新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

岐阜大学医学部附属病院 病院長、岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医 日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医 日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域) 日本食道学会 食道科認定医・食道外科専門医 日本乳癌学会 乳腺認定医 日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科認定医 日本胸部外科学会 会員 日本肝胆膵外科学会 会員

吉田 和弘 よしだ かずひろ 先生

1958年、広島市生まれ。1984年より腫瘍外科医としてキャリアを開始し、分子病理学の研究や、英国オックスフォード大学留学を経て、2007年岐阜大学大学院腫瘍制御学講座 腫瘍外科学分野教授に就任。鏡視下手術などの低侵襲外科手術をこなすのみならず、集学的治療を駆使し、初診時に手術が難しいと診断された患者さんにも根治手術の施行に尽力している。2017年にJDDW2017第15回日本消化器外科学会大会大会長を務めた。2019年には第57回日本癌治療学会学術集会会長を務め、我が国のがん医療・消化器外科医療をリードする一人である。2018年から岐阜大学医学部附属病院・病院長に就任している。

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 消化器外科

資格・学会・役職

日本外科学会 外科認定医・外科専門医・指導医
日本消化器外科学会 消化器外科認定医・消化器外科専門医・消化器外科指導医
日本内視鏡外科学会 技術認定取得者(消化器・一般外科領域)
日本食道学会 食道科認定医・食道外科専門医
日本乳癌学会 乳腺認定医
日本消化管学会 胃腸科専門医・胃腸科認定医
日本胸部外科学会 会員
日本肝胆膵外科学会 会員
  • 岐阜大学医学部附属病院 病院長
  • 岐阜大学大学院腫瘍制御学講座腫瘍外科学分野 教授
  • 日本外科学会 評議員
  • 日本消化器外科学会 理事・評議員・国際委員長・倫理委員長
  • JDDW2017・第15回日本消化器外科学会大会 大会長
  • JDDW(日本消化器関連学会機構) 理事・国際委員
  • 日本癌治療学会 理事・評議員・国際委員会委員長・IJCO編集委員会・FACO academic comittee
  • 日本癌治療学会 臨床試験登録医
  • 日本がん治療認定医機構 暫定教育医
  • 第57回(2019年)日本癌治療学会 学術集会会長
  • 日本内視鏡外科学会 評議員
  • 日本癌学会 評議員
  • 日本胃癌学会 理事・評議員・Gastric Cancer編集委員会
  • 日本食道学会 評議員
  • 日本臨床外科学会 評議員・学術委員会委員
  • 日本消化器癌発生学会 理事・評議員
  • 日本消化管学会 評議員
  • 日本外科系連合学会 評議員
  • 胃外科・術後障害研究会 常任世話人
  • 手術手技研究会 世話人
  • 腹腔鏡下胃切除術研究会 世話人
  • 東海外科学会 評議員
  • 制癌剤適応研究会 世話人
  • 日本癌局所療法研究会 世話人
  • 日本癌免疫外科研究会 世話人
  • 日本癌病態治療研究会 世話人
  • 膵臓内視鏡外科研究会 世話人
  • 日本バイオセラピィ学会 評議員
  • 日本消化器病学会東海支部会 幹事・評議員
  • 外科侵襲とサイトカイン研究会 世話人
  • 潰瘍病態研究会 世話人
  • 日本肥満治療学会 理事
  • アジア臨床腫瘍学会 事務局長
  • Fellow of American College of Surgeons (FACS)
  • American Society of Clinical Oncology (ASCO)
  • European Society of Medical Oncology (ESMO)

所属病院

岐阜大学医学部附属病院

  • 総合内科 血液内科 外科 精神科 神経内科 脳神経外科 呼吸器外科 消化器外科 腎臓内科 心臓血管外科 小児科 整形外科 形成外科 皮膚科 泌尿器科 産婦人科 眼科 耳鼻咽喉科 リハビリテーション科 放射線科 歯科口腔外科 麻酔科 乳腺外科 呼吸器内科 循環器内科 感染症内科 消化器内科 糖尿病内科 内分泌内科 代謝内科 脳神経内科 放射線診断科 放射線治療科 頭頸部外科 病理診断科
  • 岐阜県岐阜市柳戸1-1
  • 名鉄名古屋本線「名鉄岐阜駅」 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分 JR高山本線「岐阜駅」 バスの利用も可能(岐阜大学病院行 長良橋経由、または忠節経由 岐阜大学病院下車、所要時間約40分) 車20分
  • 058-230-6000
岐阜大学医学部附属病院

医療記事

来歴等

略歴

1984年(昭和59年) 広島大学医学部卒業、広島大学原爆放射能医学研究所外科
1985年(昭和60)-1987年(昭和62年) 松山赤十字病院外科
1987年(昭和62年) 広島大学大学院入学(広島大学医学部第1病理 田原榮一教授に師事)
1990年(平成2)年   広島大学大学院外科系専攻卒業 医学博士
1994年-1996年(平成6-8年) 英国オックスフォード大学ジョンラドクリフ病院留学
2002年(平成14年) 広島大学医学部附属病院(原医研)講師
2007年(平成19年)8月 ~ 現在 岐阜大学大学院腫瘍制御学講座 腫瘍外科学分野 教授
2008年(平成20年)4月 〜 2018年(平成30年)3月 岐阜大学医学部附属病院がんセンター長 併任
2010年(平成22年)4月 〜 2014年(平成26年)3月  岐阜大学医学部附属病院 副院長
同年 岐阜大学医学部附属病院 手術部部長 併任
2012年(平成24年)5月 〜 現在 青島大学医学部附属煙台病院外科・教授 併任
2014年(平成26年)4月 〜 2018年(平成30年)3月 岐阜大学医学部附属病院先端医療センター副センター長 併任
2018年(平成30年)4月 〜 現在 岐阜大学医学部附属病院・病院長

論文

1. Yoshida K, Kodera Y, Kochi M, Ichikawa W, Kakeji Y, Sano T, Nagao N, Takahashi M, Takagane A, Watanabe T, Kaji M, Okitsu H, Nomura T, Matsui T, Yoshikawa T, Matsuyama J, Yamada M, Ito S, Takeuchi M, Fujii M. Addition of Docetaxel to Oral Fluoropyrimidine Improves Efficacy in Patients With Stage III Gastric Cancer: Interim Analysis of JACCRO GC-07, a Randomized Controlled Trial. J Clin Oncol. 2019 May 20;37(15):1296-1304. doi: 10.1200/JCO.18.01138. Epub 2019 Mar 29.
2. Kodera Y, Yoshida K, Kumamaru H, Kakeji Y, Hiki N, Etoh T, Honda M, Yamashita Y, Seto Y, Kitano S, Konno H. Introduding laparoscopic total gastrectomy for gastric cancer in general practice: a retrospective cohort study based on a nationawide registry database in Japan. Gastric Cancer, 22(1): 202-213, 2019
3. Kato K, Satoh T, Muro K, Yoshikawa T, Tamura T, Hamamoto Y, Chin K, Minashi K, Tsuda M, Yamaguchi K, Machida N, Esaki T, Goto M, Komatsu Y, Nakajima TE, Sugimoto N, Yoshida K, Oki E, Nishina T, Tsuji A, Fuji H, Kunieda K, Saitoh S, Omuro Y, Azuma M, Iwamoto Y, Taku K, Fushida S, Chen LiT, Kang YK, Boku N. A subanalysis of Japanese patients in a randomized, doubleblind,placebo-controlled, phase 3 trial of nivolumab for patients.with advanced gastric or gastro-esophageal junction cancer refractory to, or intolerant of, at least two previous chemotherapy regimens(ONO-4538-12, ATT RAC TION-2). Gastric Cancer 22(2):344-354, 2019
4. Nakamura Y, Yamanaka T, Chin K, Cho H, Katai H, Terashima M, Misawa K, Hirao M, Yoshida K, Oki E, Sasako M, Emi Y, Bando H, Kawashima Y, Fukunaga T, Gotoh M, Ishibashi T, Shitara K:Survival Outcomes of Two Phase 2 Studies of Adjuvant Chemotherapy with S-1 Plus Oxaliplatin or Capecitabine Plus Oxaliplatin for Patients with Gastric Cancer After D2 Gastrectomy. Ann Surg Oncol 26(2):465-472, 2019
5. Yoshikawa T, Terashima M, Mizusawa J, Nunobe S, Nishida Y, Yamada T, Kaji M, Fukushima N, Hato S, Choda Y, Yabusaki H, Yoshida K, Ito S, Takeno A, Yasuda T, Kawachi Y, Katayama H, Fukuda H, Boku N, Sano T, Sasako M:Four courses versus eight courses of adjuvant S-1 for patients with stage II gastric cancer (JCOG1104 [OPAS-1]): an open-label, phase 3, non-inferiority, randomised trial. Lancet Gastroenterology & Hepatology 4(3):208-216, 2019
6. Yoshikawa T, Muro K, Shitara K, Oh DY, Kang YK, Chung HC, Kudo T, Chin K, Kadowaki S, Hamamoto Y, Hironaka S, Yoshida K, Yen CJ, Omuro Y, Bai LY, Maeda K, Ozeki A, Yoshikawa R, Kitagawa Y. Effect of First-line S-1 Plus Oxaliplatin With or Without Ramucirumab Followed by Paclitaxel Plus Ramucirumab on Advanced Gastric Cancer in East Asia. The Phase 2 RAINSTORM Randomized Clinical Trial. JAMA Network Open. 2019;2(8):e198243. doi:10.1001/jamanetworkopen.2019.8243 August 2, 2019
7. Yoshida K, Honda M, Kumamaru H, Kodera Y, Kakeji Y, Hiki N, Etoh T, Miyata H, Yamashita Y, Seto Y, Kitano S, Konno H. Surgical outcomes of laparoscopic distal gastrectomy compared to open distal gastrectomy: A retrospective cohort study based on a nationwide registry database in Japan. Annals of Gastroenterologica Surgery, Ann Gastroenterol Surg. 2(1):55-64, 2018
8. Yamaguchi K, Yoshida K, Tanahashi T, Takahashi T, Matsuhashi N, Tanaka Y, Tanabe K, Ohdan H. The long-term survival of stage IV gastric cancer patients with conversion therapy. Gastric Cancer 21(2):315-323, 2018
9. Hiki N, Honda M, Etoh T, Yoshida K, Kodera Y, Kakeji Y, Kumamaru H, Miyata H, Yamashita Y, Inomata M, Konno H, Seto Y, Kitano S. Higher incidence of pancreatic fistula in laparoscopic gastrectomy. Real-world evidence from a nationwide prospective cohort study. Gastric Cancer, 21: 162-170, 2018.
10. Tanaka Y, Ueno T, Yoshida N, Akutsu Y, Takeuchi H, Baba H, Matsubara H, Kitagawa Y, Yoshida K. The effect of an elemental diet on oral mucositis of esophageal cancer patients treated with DCF chemotherapy: a multi-center prospective feasibility study (EPOC study). Esophagus, 15(4):239-248, 2018
11. Tanaka Y, Yoshida K, Suetsugu T, Imai T, Matsuhashi N, Yamaguchi K. Recent advancements in esophageal cancer treatment in Japan. Annals of Gastroenterological Surgery 2(4):253-265, 2018
12. Gaowa S, Futamura M, Tsuneki M, Kamino H, Tajima JY, Mori R, Arakawa H, Yoshida K. Possible role of p53/Mieap-regulated mitochondrial quality control as a tumor suppressor in human breast cancer. Cancer Science 109(12):3910-3920, 2018
13. Nishikawa K, Takahashi T, Takaishi H, Miki A, Noshiro H, Yoshikawa T, Nishida Y, Iwasa S, Miwa H, Mashishi T, Boku N, Yamada Y, Kodera Y, Yoshida K, Morita S, Sakamoto J, Saji S, Kitagawa Y. Phase II study of the effectiveness and safety of trastuzumab and paclitaxel for taxane- and
trastuzumab-naive patients with HER2-positive, previously treated, advanced or recurrentgastric cancer (JFMC45-1102). Int J Cancer,140,188-196 2017,
14. Shitara K, Takashima A, Fujitani K, Koeda K, Hara H, Nakayama N, Hironaka S, Nishikawa K, Makari Y, Amagai K, Ueda S, Yoshida K, Shimodaira H, Nishina T, Tsuda M, Kurokawa Y, Tamura T, Sasaki Y, Morita S, Koizumi W. Nab-paclitaxel versus solvent-based paclitaxel in patients with previously treated adavanced gastric cancer (ABSOLUTE): an open-label, randomised, non-inferiority, phase 3 trial. The Lancet Gastroenterlogy & Hepatology, 2: 277-287, 2017.
15. Ichikawa H, Nagahashi M, Shimada Y, Hanyu T, Ishikawa T, Kameyama H, Kobayashi T, Sakata J, Yabusaki H, Nakagawa S, Sato N, Hirata Y, Kitagawa Y, Tanahashi T, Yoshida K, Nakanishi R, Oki E, Vuzman D, Lyle S, Takabe K, Ling Y, Okuda S, Akazawa K, and Wakai T. Actionable gene-based classification toward precision medicine in gastric cancer. Genome Medicine 9(1):93, 2017 DOI 10.1186/s13073-017-0484-3
16. Yoshida K, Yamaguchi K, Okumura N, Tanahashi T, Kodera Y. Is conversion therapy possible in stage IV gastric cancer: the proposal of new bilogical categories of classification. Gastric Cancer, 19:329-338, 2016.
17. Tanaka Y, Yoshida K, Tanahashi T, Okumura N, Matsuhashi N, Yamaguchi K. Phase II trial of neoadjuvant chemotherapy with docetaxel, nedaplatin, and S1 for advanced esophageal squamous cell carcinoma. Cancer Sci. 2016 Jun;107(6):764-72. doi: 10.1111/cas.12943. Epub 2016 May 12
18. Oki E, Murata A, Yoshida K, Maeda K, Ikejiri K, Munemoto Y, Sasaki K, Matsuda C, Kotake M, Suenaga T, Matsuda H, Emi Y, Kakeji Y, Baba H, Hamada C, Saji S, Maehara Y. A randomized phase III trial comparing S-1 versus UFT as adjuvant chemotherapy for stage II/III rectal cancer (JFMC35-C1: ACTS-RC). Ann Oncol. 2016 Jul;27(7):1266-72
19. Tsuburaya A, Yoshida K, Kobayashi M, Yoshino S, Takahashi M, Takiguchi N, Tanabe K,Takahashi N, Imamura H, Tatsumoto N, Hara H, Nishikawa K, Fukushima R, Nozaki I, Kojima H, Miyashita Y, Oba K, Buyse M, Morita M, Sakamoto J. Sequential paclitaxel followed by tegafur and uracil (UFT) or S-1 versus UFT or S-1 monotherapy as adjuvant chemotherapy for T4a/b gastric cancer (SAMIT): a phase 3 factorial randomised controlled trial: Lancet Oncology, www.thelancet.com/oncology Published online June 19, 2014
20. Yamada Y, Takahari D, Matsumoto H, Baba H, Nakamura M, Yoshida K, Yoshida M, Iwamoto S, Shimada K, Komatsu Y, Sasaki Y, Satoh T, Takahashi K, Mishima H, Muro K, Watanabe M, Sakata Y, Morita S, Shimada Y, Sugihara K. Leucovorin, fluorouracil, and oxaliplatin plus bevacizumab versus S-1 and oxaliplatin plus bevacizumab in patients with metastatic colorectal cancer (SOFT): an open-label, non-inferiority, randomised phase 3 trial. Lancet Oncol. 2014 Jan;15(1):e4.

その他

  • 【受賞】1997年(平成9年)広島臨床外科医学会賞 胃癌における自殺遺伝子を用いた遺伝子療法の試み

  • 【受賞】1997年(平成9年)広島癌セミナー 奨励賞 癌転移に関与する遺伝子のクローニングの試み

  • 【受賞】1999年(平成11年)日本外科系連合学会学会賞 消化器癌・乳癌・膀胱癌におけるテロメラーゼ活性とその臨床応用

  • 【受賞】2001年(平成13年)第101回 日本外科学会ポスター優秀賞 胃癌における抗癌剤の効果予測と個別化療法

  • 【受賞】2002年(平成14年)The 3rd International symposium of cancer research and treatment Award of the subsidy

  • 【受賞】2017年(平成29年)岐阜大学学長表彰

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。