新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会福祉法人聖霊会 聖霊病院 院長

日本内科学会 認定内科医 日本血液学会 血液専門医・血液指導医 日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医 ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター 日本臨床腫瘍学会 会員 日本輸血・細胞治療学会 会員

森下 剛久 もりした よしひさ 先生

1976年より内科医師として、1979年から血液内科を専攻して1984年米国留学を機に造血細胞移植の分野での臨床と研究に従事し、25年間にわたり江南厚生病院血液・腫瘍内科部長、副院長を歴任、2015年から現職。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 血液内科
  • 血液腫瘍
  • 造血幹細胞移植

資格・学会・役職

日本内科学会 認定内科医
日本血液学会 血液専門医・血液指導医
日本造血細胞移植学会 造血細胞移植認定医
ICD制度協議会 インフェクションコントロールドクター
日本臨床腫瘍学会 会員
日本輸血・細胞治療学会 会員
  • 社会福祉法人聖霊会 聖霊病院 院長

所属病院

聖霊病院

  • 内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 小児科 小児外科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 歯科口腔外科 麻酔科
  • 愛知県名古屋市昭和区川名山町56
  • 名古屋市営地下鉄鶴舞線 いりなか 1番出口 徒歩2分
  • 052-832-1181
公式ウェブサイト
聖霊病院

来歴等

略歴

1975年 名古屋大学医学部卒業
1984年 米国ワシントン州Fred Hutchinson Cancer Research Center
1988年 医学博士取得(名古屋大学)
1990年 愛知県厚生連昭和病院内科、血液化学療法科部長
2008年 愛知県厚生連江南厚生病院、副院長兼血液細胞療法センター長
2015年 社会福祉法人聖霊会聖霊病院、院長

論文

1. Murata M, et al. Low-dose thymoglobulin as second-line treatment for steroid-resistant acute GvHD: an analysis of the JSHCT. Bone Marrow Transplant. 2017;52:252-257
2. Tatekawa S, et al. A Novel Diagnostic and Prognostic Biomarker Panel for Endothelial Cell Damage-Related Complications in Allogeneic Transplantation. Biol Blood Marrow Transplant. 2016, 22:1573-1581
3. Ozeki K, et al. A serum biomarker panel composed of C-reactive protein and albumin could predict the transplant-related complications and the outcomes of allogeneic hematopoietic cell transplantation. Blood 2015;126:314
4. Ueda N, et al. Predictive value of circulating angiopoietin-2 for endothelial damage-related complications in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation. Biol Blood Marrow Transplant. 2014;20:1335-1340
5. Morishita Y, et al. Predictive and diagnostic value of circulating angiopoietin-2 for transplant-related complications. Blood 2013; 122:3279
6. Kuwatsuka Y, et al. Nagoya Blood and Marrow Transplantation Group. Phase II study of dose-modified busulfan by real-time targeting in allogeneic hematopoietic stem cell transplantation for myeloid malignancy. Cancer Sci. 2012;103:1688-1694
7. 森下剛久. 慢性GVHDの管理2012. 日本造血細胞移植学会雑誌 1: 37-51, 2012
8. Terakura S, et al. A prospective dose-finding trial using a modified continual reassessment method for optimization of fludarabine plus melphalan conditioning for marrow transplantation from unrelated donors in patients with hematopoietic malignancies. Ann Oncol. 2011; 22:1865-1871.
9. Nishiwaki S, et al. Outcome of allogeneic bone marrow transplantation from unrelated donors for adult Philadelphia chromosome-negative acute lymphocytic leukemia in first complete-remission. Int J Hematol. 2010;91:419-425.
10. Inamoto Y, et al. Clinicopathological manifestations and treatment of intestinal transplant-associated microangiopathy. Bone Marrow Transplant. 44:43-49, 2009

著書

造血細胞移植マニュアル(初版、第2版改訂新版、第3版改訂新版)、科学評論社、2004年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。