山海 嘉之 さんのプロフィール

山海 嘉之 さん

さんかい よしゆき

山海 嘉之 さん

CYBERDYNE(株)、筑波大学

専門分野

サイバニクス、人工頭脳学、ロボット学、情報学、機能再生、バイタルセンシング

紹介

1987年筑波大学大学院修了。工学博士。人・ロボット・情報系が融合複合した新学術領域【サイバニクス】を創成し、身体機能を改善・補助・拡張・再生する世界初のサイボーグ型治療ロボット「HAL®」を開発。2004年にサイバニクスを駆使して社会課題を解決する未来開拓型企業「CYBERDYNE」を設立し、2014年東証マザーズ上場。世界初のロボット治療機器「医療用HAL」を上市するなど、イノベーションを起こしながら世界規模で事業を展開している。文科省GCOE拠点リーダー、内閣府FIRST中心研究者、内閣府ImPACTプログラムマネージャーなどを歴任。

略歴

1987年 筑波大学大学院博士課程修了
2003年 筑波大学機能工学系 教授
2004年 筑波大学大学院システム情報工学研究科 教授
2006年 CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長/CEO
2011年 筑波大学システム情報系 教授
  筑波大学サイバニクス研究センター センター長
2014年 内閣府 ImPACT 革新的研究開発推進プログラム プログラムマネージャー
2017年 筑波大学サイバニクス研究センター 研究統括

所属学会・資格・役職など

日本ロボット学会フェロー、計測自動制御学会フェロー、日本栓子検出と治療学会理事、世界経済フォーラム第四次産業革命センター(サンフランシスコ)センターパートナー、世界経済フォーラムGlobal Future Council (Production)メンバーなど。

受賞・著書・論文など

【受賞】
 The 2005 World Technology Award大賞、2005年
 日本イノベーター大賞 優秀賞、2006年 
 経済産業大臣賞(産学官連携功労者表彰)、2007年
全国発明表彰 21世紀発明賞、2009年
 Capek Award(INNOROBO)、2012年
 Edison Awards 金賞、2014年
 文部科学大臣表彰 科学技術賞、2015年
 DIA Japan Outstanding Contribution to Health Award、2016年
厚生労働大臣賞(ロボット大賞)、2016年
 内閣総理大臣賞(日本ベンチャー大賞)、2017年

【著書】
 Cybernics: Fusion of human, machine and information systems、Springer、2014年
 医と人間、岩波書店、2015年
今日の整形外科治療指針(第7版)、医学書院、2016年
サイバニクスが拓く未来、筑波大学出版会、2018年
再生医療とリハビリテーション、三輪書店、2018年
科学技術と知の精神文化〈7〉、丸善プラネット、2018年

【論文】
1. Sankai Y, Sakurai T, Exoskeletal cyborg-type robot, Science

【受賞】
 The 2005 World Technology Award大賞、2005年
 日本イノベーター大賞 優秀賞、2006年 
 経済産業大臣賞(産学官連携功労者表彰)、2007年
全国発明表彰 21世紀発明賞、2009年
 Capek Award(INNOROBO)、2012年
 Edison Awards 金賞、2014年
 文部科学大臣表彰 科学技術賞、2015年
 DIA Japan Outstanding Contribution to Health Award、2016年
厚生労働大臣賞(ロボット大賞)、2016年
 内閣総理大臣賞(日本ベンチャー大賞)、2017年

【著書】
 Cybernics: Fusion of human, machine and information systems、Springer、2014年
 医と人間、岩波書店、2015年
今日の整形外科治療指針(第7版)、医学書院、2016年
サイバニクスが拓く未来、筑波大学出版会、2018年
再生医療とリハビリテーション、三輪書店、2018年
科学技術と知の精神文化〈7〉、丸善プラネット、2018年

【論文】
1. Sankai Y, Sakurai T, Exoskeletal cyborg-type robot, Science Robotics, Vol.3, Issue 17, DOI: 10.1126/scirobotics.aat3912, April 2018.
2. Kubota S, Abe T, Kadone H, Shimizu Y, Funayama T, Watanabe H, Marushima A, Koda M, Hada Y, Sankai Y, Yamazaki M. Hybrid assistive limb (HAL) treatment for patients with severe thoracic myelopathy due to ossification of the posterior longitudinal ligament (OPLL) in the postoperative acute/subacute phase: A clinical trial. The journal of spinal cord medicine. 2018 Oct 5:1-9.
3. Puentes S, Kadone H, Watanabe H, Ueno T, Yamazaki M, Sankai Y, Marushima A, Suzuki K. Reshaping of bilateral gait coordination in hemiparetic stroke patients after early robotic intervention. Frontiers in neuroscience. 2018;12:719.
4. Grüneberg P, Kadone H, Kuramoto N, Ueno T, Hada Y, Yamazaki M, Sankai Y, Suzuki K. Robot-assisted voluntary initiation reduces control-related difficulties of initiating joint movement: A phenomenal questionnaire study on shaping and compensation of forward gait. PloS one. 2018 Mar 12;13(3):e0194214.
5. Baba K, Mikhailov A, Sankai Y. Combined automated culture system for tubular structure assembly and maturation for vascular tissue engineering. Journal of Biomechanical Science and Engineering. 2018;13(3):18-00137.
6. 山海嘉之,桜井尊,”サイバニクスと神経疾患治療の未来−HALによる機能再生治療−”,神経内科,VOL.86 No.5,pp.596-603, May, 2017.
7. 山海嘉之,桜井尊,”機能再生医療~サイバニクス治療の夜明け~”,再生医療,Vol.16, Issue 02, pp.90-101, 2017.
8. Tsukahara A, Hasegawa Y, Eguchi K, Sankai Y. Restoration of gait for spinal cord injury patients using HAL with intention estimator for preferable swing speed. IEEE Transactions on neural systems and rehabilitation engineering. 2015 Mar;23(2):308-18.
9. Kaneko A, Matsushita A, Sankai Y. A 3D nanofibrous hydrogel and collagen sponge scaffold promotes locomotor functional recovery, spinal repair, and neuronal regeneration after complete transection of the spinal cord in adult rats. Biomedical Materials. 2015 Jan 13;10(1):015008.
10. Suzuki K, Mito G, Kawamoto H, Hasegawa Y, Sankai Y. Intention-based walking support for paraplegia patients with Robot Suit HAL. Advanced Robotics. 2007 Jan 1;21(12):1441-69.

続きを見る

山海 嘉之 さん の記事