医療法人えいしん会 理事長/病院長、岸和田リハビリテーション病院 喀血・肺循環センター長/呼吸リハビリセンター長/喀血研究所長

日本循環器学会 循環器専門医 日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医 日本内科学会 認定医

石川 秀雄 いしかわ ひでお 先生

  • 大阪府
  • 循環器内科
  • 内科

基本情報

診療科

  • 循環器内科
  • 内科

その他の得意な領域

  • 呼吸器血管系インターベンション(主に喀血に対する気管支動脈塞栓術)

資格・所属学会

日本循環器学会 循環器専門医
日本呼吸器学会 呼吸器専門医・指導医
日本内科学会 認定医

役職など

  • 医療法人えいしん会 理事長/病院長
  • 岸和田リハビリテーション病院 喀血・肺循環センター長/呼吸リハビリセンター長/喀血研究所長
  • 臨床循環器病研究会 世話人
  • 大阪呼吸器肺高血圧フォーラム 世話人
  • 大阪呼吸循環研究会 世話人
  • 呼吸器血管内治療研究会 世話人

所属病院

岸和田リハビリテーション病院
岸和田リハビリテーション病院
  • 内科 呼吸器内科 リハビリテーション科
  • 大阪府岸和田市上松町2丁目8-10
  • 阪和線(天王寺~和歌山)「東岸和田駅」 送迎バス運行あり 徒歩10分

医療記事

来歴等

略歴

1976年 大阪府立高津高校卒業
1977年 東京大学理科Ⅰ類入学
1980年 大阪大学医学部入学(東京大学工学部中退)
1986年 大阪大学医学部卒業
1986年 大阪大学医学部精神科にて研修
1987年 大阪大学医学部第三内科にて研修
1988年 桜橋渡辺病院 循環器内科
1989年 国立療養所近畿中央病院 内科
1997年 済生会富田林病院内科医長
1998年 国立療養所近畿中央病院
(現国立病院機構 近畿中央呼吸器センター)内科
2001年 循環器科医長
2001年 臨床研究センター政策医療企画研究部
情報推進研究室長併任
2005年 医療法人幸会喜多病院(現岸和田盈進会病院)
医局長・診療医療部長就任
2006年 喜多病院 喀血・肺循環センター長就任
2006年 喜多病院 院長就任
2006年 医療法人盈進会(えいしんかい)岸和田盈進会病院に病院名称を変更
理事・病院長・喀血肺循環センター長
2014年 医療法人盈進会 理事長に就任
2018年 病院新築移転とともに、医療法人名をえいしん会に、病院名を岸和田リハビリテーション病院に変更

論文

1: Ryuge M, Hara M, Hiroe T, Omachi N, Minomo S, Kitaguchi K, Youmoto M, Asakura
N, Sakata Y, Ishikawa H. Mechanisms of recurrent haemoptysis after
super-selective bronchial artery coil embolisation: a single-centre retrospective
observational study. Eur Radiol. 2019 Feb;29(2):707-715. doi:
10.1007/s00330-018-5637-2. Epub 2018 Jul 19. PubMed PMID: 30054792; PubMed
Central PMCID: PMC6302874.
2: Ishikawa H, Hara M, Ryuge M, Takafuji J, Youmoto M, Akira M, Nagasaka Y,
Kabata D, Yamamoto K, Shintani A. Efficacy and safety of super selective
bronchial artery coil embolisation for haemoptysis: a single-centre retrospective
observational study. BMJ Open. 2017 Feb 17;7(2):e014805. doi:
10.1136/bmjopen-2016-014805. PubMed PMID: 28213604; PubMed Central PMCID:
PMC5318547.
3: Akira M, Ishikawa H, Yamamoto S. Drug-induced pneumonitis: thin-section CT
findings in 60 patients. Radiology. 2002 Sep;224(3):852-60. PubMed PMID:
12202725.
4: Akira M, Sakatani M, Ishikawa H. Transient radiographic progression during
initial treatment of pulmonary tuberculosis: CT findings. J Comput Assist Tomogr.
2000 May-Jun;24(3):426-31. PubMed PMID: 10864081.

1. 呼吸器救急 大量喀血の治療戦略
Author:石川 秀雄(岸和田盈進会病院 喀血・肺循環センター), 中谷 幸造, 北口 和志, 林 正幸
Source:呼吸(0286-9314)33巻3号 Page252-258(2014.03)
論文種類:解説
2: 肺MAC症と喀血治療 Author : 石川 秀雄(岸和田盈進会病院 喀血・肺循環センター) Source :肺MAC症診療Up to Date 非結核性抗酸菌症のすべて(南江堂)
喀血に対するカテーテル治療 -気管支動脈塞栓術- Author:石川秀雄(岸和田盈進会病院), 蛇澤晶 Source:日本気管食道科学会 専門医通信 第43号 Page1-11(2011.12)
3. 【呼吸器と循環器のクロストーク-薬物の進歩-】 喀血を伴う疾患の発生メカニズムとその対処
Author:石川 秀雄(岸和田盈進会病院), 長坂 行雄
Source:THE LUNG-perspectives(0919-5742)19巻4号 Page466-471(2011.11)
論文種類:解説/特集
4. 呼吸機能検査 換気調節系シリーズ 肺循環機能評価
Author:石川 秀雄(国立病院機構近畿中央胸部疾患セ 循環器科), 長坂 行雄
Source:呼吸(0286-9314)24巻1号 Page41-50(2005.01)
論文種類:解説
5.気管支動脈塞栓術におけるIDC(Interlocking Detachable Coil)導入の有用性
Author:石川 秀雄(国立病院機構近畿中央胸部疾患セ 循環器科), 木村 剛, 大家 晃子, 神谷 敦, 井上 義一, 鈴木 克洋, 審良 正則, 林 清二, 河原 正明, 岡田 全司, 木村 謙太郎, 井内 敬二, 坂谷 光則
Source:日本呼吸器学会雑誌(1343-3490)42巻8号 Page730-736(2004.08)
論文種類:原著論文/比較研究

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。