新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

磐田市 病院事業管理者、磐田市立総合病院 病院長

日本外科学会 外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医 日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医 日本胆道学会 認定指導医 日本がん治療認定医機構 がん治療認定医 日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医

鈴木 昌八 すずき しょうはち 先生

1981年から外科医としてのキャリアを始める。主に静岡県内の病院で修練を積んだ後、浜松医科大学第二外科で肝胆膵外科医の道に進む。
2008年に磐田市立総合病院に副病院長として赴任、2012年から病院長に就任。『我以外皆我師哉』を座右の銘とし、日々の診療や病院運営・経営に当たっている。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科
  • 消化器外科
  • 肝臓・胆道・膵臓の外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本消化器病学会 消化器病専門医・消化器病指導医
日本肝臓学会 肝臓専門医・肝臓指導医
日本胆道学会 認定指導医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定医
日本肝胆膵外科学会 肝胆膵外科高度技能指導医
  • 磐田市 病院事業管理者
  • 磐田市立総合病院 病院長
  • 医学博士 取得
  • 日本消化器外科学会 評議員
  • 日本肝胆膵外科学会 評議員
  • 日本消化器病学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 磐田市医師会 理事
  • 静岡県病院協会 理事

所属病院

磐田市立総合病院

  • 内科 血液内科 リウマチ科 外科 精神科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 肝臓内科 糖尿病内科 内分泌内科 脳神経内科 血管外科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科
  • 静岡県磐田市大久保512-3
  • JR東海道本線(熱海~浜松) 磐田 遠鉄バス 磐田市立病院行き 終点下車すぐ バス20分
  • 0538-38-5000
公式ウェブサイト
磐田市立総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1981年 浜松医科大学医学部医学科卒業
     浜松医科大学第二外科入局
1982年 県西部浜松医療センター外科研修医
1983年 湖西総合病院外科医員
1984年 浜松医科大学第二外科医員
1987年 東生駒病院外科医員
     協立十全病院外科医長
     浜松医科大学医学部外科学第二講座助手
1991年 米国Borgess Medical Center外科研究部門および移植外科Research Fellow
1993年 浜松医科大学医学部附属病院第二外科助手
1998年 浜松医科大学医学部附属病院第二外科講師
2005年 浜松医科大学医学部外科学第二講座助教授
2007年 浜松医科大学医学部外科学第二講座准教授
2008年 磐田市立総合病院副病院長、浜松医科大学臨床教授
2012年 磐田市立総合病院病院長
2017年 磐田市病院事業管理者兼磐田市立総合病院病院長
     現在に至る

論文

1. Suzuki S, Nakamura S, Sakaguchi S: Experimental study of intra-abdominal photodynamic therapy. Lasers Med Sci 2: 195-203, 1987

2. Suzuki S, Nakamura S, Koizumi T, Sakaguchi S, Baba S, Muro H, Fujise Y: The beneficial effect of a prostaglandin I2 analog on ischemic rat liver. Transplantation 52: 978-983, 1991

3. Suzuki S, Toledo-Pereyra LH, Rodriguez FJ, Cejalvo D: Neutrophil infiltration as an important factor in liver ischemia and reperfusion injury. Modulating effects of FK506 and cyclosporine.  Transplantation 55: 1265-1272, 1993

4. Suzuki S, Toledo-Pereyra LH, Rodriguez FJ, Lopez-Neblina F: Role of Kupffer cells in neutrophil activation and infiltration following total hepatic ischemia and reperfusion. Circ Shock (Shock) 42: 204-209, 1994

5. Suzuki S, Toledo-Pereyra LH: Interleukin 1 and tumor necrosis factor production as the initial stimulants of liver ischemia and reperfusion injury. J Surg Res 57 : 253-258, 1994

6. Suzuki S, Nakamura S, Serizawa A, Sakaguchi T, Konno H, Muro H, Kosugi I, Baba S: Role of Kupffer cells and the spleen in modulation of endotoxin-induced liver injury after partial hepatectomy. Hepatology 24: 219-225, 1996

7. Suzuki S, Nakamura S, Ochiai H, Konno H, Baba S, Baba S, Yasui K: Surgical management  of recurrence after resection of colorectal liver metastases. J Hep Bil Pancr Surg 4: 103-112, 1997

8. Suzuki S, Nakamura S, Sakaguchi T, Ochiai H, Konno H, Baba S, Baba S: Alteration of reticuloendothelial phagocytic function and tumor necrosis factor-α production after total hepatic ischemia. Transplantation 64: 821-827, 1997

9. Suzuki S, Serizawa A, Sakaguchi T, Tsuchiya Y, Kojima Y, Okamoto K, Kurachi K, Konno H, Nakamura S: The roles of platelet-activating factor and endothelin-1 in renal damage after total hepatic ischemia and reperfusion. Transplantation 69: 2267-2273, 2000

10. Suzuki S, Sakaguchi T, Yokoi Y, Kurachi K, Okamoto K, Okumura T, Tsuchiya Y, Nakamura T, Konno H, Baba S, Nakamura S: Impact of repeat hepatectomy on recurrent colorectal liver metastases. Surgery 129: 421-428, 2001

11. Suzuki S, Kurachi K, Yokoi Y, Tsuchiya Y, Okamoto K, Okumura T, Inaba K, Konno K, Nakamura S: Intrahepatic cholangiojejunostomy for unresectable malignant biliary tumors with obstructive jaundice. J Hep Bil Pancr Surg 8: 124-129, 2001

12. Suzuki S, Sakaguchi T, Yokoi Y, Okamoto K, Kurachi K, Tsuchiya Y, Okumura T, Konno H, Baba S, Nakamura S: Clinicopathological prognostic factors and impact of surgical treatment of mass-forming intrahepatic cholangiocarcinoma. World J Surg 26: 687-93, 2002

13. Suzuki S, Inaba K, Kurachi K, Yokoi Y, Ohata K, Ota S, Tanaka T, Konno H, Baba S, Hirano T, Nakamura S: Photodynamic therapy for malignant biliary obstruction. A case series. Endoscopy 36: 83-87, 2004

14. Suzuki S, Inaba K, Konno H: Ischemic preconditioning in hepatic ischemia and reperfusion. Current Opinion in Organ Transplantation. 13: 142-7, 2008

15. 鈴木昌八、坂口孝宣、中村 達、今野弘之: 胆道癌血管浸潤例の諸問題. 血管浸潤を伴う非切除例に対する治療法の工夫. Photodynamic therapyの試み. 胆と膵 26: 645-650, 2005.

16. 鈴木昌八、坂口孝宣、中村利夫、中村 達、今野弘之: 大腸癌両葉多発肝転移に対する外科治療. 6. Neoadjuvant therapy. 日外会誌 107: 128-132, 2006.

17. 鈴木昌八、坂口孝宣、中村利夫、中村 達、今野弘之. 大腸癌肝転移切除後の残肝および肺再発に対する再切除術. 消化器科 45: 77-83, 2007

18. 鈴木昌八、坂口孝宣、稲葉圭介、中村 達、今野弘之. 肝静脈再建を伴う肝切除術. 手術 62: 35-40, 2008

その他

  • 【受賞】 1997年:第2回浜松医科大学同窓会学術奨励賞 受賞研究名:Role of Kupffer cells and the spleen in modulation of endotoxin-induced liver injury after partial hepatectomy.

  • 【基礎研究領域】 肝再生、肝虚血・再灌流障害の病態。

  • 【臨床研究領域】 肝内胆管癌、胆嚢癌、大腸癌肝転移の外科治療

  • 【学位】 1989年2月:学位(医学博士)取得: Experimental study of intra-abdominal photodynamic therapy. (光線力学的治療法の腹腔内応用に関する基礎的検討)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。