彦 さとう としひこ 先生

福島県立医科大学を卒業後、日本医科大学第一病院、獨協医科大学病院などの放射線科で研鑽を積み、画像診断に不可欠な読影技術を磨く。2003年には栃木県内初となるPETセンターを、宇都宮セントラルクリニック内に開設。以来、最新鋭の検査機器を駆使して、「小さく見つけて切らずになおす」を目標に高度な診療の提供に尽力し続けている。近年ではPET検査をがんの発見だけでなく、パーキンソン病や遺伝子疾患のAADC欠損症、認知症の早期発見のためにも活用している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 放射線科
  • 放射線科

資格・学会・役職

  • 宇都宮セントラルクリニック 理事
  • セントラルメディカル倶楽部 顧問医
  • (株)AIIM JAPAN 代表取締役社長
  • メディカルリサーチ(株) 顧問
  • NPO法人 野口医学研究所 専務理事
  • 医療法人 NIDC 理事長
  • NPO法人 ピンクリボンうつのみや 理事長
  • トーマスジェファーソン大学 客員教授

所属病院

宇都宮セントラルクリニック

  • 内科 アレルギー科 リウマチ科 消化器科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 脳神経内科 放射線治療科
  • 栃木県宇都宮市屋板町561-3
  • 宇都宮線 宇都宮 車15分 宇都宮線 宇都宮 ことぶき会館入口下車 徒歩約10分 バス30分
  • 028-657-7300
公式ウェブサイト
宇都宮セントラルクリニック

来歴等

略歴

1985年 福島県立医科大学卒業、同大学放射線科入局
1987年 日本医科大学第一病院 放射線科助手
1989年 獨協医科大学病院 放射線科助手
1993年 鷲谷病院 副院長
獨協医科大学非常勤講師
1995年 (有)ドクターネット(現:(株)CMC) 設立 代表取締役社長 就任
1997年 宇都宮セントラルクリニック(現:(医)DIC宇都宮セントラルクリニック)設立 代表就任
2010年 (株)AIIM JAPAN 設立 代表取締役社長 就任
2011年 メディカルリサーチ(株)設立 顧問 就任
2012年 野口記念インターナショナル画像診断クリニック(現:医療法人NIDC)設立 院長 就任
2014年 NPO法人 ピンクリボンうつのみや 設立 理事長 就任
2016年 トーマスジェファーソン大学 客員教授 就任

著書

『ガンでは死なない!ボケにもならない!―最新鋭PET検査があなたの生命を守る』 (医学最先端シリーズ)  メタモル出版 2005年
『最先端検査が実現した超早期乳がん最新治療』現代書林 2013年
『認知症の画像診断 第一人者が語る ボケは止められる!』 パブラボ 2015年
『薬いらずで認知症は防げる、治せる! 認知症医療で後悔しない3つの方法』 イースト・プレス 2017年
『最新放射線治療でがんに勝つ サイバーナイフとトモセラピーが、がん治療を変える』幻冬舎 2017年
など他多数

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。