新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院 院長、九州大学 名誉教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医

岩本 幸英 いわもと ゆきひで 先生

1978年より整形外科医師としてキャリアを歩みはじめる。1986年には九州大学整形外科学教授に就任。骨軟部腫瘍の臨床・研究でともに日本をリードしており、2009年に日本整形外科学会会長、2011年から2015年まで日本整形外科学会理事長を務めた。2016年には、独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院院長に就任している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 整形外科
  • 骨軟部腫瘍

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・指導医
  • 独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院 院長
  • 九州大学 名誉教授
  • 医学博士 保有
  • 日本整形外科学会 名誉会員・顧問
  • 運動器の健康・日本協会 理事長
  • 日本医学会連合 理事

所属病院

九州労災病院

  • 内科 外科 精神科 脳神経外科 消化器外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科 循環器内科 消化器内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 病理診断科 神経内科 救急科
  • 福岡県北九州市小倉南区曽根北町1-1
  • JR日豊本線(門司港~佐伯) 下曽根 北口 徒歩10分
  • 093-471-1121
公式ウェブサイト
九州労災病院

医療記事

来歴等

略歴

1978年 久留米大学医学部卒業、同年九州大学整形外科入局
1985年 九州大学大学院医学研究科卒業、医学博士取得
1985-1987年 米国NIH(国立衛生研究所)留学
1989年 九州大学整形外科助手、以後、同講師、助教授を経て
1996-2016年 九州大学整形外科・教授
2016年 ~独立行政法人労働者健康安全機構九州労災病院院長

論文

1) Iwamoto Y, Kawano T, Ishizawa M, Aoki K, Kuroiwa T, Baba T
Inactivation of cis-diamminedichloroplatinum (II) in blood and protection of its toxicity by sodium thiosulfate in rabbits
Cancer Chemother Pharmacol, 15(3): 228-232, 1985

2)Iwamoto Y, Robey.F.A, Graf.J, Sasaki M, Kleinman.H.K, Yamada Y, Martin.G.R
YIGSR, a synthetic laminin pentapeptide, inhibits experimental metastasis formation
Science, 238(4830): 1132-1134, 1987

3)Albini A, Iwamoto Y, Kleinman.H.K, Martin.G.R, Aaronson.S.A, Kozlowski.J.M, McEwan.R.N
A rapid in vitro assay for quantitating the invasive potential of tumor cells
Cancer Res, 47(12): 3239-3245, 1987

4) Matsumoto Y, Tanaka K, Harimaya K, Nakatani F, Matsuda S, Iwamoto Y
Small GTP-binding protein, Rho, both increased and decreased cellular motility, activation of matrix metalloproteinase 2 and invasion of human osteosarcoma cells
Jpn J Cancer Res, 92(4): 429-438, 2001

5)Iwamoto Y
Diagnosis and Treatment of Ewing's Sarcoma
Jpn. J. Clin. Oncol, 37(2):79-89, 2007

6) Matsunobu T, Tanaka K, Nakamura T, Nakatani F, Sakimura R, Hanada M, Li X, Okada T, Oda Y, Tsuneyoshi M, Iwamoto Y
The possible role of EWS-Fli1 in evasion of senescence in Ewing family tumors.
Cancer Res, 66(2):803-811,2006

7) Nakatani F,Tanaka K, Sakimura R,Matsumoto Y,Matsunobu T, Li X, Hanada M, Okada T, Iwamoto Y
Identification of p21WAF1/CIP1 as a direct target of EWS-Fli1 oncogenic fusion protein
J Biol Chem, 278(17): 15105-15115, 2003

8) Matsunobu T, Tanaka K, Matsumoto Y, Nakatani F, Sakimra R, Hanada M, Li Xu, Oda Y, Naruse I, Hoshino H, Tsuneyoshi M, Iwamoto Y
The prognostic and therapeutic relevance of p27kip1 in Ewing's family tumors
Clin Cancer Res, 10(3): 1003-1012, 2004

9) Iwamoto Y, Tanaka K, Isu K, Kawai A, Tatezaki S, Ishii T, Kushida K, Beppu Y, Usui M, Tateishi A, Furuse K, Minamizaki T, Kawaguchi N, Yamawaki S 
Multiinstitutional phase II study of neoadjuvant chemotherapy for osteosarcoma (NECO study) in Japan: NECO-93J and NECO-95J. 
J Orthop Sci, 14(4): 397-404, 2009

10)Tanaka K, Mizusawa J, Fukuda H, Araki N, Chuman H, Takahashi M, Ozaki T, Hiruma T, Tsuchiya H, Morioka H, Hatano H, Iwamoto Y
Perioperative chemotherapy with ifosfamide and doxorubicin for high-grade soft tissue sarcomas in the extremities (JCOG0304).
Jpn J Clin Oncol, 45(6): 555-561, 2015

著書

1) 神中整形外科学 改訂22版 上巻・下巻、岩本幸英・編、南山堂、東京,2004
2) 神中整形外科学 改訂23版 上巻・下巻、岩本幸英・編、南山堂、東京,2013

その他

  • 【受賞】1987年 Doerenkemp-Zbingen Foundation Scientific Award

  • 【受賞】1993年 日本整形外科学会奨励賞

  • 【受賞】2004年 日本医師会研究助成賞

  • 【受賞】2006年 佐川がん研究助成財団特別研究助成賞

  • 【受賞】2009年 日本整形外科学会賞

  • 【受賞】2010年 日本機械学会賞

  • 【受賞】2012年 科研費審査委員表彰

  • 【受賞】2015年 中冨健康科学振興賞

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。