新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

埼玉医科大学総合医療センター ブレストケア科  元教授

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本乳癌学会 乳腺専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医・臨床遺伝指導医

(故)矢形 寛 やがた ひろし 先生

1990年より千葉大学にて一般外科医師としてキャリアをスタートする。その後、乳腺外科を専門とし、2004年より聖路加国際病院にて多くの乳がん症例を経験。2015年より埼玉医科大学総合医療センターブレストケア科教授に就任。

基本情報

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本乳癌学会 乳腺専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本人類遺伝学会 臨床遺伝専門医・臨床遺伝指導医
  • 埼玉医科大学総合医療センター ブレストケア科  元教授
  • 埼玉乳がん検診検討会 代表世話人

来歴等

略歴

1990年 金沢大学医学部卒業
2004年 聖路加国際病院
2015年 埼玉医科大学総合医療センターブレストケア科教授

著書

整容性からみた乳房温存治療ハンドブック
矢形 寛,芳賀駿介,中村清吾編 (株)メディカル・サイエンス・インターナショナル 2010年6月発行
乳がん患者ケア パーフェクトブック (学研)2017年7月発行 編集 阿部 恭子,矢形 寛
乳房超音波ガイド下針生検マニュアル 編集:日本乳腺甲状腺超音波医学会 インターベンション研究部会(部会長 矢形 寛) 発行2016/11/20

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。