熊本大学病院 整形外科 講師

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医・認定運動器リハビリテーション医 日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科認定臨床医・リハビリテーション科指導医 日本臨床スポーツ医学会 会員

中村 英一 なかむら えいいち 先生

1988 年より整形外科医師としてキャリアをはじめる。2006年には熊本大学病院(旧熊本大学医学部附属病院)整形外科講師に就任。下肢関節、特に膝関節外科医として、臨床・研究ともに日本をリードしており、2017 年からは日本整形外科学会代議員に就任。

基本情報

診療科

  • 整形外科

主な領域

  • 膝関節外科
  • 足関節外科
  • スポーツ整形外科
  • 骨延長

資格・所属学会

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医・認定運動器リハビリテーション医
日本リハビリテーション医学会 リハビリテーション科専門医・リハビリテーション科認定臨床医・リハビリテーション科指導医
日本臨床スポーツ医学会 会員

役職など

  • 熊本大学病院 整形外科 講師
  • 日本整形外科学会 代議員
  • 日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会 評議員・教育研修委員
  • 日本整形外科スポーツ医学会 会員
  • 日本関節病学会 会員
  • 日本足の外科学会 評議員・学術研究委員
  • 日本創外固定器・骨延長学会 会員
  • International Society of Arthroscopy 会員
  • Knee Surgery and Orthpaedic Sports Medicine ISAKOS active member
  • Knee Committee Member
  • 膝関節フォーラム 世話人
  • 日本 Knee Osteotomy フォーラム 世話人
  • 九州膝関節研究会 世話人
  • 九州足の外科研究会 幹事
  • 九州骨切り研究会 世話人

所属病院

熊本大学病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産科 婦人科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 膠原病内科 脳神経内科 内分泌外科 放射線治療科 頭頸部外科 精神神経科 総合診療科 病理診断科
  • 熊本県熊本市中央区本荘1丁目1-1
  • 熊本市電A系統「九品寺交差点駅」 徒歩9分 JR鹿児島本線(博多~八代)「熊本駅」 車8分
  • 096-344-2111
熊本大学病院

医療記事

来歴等

略歴

1988年 熊本大学医学部卒業
1994年 熊本大学大学院卒業 医学博士取得
1995年 熊本大学医学部附属病院 整形外科 助手
1996年 米国メイヨークリニック Research Fellow
2006年 熊本大学医学部附属病院 整形外科 講師
2019年 熊本大学病院 整形外科 講師(病院名称変更)

論文

1. Nishioka H, Nakamura E, Hirose J, Okamoto N, Yamabe S, Mizuta H*
T1p and T2 mapping for the assessment of articular cartilage changes in patients with medial knee osteoarthritis after hemicallotasis osteotomy.
Bone Joint Res 5, 294-300 (2016) [IF, 2.425; citation, 3]

2. Nakamura E*, Okamoto N, Nishioka H, Irie H, Mizuta H.
Development and validation of formulae to predict leg length following medial opening:-wedge osteotomy of the proximal tibia with hemicallotasis.
Knee 21, 815-20 (2014) [IF, 1.446; citation, O]

3. Nakamu「a E*, Okamoto N, Nishioka H, Karasugi T, Hirose J, Mizuta H.
The long-term outcome of open-wedge osteotomy of the proximal tibia with hemicallotasis. Bone Joint J. 96-B, 467-72 (2014) [IF, 2.660; citation, 3]

4. Tanaka A, Nakamura E*, Okamoto N, Banks SA, Mizuta H.
Three-dimensional kinematics during deep-flexion kneeling in mobile-bearing total knee arthroplasty.
Knee. 18, 412-6 (2011) [IF, 1.446; citation, 3]

5. Nakamura E*, Banks SA, Tanaka A, Sei A, Mizuta H.
Three-Dimensional Tibiofemoral Kinematics During Deep Flexion Kneeling in a Mobile-Bearing Total Knee Arthroplasty.
J Arthroplasty. 24, 1120-4 (2009) [IF, 2.515; citation, 13]

6. Nakamura E, Mizuta H*, Kadota M, Katah「i a K, Kudo S, Takagi K.
Three-dimensional computed tomography evaluation of semitendinosus harvest after anterior cruciate ligament reconstruction.
Arthroscopy. 20, 360-5 (2004) [IF, 3.724; citation, 25)

7. Nakamura E, Mizuta H*, Kudo S, Takagi K, Sakamoto K. Open-wedge osteotomy of the proximal tibia hemicallotasis.
J Bone Joint Surg Br 83-B, 1111-5 (2001) [IF, 3.309; citation, 58]

8. Nakamura E, Mizuta H*, Takagi K.
Knee cartilage injury after tibial lengthening. Radiographic and histological studies in rabbits

after 3-6 months.
Acta Orthop Scand. 66, 313-6 (1995) [IF, 1.018 ; citation, 21]

9. Nakamura E, Mizuta H*, Otsuka Y, Mizumoto Y, Takagi K.
Leg lengthening and glycosaminoglycans in the rabbit knee. Acta Orthop Scand. 66, 33-7 (1995) [IF, 1.018; citation, 6]

10. Nakamura E, Mizuta H*, Sei A, Takagi K.
Knee articular cartilage injury in leg lengthening. Histological studies in rabbits. Acta Orthop Scand. 64, 437-40 (1993) [IF, 1.018; citation, 26)

著書

距骨骨軟骨障害,下肢臨床症候の診かた・考え方.吉矢晋一,帖佐悦男,田中康仁編集.
南山堂.217-219.2015

足の種子骨•過剰骨障害,下肢臨床症候の診かた・考え方.吉矢晋一,帖佐悦男,田中康仁編集,
南山堂.220-224.2015.

下腿の疾患ー 下腿の痛みのとらえ方/診断手順,今日の整形外科治療指針 第7版,
土屋弘行,紺野慎一,田中康仁,田中栄,松田秀一医編学集書院. 800-801, 2016.

排骨筋腱脱臼の診断・治療方針運動器診療最新ガイドライン.中村耕三編 総合医学社, 東京,719-22, 2012.

前十字靭帯 前十字靭帯損傷の発生機序.膝靭帯手術のすべて. 越智光夫編 メジカルビュー社,東京,46-7, 2013.

前十字靱帯損傷に対する再建術—ハムストリング腱を用いた前十字靱帯1重束再建術.膝靭帯手 術のすべて 越智光夫編 メジカルビュー社,東京 48-60, 2013.

その他

  • 【受賞】1995年 New Investigator Recognition Award (2nd Combined Meeting of the Orthopaedic Research Societies of U.S,A., Japan, Canada and Europe)

  • 【受賞】2008年 Chehab R. Hilmy and Tomihisa Koshino Award (The 5th Congress of Asia Pasific Knee Society)

  • 【受賞】2009年 Top 20 Best E-posters Award (7th Biennial lnternatinal Society of Arthroscopy, Knee Surgery and Orthopaedic Sports Medicine Congress)

  • 【受賞】2010年 第35回日本足の外科学会 優秀ポスター賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。