新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

静岡済生会総合病院 院長

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医

石山 純三 いしやま じゅんぞう 先生

1981年より脳神経外科医師としてキャリアをはじめる。名古屋大学で脳腫瘍の研究後、碧南市民病院での勤務を経て、1998年より静岡済生会総合病院に勤務。同院で高気圧酸素治療を導入していることから、2000年に現在の日本高気圧環境・潜水医学会認定の高気圧酸素治療管理医となり、2009年に同学会の管理医制度が廃止、専門医制度が開始されてからは、日本高気圧環境・潜水医学会認定 高気圧医学専門医となった。
2014年より静岡済生会総合病院の院長に就任し、地域に必要とされる医療を提供する病院づくりに尽力している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経外科
  • 脳神経外科一般
  • 高気圧酸素治療

資格・学会・役職

日本脳神経外科学会 脳神経外科専門医・脳神経外科指導医
  • 静岡済生会総合病院 院長
  • 名古屋大学 医学部脳神経外科 臨床教授
  • 日本高気圧環境・潜水医学会 認定高気圧医学専門医
  • 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会 理事・第11回学術集会 会長(2014年)
  • 日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会 理事・第15回関東地方会学術集会 会長(2015年)

所属病院

静岡済生会総合病院

  • 内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 内分泌科 眼科 耳鼻咽喉科 放射線科 歯科 歯科口腔外科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 緩和ケア内科 消化器内科 総合診療科 病理診断科
  • 静岡県静岡市駿河区小鹿1丁目1-1
  • 静岡鉄道静岡清水線 柚木 徒歩15分 JR東海道本線(熱海~浜松) 静岡 南口:みなみ線(外回り・曲金経由) 済生会病院正面下車  北口:美和大谷線(静大または東大谷方面) 済生会病院前下車 バス10分
  • 054-285-6171
公式ウェブサイト
静岡済生会総合病院

医療記事

来歴等

略歴

1980年 三重大学医学部卒業 静岡済生会総合病院勤務
1983年 国立東静病院脳神経外科勤務
1985年 名古屋大学医学部脳神経外科勤務
1988年 碧南市民病院脳神経外科 医長
1998年 静岡済生会総合病院脳神経外科 科長
2014年 同 院長

論文

1)石山純三、村松敏朗(2005)『当院における減圧症治療の現状と今後の課題』「日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌」4(2) pp.47-50 日本高気圧環境・潜水医学会

2)石山純三(2009)『当院における減圧症治療の現状~過去5年間76例の減圧症診療から~』「日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌」9(1) pp.36-40 日本高気圧環境・潜水医学会

3)石山純三、畠山尚登、岩崎正重(2011)『浸水性肺水腫(IPE)が疑われる4症例』「日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌」11(1) pp.32-34 日本高気圧環境・潜水医学会

4)石山純三(2012)『浸水性肺水腫(IPE)が疑われるダイバー4症例』「日本臨床高気圧酸素・潜水医学会雑誌」9(1) pp.22-26 日本臨床高気圧酸素・潜水医学会

5)石山純三、岩崎正重、青島千洋、宇田憲司、畠山尚登(2015)『門脈ガス血症を認めた減圧症の2例』「静岡済生会総合病院医学雑誌」 25(1) pp.4-7  静岡済生会総合病院

6)石山純三、岩崎正重、青島千洋、畠山尚登(2015)『門脈ガス血症を認めた減圧症の2例』「日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌」15(2) pp.12-15 日本高気圧環境・潜水医学会

7)石山純三、岩崎正重、青島千洋、柴田昌志、畠山尚登(2016)『脊髄型減圧症の重症度および治療時期と予後との関係』「日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌」16(1) pp.11-16 日本高気圧環境・潜水医学会

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。