村岡 幹夫 先生のプロフィール

村岡 幹夫 先生

むらおか みきお

村岡 幹夫 先生

亀田第一病院 院長

専門分野

整形外科・リハビリテーション科・電気生理学

紹介

1979年より、新潟大学整形外科学教室に入局、運動器疾患の診断から治療・リハビリテーションまで幅広く扱ってきましたが、電気生理学をSubspecialityとし臨床応用をしてきた。また、特殊なところでは、経頭蓋磁気刺激による麻痺手の回復、麻痺に伴う足部変形に対するボツリヌス療法、矯正手術など、リハビリテーション分野の治療も積極的に行っている。

略歴

1979年 長崎大学医学部卒業
1989年 新潟大学 医学博士取得   
2008年 新潟大学リハビリテーション科特任准教授
2009年 同上
2010年 日本リハビリテーション医学会評議員・代議員
2013年 亀田第一病院副院長 
2019年 亀田第一病院院長

所属学会・資格・役職など

医学博士
日本整形外科学会専門医・指導医
日本リハビリテーション医学会専門医・指導医
日本臨床神経生理学会専門医・指導医

受賞・著書・論文など

【受賞】
Best poster award: 8th World Congress of the International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine
【論文】
1) 村岡幹夫ほか 血液透析患者にみられるアミロイド腱滑膜炎を伴う手根管症候群、整形災害外科、27巻12号・1801-1806、1984
2) 村岡幹夫 慢性関節リウマチ頸椎病変に伴う頸髄症の短潜時SEPによる電気診断、 脳と筋電図、17巻3号・277-288、1992
3) M. Muraoka, et al. The utility of comparison studies of median and ulnar latencies in carpal tunnel syndrome, proceeding of the 6th World congress of the ISPRM, 45-47, 2011
4) 村岡幹夫ほか Semmes-Weinstein monofilament test を用いた手根管症候群知覚評価の定量化と臨床的意義、 運動器リハビリテーション、27巻・306-311、2016
5) 村岡幹夫ほか Semmes-Weinstein monofilament test を用いた手根管症候

【受賞】
Best poster award: 8th World Congress of the International Society of Physical Medicine and Rehabilitation Medicine
【論文】
1) 村岡幹夫ほか 血液透析患者にみられるアミロイド腱滑膜炎を伴う手根管症候群、整形災害外科、27巻12号・1801-1806、1984
2) 村岡幹夫 慢性関節リウマチ頸椎病変に伴う頸髄症の短潜時SEPによる電気診断、 脳と筋電図、17巻3号・277-288、1992
3) M. Muraoka, et al. The utility of comparison studies of median and ulnar latencies in carpal tunnel syndrome, proceeding of the 6th World congress of the ISPRM, 45-47, 2011
4) 村岡幹夫ほか Semmes-Weinstein monofilament test を用いた手根管症候群知覚評価の定量化と臨床的意義、 運動器リハビリテーション、27巻・306-311、2016
5) 村岡幹夫ほか Semmes-Weinstein monofilament test を用いた手根管症候群定量的知覚評価における検者間および検者内信頼性の検討、 運動器リハビリテーション、29巻・45-48、2018

続きを見る

村岡 幹夫先生 の所属する医療機関

亀田第一病院

TEL: 025-382-3111

亀田第一病院

新潟県新潟市江南区西町2丁目5-22

JR信越本線(直江津~新潟)「亀田駅」 西口 徒歩6分

- - -

受付時間: 8:30~11:30 14:00~15:30  一部診療科予約制  PMは専門外来中心  科により異なる  臨時休診あり

診療科目: 内科 外科 神経内科 脳神経外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 肛門科 産婦人科 リハビリテーション科 麻酔科 呼吸器内科 循環器内科 消化器内科

村岡 幹夫 先生 の記事