新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

医療法人北関東循環器病院 理事長/院長

日本内科学会 総合内科専門医 日本循環器学会 循環器専門医

市川 秀一 いちかわ しゅういち 先生

1970年に群馬大学医学部を卒業後、2年目に研修を受けた群馬大学産婦人科学教室でアルドステロンのホルモン測定から研究をスタートする。卒後3年目に内科に戻り、1975年から2年間は米国ミズーリ大学生理学教室へ留学。帰国後は、1989年4月に北関東循環器病院を開院するまで、実験的高血圧症や原発性アルドステロン症、本態性高血圧症の成因の研究を継続した。
開院後は、循環器と女性ホルモンの関連を中心に研究を続ける。それと同時に、同院の院長・理事長を兼任し、今に至る。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 循環器内科
  • 循環器(高血圧)
  • 性差医療(女性ホルモン補充療法、男性ホルモン補充療法)

資格・学会・役職

日本内科学会 総合内科専門医
日本循環器学会 循環器専門医
  • 医療法人北関東循環器病院 理事長/院長
  • 医学博士

所属病院

北関東循環器病院

  • 循環器内科 心臓血管外科 内科 外科 眼科 血液透析内科 泌尿器科 整形外科 消化器内科 消化器外科 皮膚科 婦人科 リハビリテーション科 放射線科
  • 群馬県渋川市北橘町下箱田740
  • JR上越線「渋川駅」 前橋駅行 木曽神社入口下車 徒歩15分 バス JR両毛線「前橋駅」 小児医療センター行 循環器病院入口下車 徒歩10分 バス JR両毛線「前橋駅」 小児医療センター行 循環器病院入口下車 徒歩10分 バス
  • 027-232-7111
北関東循環器病院

医療記事

来歴等

略歴

1970年 群馬大学医学部 卒業
1970年 群馬大学医学部付属病院 第二内科 入局
1975年 アメリカミズーリ大学 生理学教室 留学
1980年 群馬大学大学院 医学博士 取得
1983年 群馬大学医学部付属病院 第二内科 講師
1989年 医療法人北関東循環器病院 開設 理事長・院長

論文

1) Ichikawa S, Murata K, Shigiya R: Application of a marker dye on sephedex LH-20 column choromatography in radioimmuo-assay of plasma aldosterone. Endocrinol.Japon. 1974,21(4), 361-365
2) Ichikawa S, Sakamaki T, Tonooka S, et al: The diurnal rhythm of plasma aldosterone,plasma renin activity, plasma cortisol and serum growth horome and subnormal responsiveness of aldosterone to angiotensin-II in the patients with . norumotensive acromegaly. Endocrinol. Japon. 1976, 23(1), 75-82
3) Ichikawa s, Johnson J.A, Stanton M.W, et al: Hemodynamic effects of an angiotensin II antagonist in rabbits with perinephritis hypertension. Proc. Soc. Experimet. and Med. 1977, 155, 259-263
4) Ichikawa S, Johnson J.A, Fowler W.L et al.: Pressor responses to norepinephrine in rabbits with 3-day and 30-day renal artery stenosis. The role of angiotensin II. Circ. Res. 1978 43(3), 437-446
5) Ichikawa S, Tajima Y, Sakamaki, T, et.al: Effect of spironolactone on fluid volumes and adrenal steroids in primary aldosteronism. Jap Circ. J. 1984 48,(11), 1184-1196
6) Yagi S, Ichikawa S, Sakamaki T, et al: Blood pressure in the paretic arms of patiets with stroke New England J Med 1986 315 836
7) Sumino H, Ichikawa S, Kanda T, et al:Hormone replacement therapy and serum uric acid. THE LANCET 1999;1
8) Sumino H, Ichikawa S, Kumakura H,et al:Effects of hormone replacement therapy on office and ambulatory blood pressure in Japanese hypertensive postmenopausal women. Hypertension Res 2003;26:369-376
9) Sumino H, Ichikawa S: Effects of aging, and postmenopausal hypoestrogenism on skin elasticity and bone mineral density in Japanese women. Endocrine J 2004;51:159-164
10) Sumino H, Ichikawa S, Yoshida A,et al:Effects of hormone repacement therapy on weight, abdominal fat distribution, and lipid levels in Japanese postmenopausal women. International J Obesity 2005;14:55-64

著書

「高齢女性の健康増進のためのホルモン補充療法ガイドライン」
メディカルレビュー社 2004年

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。