築地神経科クリニック 東京ガンマユニットセンター 院長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医 日本脳卒中学会 脳卒中専門医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本核医学会 PET核医学認定医

芹澤 徹 せりざわ とおる 先生

脳神経外科医・放射線腫瘍医として、転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療を専門としている。特に転移性脳腫瘍に対する治療に造詣が深く、転移性脳腫瘍を起こした患者さんが安心して治療を受けられるよう、診療・臨床研究に邁進している。

基本情報

診療科

  • 脳神経外科

その他の得意な領域

  • ガンマナイフ治療を中心とする定位放射線治療(特に転移性脳腫瘍、聴神経腫瘍、脳動静脈奇形)

資格・所属学会

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医
日本脳卒中学会 脳卒中専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本核医学会 PET核医学認定医

役職など

  • 築地神経科クリニック 東京ガンマユニットセンター 院長
  • 日本定位放射線治療学会 世話人(第29回会長予定)
  • 日本ガンマナイフ学会 理事(第14回会長)
  • 日本聴神経腫瘍研究会 世話人
  • 日本放射線腫瘍学会 代議員
  • 関東脳神経外科懇話会 幹事

所属病院

築地神経科クリニック

  • 神経内科 脳神経外科 放射線科
  • 東京都中央区築地1丁目9-9 細川ビル1~5F
  • 東京メトロ日比谷線「築地駅」 2番出口 徒歩3分 東京メトロ有楽町線「新富町駅」 1番出口 徒歩5分 都営浅草線「東銀座駅」 5番出口またはA7出口 徒歩7分 都営大江戸線「築地市場駅」 A1出口 徒歩7分
  • 03-6226-3546
築地神経科クリニック

医療記事

来歴等

略歴

1986年 千葉大学医学部卒業
1986年 千葉大学医学部脳神経外科入局、千葉大学医学部附属病院・脳神経外科
1988年 千葉県救急医療センター・脳神経外科 
1992年 千葉大学医学部附属病院・脳神経外科
1997年 千葉県立鶴舞病院、千葉県循環器病センター準備室配属(主幹)
      横浜労災病院・脳神経外科で250例のガンマナイフ研修
1998年 千葉県循環器病センター・脳神経外科医長,ガンマナイフ担当
2006年 千葉県循環器病センター・ガンマナイフ治療部部長
2008年 築地神経科クリニック・院長(現在まで) 
2015年 千葉大学 医学研究院 脳神経外科学 客員教授(現在まで) 
2017年 昭和大学 医学部 放射線治療科 客員教授(現在まで)

【学会・研究会発表・講演会】
1. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Ono J, Machida T, Okiyama K, Iwadate Y, Yamakami I, Saeki N. Gamma knife treatment for intracranial metastatic tumors of skull base. World Federation of Neurosurgical Societies 13th Interim Meeting / 12th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgeons.2007.
2. Higuchi Y, Matsuda S, Serizawa T, Nagano O, Machida T, Okiyama K, Ono J, Saeki N. Multimodality treatment for intractable involuntary movement. World Federation of Neurosurgical Societies 13th Interim Meeting / 12th Asian-Australasian Congress of Neurological Surgeons.2007.
3. Serizawa T, Yamamoto M, Sato Y, Higuchi Y, Kawabe T, Nagano O, Hatano M, Hirai T, Ono J, Saeki N. Retrospective review of GKS alone for patients with brain metastases meeting the JLGK0901 criteria. Conjoint Conference 2nd Annual Meeting of Taiwan Society for Stereotactic Functional Neurosurgery and Radiosurgery & 4th Asian Gamma Knife Academy. 2010.
4. Serizawa T, Yamamoto M, Sato Y, Higuchi Y, Kawabe T, Nagano O, Hatano M, Hirai T, Ono J, Saeki N. Retrospective review of GKS alone for patients with brain metastases meeting the JLGK0901 criteria. The 2nd Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society & the 14th Meeting of the Japanese Leksell Gamma Knife Society. 2010.
5. Serizawa T, Yamamoto M, Sato Y, Higuchi Y, Kawabe T, Nagano O, Hatano M, Hirai T, Ono J, Saeki N. A prospective multi-institute study of gamma knife radiosurgery for multiple brain metastases -JLGK0901 study-. The 8th Scientific Meeting for the Asian Australasian Society of Stereotactic & Functional Neurosurgery (AASSFN) in 2011.
6. Higuchi Y, Serizawa T, Shuto T, Akabane A, Sato Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Yamamoto M. Neurocognitive function of patients with brain metastases following gamma knife surgery: interim monitoring report of JLGK0901. 11th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress.2013 (Journal of radiosurgery and SBRT 2013;2:173-4.)
7. Serizawa T, Yamamoto M, Higuchi Y, Sato Y, Kawagishi J, Shuto T, Yamanaka K, Akabane A, Jokura H, Yomo S. A prospective multi-institute observational study of gamma knife alone treatment for 1-10 brain metastases (JLGK0901), Has evidence for the efficacy of SRS for 5-10 brain metastases been established? 11th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress.2013 (Journal of radiosurgery and SBRT 2013;2:5-6.)
8. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Ono J, Saeki N, Hirai T, Miyakawa A, Shibamoto Y. A new grading system focusing on functional preservation for brain metastasis patients treated with gamma knife surgery. 11th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress.2013 (Journal of radiosurgery and SBRT 2013;2:5.)
9. Kano H, Shuto T, Sheehan J, Yamamoto M, Mcbride H, Sato M, Serizawa T, Kondziolka D, Lunsford L. Stereotactic radiosurgery for intracranial hemangioblastomas: an international multicenter study. 11th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress.2013 (Journal of radiosurgery and SBRT 2013;2:131.)
10. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Hirai T. A new grading system predicting life expectancy and neurological outcomes in stereotactic radiosurgery for brain metastasis: “Modified BSBM”. The 4th Biennial Congress of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2015.
11. Shuto T, Yamamoto M, Serizawa T, Akabane A, Higuchi Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Sato Y, Jokura H. Gamma knife surgery for metastatic brain tumors (JLGK0901): case-matching Study. The 4th Biennial Congress of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2015.
12. Nagano O, Serizawa T, Higuchi Y, Aoyagi K, Matsuda S. Validity test of previously-reported grading systems for brain metastasis patients. The 4th Biennial Congress of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2015.
13. Matsuda S, Nagano O, Serizawa T, Higuchi Y, Ono J. Long term results of gamma knife surgery for trigeminal neuralgia. Over 4 years follow-up. The 4th Biennial Congress of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2015.
14. Yamamoto M, Serizawa T, Shuto T, Akabane A, Higuchi Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Sato Y, Jokura H. Gamma knife surgery for metastatic brain tumors (JLGK0901): case-matching study. 12th International Stereotactic Radiosurgery Society Congress.2015 (Journal of radiosurgery and SBRT 2015;3:64-5.)
16. Serizawa T. Gamma Knife Radiosurgery for Brain Metastases. CNS TUMOR HWASUN SYMPOSIUM 2016 “Commemorate 3,000 Cases of CNUHH Gamma Knife Radiosurgery”.2016.
17. Serizawa T. Radiosurgery for CAVMs, Indications and Complications.Pierre Lasjaunias Neurovascular Education Team Conference.2015.
18. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Yamamoto M, Matsunaga S, Yomo S, Hasegawa T, Nakazaki K, Moriki A, Sato T. Staged Gamma Knife Radiosurgery for Large Metastatic Brain Tumors Interim Analysis of a Retrospective Multi-institute Study (JLGK1601). The 5th Meeting of the Asian Leksell Gamma Knife Society. 2017.
15. 小野純一,芹澤 徹.千葉県循環器病センターの紹介とガンマナイフ治療の現状.第2回房総イブニングフォーラム.1999.
16. 芹澤 徹,大脳半球間裂経終板到達法における前交通動脈とその穿通枝の微小外科解剖.微小外科解剖セミナー.1999.
17. 小野純一,芹澤 徹 ガンマナイフ治療の実際と現状.国保直診協会放射線部会・検査部会合同県内優良施設視察研修会.1998.
18. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,牛久保修 千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療.第4回上総放射線学会議 1998.
19. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,牛久保修 当センターにおけるガンマナイフ治療について.第47回千葉核医学技術研究会 1998.
20. 芹澤 徹 脳定位放射線治療 ガンマナイフ.第19回千葉放射線治療の研究会.1999.
21. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,牛久保修,沼田 修,井内俊彦,大里克信,難波宏樹 ガンマナイフ治療は多発性転移性脳腫瘍の予後をどこまで改善したか?非小細胞肺癌95例の検討.第58回日本脳神経外科総会.1999(日本脳神経外科学会総会抄録集58th:17.)
22. 小野純一,平井伸治,芹澤 徹,磯部勝見,山浦 晶 高齢者重傷頭部外傷の検討.第13回日本老年脳神経外科研究会.2000.
23. 芹澤 徹,牛久保修,平井伸治,小瀧 勝,小野純一 高齢者の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第13回日本老年脳神経外科研究会.2000.
24. 芹澤 徹,小野純一,井内俊彦,大里克信 多発性転移性脳腫瘍に対する治療戦略 ガンマナイフ治療はどこまで予後を改善できるのか? 日本外科系連合学会第25回学術集会.2000(日本外科系連合学会誌25(3):362)
25. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,牛久保修,小瀧 勝,平井伸治,佐藤 幹,佐藤真人,岩瀬 勉 転移性脳腫瘍の原発巣の種類,病態別治療成績.第9回日本定位的放射線治療研究会.2000.
25. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,牛久保修,岩瀬 勉,佐藤真人,小瀧 勝,平井伸治,佐藤 幹 病巣数10個以上の転移性脳腫瘍に対するGamma Knife治療の有効性の検討.第5回ガンマナイフ治療研究会.2000.
26. 小野純一,平井伸治,小林英一,小林繁樹,芹澤 徹,小瀧 勝,佐伯直勝,山浦 晶 頭蓋内解離性動脈病変の中・長期的転帰 椎骨脳底動脈系53例の検討.第30回日本脳卒中の外科学会.2001.
27. 芹澤 徹 201Tl SPECTによるGamma Knife治療前後の評価.第33回関東核医学画像処理研究会.2001.
28. 芹澤 徹 千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療の紹介・症例提供.第49回東葉臨床医学セミナー.2001.
26. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するGamma Knife治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別 連続的タリウムインデックス測定の有用性と限界.第37回多地点合同メディカルカンファランス.2001.
27. 芹澤 徹 AVMに対するGamma Knife治療.第4回房総神経血管内治療カンファレンス. 
28. 芹澤 徹 定位的放射線治療における的確な診断と治療 転移性脳腫瘍.第22回日本脳神経外科コングレンス総会.2002.
29. 芹澤 徹,平井伸治,小野純一,小瀧 勝,藤野英世,牛久保修 小さな脳動静脈奇形に対する治療選択 臨床判断分析による検討.第31回脳卒中の外科学会.2002.
30. 井内俊彦,幡野和男,成田雄一郎,芹澤 徹,大里克信 再発gliomaに対する3次元的放射線治療の効果.第11回日本定位放射線治療学会.2002.
31. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,樋口佳則,井内俊彦,佐藤真人,松本易二,小瀧 勝,平井伸治 小細胞肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績 非小細胞肺癌との比較.第11回日本定位放射線治療学会.2002.
32. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対する戦略とその成績 ガンマナイフ治療を中心に.脳腫瘍レビュー‘03.2003.
33. 平井伸治,小野純一,小瀧 勝,芹澤 徹,佐伯直勝,山浦 晶 臨床判断分析に基づく無症候性未破裂動脈瘤の治療適応.第12回日本脳ドック学会.2003.
33. 芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療.第19回千葉肺癌治療研究会.2003.
34. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,佐藤真人,井内俊彦,樋口佳則.転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別 Thallium SPECTの有用性と限界.第12回日本定位放射線治療学会.2003(27.)
35. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,佐藤真人,小野純一 Gamma Thalamotomy初経験例.第9回ガンマナイフ治療研究会.2004 .
36. 芹澤 徹 切らずに治す脳疾患 ガンマナイフ治療.県民公開講座.2004.
37. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 東葛病院CPC mini lecture.
38. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,永野 修,松田信二,佐藤真人,井内俊彦,佐伯直勝,山浦 晶.転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の現状 全脳照射を併用しないでどこまで頭蓋内制御が可能か? 第13回日本定位放射線治療学会.2001.
39. 芹澤 徹.ガンマナイフを用いた転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療.第3回手術・放射線外科セミナー.
40. 芹澤 徹 千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療の現状.大利根血管障害談話会.2004.
41. 小野純一,平井伸治,小林繁樹,小林英一,菅谷雄一,烏谷博英,小澤義典,芹澤 徹,佐伯直勝,山浦 晶 椎骨脳底動脈系の非出血性解離性動脈瘤の治療方針.第33回日本脳卒中の外科.2004.
42. 小野純一,町田利生,樋口佳則,芹澤 徹,沖山幸一.特別企画ディベートセッション 脳卒中徹底討論 内頸動脈多発性狭窄性病変に対する治療戦略.第97回日本脳神経外科学会関東地方会.2005.
43. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,松田信二,佐藤真人,小出里佳.一回大量照射では治療困難と考えられた転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを用いた低分割定位的放射線治療の試み.第10回ガンマナイフ治療研究会.2005 .
44. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.名古屋放射線外科講演会,ガンマナイフC治療1年間の歩み.2005.
45. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,周藤 高,猪森茂雄,安井信之,永野 修,佐伯直勝 未破裂脳動静脈奇形に対する臨床判断分析に基づく治療法の選択 経過観察か,ガンマナイフか,手術か? 第34回日本脳卒中の外科学会.2005.
46. 小野純一,樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,平井伸治,永野 修,小林英一,佐伯直勝.無症候性未破裂脳動脈瘤の治療方針 外科サイドからの治療選択.第14回日本脳ドック学会総会.2005.
47. 樋口佳則,芹澤 徹,小野純一,町田利生,沖山幸一,松田信二,佐藤真人,永野 修,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する放射線外科での合併症を回避するための工夫:腫瘍周囲脳組織の造影効果の検討.第14回日本定位的放射線治療学会.2005.
48. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療における合併症の検討.第14回日本定位的放射線治療学会.2005.
49. 芹澤 徹 肺癌,原発巣および脳転移に対する定位放射線治療 現況と問題点.第46回日本肺癌学会総会.2005.
50. 町田利生,小野純一,樋口佳則,芹澤 徹,沖山幸一,礒部勝見 重症クモ膜下出血の治療:脳槽ドレナージ,ウロキナーゼ髄注療法および早期栄養の有効性.第11回日本脳神経外科救急学会.2006.
50. 芹澤 徹,樋口佳則 ガンマナイフを用いた低分割定位的放射線治療の有用性とpitfall.第13回日本高精度外部照射研究会.2006.
51. 芹澤 徹,樋口佳則 聴神経腫瘍に対する定位手術的照射後のpitfall 一過性膨大の頻度と程度に関する考察.第13回日本高精度外部照射研究会.2006.
52. 芹澤 徹 症例から学ぶ(ガンマナイフ治療におけるリスクマネージメント).第11回日本ガンマナイフ治療研究会・イブニングセミナー.
53. 芹澤 徹,樋口佳則,町田利生,沖山幸一,小野純一,永野 修,山上岩男,佐伯直勝 聴神経腫瘍はガンマナイフ治療後どの程度縮小するのか?5年間の三次元的測定による結果.第15回日本聴神経腫瘍研究会.2006.
54. 松谷智郎,山上岩男,伊藤誠朗,佐伯直勝,樋口佳則,芹澤 徹,小野純一 妊娠中に診断された聴神経腫瘍に対する治療.第15回日本聴神経腫瘍研究会.2006.
55. 山上岩男,松谷智郎,伊藤誠朗,佐伯直勝,樋口佳則,芹澤 徹,小野純一 大きな聴神経腫瘍の手術ゴール 顔面神経を温存し合併症を最小限に抑えながらtotal/nearly total removalを目指す.第15回日本聴神経腫瘍研究会.2006.
56. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別:タリウムスペクトの有効性.第35回日本神経放射線学会.2006.
57. 赤荻英理,松田信二,根本有子,町田利生,樋口佳則,沖山幸一,芹澤 徹,本間甲一,小野純一 超急性期脳梗塞のt-PA静注療法適応について 後ろ向き検討によるシミュレーション.第31回日本脳卒中学会総会.2006.
58. 芹澤 徹 ガンマナイフ治療の術前診断と治療効果判定におけるタリウムスペクトの有用性.第7回腫瘍核医学セミナー.2006.
59. 芹澤 徹 ガンマナイフ治療におけるタリウムスペクトの有用性.第3回千葉北総神経放射線研究会特別講演会.2006.
60. 芹澤 徹 千葉県循環器病センター脳神経外科におけるガンマナイフ治療の現状と将来展望.第1回市原ニューロカンファレンス.2006.
61. 樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,小野純一,松田信二,本間甲一,永野 修,佐伯直勝 不随意運動に対する外科治療 深部脳刺激療法(DBS)の有用性.第15回茂原脳神経外科懇談会.2006.
62. 芹澤 徹 ガンマナイフ治療におけるタリウムスペクトの有用性と限界 主に治療前診断と治療効果判定について.第19回画像診断の基礎と臨床 学術講演会.2006.
63.芹澤 徹 ガンマプランを用いた治療の実際(転移性脳腫瘍の2例). 第1回明日のガンマナイフを担う会.2007.
64.芹澤 徹 各施設におけるリスクマネージメント. 第1回明日のガンマナイフを担う会.2007.
65. 町田利生,樋口佳則,芹澤 徹,沖山幸一,小野純一,永野 修,大賀 優,佐伯直勝 クモ膜下出血後血管攣縮,転帰に関連する因子の臨床的重症度別の検討.第12回日本脳神経外科救急学会.2007(日本脳神経外科救急学会プログラム.・抄録集13:64.)
66. 小野純一,町田利生,樋口佳則,永野 修,芹澤 徹,沖山幸一 地域医療の観点からみた脳神経外科診療施設の現状と問題点.第12回日本脳神経外科救急学会.2007(日本脳神経外科救急学会プログラム.・抄録集13:62.)
67. 芹澤 徹.転移性脳腫瘍のガンマナイフ治療 第6回文京脳腫瘍研究会.2007.
68. 芹澤 徹, 悪性脳腫瘍の至適線量 特に転移性脳腫腫瘍について.第12回ガンマナイフ治療研究会.2007.
69. 樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,小野純一 超高齢者慢性硬膜下血腫 周術期の問題点と転帰.第30回日本神経外傷学会.2007(日本神経外傷学会プログラム・抄録集30;56.)
70. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,岩立康男,佐伯直勝 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と将来展望.第27回日本脳神経外科コングレンス.2007.
71. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,小野純一,町田利生,沖山幸一,杉森邦夫,春木えりか,伊達裕昭,伊藤千秋,沼田 理,佐伯直勝 小児に対する定位放射線外科治療 全身麻酔下での安全性の確立.第35回日本小児神経外科学会.2007.
72. 芹澤 徹,樋口佳則 小野純一 沖山幸一,町田利生,伊達裕昭,伊藤千秋,沼田 理,永野 修,佐伯直勝 臨床判断分析に基づく小さな脳動静脈奇形に対する最適な治療法の選択 長期予後からみた小児例におけるガンマナイフ治療の問題点.第35回日本小児神経外科学会.2007.
73. 永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,小野純一 タリウムスペクトとMRIのfusion画像を利用した治療計画 Gamma Planへの応用.第16回日本定位放射線治療学会.2007.
74. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,松田信二,佐藤真人,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する定位放射線外科治療と低分割定位的放射線治療の適応 第16回日本定位放射線治療学会.2007.
75. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,井内俊彦,大里克信,岩立康男,佐伯直勝 定位放射線治療後外科的摘出が必要になった転移性脳腫瘍の病理学的検討.第16回日本定位放射線治療学会.2007.
76. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 三叉神経根ガドリニウム造影効果.第16回日本定位放射線治療学会.2007.
77. 樋口佳則,松田信二,芹澤 徹,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,本間甲一,佐藤真人 不随意運動に対するガンマナイフと定位脳手術の比較.第1回千葉放射線外科研究会.2007.
78. 樋口佳則,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,芹澤 徹,松田信二,本間甲一,佐伯直勝 パーキンソン病に対する外科治療.第2回千葉パーキンソン病研究会.2007.
79. 小野純一,町田利生,樋口佳則,芹澤 徹,沖山幸一,宮田昭宏,中村 弘,小林繁樹,佐伯直勝 脳血管障害とEBM.日医生涯教育協力講座,脳・心血管疾患.2007.
80. 芹澤 徹 千葉県循環器病センターにおけるガンマナイフ治療4000例の歩み.第1回千葉放射線外科研究会.2007.
81. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,小野純一 ガンマナイフを施行した転移性脳腫瘍の病理学的検討.東京放射線治療懇話会.2007.
82. 芹澤 徹 大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを組み合わせた低侵襲治療.第54回関東脳神経外科懇話会.2007.
83. 芹澤 徹 セッション:基礎知識の整理 第1回明日のガンマナイフを担う会.2007.
84. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と問題点.第15回東京脳腫瘍治療懇話会.2008.
85. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 平成藤枝総合病院PETセンター開院式.2008.
86. 芹澤 徹 世紀のメスガンマナイフ 転移性脳腫瘍 鎌ヶ谷総合病院学術講演会.2008.
87. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍の治療計画の実際.第1回ガンマナイフ治療計画勉強会・サテライトセミナー.2008.
88. 芹澤 徹,山本昌昭 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において患者選択,治療計画,経過観察の違いは予後に影響を与えるのか 二施設間比較検討. 第1回ガンマナイフ治療計画勉強会.2008.
89. 芹澤 徹 定位照射後の脳転移再発例をどう治療すべきか.第56回東京乳腺研究会.2008.
90. 芹澤 徹 乳癌脳転移に対するガンマナイフ治療 予防的全脳照射は必要か? 第16回日本乳癌学会総会.2008.
91. 芹澤 徹,永野 修, 小野純一, 樋口佳則, 岩立康男, 佐伯直勝, 平井達夫, 波多野学 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフを中心とした局所治療プロトコールの有効性と問題点.日本脳神経外科学会第67回学術総会.2008(日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM)67th:3A-S13-03.)
92. 芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績 単一プロトコール1000例の治療経験から.第49回日本肺癌学会総会.2008.
93. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍におけるガンマナイフ治療の現状 適応と限界について.第5回中部放射線治療研究会.2008.
94. 永野 修,町田利生,藤川 厚,芹澤 徹,沖山幸一,小野純一,松田信二,佐伯直勝 高齢者における頸部頸動脈狭窄症の臨床的特徴と治療.第21回日本老年脳神経外科学会.2008.
95. 樋口佳則,廣野誠一郎,山上岩男,堀口健太郎,岩立康男,佐伯直勝,芹澤 徹 ガンマナイフ治療後の聴神経腫瘍の病理像.第17回日本定位放射線治療学会.2008.
96. 樋口佳則,山上岩男,峯清一郎,永野 修,芹澤 徹,佐伯直勝 三叉神経鞘腫に対するmultimodality treatment.第20回記念日本頭蓋底外科学会.2008.
97. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,小野純一,佐伯直勝,平井達夫 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害におけるタリウムスペクトの有用性と限界.第38回日本神経放射線学会.2009 .
98. 芹澤 徹,平井達夫,永野 修,松田信二,小野純一,樋口佳則,佐伯直勝 10個以下の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 5個以上の脳転移には全脳照射が必要か? 第13回日本ガンマナイフ治療研究会.2009 .
99. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と将来展望 さいたまガンマナイフセンター2000症例達成記念講演会.2009.
100.芹澤 徹 ガンマナイフ紹介患者からみた脳動静脈奇形の自然史.第58回関東脳神経外科懇話会.2009 .
101.芹澤 徹,平井達夫,永野 修,松田信二,小野純一,樋口佳則,佐伯直勝 10個以下の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療成績 5個以上は定位放射線治療単独では制御不可能なのか? 第18回日本定位放射線治療学会. 2009 .
102.芹澤 徹,平井 達夫 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 エビデンス確立に向けて.聖路加国際病院院内セミナー.2009 .
103.芹澤 徹 切らずに治す脳疾患 世紀のメス・ガンマナイフ.藤田保健衛生大学脳神経外科第4回市民フォーラム.2009 .
104.芹澤 徹 聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療計画.第1回日本放射線外科学会. 2009.
105.芹澤 徹,平井達夫,永野 修,小野純一,樋口佳則,佐伯直勝,山本昌昭,周藤 高,赤羽敦也,川岸 潤,城倉英史,山中一浩,岩井謙育 10個以下の転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療単独成績 ガンマナイフ治療のエビデンス確立にむけて.日本脳神経外科学会第68回学術総会.2009 .(日本脳神経外科学会総会抄録集(CD-ROM)68th:1C-S09-01.)
106.芹澤 徹 ケースカンファレンス 脳腫瘍 多発転移性脳腫瘍.日本脳神経外科学会第68回学術総会.2009.
107.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対する定位放射線単独治療 エビデンス確立への努力.日本脳神経外科学会第68回学術総会.2009 .
108.芹澤 徹 転移性脳腫瘍の治療 ガンマナイフ治療医の立場から.第23回茨城脳腫瘍治療研究会.2010 .
109.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の最近の動向.勝田病院水戸ガンマハウス5000例記念講演会.2010.
110.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.中央区医師会学術研究会.2010.
111.芹澤 徹,平井達夫 小さな脳動静脈奇形に対する臨床判断分析に基づく治療法の選択 経過観察か,ガンマナイフか,手術か? 第3回脳血管手術研究会.2010.
112.芹澤 徹,小南修史,永野 修,樋口佳則,平井達夫,小林士郎,小野純一,佐伯直勝 脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績における塞栓術の与える影響.第39回日本脳卒中の外科学会.2010 .
113. 芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.第30回日本脳神経外科コングレンス総会.2010.
114.芹澤 徹,平井達夫,永野 修,小野純一,樋口佳則,山上岩男,佐伯直勝 聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後のT2*陽性所見例の検討.第19回日本聴神経腫瘍研究会.2010 .
115.樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳京子,沖山幸一,小野純一,松田信二,佐藤真人,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療の適応と限界の適応.第19回日本定位放射線治療学会.2010.
116.芹澤 徹,山本昌昭,佐藤泰憲,樋口佳則,川邊拓也,永野 修,平井達夫,波多野学,小野純一,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対するSRS単独治療におけるJLGK0901研究適格基準 二施設後ろ向き研究からの妥当性の検証.第19回日本定位放射線治療学会.2010 .
117.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の有用性と限界 2000例の治療経験から.第19回日本定位放射線治療学会.2010(抄録なし.イブニングセミナー代理)
118.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と将来展望 中央区医師会学術講演会.2010.
119.芹澤 徹 世紀のメス,ガンマナイフ 脳転移はここまで治せる.相澤病院ガンマナイフセンター開設10周年記念公開講座.2010.
120.芹澤 徹 脳動静脈奇形の治療戦略.血管内vs放射線治療vs外科治療 放射線治療の立場から.第8回ブレインアタックフォーラム千葉.2010.
121. 芹澤 徹 脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療計画.第2回日本放射線外科学会.2010.
122.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,青柳京子,野村亮太,藤川 厚,町田利生,沖山幸一,小野純一,佐伯直勝 傍鞍部髄膜腫におけるガンマナイフ治療後の体積変化について:治療後5年間の評価.第21回日本間脳下垂体腫瘍学会.2011.
123.芹澤 徹 傍トルコ鞍部腫瘍に対する定位放射線治療 〜晩発性放射線障害の観点から〜.第21回日本間脳下垂体腫瘍学会.2011 .
124.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.藤元早鈴病院 ガンマナイフセンター Gamma Knife Perfexion 導入記念学術講演会.2011.
125.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,松田信二,平井達夫,波多野学,小野純一,佐伯直勝 5個以上の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の有用性と限界.第20回日本定位放射線治療学会.2011.
126.樋口佳則,川岸 潤,佐藤泰憲,芹澤 徹,赤羽敦也,周藤 高,山中一浩,山本昌昭 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療における認知機能への影響:JLGK0901登録症例の解析から.第20回日本定位放射線治療学会.2011.
127.松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療不応例に対する微小血管減圧術追加治療の意義 ガンマナイフ再治療と比較して.第20回日本定位放射線治療学会.2011.
128.永野 修,樋口佳則,芹澤 徹,青柳京子,足立明彦,藤川 厚,町田利生,小野純一,佐伯直勝 多発性転移性脳腫瘍に対する腫瘍制御の向上を目指して 転移性脳腫瘍2000症例のガンマナイフ治療経験からわれわれの工夫.日本脳神経外科学会第70回学術総会.2011.
129.芹澤 徹,小南修史,樋口佳則,永野 修,平井達夫,小林士郎,小野純一,佐伯直勝 Radiosurgically high-grade AVM に対するわれわれの治療戦略 塞栓術の併用による安全なガンマナイフ治療を目指して.日本脳神経外科学会第70回学術総会.2011.
130.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療〜JLGK0901研究からみたよい適応と限界〜.第10回定位放射線治療セミナー.2012 .
131.永野 修,芹澤 徹,小南修史,樋口佳則,青柳京子,藤川 厚,町田利生,小林士郎,小野純一,佐伯直勝 直径3㎝以下の小型AVMに対するガンマナイフ治療 塞栓術を併用した安全な治療への取り組み.STROKE2012.2012.
132.芹澤 徹 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 前向き他施設共同(Japan Leksell Gamma Knife 0901)研究.第21回日本定位放射線治療学会.2012(32-33.)
133.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,青柳京子,町田利生,小野純一.佐伯直勝 脳動静脈奇形におけるガンマナイフ治療後の長期follow upの必要性について 晩発性放射線障害の観点から自験213例での検討.第21日本定位放射線治療学会.2012.
134.樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳京子,平井達夫,小野純一,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:最適な分割回数に関する検討.第21日本定位放射線治療学会.2012.
135.松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ後に出現する三叉神経障害.第21日本定位放射線治療学会. 2012.
136.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,平井達夫,小野純一,佐伯直勝,宮川聡史 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱 Qualitative Survival Score (QQS)の有用性.第21日本定位放射線治療学会.2012.
137.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の現状と限界.第4回つくばSRT倶楽部研究会.2012 .
138.芹澤 徹 脳転移を伴う乳癌治療戦略 定位放射線治療からみた乳癌脳転移の特殊性.第20回日本乳癌学会学術総会. 2012 .
139.芹澤 徹 ガンマナイフの課題と将来展望 われわれが明日に備えるべきこと.第7回明日のガンマナイフを担う会.2012.
140.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,小野純一,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療成績 神経機能温存の観点から予後予測可能な新しいGrading Systemの提唱.日本脳神経外科学会第71回学術総会.2012 .
141.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,宮川聡史 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における新しいGradingの提唱.日本放射線腫瘍学会第25回学術大会.2012.
142.芹澤 徹 最新鋭機レクセルガンマナイフパーフェクションの臨床と治療展望.沖縄セントラル病院PFX導入記念講演会.2012.
143.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第464回日本医科大学医学会特別講演会.2012.
144.芹澤 徹,JLGK0901 Study Group 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 (JLGK0901).第15回日本ガンマナイフ研究会.2013 .
145.永野 修,芹澤 徹,平井達夫 New Gamma Knife Technique: 頚髄病変への挑戦.第15回日本ガンマナイフ研究会. 2012.
146.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,佐伯直勝,小野純一 脳動静脈奇形と硬膜動静脈瘻に対する定位放射線治療.第33回日本脳神経外科コングレンス総会.2013 .
147.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,町田利生,小野純一,佐伯直勝 比較的大きな転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:最適な線量分割法の検討.第22回日本定位放射線治療学会.2013.
148.芹澤 徹,永野 修,平井達夫 JLGK0901 studyからみた転移性脳腫瘍に対する定位放射線単独治療のエビデンス.第21回日本乳癌学会学術総会.2013.
149.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の良い適応と限界.東京医科歯科大学キャンサーボード.2013.
150.芹澤 徹 フレーム装着 座位・臥位,あなたはどちら派? 第8回明日のガンマナイフを担う会.2013.
151.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,小野純一,佐伯直勝 神経機能温存の観点からみた転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療の適応と限界.日本脳神経外科学会第72回学術総会.2013.
152.芹澤 徹 多発性脳転移に対するガンマナイフ治療:JLGK0901 Studyを中心に.日本脳神経外科学会第72回学術総会.2013.
153.芹澤 徹 ガンマナイフ治療のピットフォール〜私の経験などから…わたし失敗しないので,と言えるために…〜 1.転移性脳腫瘍.第3回ガンマナイフ治療計画勉強会.2014.
154.山上岩男,木原一徳,佐藤 幹,荷堂 謙,福田和正,中村孝雄,樋口佳則,佐伯直勝,芹澤 徹,永野 修 小さな聴神経鞘腫における聴力温存のための手術手技.第22回日本聴神経腫瘍研究会.2013.
155.山上岩男,木原一徳,荷堂 謙,佐藤 幹,福田和正,中村孝雄,樋口佳則,佐伯直勝,永野 修,芹澤 徹 小さな聴神経腫瘍にいける治療方針 聴力温存手術の治療成績とその適応.第25回頭蓋底外科学会.2013.
156.芹澤 徹 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 JLGK0901を中心に.第11回阿賀北地区脳外研究会.2014.
157.芹澤 徹 小脳橋角部腫瘍に対するガンマナイフ治療 〜聴神経腫瘍を中心に〜.第68回関東脳神経外科懇話会.2014 .
158.山本昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽敦也 多発性脳転移に対するガンマナイフ治療に関する多施設前向き共同研究(JLGK0901): 治療の標準化はなされたか? 第23回日本定位放射線治療学会.2014.
159.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,平井達夫,宮川聡史,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における原病死と神経死を独立して予測可能な grading system.第23回日本定位放射線治療学会.2014.
160.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 JLGK0901研究を中心に.千葉大学腫瘍内科カンファレンス.2014.
161.樋口佳則,永野 修,芹澤 徹,山上岩男,佐伯直勝 聴神経腫瘍の自然史に関する検討:T2* imageと腫瘍増大.第23回日本聴神経腫瘍研究会.2014.
162.山本昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽敦也,樋口佳則,川岸 潤,山中一浩,佐藤泰憲,城倉英史,四方聖二,永野 修,祁内博行,森木章人,鈴木 聡,木田義久,岩井謙育 脳神経外科医主導により世界へ発信したevidence:JLGK0901 Study (UMIN ID: 00001812).日本脳神経外科学会第73回学術総会.2014.
163.周藤 高,山本昌昭,芹澤 徹,赤羽敦也,樋口佳則,川岸 潤,山中一浩,佐藤泰憲,城倉英史 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績(JLGK0901) Case-matching study.日本脳神経外科学会第73回学術総会.2014.
164.永野 修,芹澤 徹,小野純一 肺癌症例における直径2.5㎝以上の脳転移巣に対する寡分割定位放射線治療の効果.第55回日本肺癌学会学術総会.2014.
165.芹澤 徹 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス.日本医科大学千葉北総病院.2014.
166.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス確立の歩み.第38回上総がんフォーラム.2014.
167.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,平井達夫,宮川聡史,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフによる段階的照射の歩み.第16回日本ガンマナイフ研究会.2015.
168.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,松田信二,平井達夫,宮川聡史,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療おけるNeurological Prognostic Scoreの有用性 癌腫別の検討.第16回日本ガンマナイフ研究会.2015.
169.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,青柳京子,松田信二,奥山 翼,石毛 聡,町田利生,小野純一,佐伯直勝 肺癌,乳癌,大腸癌からの比較的大きな転移性脳腫瘍に対する寡分割定位的放射線治療 3群間の比較.第16回日本ガンマナイフ研究会.2015 .
170.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,青柳京子,松田信二,平井達夫,宮川聡史,竹本真也,小野純一,佐伯直勝 芝本雄太 NPS systemのロバスト性 Part 1:癌腫別の検討.第24回日本定位放射線治療学会.2015.
171.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,青柳京子,松田信二,平井達夫,宮川聡史,竹本真也,小野純一,佐伯直勝 芝本雄太 NPS systemのロバスト性 Part 2: Grading system別の検討.第24回日本定位放射線治療学会.2015.
172.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,青柳京子,松田信二,平井達夫,宮川聡史,竹本真也,小野純一,佐伯直勝,芝本 雄太 未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績 ARUBA適格症例における検討.第24回日本定位放射線治療学会.2015.
173.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,青柳京子,松田信二,石毛 聡,町田利生,小野純一,佐伯直勝 聴神経腫瘍における定位放射線治療後の腫瘍退席の推移について 治療後7年以上観察しえた123例での検討.第24回日本定位放射線治療学会.2015 (35.)
174.山本昌昭,芹澤 徹,周藤 高,赤羽敦也,樋口佳則,川岸 潤,山中一浩,佐藤泰憲,城倉英史,四方聖二,永野 修,祁内博行,森木章人,鈴木 聡,木田義久,岩井謙育 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 前向き多施設共同研究(JLGK0901):治療ガイドラインは改訂されてきているか? 第24回日本定位放射線治療学会.2015 .
175.樋口佳則,永野 修,芹澤 徹,青柳京子,中野茂樹,松田信二,山上岩男,佐伯直勝 聴神経腫瘍のgrowth potentialとガンマナイフ後の一過性膨大 第24回日本聴神経腫瘍研究会.2015.
176.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療のエビデンス確立への歩み.第25回東部脳神経外科フォーラム.2015.
177.芹澤 徹 ガンマナイフ治療の光と影.第30回日本脳神経外科国際学会ファーラム.2015.
178. 芹澤 徹 新型モデル・Perfexion時代の脳転移に対するガンマナイフ治療.第22回Clinical Imaging 研究会.2015.
179.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,青柳京子,平井達夫,小野純一,佐伯直勝,小南修史.ARUBA 適格基準を満たす未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績.日本脳神経外科学会第74回学術総会.2015.
180.芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療.Lung cancer Expert Meeting.2015.
181.芹澤 徹 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療適応.第53回日本癌治療学会学術集会.2015.
182. 芹澤 徹,山本昌昭 転移性脳腫瘍に対するSRSの前向き多施設共同研究(JLGK0901)の二次解析:Part 1 主要・副次評価項目.第56回日本肺癌学会学術集会,2015.
183.山本昌昭,芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するSRSの前向き多施設共同研究(JLGK0901)の二次解析:Part 2 合併症と脳高次機能に関する二次解析.第56回日本肺癌学会学術集会,2015.
184.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の適応と限界.済生会熊本病院ガンマナイフパーフェクション導入記念講演会.2015
185.芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療.第2回北多摩南部肺癌分子標的治療研究会.2015.
186.芹澤 徹 聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療.第2回千葉県北部ガンマナイフ治療研究会.2015.
187.芹澤 徹 ガンマプランでかえりみる痛恨の乳癌脳転移例.第4回ガンマナイフ治療計画勉強会.2016.
188.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.東総地区脳腫瘍学術講演会.2016.
189.芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療の適応と限界.Expert Lecture in Funabashi -Focus on brain metastasis-.2016.
190.芹澤 徹 聴神経腫瘍と転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.第6回千駄木脳腫瘍研究会.2016.
191.芹澤 徹 聴神経腫瘍と転移性脳腫瘍のガンマナイフ治療Updates.第18回西新橋緩和ケア研究会.2016.
192.永野 修,芹澤 徹,青柳京子,樋口佳則,中野茂樹,石毛聡,町田利生 乳癌脳転移症例における治療戦略ー.サブタイプ別のガンマナイフ治療成績から得られた知見ー.2016.
193.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,青柳京子,松田信二,平井達夫,竹本真也,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療例における神経機能低下.第25回日本定位放射線治療学会.2016.
194.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,青柳京子,松田信二,平井達夫,竹本真也,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の耳痛.2016.
195.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.悪性腫瘍研究会.2016.
196.芹澤 徹 乳癌脳転移に対するガンマナイフ治療の現状.Breast Cancer Seminar ~脳転移の治療戦略を考える~.2016.
197.芹澤 徹 世紀のメス・ガンマナイフ 転移性脳腫瘍を中心に.エレクタ株式会社 ナショナルアニュアル ミーティング.2016.
198.芹澤 徹 ガンマプランを用いての治療計画講習 AVM.第11回明日のガンマナイフを担う会.2016.
199.芹澤 徹 JLGK0901 Study Group,山本昌昭,樋口佳則,周藤 高,赤羽敦也,川岸 潤,城倉英史,山中一浩,佐藤泰憲.多発性脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績.JLGK0901研究最終報告.第54回日本癌治療学会学術集会.2016.
200.芹澤 徹 乳癌脳転移に対するガンマナイフ治療.第6回多摩乳癌分子標的治療研究会.2016.
201.芹澤 徹 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の光と影.北総脳腫瘍研究会.2016.
202.芹澤 徹 乳がん脳転移に対する治療戦略~ガンマナイフ治療を中心に~.神奈川乳腺カンファレンス第15回学術集会.2016.
203.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,山本昌昭,佐藤泰憲 大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフによる段階的照射ーJLGK 1601研究進捗報告ー.第17回日本ガンマナイフ研究会.2017.
204.山本昌昭,樋口佳則,芹澤 徹,川邊拓也,永野 修,佐藤泰憲 Three-stage gamma knife treatment(3-st-GK-Tx) for relatively large metastatic brain tumors(BMs).第17回日本ガンマナイフ研究会.2017.
205.松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則 三叉神経痛に対するガンマナイフ後に出現する三叉神経障害の長期経過.第17回日本ガンマナイフ研究会.2017.
206.芹澤 徹 乳がん脳転移に対する治療戦略~ガンマナイフ治療を中心に~.第8回阪神乳腺カンファレンス.2017.
207.芹澤 徹 肺癌脳転移に対する治療~ガンマナイフ治療を中心に~.中外eセミナー.2017.
208.芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,青柳京子,山上岩男,平井達夫,竹本真也,芝本雄太, 岩立康男 第26回日本聴神経腫瘍研究会.2017.
209.芹澤 徹 高齢者で著明な一過性膨大で手術のタイミングを苦慮した症例.第29回日本頭蓋底外科学会.2017.
210.芹澤 徹 乳がん脳転移に対する治療戦略~ガンマナイフ治療を中心に~.第10回 Heisei-Breast cancer Active Symposium of Tama.2017.
211. 山本昌昭,芹澤 徹,永野 修,佐藤泰憲,相山 仁,小林紘一 肺癌転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療:高齢者の新たなgrading system に関する二施設協同研究.第58回日本肺癌学会学術集会.2017.
212.芹澤 徹 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療の適応と限界.第12回 Lung Cancer Seminar in 城東.2017.
213.芹澤 徹,樋口佳則,山本昌昭,永野 修,松永成生,佐藤泰憲,四方聖二,小磯隆雄,長谷川俊典,中崎清之 大きな転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ段階的照射.多施設共同研究(JLGK1601)最終報告.第27回日本定位放射線治療学会.2018.
214.芹澤 徹 頭蓋内疾患に対する定位放射線治療の適応.第27回日本定位放射線治療学会.2018.
215.芹澤 徹 聴神経腫瘍に対する定位放射線治療後の経過観察のポイント.第27回日本聴神経腫瘍研究会.2018.

論文

1. Serizawa T, Saeki N, Yamaura A. Microsurgical anatomy and clinical significance of the anterior communicating artery and its perforating branches. Neurosurgery.1997;40:1211-8.
2. Hirai S, Ono J, Odaki M, Serizawa T, Sato M, Isobe K, Sunami K, Kubota M, Saeki N, Yamaura A. Treatment of asymptomatic unruptured intracranial aneurysms. A clinical decision analysis. Interv Neuroradiol.2001;7:61-4.
3. Serizawa T, Iuchi T, Ono J, Saeki N, Osato K, Odaki M, Ushikubo O, Hirai S, Sato M, Matsuda S. Gamma knife treatment for multiple metastatic brain tumors compared with whole-brain radiation therapy.J Neurosurg.2000;93:32-6.
4. Serizawa T, Ono J, Iuchi T, Matsuda S, Sato M, Odaki M, Hirai S, Osato K, Saeki N, Yamaura A. Gamma knife radiosurgery for metastatic brain tumors from lung cancer: a comparison between small cell and non-small cell carcinoma. J Neurosurg. 2002;97:484-8.
5. Hirai S, Ono J, Odaki M, Serizawa T, Nagano O. Embolization of the middle meningeal artery for refractory chrnonic subdural haematoma: usefulness for patients under anticoagulant therapy.Interv Neuroraiol 2004;10:101-4.
6. Matsuda S, Serizawa T, Sato M, Ono J.Gamma knife radiosurgery for trigeminal neuralgia: the dry-eye complication.J Neurosurg.2002;97:525-8.
7. Serizawa T, Saeki N, Higuchi Y, Ono J, Matsuda S, Sato M, Yanagisawa M, Iuchi T, Nagano O, Yamaura A.Diagnostic value of thallium-201 chloride single-photon emission computerized tomography in differentiating tumor recurrence from radiation injury after gamma knife surgery for metastatic brain tumors.J Neurosurg.2005;102:266-71.
8. Serizawa T, Saeki N, Higuchi Y, Ono J, Iuchi T, Nagano O, Yamaura A.Gamma knife surgery for brain metastases: indications for and limitations of a local treatment protocol.Acta Neurochir (Wien).2005;147:721-6.
9. Serizawa T, Higuchi Y, Ono J, Matsuda S, Nagano O, Iwadate Y, Saeki N.Gamma knife surgery for metastatic brain tumors without prophylactic whole-brain radiotherapy: results in 1000 consecutive cases.J Neurosurg.2006;105:86-90.
10. Serizawa T, Yamamoto M, Nagano O, Higuchi Y, Matsuda S, Ono J, Iwadate Y, Saeki N.Gamma knife surgery for metastatic brain tumors: a 2-institute study in Japan. J Neurosurg.2008;109:118-21.
11. Matsuda S, Serizawa T, Nagano O, Ono J.Comparison of the results of 2 targeting methods in gamma knife surgery for trigeminal neuralgia.J Neurosurg.2008;109:185-9.
12. Nagano O, Higuchi Y, Serizawa T, Ono J, Matsuda S, Yamakami I, Saeki N.Transient expansion of vestibular schwannoma following stereotactic radiosurgery.J Neurosurg.2008;109:811-6.
13. Higuchi Y, Serizawa T, Nagano O, Matsuda S, Ono J, Sato M, Iwadate Y, Saeki N. Three-staged stereotactic radiotherapy without whole brain irradiation for large metastatic brain tumors.Int J Radiat Oncol Biol Phys.2009;74:1543-8.
14. Yamamoto M, Kida Y, Fukuoka S, Iwai Y, Jokura H, Akabane A, Serizawa T.Gamma knife radiosurgery for hemangiomas of the cavernous sinus: a seven-institute study in Japan.J Neurosurg.2010;112:772-9.
15. Serizawa T, Hirai T, Nagano O, Higuchi Y, Matsuda S, Ono J, Saeki N.Gamma knife surgery for 1-10 brain metastases without prophylactic whole-brain radiation therapy: analysis of cases meeting the Japanese prospective multi-institute study (JLGK0901) inclusion criteria.J Neurooncol.2010;98:163-7.
16. Serizawa T, Yamamoto M, Sato Y, Higuchi Y, Nagano O, Kawabe T, Matsuda S, Ono J, Saeki N, Hatano M, Hirai T.Gamma knife surgery as sole treatment for multiple brain metastases: 2-center retrospective review of 1508 cases meeting the inclusion criteria of the JLGK0901 multi-institutional prospective study.J Neurosurg.2010;113:48-52.
17. Nagano O, Serizawa T, Higuchi Y, Matsuda S, Sato M, Yamakami I, Okiyama K, Ono J, Saeki N.Tumor shrinkage of vestibular schwannomas after gamma knife surgery: results after more than 5 years of follow-up.J Neurosurg.2010;113:122-7.
18. Matsuda S, Nagano O, Serizawa T, Higuchi Y, Ono J.Trigeminal nerve dysfunction after gamma knife surgery for trigeminal neuralgia: a detailed analysis.J Neurosurg.2010;113:184-90.
19. Yamamoto M, Sato Y, Serizawa T, Kawabe T, Higuchi Y, Nagano O, Barfod B,Ono J, Kasuya H, Urakawa Y.Subclassification of recursive partitioning analysis class II patients with brain metastases treated radiosurgically.Int J Radiat Oncol Biol Phys.2012;83:1399-405.
20. Ohye C, Higuchi Y, Shibazaki T, Hashimoto T, Koyama T, Hirai T, Matsuda S, Serizawa T, Hori T, Hayashi M, Ochiai T, Samura H, Yamashiro K.Gamma knife thalamotomy for parkinson disease and essential tremor: a prospective multicenter study.Neurosurgery.2012;70:526-36.
21. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Hirai T, Ono J, Saeki N, Miyakawa A.Testing different brain metastasis grading systems in stereotactic radiosurgery: Radiation Therapy Oncology Group's RPA, SIR, BSBM, GPA, and modified RPA. J Neurosurg.2012;117:31-7.
22. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Sato Y, Yamamoto M, Ono J, Saeki N, Miyakawa A, Hirai T.Analysis of 2000 cases treated with gamma knife surgery: validating eligibility criteria for a prospective multi-institutional study of stereotactic radiosurgery alone for treatment of patients with 1-10 brain metastases (JLGK0901) in Japan.Journal of Radiosurgery and SBRT.2012;2:19-27.
23. Nakazaki K, Higuchi Y, Nagano O, Serizawa T.Efficacy and limitations of salvage gamma knife radiosurgery for brain metastases of small-cell lung cancer after whole-brain radiotherapy. Acta Neurochir (Wien).2013;155:107-14.
24. Yamamoto M, Serizawa T, Sato Y, Kawabe T, Higuchi Y, Nagano O, Barfod B, Ono J, Kasuya H, Urakawa Y.Validity of two recently-proposed prognostic grading indices for lung, gastro-intestinal, breast and renal cell cancer patients with radiosurgically-treated brain metastases.J Neurooncol.2013;111:327-35.
25. Yamamoto M, Serizawa T, Shuto T, Akabane A, Higuchi Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Sato Y, Jokura H, Yomo S, Nagano O, Kenai H, Moriki A, Suzuki S, Kida Y, Iwai Y, Hayashi M, Onishi H, Gondo M, Sato M, Akimitsu T, Kubo K, Kikuchi Y, Shibasaki T, Goto T, Takanashi M, Mori Y, Takakura K, Saeki N, Kunieda E, Aoyama H, Momoshima S, Tsuchiya K.Stereotactic radiosurgery for patients with multiple brain metastases (JLGK0901): a multi-institutional prospective observational study.Lancet Oncol.2014;15:387-95.
26. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Ono J, Saeki N, Hirai T, Miyakawa A, Shibamoto Y.A new grading system focusing on neurological outcomes for brain metastases treated with stereotactic radiosurgery: the modified Basic Score for Brain Metastases.J Neurosurg.2014;121:35-43.
27. Kano H, Shuto T, Iwai Y, Sheehan J, Yamamoto M, McBride H, Sato M, Serizawa T, Yomo S, Moriki A, Kohda Y, Young B, Suzuki S, Kenai H, Duma C, Kikuchi Y, Mathieu D, Akabane A, Nagano O, Kondziolka D, Lunsford L.Stereotactic radiosurgery for intracranial hemangioblastomas: a retrospective international outcome study.J Neurosurg.2015;122:1469-78.
28. Hirono S, Iwadate Y, Higuchi Y, Serizawa T, Nagano O, Matsutani T, Saeki N.Stereotactic radiosurgery in combination with up-front high-dose methotrexate as a first-line treatment for newly diagnosed primary central nervous system lymphoma.J Neurooncol.2015;123:237-44.
29. Hasegawa T, Kato T, Kida Y, Sasaki A, Iwai Y, Kondoh T, Tsugawa T, Sato M, Sato M, Nagano O, Nakaya K, Nakazaki K, Kano T, Hasui K, Nagatomo Y, Yasuda S, Moriki A, Serizawa T, Osano S, Inoue A. J Neurosurg.2016;125:822-83.
30. Yamanaka K, Iwai Y, Shuto T, Kida Y, Sato M, Hayashi M, Kondo T, Hirai H, Hori R, Kubo K, Mori H, Nagano O, Serizawa T. Treatment Results of Gamma Knife Radiosurgery for Central Neurocytoma: Report of a Japanese Multi-Institutional Cooperative Study. World Neurosurg.2016;90:300-05.
31. Higuchi Y, Matsuda S, Serizawa T. Gamma knife radiosurgery in movement disorders: Indications and limitations. Mov Disord.2017;32:28-35.
32. Miyakawa A, Shibamoto Y, Takemoto S, Serizawa T, Otsuka S, Hirai T. Fractionated stereotactic radiotherapy for metastatic brain tumors that recurred after gamma knife radiosurgery results in acceptable toxicity and favorable local control. Int J Clin Oncol.2017;22:250-56.
33. Kawabe T, Yamamoto M, Sato Y, Yomo S, Kondoh T, Nagano O, Serizawa T, Tsugawa T, Okamoto H, Akabane A, Aita K, Sato M, Jokura H, Kawagishi J, Shuto T, Kawai H, Moriki A, Kenai H, Iwai Y, Gondo M, Hasegawa T, Yasuda S, Kikuchi Y, Nagatomo Y, Watanabe S, Hashimoto N. Gamma Knife radiosurgery for brain metastases from pulmonary large cell neuroendocrine carcinoma: a Japanese multi-institutional cooperative study (JLGK1401). J Neurosurg.201;125:11-17.
34. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Aoyagi K, Ono J, Saeki N, Iwadate Y, Hirai T, Takemoto S, Shibamoto Y. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Matsuda S, Aoyagi K, Ono J, Saeki N, Iwadate Y, Hirai T, Takemoto S, Shibamoto Y. Robustness of the neurological prognostic score in brain metastasis patients treated with Gamma Knife radiosurgery J Neurosurg.2017;127:1000-06.
35. Hirshman BR, Wilson B, Ali MA, Proudfoot JA, Koiso T, Nagano O, Carter BS, Serizawa T, Yamamoto M, Chen CC. Superior Prognostic Value of Cumulative Intracranial Tumor Volume Relative to Largest Intracranial Tumor Volume for Stereotactic Radiosurgery-Treated Brain Metastasis Patients. Neurosurgery.2018;82:473-80.
36. Ali MA, Hirshman BR, Wilson B, Carroll KT, Proudfoot JA, Goetsch SJ, Alksne JF, Ott K, Aiyama H, Nagano O, Carter BS, Fogarty G, Hong A, Serizawa T, Yamamoto M, Chen CC. Survival Patterns of 5750 Stereotactic Radiosurgery-Treated Patients with Brain Metastasis as a Function of the Number of Lesions. World Neurosurg. 2017;107:944-51.
37. Ali MA, Hirshman BR, Wilson B, Schupper AJ, Joshi R, Proudfoot JA, Goetsch SJ, Alksne JF, Ott K, Aiyama H, Nagano O, Carter BS, Chiang V, Serizawa T, Yamamoto M, Chen CC. Improving the Prognostic Value of Disease-Specific Graded Prognostic Assessment Model for Renal Cell Carcinoma by Incorporation of Cumulative Intracranial Tumor Volume, World Neurosurg.2017;108:151-56.
38. Yamamoto M, Serizawa T, Higuchi Y, Sato Y, Kawagishi J, Yamanaka K, Shuto T, Akabane A, Jokura H, Yomo S, Nagano O, Aoyama H. A Multi-institutional Prospective Observational Study of Stereotactic Radiosurgery for Patients With Multiple Brain Metastases (JLGK0901 Study Update): Irradiation-related Complications and Long-term Maintenance of Mini-Mental State Examination Scores. Int J Radiat Oncol Biol Phys.2017;99:31-40.
39. Ogino A, Hirai T, Serizawa T, Yoshino A. Clinical features of brain metastases from hepatocellular carcinoma using gamma knife surgery. Acta Neurochir (Wien).2018;160:997-1003.
40. Matsunaga S, Shuto T, Yamamoto M, Yomo S, Kondoh T, Kobayashi T, Sato M, Okamoto H, Serizawa T, Nagano O, Kenai H, Obara T, Iwai Y, Yasuda S, Hasegawa T, Kubo K, Shidoh S, Mori K, Hayashi M, Inoue A, Onoue S, Gondo M. Gamma Knife Radiosurgery for Metastatic Brain Tumors from Malignant Melanomas: A Japanese Multi-Institutional Cooperative and Retrospective Cohort Study (JLGK1501). Stereotact Funct Neurosurg.2018;3:1-10.
41. Higuchi Y, Yamamoto M, Serizawa T, Aiyama H, Sato Y, Barfod BE. Modern management for brain metastasis patients using stereotactic radiosurgery: literature review and the authors' gamma knife treatment experiences. Cancer Manag Res.2018;10:1889-99.
42. Low-dose Gamma Knife radiosurgery plus whole-brain radiation therapy for patients with 5 or more brain metastases with or without meningeal dissemination. A Miyakawa, Y Shibamoto, S Takemoto, T Hirai, T Serizawa. Int J Clin Oncol. (In press)
43. Comparison of treatment results between 3- and 2-stage Gamma Knife radiosurgery for large brain metastases: a retrospective multi-institutional study. T Serizawa, Y Higuchi, M Yamamoto, S Matsunaga, O Nagano, Y Sato, K Aoyagi, S Yomo, T Koiso, T Hasegawa, K Nakazaki, A Moriki, T Kondoh, Y Nagatomo, H Okamoto, Y Kohda, H Kawai, S Shidoh, T Shibazaki, S Onoue, H Kenai, A Inoue, H Mori. J Neurosurg. (In press)
44. Prognostic Importance of Cumulative Intracranial Tumor Volume (CITV) in Gastrointestinal (GI) Brain Metastasis Patients Treated with Stereotactic Radiosurgery.RS Joshi, BR Hirshman, MA Ali, A Alattar, K Carroll, O Nagano, H Aiyama, T Serizawa, M Yamamoto, CC Chen. World Neurosurg. (In press)

45. 芹澤 徹,渡辺義郎,佐藤 章,中村 弘,小瀧 勝,小林繁樹,宮田昭宏 乳幼児急性硬膜下血腫の予後不良症例の検討.小児の脳神経 1990;15:45-52.
46. 中村 弘,渡辺義郎,佐藤 章,小瀧 勝,小林繁樹,芹澤 徹,宮田昭宏 後頭蓋窩外傷32例の検討.神経外傷 1990;13:49-55.
47. 佐藤 章,中村 弘,小瀧 勝,小林繁樹,芹澤 徹,宮田昭宏,渡辺義郎 破裂全交通動脈瘤に対する手術法の検討II 血管写上の特徴と手術法の選択について.脳卒中の外科 1991;19:7-12.
48. 芹澤 徹,佐伯直勝,山浦 晶,中崎 将,福田和正 前交通動脈穿通枝の微小外科解剖 subcallosal arteryの重要性について. The Mt Fuji Worksohp on CVD 1994;12:6-11.
49. 芹澤 徹,佐伯直勝、福田和正,山浦 晶 Interhemispheric trans-lamina terminalis approachにおける前交通動脈とその穿通枝の微小外科解剖 正常剖検脳による検討.脳神経外科 1994;22;447-54.
50. 山上岩男,芹澤 徹,山浦 晶,中村孝雄 頭蓋底手術後に発生する髄液漏.脳神経外科 1996;24:29-33.
51. 芹澤 徹,佐伯直勝,久保田基夫,山浦 晶 限局性外側膝状体梗塞における視野障害とMR像.神経内科 1997;47:372-6.
52. 芹澤 徹,井内俊彦,小野純一,松田信二,大里克信,牛久保修,小瀧 勝 ガンマナイフ治療は多発性転移性脳腫瘍の予後を改善したか? 非小細胞癌例の検討.脳神経外科ジャーナル 2000;9:725-30.
53. 佐藤真人,岩瀬 勉,芹澤 徹,松田信二,牛久保修,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療計画用MRIの位置精度 CISS法における検討.定位的放射線治療  2000;4:31-7.
54. 牛久保修, 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,柳沢正道,丸 繁勘,佐藤真人,岩瀬 勉 良性脳腫瘍のTL/HSA dual isotope SPECT ガンマナイフ治療例での検討.定位的放射線治療 2000;4:71-5.
55. 芹澤 徹,井内俊彦,小野純一,大里克信 非小細胞肺癌の多発脳転移に対するGamma Knife治療成績,全脳照射を中心とした集学的治療法との比較.肺癌 2001;41:123-9.
56. 平井伸治,小野純一,小瀧 勝,芹澤 徹,佐藤 幹,磯部勝見,角南兼朗,久保田基夫,山浦 晶 未破裂脳動脈瘤の治療方針 判断分析による検討.脳卒中の外科 2001;29:91-5.
57. 小野純一,平井伸治,芹澤 徹,磯部勝見,山浦 晶 高齢者重症頭部外傷の検討.Geriatric Neurosurgery 2001;13:89-93.
58. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,牛久保修,佐藤真人,岩瀬 勉,小瀧 勝,平井伸治 ガンマナイフ治療後の一過性腫瘍膨大 聴神経腫瘍と髄膜腫における検討.定位的放射線治療 2001;5:29-36.
59. 芹澤 徹,小野純一,井内俊彦,大里克信 多発性転移性脳腫瘍に対する治療戦略 Gamma Knife治療はどこまで予後を改善できるのか? 外科系連合学会誌 2001;26:1287-91.
60. 小瀧 勝,小野純一,平井伸治,芹澤 徹,佐藤 幹,磯部勝見 ウロキナーゼ間歇的脳槽内投与による症候性脳血管攣縮の予防効果について.脳血管攣縮 2001;16:345-7.
61. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,平井伸治,佐藤 幹,松田信二,柳沢正道,丸 繁勘,岩瀬 勉,佐藤真人 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別 Serial thallium-201 chloride SPECTの有用性. 脳神経外科ジャーナル 2001;10:726-32.
62. 松田信二,芹澤 徹,小野純一,鈴木淳也,石川千恵子,朝比奈真由美,本間甲一 治療抵抗性三叉神経痛に対するガンマナイフ治療.神経治療学 2001;18:535-40.
63. 小野純一,平井伸治,芹澤 徹,小林英一,佐伯直勝,山浦 晶 椎骨脳底動脈系解離性動脈病変の転帰決定因子 再出血に影響を及ぼす因子の検討.脳神経外科ジャーナル 2002;11:265-70.
64. 松田信二,芹澤 徹,小野純一,佐藤真人,松本易二,小瀧 勝,平井伸治,坂田義則 治療抵抗性三叉神経痛に対するガンマナイフ治療.定位的放射線治療 2002;6:111-9.
65. 芹澤 徹,平井伸治,小野純一,松田信二,佐藤真人,小瀧 勝,坂田義則,藤野英世,牛久保修 臨床判断分析による3cm以下の脳動静脈奇形に対する治療法の選択 経過観察か,ガンマナイフか,手術か? 定位的放射線治療 2002;6:33-44.
66. 平井伸治,小野純一,小瀧 勝,芹澤 徹,峯 清一郎,小林英一,内野福生,佐伯直勝,山浦 晶 脳動静脈奇形に対する治療適応 臨床判断分析による検討.脳卒中の外科 2002;30:276-80.
67. 井内俊彦,幡野和男,成田雄一郎,芹澤 徹,大里克信 悪性gliomaに対する3次元的放射線治療の試み.Neuro-oncolgy 2002;12:58-63.
68. 芹澤 徹,小野純一,井内俊彦,松田信二,佐藤真人,小瀧 勝,平井伸治,大里克信,佐伯直勝,山浦 晶 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療成績.脳神経外科ジャーナル 2003;12:3-9.
69. 芹澤 徹,平井伸治,小野純一,小瀧 勝,佐伯直勝,山浦 晶,藤野英世,牛久保 修,安井信之 小さな脳動静脈奇形に対する治療選択 臨床判断分析による検討.脳卒中の外科 2003;31:81-6.
70. 松田信二,芹澤 徹,三澤園子,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療後に出現する合併症の検討.定位的放射線治療 2003;7:59-65.
71. 芹澤 徹,小野純一,佐藤真人,松田信二,三澤園子,小瀧 勝,平井伸治,井内俊彦,樋口佳則,佐伯直勝,山浦 晶 小細胞肺癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績 非小細胞肺癌脳転移との比較.定位的放射線治療 2003;7:73-80.
72. 小野純一,平井伸治,小林英一,芹澤 徹,小瀧 勝,藤川 厚,佐伯直勝,山浦 晶 くも膜下出血で発症した椎骨脳底動脈系解離性動脈病変の急性期管理 再出血例の検討.Neurosurgical Emergency 2003;8:30-4.
73. 芹澤 徹,小野純一,平井伸治,小瀧 勝,永野 修,樋口佳則,佐伯直勝,山浦 晶,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世,牛久保修,安井信之 脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療後にlatency periodの出血は自然歴と比較して減るか? 脳卒中の外科 2004;32:133-7.
74. 芹澤 徹,佐伯直勝 脳神経外科手術 Radiosurgery(1) 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.脳神経外科速報 2004;14:1061-9.
75. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,佐藤真人,柳沢正道,丸 繁勘,井内俊彦,樋口佳則,永野 修,佐伯直勝,山浦 晶 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別 Thallium-201 Chloride SPECTの有用性と限界.定位的放射線治療 2004;8:45-52.
76. 芹澤 徹,小野純一,松田信二,佐藤真人,井内俊彦,樋口佳則,永野 修,佐伯直勝,山浦 晶 11個以上の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 転移数が生存,神経死予防,ADL維持,新病変出現に与える影響.定位的放射線治療 2004;8:133-9.
77. 松田信二,芹澤 徹,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 三叉神経根ガドリニウム造影効果の検討.定位的放射線治療 2004;8:163-9.
78. 佐藤真人,芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,小野純一 臨床画像におけるCISS imageの位置精度.定位的放射線治療 2004;8:179-84.
79. 小野純一,小瀧 勝,平井伸治,芹澤 徹,永野 修,磯部勝見 高齢者破裂脳動脈瘤の病態と治療 脳槽ドレナージおよびurokinase脳槽投与の効果.Geriatric Neurosurgery 2004;16:25-9.
80. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,永野 修,佐伯直勝 脳動静脈奇形に対する低線量ガンマナイフ治療成績.脳卒中の外科 2005;33:352-6.
81. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,松田信二,佐藤真人,井内俊彦,永野 修,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の現状 全脳照射を併用せずどこまで頭蓋内制御は可能か? 定位的放射線治療 2005;9:55-62.
82. 永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,佐藤真人.松田信二,佐伯直勝 3cm以上の小脳転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療 急性期における安全性と中期治療成績について.定位的放射線治療 2005;9:63-9.
83. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 再発例の検討.定位的放射線治療 2005;9:127-32.
84. 小野純一,平井伸治,芹澤 徹,小林繁樹,小林英一,菅谷雄一,烏谷博英,小澤義典,佐伯直勝,山浦 晶 椎骨脳底動脈系の非出血性解離性動脈病変の治療方針.脳卒中の外科.2005;33:20-5.
85. 樋口佳則,芹澤 徹,小野純一,松田信二,Pearlstein D,Slater M 放射線照射による海馬神経細胞の変化.機能的脳神経外科 2005;44:50-1.
86. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,町田利生,沖山幸一,永野 修,佐伯直勝,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世,安井信之,山本昌昭 未破裂脳動静脈奇形に対する臨床判断に基づく治療法の選択 経過観察か,ガンマナイフか,手術か? 脳卒中の外科 2006;34:152-6.
87. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療における合併症の検討.定位的放射線治療 2006;10:83-9.
88. 小野純一,町田利生,樋口佳則,松田信二,三澤園子,芹澤 徹,沖山幸一,赤荻英理,小林英一,佐伯直勝 虚血性心疾患を合併する頸動脈狭窄病変に対するチーム医療 循環器科との総合診療の重要性.The Mt. Fuji Workshop on CVD 2006;24:45-9.
89. 樋口佳則,小野純一,松田信二,小林英一,三澤園子,芹澤 徹,永野 修,小瀧 勝 高齢者頸部動脈病変の転帰に関与する因子.Geriatric Neurosurgery 2006;18:37-41.
90. 樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,平井伸治,小野純一 抗血小板療法,抗凝固療法の慢性硬膜下血腫再発への関与.神経外傷 2006;29:44−9.
91. 永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,佐伯直勝,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世,安井信之 高齢者における小さな脳動静脈奇形に対する治療法の選択 臨床判断分析による検討.Geriatric Neurosurgery 2006;18:53-60.
92. 樋口佳則,小野純一,松田信二,小林英一,三澤園子,芹澤 徹,永野 修,小瀧 勝 高齢者頸部頸動脈病変の転帰に関する因子.Geriatric Neurosurgery 2006;18:37-41.
93. 仲野敦子,花沢豊行,岡本美孝,芹澤 徹 鼻副鼻腔原発悪性脳腫瘍の頭蓋内病変に対するガンマナイフ治療の検討.日本耳鼻科学会会誌 2006;45:20-4.
94. 赤荻英理,松田信二,根本有子,町田利生,樋口佳則,沖山甲一,芹澤 徹,本間甲一,小野純一 超急性期脳梗塞におけるrt-PA静注療法適応について 後ろ向き検討によるシミュレーション.脳卒中 2006;28:623-7.
95. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,永野 修,周藤 高,猪森茂雄,藤野英世,山本昌昭,福岡誠二,城倉英史,川岸 潤,岩井謙育,山中一浩 小さな脳動静脈奇形の自然歴 ガンマナイフ治療を施行した2000例の初回出血の検討.脳卒中の外科 2007;35:41-6.
96. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,松田信二,永野 修,岩立康男,佐伯直勝 ガンマナイフ単独治療における新規病変の出現率と追加照射の必要性.定位的放射線治療 2007;11:19-25.
97. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,小野純一,松田信二,岩立康男,佐伯直勝 全脳照射後の局所再発および新規に出現した転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ追加治療成績.定位的放射線治療 2007;11:1-9.
98. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,町田利生,沖山幸一,小野純一,松田信二,佐藤真人,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する定位的放射線外科治療と低分割定位的放射線治療の適応.定位的放射線治療 2007;11:21-7.
99. 松田信二,芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療 三叉神経根ガドリニウム造影効果. 定位的放射線治療 2007;11:65-72.
100. 小野純一,樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,小林繁樹,小林英一,佐伯直勝 くも膜下出血で発症した椎骨脳底動脈系の頭蓋内解離性動脈病変の検討 病態および外科治療成績.脳卒中の外科 2007;35:124-9.
101. 芹澤 徹,樋口佳則,小野純一,井内俊彦,永野 修,岩立康男,佐伯直勝 寡数個脳転移に対する定位放射線治療 予防的全脳照射は必要か? 脳神経外科ジャーナル 2007;16:497-503.
102. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,町田利生,沖山幸一,小野純一,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績 予防的全脳照射を併用しない局所治療プロトコールの適応と限界.脳神経外科ジャーナル 2007;16:833-9.
103. 小野純一,樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,小林英一,永野 修,佐伯直勝 高齢者の無症候性未破裂脳動脈瘤の検討 非高齢者との比較.Geriatric Neurosurgery 2007;19:43-8.
104. 樋口佳則,町田利生,芹澤 徹,沖山幸一,平井伸治,小野純一 超高齢者慢性硬膜下血腫の周術期の問題点.Geriatric Neurosurgery 2007;19:73-7.
105. 町田利生,小野純一,樋口佳則,芹澤 徹,沖山幸一,磯部勝見 非外傷性くも膜下出血例の治療 脳槽ドレナージ,ウロキナーゼ髄注療法および早期栄養の有効性.Neurosurg Emerg 2007;12:175-9.
106. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,町田利生,沖山幸一,伊達裕昭,伊藤千秋,沼田 理,佐伯直勝,小野純一 小児に対するガンマナイフ治療 全身麻酔下での安全性の確立.小児の脳神経 2008;33:303-7.
107. 沖山幸一,永野 修,町田利生,樋口佳則,芹澤 徹,小野純一 未破裂動脈瘤の自然経過と治療成績.脳卒中の外科 2008;36:187-92.
108. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,松田信二,小野純一,佐伯直勝,波多野学,平井達夫 多発性転移性脳腫瘍に対する定位放射線単独治療成績 JLGK0901適格基準を満たす778自験例の検討.定位的放射線治療 2010;14:55-62.
109. 松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,佐藤真人,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療:千葉県循環器病センターにおける10年間の治療成績.定位的放射線治療 2010;14:63-72.
110. 永野 修, 芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,佐藤真人,水橋里弥,沖山幸一,小野純一,佐伯直勝 聴神経腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍体積変化に関する検討治療後5年間の評価. 定位的放射線治療 2010;14:97-104.
111. 樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳京子,沖山幸一,小野純一,松田信二,佐藤真人,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療の適応と限界.定位的放射線治療 2011;15:7-12.
112. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,松田信二,小野純一,佐伯直勝 5個以上の転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療の有用性と限界.定位的放射線治療 2012;16:55-63.
113. 永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,松田信二,青柳京子,藤川 厚,町田利生,小野純一,佐伯直勝 聴神経腫瘍におけるガンマナイフ治療後の一過性膨大は制御できるのか 関連因子の検討.定位的放射線治療 2012;16:31-5.
114. 松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療不応例に対する微小血管減圧術追加治療の意義 ガンマナイフ再治療と比較して.定位的放射線治療 2012;16:87-95.
115. 芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,松田信二,小野純一,佐伯直勝,宮川聡史,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における神経機能温存の観点から新しいGradingの提唱 Qualitative Survival Score (QSS)の有用性.定位的放射線治療 2013;17:21-9.
116.樋口佳則,芹澤 徹,永野 修,青柳京子,松田信二,小野純一,平井達夫,岩立康男,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対する低分割定位的放射線治療:最適な分割回数に関する検討.定位的放射線治療 2013;17:31-6.
117.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,小南修史,平井達夫,小野純一,佐伯直勝 動静脈奇形と硬膜動静脈瘻の病態と治療 なにが違って何が同じなのか 脳動静脈奇形と硬膜脳動静脈瘻に対する定位放射線治療の役割.脳神経外科ジャーナル 2013;22:917-26.
118.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,松田信二,小野純一,佐伯直勝,宮川聡史,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対する定位放射線治療における各種grading system の有用性の検証.定位的放射線治療 2014;18:97-105.
119.平井達夫,芹澤 徹,宮川聡史,平井崇久 振戦に対するガンマナイフ視床手術の長期成績.定位的放射線治療 2014;18:135-45.
120.山中一浩,岩井謙育,周藤 高,木田義久,佐藤光弥,林 基弘,近藤 威,平井久雄,堀兼太郎,久保謙二,森 久恵,永野 修,芹澤 徹 Central neurocytoma のガンマナイフ治療 全国調査報告 (JLGK 1201 study).定位的放射線治療 2014;18:177-84.
121.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,平井達夫,松田信二,小野純一,佐伯直勝,宮川聡史,芝本雄太 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療において生命予後と神経機能予後を予測可能なgrading system: Modified Basic Score for Brain Metastases. 定位的放射線治療 2015;19:81-9.
122.松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一 ガンマナイフ治療を行った特発性三叉神経痛症例数の推移.定位的放射線治療 2015;19:147-53.
123.永野 修,芹澤 徹,小南修史,藤川 厚,石毛 聡,町田利男,小林士郎,小野純一 塞栓術を併用した安全な定位放射線治療への取り組み ナイダス体積10cm3以下のAVMでの検討.The Mt. Fuji Workshop on CVD 2014;32:108-12.
124.松田信二,芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,小野純一 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療.ペインクリニック 2015;36:509-15.
125.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,青柳京子,松田信二,平井達夫,竹本真也,小野純一,佐伯直勝,芝本雄太 未破裂脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療成績ARUBA適格症例における検討.定位的放射線治療.2016;20:1-8.
126.永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,青柳京子,松田信二,石毛 聡,町田利生,小野純一,佐伯直勝 聴神経腫瘍におけるガンマナイフ治療後の腫瘍体積の推移についてー治療後7年以上観察し得た123例での検討ー.定位的放射線治療.2016;20:37-44.
127. 赤羽敦也,山本昌昭,芹澤 徹,周藤 高,樋口佳則,川岸 潤,山中一浩,佐藤泰憲,城倉英史,四方聖二 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ単独治療成績-前向き多施設共同研究(JLGK0901) : 治療ガイドラインは改訂されてきているか?定位的放射線治療2016;20:77-83.
128. 松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,小野純一 難治性三叉神経痛に対するガンマナイフ ー年齢による治療結果の差異ー.定位的放射線治療2016;20:125-32.
129.芹澤 徹,樋口佳則,小澤由季子,村上幸三,永野 修,青柳京子,松田信二,平井達夫,竹本真也,芝本雄太,岩立康男 脳転移患者に対する定位放射線治療における神経死および全身死リスク評価ツール.定位的放射線治療2018;22:63-74.
130. 青柳京子,永野 修,樋口佳則,村上幸三,芹澤 徹,岩立康男 乳癌脳転移症例に対するガンマナイフ施行後のgenetic phenotype 別の転帰比較.定位的放射線治療2018;22:78-82.
131. 松田信二,永野 修,芹澤 徹,樋口佳則,青柳京子 三叉神経痛に対するガンマナイフ治療後にみられる三叉神経障害をきたす要因.定位的放射線治療2018;22:147-153.
132. Serizawa T, Sato A, Miyata A, Kobayashi S, Odaki M, Nakamura H, WatanabeY. Ruptured cerebral aneurysm associated with coarctation of the aorta: report of two cases. Neurologia Med Chir (Tokyo).1992;32:342-5.
133. 芹澤 徹,山浦 晶,大里克信,中村孝雄,峯清一郎 舌下神経鞘腫の1例. 脳神経外科 1989;17:279-83.
134. 芹澤 徹,鬼島正典,久保田基夫,小林繁樹,小瀧 勝,中村 弘,佐藤 章,渡辺義郎 周産期皮質下出血の2症例.日本救急医学会関東地方会雑誌 1989;10:26-34.
135. 宮田昭宏,芹澤 徹,小林繁樹,小瀧 勝,中村 弘,佐藤 章,渡辺義郎 慢性硬膜下血腫術後にけいれん重積を起こした3症例.日本救急医学会関東地方会雑誌 1989;10:638-40.
136. 芹澤 徹,宮田昭宏,中村 弘,佐藤 章,渡辺義郎 多発性脳動脈瘤を合併した急性特発性硬膜下血腫の1例.日本救急医学会関東地方会雑誌 1990;11:304-6.
137. 芹澤 徹,福田和正,宮田昭宏,小瀧 勝,中村 弘,佐藤 章,渡辺義郎 大動脈縮窄症に合併した多発脳動脈瘤の1例. 日本救急医学会関東地方会雑誌 1990;11:196-8.
138. 福田和正,渡辺義郎,伊藤範行,佐藤 章,中村達雄,中村 弘,小瀧 勝,芹澤 徹,宮田昭宏 破裂脳動脈瘤急性期手術中に悪性高熱症を合併した1例.日本救急医学会関東地方会雑誌 1990;11:772-4
139. 芹澤 徹,小宮博一,田中幹雄,大里克信,山浦 晶 くも膜下出血で発症した後下小脳動脈末梢部解離性動脈瘤の1例.脳神経外科速報 1991;1:51-6.
140. 芹澤 徹,佐藤 章,小林繁樹,中村 弘,小瀧 勝,宮田昭宏,渡辺義郎 非外傷性急性硬膜下血腫の3例. 脳神経外科 1991;19:1061-5.
141. 村井尚之,佐伯直勝,芹澤 徹,会沢昌倫,山浦 晶 Rathke's cleft cystのMRI診断について.千葉MR研究会誌 1993;4:28-34.
142. 小林英一,芹澤 徹,三橋広光 側頭葉内巨大類上皮腫の1例 特に実質内発生に関して.脳神経外科 1994;22:769-73.
143. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,牛久保修,柳沢正道,佐藤真人,岩瀬 勉,佐藤次男 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後のThallium 201 Chloride SPECT.千葉核医学研究会誌 1999;14;33-7.
144. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,牛久保修,柳沢正道,丸 繁勘,佐藤真人,岩瀬 勉 良性脳腫瘍のTL/HSA serial dual isotope SPECT ガンマナイフ治療例の検討.千葉核医学研究会誌 1999;15:45-8.
145. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,平井伸治,佐藤 幹,柳沢正道,丸 繁勘,岩瀬 勉,佐藤真人,松田信二,石川千恵子 転移性脳腫瘍に対するGamma Knife治療後の効果判定におけるタリウムスペクトの有用性.千葉核医学研究会誌 2001;16:29-31.
146. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,平井伸治,佐藤 幹,柳沢正道,丸 繁勘,岩瀬 勉,佐藤真人,松田信二,石川千恵子,本間甲一 良性脳腫瘍に対するGamma Knife治療の早期判定効果 聴神経腫瘍と髄膜腫におけるThallium Index.千葉核医学研究会誌2001;17:34-7.
147. 芹澤 徹,小野純一,小瀧 勝,平井伸治,藤川 厚,松田信二,三澤園子,柳沢正道,丸 繁勘,佐藤真人 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療後の腫瘍再発と放射線障害の鑑別 -Thallium SEPCTの有用性と問題点-.千葉核医学研究会誌2003;18:28-31
148. 芹澤 徹,永野 修,平井伸治,小瀧 勝,小野純一,柳沢正道,佐藤真人,丸 繁勘,松田信二,樋口佳則,佐伯直勝,山浦 晶 タリウムスペクトからみた髄膜腫に対する低線量ガンマナイフ治療の妥当性.千葉核医学研究会誌 2004;20:33-6.
149. Serizawa T. Radiosurgery for metastatic brain tumors. Int J of Clin Oncol.2009;14:289-98.
150. 芹澤 徹,小野純一 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.別冊・医学のあゆみ radiosurgeryの最前線, -現況と展望-.林 基弘編,医歯薬出版株式会社,東京,2002;50-4.
151. 芹澤 徹,佐伯直勝 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療.悪性脳腫瘍に対する新規放射線治療:医学の歩み,久保長生編,医歯薬出版株式会社,東京,2004;210;905-9.
152. 芹澤 徹 脳動静脈奇形に対する放射線治療 ガンマナイフを中心として.救急医療2005;29:1105-10.
153. 芹澤 徹 世紀のメス・ガンマナイフで切らずに治す脳疾患.BRAIN 2008;93:10-1.
154. 芹澤 徹 寡数個脳転移に対する定位放射線治療 予防的全脳照射を併用しないガンマナイフ単独治療成績〜,医学のあゆみ,定位放射線治療-最新動向,医歯薬出版株式会社,東京,2008;225:351-56.
155. 芹澤 徹 寡数個脳転移に対する定位放射線治療 予防的全脳照射を併用しないガンマナイフ単独治療成績,医学のあゆみ,定位放射線治療UPDATE -治療の選択肢を広げる必須の知識,中谷幸太郎編,医歯薬出版株式会社,東京,2009;57-62.
156. 芹澤 徹 乳癌脳転移に対するガンマナイフ単独治療成績 10個以下の脳転移症例に予防的全脳照射は必要か? 乳癌の臨床 2009;24:760-1.
157. 芹澤 徹,大賀 優 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療,新時代の脳腫瘍学 -診断・治療の最前線- 転移性脳腫瘍 日本臨床2010;68:583-7.
158.芹澤 徹,樋口佳則,佐伯直勝,永野 修,小野純一 非小細胞肺癌の多発脳転移に対するガンマナイフ治療 –Pro-,肺がん診療のPro & Con,西條長宏編,腫瘍内科,科学評論社,東京,2011;7:563-72.
159.芹澤 徹,樋口佳則,永野 修,佐伯直勝,小野純一,平井達夫 専門医に求められる最新の知識 脳腫瘍 転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療の最新の知見.脳神経外科速報 2013;23:421-30.
160. 芹澤 徹 乳癌術後の他臓器病変が疑われた時 〜脳〜.乳癌診療TIPS&TRAPS 2014;5
161. 永野 修,芹澤 徹 脳動静脈奇形に対するガンマナイフ治療.JOURNAL OF CLINICAL REHABILITATION 2014;23:880-3.
162. 芹澤 徹,樋口佳則 ガンマナイフ治療の現状.Rad Fan 2014;12:33-9.
163.芹澤 徹, 樋口佳則,岩立康男,芝本雄太 放射線治療の最新のトピックス ガンマナイフ.現代医学. 2015;63:59-64.
164. 芹澤 徹,平井達夫 肺癌脳転移に対するガンマナイフ治療.Medical Practice.2016;221-24.
165. 芹澤 徹,永野 修,樋口佳則,岩立康男 多発性転移性脳腫瘍に対するガンマナイフ治療適応.癌の臨床.2016;62:69-77.
166.芹澤 徹,樋口佳則,岩立康男,芝本雄太 定位放射線治療の現状と今後の展望 —ガンマナイフによる定位放射線治療の実際—.月刊インナービジョン.2016;11:10-13
167. Serizawa T, Higuchi Y, Ono J, Matsuda S, Iuchi T, Nagano O, Saeki N. Gamma knife surgery for metastatic brain tumors from lung cancer without prophylactic whole brain radiation therapy.In:Radiosurgery vol. 6, ed. Kondziolka D, Basel,Karger, 2006:186-98.
168. Serizawa T. Metastatic brain tumors: Lung cancer. In: Japanese Experience with Gamma knife Radiosurgery.vol.22, ed. Yamamoto M, Basel,Karger,2009:142-53.
169. Serizawa T. Gamma knife radiosurgery for metastatic brain tumors.In: Essential Practice of Neurosurgery ed. Kalangu K, Kato Y, Dechambenoit G, Nagoya, Access Publishing,2009,411-7.
170. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O, Ono J, Matsuda S, Saeki N. Gamma kniferadiosurgery alone for one to four brain metastases. Is prophylactic whole-brain radiation therapy really necessary? In: Radiosurgery Vol.7, ed McDermott M, Basal, Karger, 2010:258-267.
171. Serizawa T, Higuchi Y, Nagano O. Stereotactic radiosurgery of brain metastases. In: Intracranial Stereotactic Radiosurgery. Vol. 24, No.4, ed. Pollocl B, Philadelphia PA, Elsevier, 2013:597-603.
172. Serizawa T, Tanaka S, Higuchi Y, Saito N, Stereotactic radiosurgery for metastatic brain tumors. 7th edition of Youman and Winn’s Neurological Surgery, ed. Pollocl B, Philadelphia PA, Elsevier, (2201-2208)
173. 芹澤 徹,佐伯直勝,小野純一,福田和正,山浦 晶 大脳半球間裂経終板到達法における前交通動脈とその穿通枝の微小外科解剖.顕微鏡下手術のための脳神経外科解剖XII.佐伯直勝編,サイメド・パブリケーションズ,東京,2000;113-20.
174. 芹澤 徹 脳腫瘍:転移性脳腫瘍,ガンマナイフの臨床,木田義久編, メディカ出版,大阪,2008:177-83.
175. 芹澤 徹,小出里佳 ガンマナイフ,新看護観察のキーポイントシリーズ,脳神経外科,小林繁樹編,中央法規,東京,2011;221-6.
176.芹澤 徹 放射線外科線量計画と治療の実際,ガンマナイフ,Textbook of Radiosurgery,放射線外科治療の進歩.井上 洋編,メディカ出版,大阪,2012;58-64.
177.芹澤 徹 脳腫瘍,転移性脳腫瘍,Textbook of Radiosurgery,放射線外科治療の進歩.井上 洋編,メディカ出版,大阪,2012;158-66.
178.芹澤 徹 脳転移に対するガンマナイフ治療.チームで取り組む乳がん放射線療法,佐々木良平,淡河恵津世,唐澤久美子編,メディカル教育研究者,東松山,埼玉,2013;160-1
179.芹澤 徹,竹本真也.転移性腫瘍に対する放射線療法 脳腫瘍.大西 洋,唐澤久美子,唐澤克之編,学研メディカル秀潤社,東京,2017;1182-87

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。