公立学校共済組合 北陸中央病院 病院長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本胸部外科学会 指導医 日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医 日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医 肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師

清水 淳三 しみず じゅんぞう 先生

1955年福井県福井市生まれ。1980年に金沢大学を卒業し、金沢大学医学部第一外科に所属して呼吸器外科医師としてキャリアを開始する。1992年に金沢大学講師に就任。北陸地域の呼吸器外科のリーダー的存在として臨床・研究をリードしている。2012年から公立学校共済組合北陸中央病院長に就任し現在も手術の他、多くの論文作成に従事している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 呼吸器外科
  • 外科一般
  • 呼吸器外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本胸部外科学会 指導医
日本呼吸器外科学会 呼吸器外科専門医・指導医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・呼吸器指導医
日本呼吸器内視鏡学会 気管支鏡専門医・気管支鏡指導医
肺がんCT検診認定機構 肺がんCT検診認定医師
  • 公立学校共済組合 北陸中央病院 病院長
  • 医学博士 取得
  • 日本胸部外科学会 評議員
  • 日本呼吸器外科学会 評議員
  • 日本呼吸器内視鏡学会 評議員
  • 日本消化器外科学会 会員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本肺癌学会 評議員・北陸支部会評議員
  • 関西胸部外科学会 評議員
  • 北陸外科学会 会員
  • 呼吸器4学会合同北陸支部会 評議員

所属病院

北陸中央病院

  • 内科 外科 脳神経外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科
  • 富山県小矢部市野寺123
  • あいの風とやま鉄道線 石動 送迎バス運行あり 車10分 あいの風とやま鉄道線 石動 送迎バス運行あり 車10分
  • 0766-67-1150
公式ウェブサイト
北陸中央病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 金沢大学医学部卒業
1987年 金沢大学医学部附属病院 第一外科 助手
1989年 金沢大学 医学博士取得
1992年 金沢大学医学部 講師
2004年 KKR北陸病院 副院長(兼 金沢大学医学部臨床教授)
2012年 公立学校共済組合北陸中央病院 病院長

論文

1) Shimizu J, Oda M, Hayashi Y, Murakami S, Kobayashi K, Arano Y, Watanabe Y:Evaluation of surgical treatment of pyothorax with special reference to the usefulness of the omental pedicle flap method. Eur J Cardio-thorac Surg 7: 543-547, 1993.

2) Shimizu J, Hayashi Y, Oda M, Morita K, Arano Y, Nagao S, Murakami S, Urayama H, Watanabe Y:Treatment of postoperative chylothorax by pleurodesis with the streptococcal preparation OK-432. Thorac Cardiovasc Surgeon 42: 233-236, 1994.

3) Shimizu J, Oda M, Hayashi Y, Morita K, Arano Y, Matsumoto I,Go T, Murakami S, Watanabe Y:Results of surgical treatment of pulmonary metastases. J Surg Oncol 58: 57-62, 1995.

4) Shimizu J, Oda M, Hayashi Y, Nonomura A, Watanabe Y:A clinicopathologic study of resected cases of adenosquamous carcinoma of the lung. Chest 109: 989-994, 1996.

5) Shimizu J, Oda M, Morita K, Watanabe S, Ohta Y, Hayashi Y, Murakami S, Watanabe Y:Evaluation of the clamshell incision for bilateral pulmonary metastases. International Surg 82: 262-265, 1997.

6) Shimizu J, Watanabe Y, Oda M, Ohta Y, Tsunezuka Y, Itoh Y, Nonomura A, Watanabe G:Evaluation of sleeve segmentectomy for early hilar lung cancer. International Surg 87: 53-59, 2002.

7) Shimizu J, Oda M, Matsumoto I, Arano Y, Ishikawa N, Minato H:Clinicopathologic study of surgically treated tracheobronchial adenoid cystic carcinoma. General Thorac Cardiovasc Surg 58: 82-86, 2010.

8) Shimizu J, Yoshida M, Ohtake H:Effective use of free omental plombage in a case of intractable pyothorax following surgery for secondary lung cancer. Chirurgia 27: 253-255, 2014.

9) Shimizu J, Kamesui T, Moriya M, Murata S, Nakanishi I, Sasaki M, Minato H:Four cases of invasive anterior mediastinal tumors definitively diagnosed by the Chamberlain procedure. Ann Thorac Cardiovasc Surg 20 (Suppl): 434-440, 2014.

10) Shimizu J, Matsumoto I, Moriya M, Kamesui T, Hayashi S, Kobayashi K,
Nonomura A:A clinicopathological study of mucoepidermoid carcinoma of the lung in surgical cases. Chirurgia 29: 149-154, 2016.

著書

1) 肺癌の胸腔鏡手術 メヂカルフレンド社 1993年
2) 呼吸器外科学-胸腔鏡下手術 日本医事新報 1994年
3) 呼吸器外科学-胸腔鏡下手術 日本医事新報 1995年
4) 呼吸器外科学-転移性肺腫瘍 日本医事新報 1996年
5) Results of surgical treatment of pulmonary metastases Axel Spinger Japan社 1995年

その他

  • 【受賞】 文部省科学研究費補助金 1995年

  • 【受賞】北陸外科学会奨励賞 2009-2016年(8年連続)

  • 【受賞】富山県医師会医学研究助成金 2011,2013-2018年(6年連続)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。