朝妻 孝仁 先生のプロフィール

朝妻 孝仁 先生

あさづま たかし

朝妻 孝仁 先生

独立行政法人国立病院機構 村山医療センター 院長

専門分野

脊椎・脊髄外科

略歴

1978年 慶應義塾大学医学部卒業
1978年 慶應義塾大学医学部 助手
1985年 大田原赤十字病院整形外科 副部長
1987年 医学博士取得
1987年 米国バーモント大学整形外科、リハビリテーション科 研究員
1990年 静岡赤十字病院整形外科 副部長
1995年 防衛医科大学校整形外科 講師
2004年 防衛医科大学校整形外科学講座 助教授
2013年 独立行政法人国立病院機構村山医療センター 特命副院長
2013年- 独立行政法人国立病院機構村山医療センター 院長
2014年- 慶應義塾大学医学部整形外科学 客員教授
2017年- 東京医療保健大学看護学部客員教授

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本整形外科学会、日本脊椎脊髄病学会 評議員、日本脊髄障害医学会 評議員
日本脊椎インストウルメンテーション学会 理事
日本骨関節感染症学会 幹事
日本側弯症学会、埼玉脊椎脊髄病研究会 顧問
Cervical Spine Research Society、International Spinal Cord Society、Scoliosis Research Society 会員

受賞・著書・論文など

【受賞】
「姿勢研究」にて1989年度優秀論文賞、1989年

【著書】
1) 朝妻孝仁: ガイドライン外来診療2002, 腰痛症, 日経メデイカル開発, 東京, 2002.
2) 朝妻孝仁: 今日の整形外科治療指針 第5版, 馬尾腫瘍, 医学書院, 東京, 2004.
3) 朝妻孝仁: 最新版 家庭医学大全科, 外傷性頸部症候群, 脊椎損傷 , 四肢麻痺,  法研, 東京, 2004.
4) 朝妻孝仁: 講義録 運動器, 脊椎疾患—脊椎変性疾患, 脊椎腫瘍(転移性を含む), メジカルビュー社, 東京, 2006.
5) 朝妻孝仁: 診断と治療—一般医のための外来診療のヒント vol.94 Suppl., 慢性の腰痛を訴える患者が来たら, 診断治療社, 東京, 2006.
6) 朝妻孝仁: 整形外科 診療実践ガイド, 腰椎変性すべり症, 文光堂, 2006.
上記、いずれも共著です。

【論文】
1) Asazuma T, Yamagishi M, Sato M, Ichimura S, Fujikawa K. Vertebral arch reconstruction based on 90 degree rotational laminoplasty after removal of spinal cord and cauda equina tu

【受賞】
「姿勢研究」にて1989年度優秀論文賞、1989年

【著書】
1) 朝妻孝仁: ガイドライン外来診療2002, 腰痛症, 日経メデイカル開発, 東京, 2002.
2) 朝妻孝仁: 今日の整形外科治療指針 第5版, 馬尾腫瘍, 医学書院, 東京, 2004.
3) 朝妻孝仁: 最新版 家庭医学大全科, 外傷性頸部症候群, 脊椎損傷 , 四肢麻痺,  法研, 東京, 2004.
4) 朝妻孝仁: 講義録 運動器, 脊椎疾患—脊椎変性疾患, 脊椎腫瘍(転移性を含む), メジカルビュー社, 東京, 2006.
5) 朝妻孝仁: 診断と治療—一般医のための外来診療のヒント vol.94 Suppl., 慢性の腰痛を訴える患者が来たら, 診断治療社, 東京, 2006.
6) 朝妻孝仁: 整形外科 診療実践ガイド, 腰椎変性すべり症, 文光堂, 2006.
上記、いずれも共著です。

【論文】
1) Asazuma T, Yamagishi M, Sato M, Ichimura S, Fujikawa K. Vertebral arch reconstruction based on 90 degree rotational laminoplasty after removal of spinal cord and cauda equina tumours. Acta Neurochir (Wien) 2003 ;145:495-500; discussion 500.
2) Asazuma T, Toyama Y, Maruiwa H, Fujimura Y, Hirabayashi K. Surgical strategy for cervical dumbbell tumors based on a three-dimensional classification.
Spine 2004 ;29:E10-14.
3) Asazuma T, Yamugishi M, Sato M, Ichimura S, Fujikawa K, Crock HV. Posterior
spinal fusion for lumbar degenerative diseases using the Crock-Yamagishi (C-Y) spinal fixation system. J Spinal Disord Tech 2004 ;17:174-177.
4) Asazuma T, Nakamura M, Matsumoto M, Chiba K, Toyama Y. Postoperative changes of spinal curvature and range of motion in adult patients with cervical spinal cord tumors: analysis of 51 cases and review of the literature. J Spinal Disord Tech.2004 ;17:178-182.
5) Motosuneya T, Asazuma T, Nobuta M, Masuoka K, Ichimura S, Fujikawa K.
Anterior lumbar interbody fusion: changes in area of the dural tube, disc height, and
prevalence of cauda equina adhesion in magnetic resonance images. J Spinal
Disord Tech 2005 ;18:18-22.
6) Asazuma T, Masuoka K, Motosuneya T, Tsuji T, Yasuoka H, Fujikawa K. Posterior lumbar interbody fusion using dense hydroxyapatite blocks and autogenous iliac bone: clinical and radiographic examinations. J Spinal Disord Tech 2005 ;18 Suppl:S41-47.
7) Masuoka K, Asazuma T, Ishihara M, Sato M, Hattori H, Ishihara M, Yoshihara Y, Matsui T, Takase B, Kikuchi M, Nemoto K. Tissue engineering of articular cartilage using an allograft of cultured chondrocytes in a membrane-sealed atelocollagen honeycomb-shaped scaffold (ACHMS scaffold). J Biomed Mater Res B Appl Biomater. 2005 ;75:177-184.
8) Motosuneya T, Asazuma T, Tsuji T, Watanabe H, Nakayama Y, Nemoto K. Postoperative change of the cross-sectional area of back musculature after 5 surgical procedures as assessed by magnetic resonance imaging. J Spinal Disord Tech 2006 ;19:318-322.
9) Takahashi S, Suzuki N, Asazuma T, Kono K, Ono T, Toyama Y. Factors of thoracic cage deformity that affect pulmonary function in adolescent idiopathic thoracic scoliosis. Spine 2007 ;32:106-112.
10) Tsuji T, Asazuma T, Masuoka K, Yasuoka H, Motosuneya T, Sakai T, Nemoto K.Retrospective cohort study between selective and standard C3-7 laminoplasty. Minimum 2-year follow-up study. Eur Spine J 2007 ;16:2072-2077.
11) Yasuoka H, Asazuma T, Sugihara , Tomiya M, Nemoto K: Effects of reloading after simulated microgravity on proteoglycan metabolism in the nucleus pulpous and annulus fibrosus of the lumbar intervertebral disc. An experimental study using a rat tail-suspension model. Spine 2007 ;32:E734-740.

続きを見る

朝妻 孝仁先生 の所属する医療機関

村山医療センター

TEL: 042-561-1221

村山医療センター

東京都武蔵村山市学園2丁目37-1

西武鉄道拝島線「玉川上水駅」 MMシャトル(武蔵村山市内循環バス) 村山医療センター下車 バス

- - -

受付時間: 8:30~11:00  一部診療科予約制 科により異なる 臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 整形外科 リハビリテーション科 歯科 麻酔科

朝妻 孝仁 先生 の記事