西田 俊朗 先生のプロフィール

西田 俊朗 先生

にしだ としろう

西田 俊朗 先生

国立研究開発法人 国立がん研究センター 中央病院 病院長

専門分野

胃外科

紹介

1981年に大阪大学の医学部を卒業し、大阪大学医学部附属病院教授、大阪警察病院の副院長・外科系統括部長、国立がん研究センター東病院院長などを歴任し、現在は国立がん研究センター中央病院の院長を務める。病院をあげて、希少がんの克服やがんの支持療法の確立、正確ながんデータの集約のための電子カルテ開発に取り組んでいる。

略歴

1981年 大阪大学医学部医学科卒業
1987年 大阪大学大学院医学研究科博士課程終了(医学博士)
1990年 米国Tuft大学医学部研究員
1994年 大阪大学医学部第一外科 助手
2002年 大阪大学大学院 講師
2004年 大阪大学大学院 助教授
2005年 大阪大学医学部附属病院 病院教授
2010年 大阪警察病院 副院長兼外科系統括部長
2013年 独立行政法人 国立がん研究センター東病院 院長
2016年 国立開発法人 国立がん研究センター中央病院 院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本外科学会 指導医・専門医
日本消化器外科学会 評議員・指導医・専門医
日本消化器病学会 指導医・専門医
一般社団法人日本がん治療認定医機構 理事

受賞・著書・論文など

【受賞】
2003年 日本医師会医学研究助成費
2003年 ノバルテイスファーマ研究奨励金
2005年 財団法人 上原記念生命科学財団 研究助成金
2012年 財団法人 大阪成人病予防協会 研究助成金
2014年 公益財団法人 小林がん学術振興会 革新的研究 研究助成金
2014年 公益財団法人 大和証券ヘルス財団 調査研究助成 
2014年 安田記念医学財団 安田医学賞 
2015年 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成  
2015年 上原記念生命科学財団 研究助成金  
【著書】
1. 「Evidence-Based Anticancer Kampo Medicine for Gastric Cancer」 in Evidence-Based Anticancer Complementary and Alternative Medicine, Vol. 2 in the series of Materia Medica for Various Cancers eds William Cho Springer Science+Business Media B.V. 編集者:William C.S. Cho 2011年
2. GIST; 消化器外科学レビュー2015-'16 編集:渡邊正彦、國土典宏、土岐祐一郎 総合医学社 東京

【受賞】
2003年 日本医師会医学研究助成費
2003年 ノバルテイスファーマ研究奨励金
2005年 財団法人 上原記念生命科学財団 研究助成金
2012年 財団法人 大阪成人病予防協会 研究助成金
2014年 公益財団法人 小林がん学術振興会 革新的研究 研究助成金
2014年 公益財団法人 大和証券ヘルス財団 調査研究助成 
2014年 安田記念医学財団 安田医学賞 
2015年 公益財団法人 鈴木謙三記念医科学応用研究財団 調査研究助成  
2015年 上原記念生命科学財団 研究助成金  
【著書】
1. 「Evidence-Based Anticancer Kampo Medicine for Gastric Cancer」 in Evidence-Based Anticancer Complementary and Alternative Medicine, Vol. 2 in the series of Materia Medica for Various Cancers eds William Cho Springer Science+Business Media B.V. 編集者:William C.S. Cho 2011年
2. GIST; 消化器外科学レビュー2015-'16 編集:渡邊正彦、國土典宏、土岐祐一郎 総合医学社 東京 2015年
3. Gastrointestinal stromal tumor (GIST)診療ガイドライン第3版 金原出版 東京 2014年
4. 患者と家族もわかるGISTガイドブック メディカルレビュー社 2013年

【論文】
1. Demetri GD, Reichardt P, Kang YK, Blay JY, Rutkowski P, Gelderblom H, Hohenberger P, Leahy M, von Mehren M, Joensuu H, Badalamenti G, Blackstein M, Le Cesne A, Schöffski P, Maki RG, Bauer S, Nguyen BB, Xu J, Nishida T, Chung J, Kappeler C, Kuss I, Laurent D, Casali PG; on behalf of all GRID study investigators. Efficacy and safety of regorafenib for advanced gastrointestinal stromal tumours after failure of imatinib and sunitinib (GRID): an international, multicentre, randomised, placebo-controlled, phase 3 trial. Lancet. 2013: 381(9863):295-302.
2. Nishida T, Doi T. Rechallenge of drugs in the era of targeted therapy. Lancet Oncol 2013: 14(12): 1143-1145.
3. Omori T, Masuzawa T, Akamatsu H, Nishida T. A Simple and Safe Method for Billroth I Reconstruction in Single-Incision Laparoscopic Gastrectomy Using a Novel Intracorporeal Triangular Anastomotic Technique. J Gastrointest Surg. 2014; 18; 613-616.
4. Joensuu H, Rutkowski P, Nishida T, Steigen S.E, Brabec P, Plank L, Nilsson B, Braconi C, Bordoni A, Magnusson M.K, Sufliarsky J, Federico M, Jonasson J.G, Hostein I, Bringuier P-P, Emile J-F. KIT and PDGFRA mutations and the risk of GI stromal tumor recurrence. J Clin Oncol 2015;33(6):634-42. 
5. Nishida T, Matsushima T, Tsujimoto M, Takahashi T, Kawasaki Y, Nakayama S, Omori T, Yamamura M, Cho H, Hirota S, Ueshima S, Ishihara H. Cyclin-dependent kinase activity correlates with the prognosis of patients with gastrointestinal stromal tumours. Ann Surg Oncol 2015; 22(11):3565-73 
6. Nishida T, Tsujimoto M, Takahashi T, Hirota S, Blay J-V, Wataya-Kaneda M. Gastrointestinal stromal tumors in Japanese patients with neurofibromatosis type I. J Gastroenterol 2016; 51(6):571-8.
7. Nishida T, Doi T. Pazopanib both for GIST and soft-tissue sarcoma. Lancet Oncol 2016: 17(5):549-50.
8. Nishida T, Goto O, Raut CP, Yahagi N. Diagnostic and treatment strategy for small gastrointestinal stromal tumors. Cancer 2016; 122(20): 3110-3118
9. Takahashi T, Elzawahry A, Mimaki S, Furukawa E, Nakatsuka R, Nakamura H, Nishigaki T, Serada S, Naka T, Hirota S, Shibata T, Tsuchihara K, Nishida T, Kato M. Genomic and transcriptomic analysis of imatinib resistance in gastrointestinal stromal tumors. Genes Chromosomes Cancer. 2017;56(4):303-313.
10. Obata Y, Horikawa K, Takahashi T, Akieda Y, Tsujimoto M, Fletcher JA, Esumi H, Nishida T, Abe R. Oncogenic signaling by Kit tyrosine kinase occurs selectively on the Golgi apparatus in gastrointestinal stromal tumors. Oncogene 2017; ePub
11. Kurokawa Y, Yang HK, Cho H, Ryu MH, Masuzawa T, Park SR, Matsumoto S, Lee HJ, Honda H, Kwon OK, Ishikawa T, Lee KH, Nabeshima K, Kong SH, Shimokawa T, Yook JH, Doki Y, Im SA, Hirota S, Hahn S, Nishida T, Kang YK. Phase II study of neoadjuvant imatinib in large gastrointestinal stromal tumours of the stomach. Br J Cancer. 2017;117(1):25-32.

続きを見る

西田 俊朗先生 の所属する医療機関

国立がん研究センター中央病院

TEL: 03-3542-2511

国立がん研究センター中央病院

東京都中央区築地5丁目1-1

都営地下鉄大江戸線「築地市場駅」 A3出口 徒歩3分

東京メトロ日比谷線「築地駅」 2番出口 徒歩5分

- - -

受付時間: 8:30〜11:00 紹介・予約制 診療日時は科により異なる(一部PM診療もあり) 臨時休診あり

診療科目: 内科 血液内科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 小児科 小児外科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 麻酔科 乳腺外科

西田 俊朗 先生 の記事