新型コロナウイルス感染症特設サイトはこちら

社会医療法人スミヤ 角谷整形外科病院 院長、和歌山県立医科大学 名誉教授

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医・認定脊椎脊髄病医・脊椎内視鏡下手術・技術認定医 日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医・脊椎脊髄外科指導医

𠮷田 宗人 よしだ むねひと 先生

基本情報

診療科・主な得意領域

  • 脊椎・脊髄外科

資格・学会・役職

日本整形外科学会 整形外科専門医・認定スポーツ医・認定脊椎脊髄病医・脊椎内視鏡下手術・技術認定医
日本脊椎脊髄病学会 脊椎脊髄外科専門医・脊椎脊髄外科指導医
  • 社会医療法人スミヤ 角谷整形外科病院 院長
  • 和歌山県立医科大学 名誉教授
  • 医学博士 取得
  • 日本整形外科学会 名誉会員
  • 日本脊椎脊髄病学会 名誉会員
  • 日本関節病学会 名誉会員
  • 中部日本整形外科災害外科学会 功労会員
  • 和歌山県 難病指定医

所属病院

角谷整形外科病院

  • 内科 リウマチ科 整形外科 形成外科 リハビリテーション科 放射線科 麻酔科 循環器内科
  • 和歌山県和歌山市吉田337
  • 阪和線(天王寺~和歌山)「和歌山駅」 徒歩7分
  • 073-433-1161
角谷整形外科病院

医療記事

来歴等

略歴

1978年 和歌山県立医科大学 卒業
1978年 和歌山県立医科大学 診療医 臨床研修開始
1980年 和歌山県立医科大学 診療医 臨床研修修了
1980年 和歌山県立医科大学附属病院 臨床研究医
1981年 和歌山県立医科大学 整形外科学講座 助手
1982年 市立堺病院 整形外科 勤務医
1984年 国立村山病院 整形外科 国内留学(大谷清先生に脊椎外科を学ぶ)
1987年 和歌山県立医科大学附属病院 整形外科 助手
1989年 社会保険紀南綜合病院 整形外科 医長
1990年 社会保険紀南綜合病院 整形外科 部長
1991年 和歌山県立医科大学 整形外科学講座 助手
1995年 和歌山県立医科大学 整形外科学講座 講師
1997年 米国ベイラー医科大学 脊椎外科 visiting professorとして1年間留学
2000年 和歌山県立医科大学 リハビリテーション医学講座 助教授
2003年 和歌山県立医科大学 整形外科学講座 教授 就任
2006年 公立大学法人和歌山県立医科大学 医学部運営協議会委員
2006年 公立大学法人和歌山県立医科大学 地域・国際貢献推進本部長 就任
2014年 和歌山県立医科大学附属病院 病院長 就任
2016年 和歌山県立医科大学 副学長 兼任
2017年 医療法人スミヤ 角谷整形外科病院 院長・理事 就任
2017年 和歌山県立医科大学 名誉教授
2018年 社会医療法人スミヤ 角谷整形外科病院 院長・理事

論文

  • Prevalence and distribution of intervertebral disc degeneration over the entire spine in a population-based cohort: the Wakayama Spine Study. oshida M, Ishimoto Y, Hashizume H, Yamada H, Yoshimura N.:Skipping breakfast and less exercise are risk factors for bone loss in young Japanese adults: a 3-year follow-up study. J Bone Miner Metab. 2014 Jul;32(4):420-7. Epub 2013 Sep 20.

    Nagata K, Y2. Teraguchi M, Yoshimura N, Hashizume H, Muraki S, Yamada H, Minamide A, Oka H, Ishimoto Y, Nagata K, Kagotani R, Takiguchi N, Akune T, Kawaguchi H, Nakamura K, Yoshida M

  • Prevalence and distribution of intervertebral disc degeneration over the entire spine in a population-based cohort: the Wakayama Spine Study. Osteoarthritis Cartilage. 2014 Jan;22(1):104-10. Epub 2013 Nov 14.

    Teraguchi M, Yoshimura N, Hashizume H, Muraki S, Yamada H, Minamide A, Oka H, Ishimoto Y, Nagata K, Kagotani R, Takiguchi N, Akune T, Kawaguchi H, Nakamura K, Yoshida M

  • :Prevalence of diffuse idiopathic skeletal hyperostosis (DISH) of the whole spine and its association with lumbar spondylosis and knee osteoarthritis: the ROAD study. J Bone Miner Metab. 2015 Mar;33(2):221-9. Epub 2014 Mar 13.

    Kagotani R, Yoshida M, Muraki S, Oka H, Hashizume H, Yamada H, Enyo Y, Nagata K, Ishimoto Y, Teraguchi M, Tanaka S, Nakamura K, Kawaguchi H, Akune T, Yoshimura N

  • The prevalence of cervical myelopathy among subjects with narrow cervical spinal canal in a population-based magnetic resonance imaging study: the Wakayama Spine Study. Spine J. 2014 Dec 1;14(12):2811-7. Epub 2014 Apr 5.

    Nagata K, Yoshimura N, Hashizume H, Muraki S, Ishimoto Y, Yamada H, Takiguchi N, Nakagawa Y, Minamide A, Oka H, Kawaguchi H, Nakamura K, Akune T, Yoshida M

  • a 5-year follow-up study. Eur Spine J. 2015 Feb;24(2):396-403. Epub 2014 Oct 24.

    Minamide A, Yoshida M, Yamada H, Nakagawa Y, Hashizume H, Iwasaki H, Tsutsui S. Clinical outcomes after microendoscopic laminotomy for lumbar spinal stenosis

  • The association of combination of disc degeneration, end plate signal change, and Schmorl node with low back pain in a large population study: the Wakayama Spine Study. Spine J. 2015 Apr 1;15(4):622-8. Epub 2014 Nov 27.

    Teraguchi M, Yoshimura N, Hashizume H, Muraki S, Yamada H, Oka H, Minamide A, Nakagawa H, Ishimoto Y, Nagata K, Kagotani R, Tanaka S, Kawaguchi H, Nakamura K, Akune T, Yoshida M.

  • Minimally invasive decompression surgery for lumbar spinal stenosis with degenerative scoliosis: Predictive factors of radiographic and clinical outcomes. J Orthop Sci. 2017 May;22(3):377-383.. Epub 2017 Feb 1.

    Minamide A, Yoshida M, Iwahashi H, Simpson AK, Yamada H, Hashizume H, Nakagawa Y, Iwasaki H, Tsutsui S, Kagotani R, Sonekatsu M, Sasaki T, Shinto K, Deguchi T.

  • The prevalence of tandem spinal stenosis and its characteristics in a population-based MRI study: The Wakayama Spine Study. Eur Spine J. 2017 Oct;26(10):2529-2535. Epub 2017 Apr 3.

    Nagata K, Yoshimura N, Hashizume H, Ishimoto Y, Muraki S, Yamada H, Oka H, Kawaguchi H, Akune T, Tanaka S, Nakamura K, Yoshida M.

  • .Minimally invasive spinal decompression for degenerative lumbar spondylolisthesis and stenosis maintains stability and may avoid the need for fusion. Bone Joint J. 2018 Apr 1;100-B(4):499-506.

    Minamide A, Yoshida M, Simpson AK, Nakagawa Y, Iwasaki H, Tsutsui S, Takami M, Hashizume H, Yukawa Y, Yamada H

  • Factory and construction work is associated with an increased risk of severe lumbar spinal stenosis on MRI: A case control analysis within the wakayama spine study. Am J Ind Med. 2019 May;62(5):430-438.

    Ishimoto Y, Cooper C, Ntani G, Yamada H, Hashizume H, Nagata K, Muraki S, Tanaka S, Yoshimura N, Yoshida M, Walker-Bone K.

著書

  • 内視鏡下脊椎後方手術の実際,(株)金芳堂,2005年

  • 図解 整形外科 (株)金芳堂,2006年

  • スキル関節鏡下手術アトラス 脊椎内視鏡下手術,(株)文江堂, 2013年

  • 脊椎内視鏡下手術-microendoscopic discectomy-, (株)医学書院, 2017年

その他

  • 【受賞】第7回日本脊椎脊髄病学会奨励賞「大正富山Award」(1995年 第24回学術集会)

本ページにおける情報は、医師本人の申告に基づいて掲載しております。内容については弊社においても可能な限り配慮しておりますが、最新の情報については公開情報等をご確認いただき、またご自身でお問い合わせいただきますようお願いします。

なお、弊社はいかなる場合にも、掲載された情報の誤り、不正確等にもとづく損害に対して責任を負わないものとします。