新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

NTT東日本関東病院 脳神経内科部長

日本神経学会 神経内科専門医・指導医 日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医 日本医師会 認定産業医

吉澤 利弘 よしざわ としひろ 先生

1983年より脳神経内科医師としてキャリアをはじめる。ハーバード大学医学部神経生物学教室研究員としての研究実績を生かし神経難病や認知症を中心に、幅広く神経内科の臨床と研究に取り組む。現在はNTT東日本関東病院脳神経内科部長として勤務。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脳神経内科
  • 神経内科臨床一般

資格・学会・役職

日本神経学会 神経内科専門医・指導医
日本内科学会 認定内科医・総合内科専門医
日本医師会 認定産業医
  • NTT東日本関東病院 脳神経内科部長
  • 日本神経学会 評議員
  • 東京都医学総合研究所 客員研究員(分子医療プロジェクト)
  • 東京大学医学部附属病院神経内科 臨床指導医
  • 東京医療保健大学 臨床教授

所属病院

NTT東日本関東病院

  • 内科 循環器内科 呼吸器内科 血液内科 消化器内科 脳神経内科 糖尿病・内分泌内科 腫瘍内科 脳・血管内科 緩和ケア内科 ペインクリニック内科 外科 心療内科 精神科 脳神経外科 頭頸部外科 呼吸器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 救急科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 病理診断科
  • 東京都品川区東五反田5丁目9-22
  • 都営浅草線「五反田駅」 徒歩5分 JR山手線「五反田駅」 東口より病院シャトルバスも運行あり 徒歩7分
  • 03-3448-6111
NTT東日本関東病院

医療記事

来歴等

略歴

1983年 筑波大学医学専門学群卒業
1985年 筑波大学附属病院神経内科 医員
1991年 筑波大学臨床医学系神経内科 講師
1993年 ハーバード大学医学部神経生物学教室 研究員 
1995年 筑波大学臨床医学系神経内科 講師
2000年 文部科学省研究振興局学術調査官(併任2002年迄)
2006年 NTT東日本関東病院神経内科 部長

論文

(1) Yoshizawa T, Shinmi O, Giaid A, Yanagisawa M, Gibson SJ, Kimura S, Uchiyama Y, Polak JM, Masaki T, Kanazawa I. Endothelin: A novel peptide in the posterior pituitary system. Science, 247: 462-464, 1990.
(2) Yoshizawa T, Yamakawa-Kobayashi K, Komatsuzaki Y, Arinami T, Oguni E, Mizusawa H, Shoji S, Hamaguchi H. Dose-dependent association of apolipoprotein E allele 4 with late-onset sporadic Alzheimer's disease. Ann Neurol, 36: 656-659, 1994.
(3) Yoshizawa T, Fujita T, Mizusawa H, Shoji S. L-threo-3,4-dihydroxyphenylserine enhances the orthostatic responses of plasma renin activity and angiotensin II in multiple system atrophy. J Neurol, 246: 193-197, 1999.
(4) Takuma H, Kwak S, Yoshizawa T, Kanazawa I. Reduction of GluR2 RNA editing, a molecular change that increases Ca-influx through AMPA receptors, selective in the spinal ventral gray of patients with ALS. Ann Neurol, 46: 806-815, 1999.
(5) Yoshizawa T, Yamagishi Y, Koseki N, Goto J, Yoshida H, Shibasaki F, Shoji S, Kanazawa I. Cell cycle arrest enhances the in vitro cellular toxicity of the truncated Machado-Joseph disease gene product with an expanded polyglutamine stretch. Hum Mol Genet, 9: 69-78, 2000.
(6) Yoshizawa T, Kohno Y, Nissato S, Shoji S. Compound heterozygosity with 2 novel mutations in the HEXB gene produces adult Sandhoff disease presenting as a motor neuron disease phenotype. J Neurol Sci, 195: 129-138, 2002.
(7) Yoshida H, Yoshizawa T, Shibasaki F, Shoji S, Kanazawa I. Chemical chaperones reduce aggregate formation and cell death caused by the truncated Machado- Joseph disease gene product with an expanded polyglutamine stretch. Neurobiol Dis, 10: 88-99, 2002.
(8) Yoshizawa T, Watanabe M, Furusho K, Shoji . Magnetic resonance imaging demonstrates differential atrophy of pontine base and tegmentum in Machado-Joseph disease. J Neurol Sci, 215: 45-50, 2003.
(9) Furusho K, Yoshizawa T, Shoji S. Ectoine alters subcellular localization of inclusions and reduces apoptotic cell death induced by the truncated Machado-Joseph disease gene product with an expanded polyglutamine stretch. Neurobiol Dis, 20: 170-178, 2005.
(10) 吉澤利弘,本西秀太,齋藤正明.髄膜脳炎で発症し脳MRI上両側淡蒼球にT2強調像で高信号をみとめたヒト免疫不全ウイルス初期感染の1例.臨床神経学. 47: 597-599, 2007.
(11) 堤 涼介,齋藤正明,吉澤利弘.糖尿病の経過中にB群連鎖球菌による椎体周囲への感染をきたし、直腸潰瘍から骨盤静脈叢を経てBatson静脈叢に至る感染経路が疑われた一例.臨床神経学. 51: 493-498, 2011.
(12) 吉澤利弘.ICTがもたらす医療・介護連携 認知症患者の在宅医療・介護を支える多職種連携システムの開発と地域への展開. 月刊新医療, 43: 140-142, 2016.
(13) Mano T, Saitoh M, Yoshizawa T. Axonal invasion of Listeria monocytogenes: Implications for early diagnosis with magnetic resonance imaging. J Neurol Sci, 373, 7-8, 2017.

著書

1. Yoshizawa T, Kanazawa I. Localization of endothelin in the posterior pituitary system. In New trends in autonomic nervous system research, M. Yoshikawa (Ed.), 423-425, Amsterdam, Elsevier Science Publishers B.V., 1991.
2. Yoshizawa T, Kanazawa I. Neurological and psychiatric aspects of endothelin research. In Endothelin: Role in health and disease, A. Gulati (Ed.), 183-191, Amsterdam, Harwood academic publishers gmbh, 1995.
3. 吉澤利弘.Charcot-Marie-Tooth病の治療エビデンス.In:岡本幸市,棚橋紀夫,水澤英洋編集.EBM 神経疾患の治療 2009-2010.東京:中外医学社, 2009:528-532.
4. 吉澤利弘. BPSDに対する介入. In: 辻 省二, 河村 満編. アクチュアル脳・神経疾患の臨床. 認知症. 神経心理学的アプローチ. 東京: 中山書店; 373-380.2011.
5. 吉澤利弘.三叉神経障害の鑑別診断.In:鈴木則宏,神田 隆編.神経内科Clinical Questions & Pearls「末梢神経障害」.PP 52-59, 2017. 東京:中外医学社.
6. 吉澤利弘.代表的疾患の神経機能解剖アプローチ「脊髄空洞症状」.In:浦上克哉,北村 伸,小川敏英編.神経機能解剖テキスト.pp275-277, 2017. 東京:文光堂

その他

  • 【受賞】1996年 精神・神経科学振興財団 調査研究助成

  • 【受賞】1993年 LILLY CNS FELLOWSHIP

  • 【受賞】1995年 Fellowship from the Freudenberger Fund at Harvard University

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。

他の医師を見る

同じ所属病院の医師