大田 泰正 先生のプロフィール

大田 泰正 先生

おおた たいせい

大田 泰正 先生

社会医療法人祥和会 脳神経センター大田記念病院 医師

専門分野

神経内科

紹介

医師免許取得後、大田記念病院に入職。神経内科に配属。1997年、大津市民病院脳神経外科に入職し、脊椎脊髄領域を研鑽。98年、大田記念病院配属。2006年4月、特定医療法人祥和会(現・社会医療法人祥和会)理事長就任。2016年9月、社会福祉法人祥和会理事長就任。

略歴

1993年 島根医科大学卒業
     特定医療法人祥和会 大田記念病院入職。脳神経内科配属。
1997年 大津市民病院入職
1998年 特定医療法人祥和会 大田記念病院に復職し、脊髄脊椎外科配属。
2006年 特定医療法人祥和会 第2代理事長に就任。

※「大田記念病院」は、2000年、「脳神経センター大田記念病院」に改称した。
※「特定医療法人祥和会」は、2009年、「社会医療法人祥和会」に改称した。

所属学会・資格・役職など

日本内科学会 認定内科医
日本神経学会 専門医
日本脳卒中学会 専門医
日本クリニカルパス学会 評議員
日本臨床脳神経外科学会 理事
NPO備後脳卒中ネットワーク 理事長
日本脳卒中協会 広島県副支部長
全日本病院協会 常任理事
広島県病院協会 常任理事

受賞・著書・論文など

1. 病院訪問患者の立場に立った地域連携ネットワーク構築の試み一脳神経疾患の急性期病院として
大田泰正,田原久美子
医療経済研究機構レター (178) , 14-25, 2009-08

2. 高度な脳卒中治療の提供を目指す。脳卒中医療連携の運営にも積極的に協力。
大田泰正,栗山勝
日本病院会雑誌= Journal of Japan Hospital Association 59(5), 558, 2012-05-01

3. 地方都市における救急医療提供体制:福山・府中医療圏の取り組み(特集 地域医療構想時代の救急医療)
大田泰正
病院 75 (10), 766-770, 2016-10

4. イノベーターの構想力社会医療法人祥和会脳神経センター大田記念病院理事長大田泰正氏地域包括ケアの中心的存在として多角的な医療貢献をめざす
大田泰正
Phase3 : 最新医療経営 (387) , 1ー3, 2016-11

5. 生涯活躍のまちづくりに向けた急性期専門病院の取り組み(特集 若手病院経営者が考える病院経営戦略)
大田泰正
病院経営 master 6(2), 42-47, 2017-10

6. 改築と行政補助金(特集 上手に補助金を活用する)一ー(行政補助金を受けた事例)
大田泰正
病院 76 (12) , 948-950, 20

1. 病院訪問患者の立場に立った地域連携ネットワーク構築の試み一脳神経疾患の急性期病院として
大田泰正,田原久美子
医療経済研究機構レター (178) , 14-25, 2009-08

2. 高度な脳卒中治療の提供を目指す。脳卒中医療連携の運営にも積極的に協力。
大田泰正,栗山勝
日本病院会雑誌= Journal of Japan Hospital Association 59(5), 558, 2012-05-01

3. 地方都市における救急医療提供体制:福山・府中医療圏の取り組み(特集 地域医療構想時代の救急医療)
大田泰正
病院 75 (10), 766-770, 2016-10

4. イノベーターの構想力社会医療法人祥和会脳神経センター大田記念病院理事長大田泰正氏地域包括ケアの中心的存在として多角的な医療貢献をめざす
大田泰正
Phase3 : 最新医療経営 (387) , 1ー3, 2016-11

5. 生涯活躍のまちづくりに向けた急性期専門病院の取り組み(特集 若手病院経営者が考える病院経営戦略)
大田泰正
病院経営 master 6(2), 42-47, 2017-10

6. 改築と行政補助金(特集 上手に補助金を活用する)一ー(行政補助金を受けた事例)
大田泰正
病院 76 (12) , 948-950, 2017-12

続きを見る

大田 泰正先生 の所属する医療機関

脳神経センター大田記念病院

TEL: 084-931-8650

脳神経センター大田記念病院

広島県福山市沖野上町3丁目6-28

JR山陽本線(岡山~三原)「福山駅」 中国バス 川口経由卸町行き、または川口経由車庫前行き 沖野上町三丁目下車 バス15分

- -

受付時間: 8:30~10:30 13:30~16:00 土曜8:30~11:00  科により異なる  臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 消化器外科 整形外科 形成外科 リハビリテーション科 放射線科 歯科 麻酔科 循環器内科

大田 泰正 先生 の記事